のびーの世界一周振り返り~トラブル①・ボリビア編~

Buenos dias! のびーです。

あ、冒頭のはスペイン語で「おはよう」という意味です。

読み方は「ブエノス ディアス」で、スペイン語ってカタカナ発音で通じます^^

 

さて、今日は世界一周中で実際に体験したトラブルを書いていこうかなと。

まぁなるべくならトラブルなんて起きてほしくないですよね。。

幸い個人的には「もうこれは旅を続けられない、、、」

というレベルのトラブルはなかったんですが。

 

ボリビアでぼったくりタクシーに乗ってしまった!?

「ぼったくり」は海外では時々聞く話ですね。。

事件発生場所はボリビアのラパスという町です。

ラパスに来る前にペルーのプーノという場所にいて、

そこからバスを乗り継いで来たのです。

当然1人で乗車したのですが、そのバスの中で同じく1人で乗っていたフィリピン人とちょっと仲良くなって、

お互い1人だったのでなんだかラパスまで一緒に行こうってなりました。

そして無事ラパス到着!

が!!

なんかよくわからない場所で降ろされました。

どうやら渋滞しててバス停にたどり着かないから降ろされたみたいで、、

ちなみに自分の行先はラパスで予約した宿。

フィリピン人は一足先にウユニに向かうということでバス停。

ということでフィリピン人ととりあえずバス停を目指すことにしました。

(自分もバス停から宿を目指した方がわかりやすいかなと思ったので)

が!!

自分の片言のスペイン語で街中の人にバス停を聞くも場所がワカラナーイ。

そこで自分から「タクシー乗っちゃおうよ、2人ならそんなにかからないだろうから。」と提案。

街中でタクシー拾うと危なそうだなぁ思っていたので本当はあまりしたくなかったけど、

このまま迷い続けるよりはいいだろうということで。

そして10秒くらいでタクシー捕まる(笑)

まるで「待ってましたー!」とばかりに(笑)

もちろん乗車前にどれくらい料金かかるか聞いたうえで。

まずバス停にはすぐに到着。

フィリピン人に別れを告げ、

「じゃあ宿までよろしくー」と出発。

「なんだ、大丈夫そうだな」と思ってたら、

全然宿が見つからない!!

タクシーのおっちゃんも街中で色々人に聞くもわからず

結局1時間くらいさまよって

気づけばもう夜の19時くらいであたりは暗くなってました。

途中でおっちゃんから

「この通りのはずだからあとは歩いて探してみるか?」と聞かれたけど、

全然土地勘ないので「いや」と断ったのがあとから考えたら間違えだったかも^^;

結局なんとか着いたものの、

お金払おうとしたら確か200-300円で済むはずが

その何倍も請求されました。

当初は渋ったけど「ここで粘ってこの後連れまわされたりしたらもっと面倒だ」と瞬時に判断し、

仕方なく言われた金額を払って怒りの下車←

冷静に考えれば払ったお金は日本円にすれば1500-1600円くらいだったけど、

払った直後は「めっちゃ払わされた」という感覚でそんなこと考える余裕はなかったんですね。。

でショックだったので宿のフロントの人に愚痴聞いてもらいまいした。

初対面なのに(笑)

フロントの人は

「それは悪いタクシーに乗っちゃったね。この通りはホテルたくさんある通りだから迷うってことはないと思うよ」と。

ショックは更に深くなりました(笑)

その2日後にはウユニでフィリピン人と再会。

また愚痴りました(笑)

まぁその時はもう大分割り切ってたので半分笑い話として話してましたけど。

 

ということで(おそらく)ぼったくりタクシーに乗っちゃったというお話でした。

無事に帰ってこれたので今では笑って話せます。

それも旅の思い出の1つだったと。

ではまた、Adios!

 

 

============

海外小ネタ

============

 

南米の言語はブラジルはポルトガル語、それ以外はスペイン語。

スペイン語少し勉強していてよかった。。

のびーの語学(英語)学習法

Hello! のびーです。

今日は語学の学習方法について書いていこうと思うのであいさつを英語にしてみました(笑)

 

さて、みなさんには自分なりの英語学習法がありますか?

どれが正解というわけではなく、それぞれにあった方法があるかと思います。

これからお伝えするのはあくまで実体験に基づくもの、ということをわかっておいてくださいね。

それとここでは「英語を話せるようになる、聞き取れるようになる」という点に効果がある学習法を載せます。

 

まず結論からお伝えすると、ずばり「音読」です。

自分は高校の途中からずっと音読で英語を勉強するようになりました。

誰に言われたわけでもなく自然にそうなってました。

その当時は何となくで音読していたので

「どういう点で音読がいいのか?」なんて考えなかったしわかりませんでした。

今では自分なりに言える理由が2つあります。

 

まずは「黙読よりも情報が入ってくる」ということ。

黙読が目(視覚)からのみ情報が入ってきますよね?

しかし音読の場合は、視覚から情報が入ってくるだけでなく、

音(自分の声)として耳(聴覚)からも情報が入ってくるんです。

1つの情報源より2つの情報源の方が良いですよね。

 

そして「自分が発音の仕方を知らない単語は聞き取れない」ということ。

だって発音知らなければ言われたって「???」ってなりますよね。

当たり前ですが自分で言葉に出していってみなければどう発音されるのか分かるようにはなりません。

簡単にですがこれら2点の理由で「音読」をオススメします。

 

さらにここで大事なポイントを2つ。

それは「毎日やること」「繰り返しやること」

自分が学生の頃はよく「テスト勉強は一夜漬け」という友達がいました。

みなさんの周りにもいませんでしたか?

あるいは今学生の方は自分がそうだったり周りにいませんか?

一夜漬けでも覚えるかもしれませんがそれはあくまで「一時的な知識」にしかなりません。

1度にまとめて何時間もやるなら、5分でもいいから毎日続ける方が良いです。

その方が「長期的な知識」になるから。

そして同じ単語帳や文章でいいので繰り返しやることで徐々に覚えていき、これまた「長期的な知識」の習得に役立つと感じています。

1回やったくらいじゃ英語って覚えられないです。

(まぁ1回やれば覚えるわって天才すぎる人は別として)

1度で覚えようとしなくていいんです。

繰り返しやって少しずつ覚えていけばいい。

少ない回数で覚えようとして、それで覚えられないから「難しい」ってなって学習を辞めてしまうんです。

個人的な体験ですが、今でも「そう言えばこの単語は大学受験の時に使ってた単語帳で覚えたな」って覚えているあります。

それから、高校のとある夏休みに自分で買った文章問題集の文章を繰り返し音読するようになったら、夏休み明けに授業でやった長文問題が以前よりも解けるようになったという体験もあります。

 

 

長々となってしまいましたが、

ポイントは「音読」、そして「毎日やること」「繰り返しやること」

英語に限らず語学はコツコツの積み上げです。

最後に、自分が今でも使ってる教材は高校の時からやっている

「NHKラジオ英語講座」

です。

今聴いている講座はこちら↓↓

他にも色々なレベルの講座がありすよー!

それではまた!

See you soon!

 

 

============

今日の海外小ネタ

============

 

少額の会計の時に大きな額のお札(例えば50ドル札や100ドル札)をだそうとすると

露骨に嫌がられる or 断られる

国によるかもしれませんが^^;

のびーの世界一周振り返り~英語(語学)~

こんにちは、のびーです。

今回から最後に海外小ネタみたいなのも入れていくんでそちらもお楽しみに!

 

さて今日は英語(語学)について書いてみようと思います。

世界一周(バックパッカー)したというと、

「英語喋れるの?」とよく聞かれました。

ネイティブのように話したり聞き取れたりするレベルではないですが、

日常会話くらいはできるレベルです。

だから一人でぶらぶらしたり宿の人とやりとりするのはそれほど問題ではないという感じです。

主に周ったヨーロッパでは12か国目のベルギーまで宿で日本人と会うことがなく、

始めはちょっと日本語ロス?みたいな寂しさもありました。

が、ホステルに泊まれば同室に色々な国の旅行者がいて、

ちょっとあいさつすればすぐに気軽に会話が始められるので

それほど日本語が話せないという寂しさを感じ続けることはありませんでしたね。

 

世界一周後、お世話になった世界一周堂さんのセミナーでゲストスピーカーとして2回ほど体験談をお話させていただきましたが、

そこでの質問でやはり「英語は喋れた方がいいですか?」という質問が多くありました。

自分は決まって、

「話せた方がいいです。話せた方が楽しいですよ。」

と答えていました。

話せなくても世界一周は可能です。

実際に英語話せないけど世界一周してるという日本人に南米で会ったこともあります。

それはそれで、その行動力と度胸?は本当にすごいし尊敬します。

自分は話せないと海外に行く度胸ないビビりなので(笑)

でも、やっぱり他の国の人と話ができた方がより楽しなって強く感じました。

完璧に(ネイティブスピーカーのように)話せる必要はないんです。

少しでも喋れれば、そして喋ろうという姿勢があれば、

海外の人は(もちろん全員ではないけど)話しかけてくれるし、まだまだこちらの語学力に拙いところがあっても自分の言おうとしてることを理解しようってしてくれました。

南米で会った日本人の方はとある1日ツアーで出会ったのですが、

終始誰とも会話せず基本的に1人でいました。

もちろんその方を批判してるわけではありません。

ただ、個人的には海外に出て他の国の人と全く交流(会話)がないのはもったいないなって思うんです。

元々母国語が違うから会話ができないけど

英語(又はその他の言語)を使えば、笑ったり共感したりとコミュニケーションがとれる。

これってすごいことだし、楽しい。

自分は大学時代にオーストラリアに留学してからずっとそう思ってます。

 

別に世界一周(旅)に限らず、

旅行で海外に行く時だって全く話せないより少しでも話せた方が困ることも少なくなってその分楽しめるじゃないですか^^

確かに英語(語学)は簡単には習得できません。

自分はたまたま高校に入る時から自然と好きになって今まで学習し続けてきました。

だけど特別だから話せるようになったのではないので、

「話せるようになりたい」という気持ちと実際に行動することができれば英語は話せるようになります。

 

次回はそんなのびーの英語学習法に関して少しお話できればと思ってます。

それではまた!

 

 

============

海外小ネタ

============

 

オーストリアの公用語は「ドイツ語」。

自分が趣味でドイツ語を勉強するきっかけになりました^^

のびーの世界一周振り返り~お金②~

どうも!のびーです。

今回は前回に引き続き世界一周中のお金事情に関してです。

ちょろっとお話した「カード」について書いてみようかなと。

 

ずばり使ったカードは「楽天カード」です!

「楽天カードマーン♪」のCMでおなじみのですね。

これ書いてるのがLINEだったらここにスタンプ押したい(笑)

 

ではなぜ楽天カードだったのか?

・ポイント還元率が1%

これは大きいですね~。

まぁ例えば1万円の買い物で100円分に相当する100ポイント。

クレジットカード使ってる方ならわかると思いますがあんまり1%ポイント付くカードってないですよね。。

今でも普段の買い物でカード払いするときは楽天カードです。

・年会費が無料

個人的にはクレジットカードに年会費払うのはもったいないなぁって思うので。

もちろん年会費がかかるカードにはそれなりの理由や特典があるのかもしれないですけどね。

 

・誰でも申し込み可能

これはちょっと正しくない言い方ですが、

高校生を除く18歳以上の方であれば誰でも申し込み可能」

なんですね。

無職だとさすがに難しいかもしれませんが。

自分が作った時はまだ前職辞めてなかったので簡単に作れました。

 

主に上記の理由で楽天カード作りました。

じゃあ持って行ったのは楽天カード1枚?

そんなわけなーーーーーい!!

だって無くしたらどうするんだい?って誰かが言いそうですよね?

(誰だ)

それに現地のATMでお金を引き出す時にクレジットカードだと18%とか利息ついちゃいますよね?

(そうじゃないのもあるかもしれませんが、自分にはそのくらいの知識しかなかったので)

それってめちゃくちゃもったいない!

でもじゃあお金引き出したい時にどうするか?

 

そこで作ったのが「楽天デビットカード」です。

自分が作った時は「楽天デビットカード」(年会費1029円)と「楽天ゴールドデビットカード」(年会費3086円)の2択で(確かね、、)

ゴールドカードの方には海外利用サポートなどついてるのでゴールドカードにしました。(結果的にはゴールドカードじゃなくても良かったなぁと思う今日この頃、、笑)

それにデビットカードならクレジットカードのキャッシングのような利息がかからないんです。

(注:円換算レートは、国際ブランドが定めたレートに3.024%(税込)を加えたものになります。楽天のサイトより引用)

もちろん楽天ポイントもつきます(ゴールドカードは1000円の利用で5ポイント)。

これで現金を大量に持っていく必要もなくなったのです。

だって空港や駅にはかならずATMがありますからね。

言語も英語は必ずあるので、ATMでの用語覚えておけば難しくないです。

 

ということで自分が世界一周した時に使ったクレジットカード(及びデビットカード)の紹介でした。

もちろん他にも色々カードはあるし、楽天よりもっといいカードもあるかもしれないので、「絶対に楽天カードであるべき!」ということではないです。

実際に予備としてですが他のクレジットカードも2枚持っていきました。

あくまで参考程度と思って下さい。

これは別にバックパッカーじゃなくて普通の海外旅行でも使えるネタかなと思うので。

 

それではまた!

のびーの世界一周振り返り~お金~

どうも、のびーです。

ずっと雨ですね。。

 

さて、今回は「お金」について振り返っていきたいと思います。

つまり「現金はどれくらいいるのか?またはカード使った?」という点ですね。

ずばり「現金とカード両方」です!!

・・・

「だろうね」という声しか聞こえてきそうにありませんが(笑)

まぁでも出発前に現金どれくらい用意した方がいいのかとか、

カードって1枚くらい?どんな種類もっていけばいいの?って悩みは自分もありました。

 

・現金

まず種類ですが、最初に行く国がどこかによって当然変わってきます。

自分の場合はイギリスからのスタートだったので出発前に用意した通貨は

  1. 日本円¥
  2. 米ドル$
  3. ユーロ€
  4. ポンド£

の4種類です。

日本円は出発前に普通に使うし、米ドルはとりあえず困った時にもっていれば両替もしたりできてあった方がいいだろうという判断で。

そして、ヨーロッパではEU圏を主に周る予定だったのでユーロも用意。

さらにイギリスはユーロ加盟していないので現地通貨のポンドも用意。

簡単に言うとこういった理由で上記の4種類を持っていきました。

 

次に金額について。

とりあえず各通貨2万5000円ずつくらい用意しました。

その額はどうやって出したかって?

・・・

そんなのは適当です!(笑)

 

(笑)って書いてますけど本当に「まぁこれくらいかな?」って感じなんです。

無さ過ぎたら困ったり不安になったりしそうだし、ありすぎたらそれはそれで盗まれたりなくしたらどうしようって不安になるので、、

基本的にはカードメインでいこうと思っていたので、

現地に着いて例えばカードでお金が下せなくてもすぐには困らない+αくらいあればいいかなって考えてそうしました。

ただ最初から4種類の通貨をそれぞれ分けて持っておくってちょっと大変でしたが^^;;

あと余談ですが、世界一周経験者のブログを読んでいて「1つの財布や場所にまとめてではなくて分散して持っていた方がいい」と書かれていたので、

手持ちの財布・手提げ(肩掛け)のバッグ・バックパック

にそれぞれ分散して管理してました。

幸い盗まれるという被害には遭わずに済みましたけど。

 

ちょっと長くなったので次回は持って行った(用意した)カードについて書こうと思います。

では、アディオス!

のびーの世界一周振り返り~貯金~

 

どうも、のびーです。

寒くなったと思ったらまた日中は結構暑かったりしますね。。

 

さて今回は「貯金」について話してみようかと思います。

つまり「世界一周行く前にいくらくらい貯めてたのか?」ということですね。

「いくらくらいかかったの?」ってよく聞かれたんです。

 

で、ぶっちゃけるとですね、、、

行く前に300万くらい貯めました、というより貯まりました。

これは世界一周するために貯めていたわけではなく、

貯金するのが好きで貯めてたらそれくらい貯めてて使い道があとから決まった、という流れだったんです。

そして実際に使った総額は170万くらいでした。

ただこの金額は人によります。

どれくらいの期間行くのかや、どこにお金をかけるか(又はかけないか)などによって変わってきますね。

自分の場合は約3か月(82日間)という、世界一周経験者の中では短い期間のわりには使った方だと思います。

極力使わない人は半年でも100万いかない場合もあるそうです。

なのでもし行きたいとなったらざっくりでも金額を計算して、必要な金額を出した方がいいですね。

自分の場合は「300万あればそんなに全部使い切ることはないだろう」って思って、事前にどれくらいかかりそうか計算しなかったんですけど(笑)。

個人的には、なんとなくですがやはり「100万」は最低限あった方がいいんじゃないかと思います。

もちろん旅先でも仕事ができるタイプの人なら別ですが。

「最低限+帰国後に数か月は生活できるだけのお金」

これが貯める金額になってくるのではないでしょうか?

 

以上、世界一周前の貯金額についてぶっちゃけました!(笑)

のびーの世界一周振り返り~宿探し②~

どうも、昨日からようやく家の中でも長袖に変えたのびーです。

何か急に寒くなりましたね。。

 

さて今回も世界一周中の宿探しについて書こうと思います。

ここでは「どんな点にこだわったか?(気をつけたか?)」についてです。

いくつか挙げてみます!

 

1、値段

これは普通の旅行でも気にしますよね。

特にバックパッカーで色々な場所を長期間周るとなると宿泊費は抑えたいところ。

ここで個人的にこだわったのは、

「基本的には安く抑えたいけど安すぎる部屋には泊まらない」こと。

当然安いのにはそれなりの理由がありますよね。

16人部屋だとか、汚い・古いとか、寝床以外なにもないとか、、、、

値段ばかり気にして大事な睡眠の時間を快適に過ごせないということにはしたくなかったので、

部屋の写真などをみてある程度のクオリティーは求めました。

その中で、自分の中で「ここではこのくらいの値段まで」というラインを決めて

これでもないあれでもないと悩みながら決めていきました。

 

2、場所

「とにかくシンボル的なものの近く」という点。

例えば自分はヨーロッパを13ヶ国尋ねましたが全て列車移動でした。

となると「駅の近くの方がわかりやすそうだな」って思ったんです。

SIMフリーの携帯など持っていかなかったので、街中で歩きながら地図を見ることはできなかったんです。

南米だったら「この広場が大きそうだから目安になりそう」など。

それでもヨーロッパでは適当に歩いて1時間くらい迷った時もありましたが(笑)

 

3、無料Wi-Fiがあるか

まぁ日本に比べたら基本的にホステルなどでもほとんどWi-Fiが無料で使えます。

でもたまに有料とか有線でのみってあるんですね。

既に書いたように、SIMフリーの携帯やポケットWi-Fiをもっていかないことにしていたので、

宿でWi-Fiが使えることは自分にとっては最低必須条件。

じゃないとネットできませんからね。。

booking.comでは必ず「無料Wi-Fi」がサービスにあるかチェックしていました。

ただ、あくまで無料なので部屋でもサクサクつかえるかフロントとかじゃないとつながりにくいかなどは行ってからのお楽しみでした(笑)

 

4、宿泊費の支払方法

基本的にはだいたいのところでクレジットカード(またはデビットカード)使えたのでそれで支払してましたが、

宿によっては現金のみという所もありました。

あるいは、これは行ってからわかったことですが、

カードで支払いはできるけど現金払いの時より数パーセント手数料がかかる場合があったんです。

なので現金でも払えるように常に用意はしていました。

 

 

えーと、まだまだあったと思うんですが、、

何分3年前くらいのことで思い出せない、、(笑)

 

また思い出したら書きます!

のびーの世界一周振り返り~宿探し~

どうも、のびーです。

さて今日はこれもよく聞かれる、

「泊まるところはどうしたのか?」について書きたいと思います。

 

世界一周に限らず、旅行(旅)の際には切っても切れない宿泊先のこと。

旅行なら基本的に事前に決めてくと思いますが、

旅(バックパッカー)となると現地に行ってから探すという人もいます。

自分は圧倒的に「事前に決める」派です。

お豆腐メンタルなんで現地に行って探すほどの精神力はありませんでした(笑)

 

それに行ってから「宿ありません」ってなったら異国の地でどうしていかわからないですからね。。

 

そこで自分が使ったサイトは「booking.com」です。

もちろん他にも色々サイトはありますが。

booking.comだと色々写真乗っていたり、レビューも多いし、どんなサービスが提供されているかなど、多くのことが確認できるんです。

それにアプリをスマホに入れておくと事前に通知がきて、オフラインでも予約の確認ができます。

ちなみに去年行ったマレーシアや今年行く香港の宿もbooking.comで探しました。

もちろん日本の宿も探せますよ!

 

まぁ事前に予約するのにはかなり時間かかりました。。

適当に値段とかだけで決めてしまうととんでもない場所だったとかありそうだったので。

値段やレビューや写真だけでなく、

駅や中心部の広場の近くなどわかりやすそうな場所がいいだろうと思い、

地図とにらめっこしながら探してました。

前職で最後の1か月有休もらえたんですが、その作業を毎日やってましたね(笑)

 

というわけで、

今回は「事前にbooking.com使って宿探しましたよ~」

というお話でした!