ブロガーのあんちゃさんに横浜で会えるイベントがあったので行ってみた

Good evening! のびーです。

もう少しで2017年も終わりですね。

寂しいような、新年が待ち遠しいような。。

 

さて、今回は時々書いてる「イベント(セミナー)行ってきましたよ」シリーズです。

今回はブロガーとして活動しているあんちゃさんに会いに行ってきました。

場所は横浜・桜木町。

今住んでるとこから近い!ということで行ってみようと思いました。

あんちゃさんとは若干26歳にして既に会社を辞めてブログ運営やWEBライターなどの活動をしながら独立している方です。

最近本を出版しさらに精力的に活動されてます。

詳しく知りたい方はこちらの詳細プロフィール読んでみてくださいな↓

あんちゃさんのプロフィール

で、そのイベントのタイトルが、

「シモトーーク」

、、、なるほど。

イベントの詳細には、

「プロブロガーあんちゃの出発記念イベントです。”下ネタ”を武器として扱う彼女にすべての力を解放してもらいます。セミナーやトークイベントではないのでご了承下さい。紳士な変態の皆様、心よりお待ちしております。」

、、、、なるほど。

あんちゃさんに会えるからと申し込んでみたけど、「これ大丈夫かな?」と若干不安になる(笑)

会場は「紹介制の高級宅飲み風BAR IPSILON(イプシロン)」。

表に看板などなく、まさに隠れ家のようなお店。

とりあえずそういう場所に行ったことあまりないし新鮮だなと思って予定通り言ってみました。

 

会場に着くと確かに看板もなく隠れ家として使えそうなお店だった。

オーナーはこれまたあんちゃさんと同い年の宮本さんという方で、

クラウドファンディングでたった数か月でそのお店の開業資金を集めてお店をオープンし、さらにシェアハウスも運営してるんだとか。

今の自分にとってはそういう人に会えただけでも来た価値はありましたね。

そしてあんちゃさんも来て(実は前日に別のイベントで会えてまさかの2日連続という笑)出版記念という名の飲み会スタート。

いやぁ、もう最初っから大人トークが会場を包む(笑)

途中で2つに分かれて話してたけど、自分がいなかった方の集団ではどうやら終始大人トークが飛び交っていた模様。。

みんな口そろえて「なんて中身がないんだ」と(笑)

そんな感じだったのでイベントの詳細な内容って話せることあまりないんですよね(笑)

 

ただ、1つはっきり感じたのは「めっちゃ楽しかった」ということ。

別に自分はあまり下ネタとか話さないけど、とにかくめちゃくちゃ笑った。

さらには全員初めましてだからすべてが新しい出会い。

ブロガーのあんちゃさんやバーのオーナーの宮本さんだけでなく、

フリーランスで詩を書いている人、大人トークでめっちゃ盛り上がってるけど実は弁護士という人、学生だけどYouTubeで発信してる人など。

そこにいかなければきっと出会えなかった職業や経験を持った人たち。

それだけでも学びになったし刺激になったし新鮮な体験ができたと思った。

例えば詩を書いている人は「詩ーパーズ」という肩書を持っていて、詩という方法で自分を発信していた。

大人トークで盛り上がっていた弁護士さんは一見「ゲスい」という印象が強かったけど(笑)、もちろん色々な知識を持っていたしすぐに場に溶け込むコミュニケーション能力を持っていた。

このイベントの参加費は4000円。

人によっては「高い」と感じるかもしれないけど、

個人的には様々な出会いがあったし何より「楽しかった」から4000円払った価値があったなぁとしか感じてないんです。

余談ですがこういうお金の使い方はスピリチュアル的にいうと「生き金」というらしいです。

「生き金」だとお金はその人のところに何倍にもなって帰ってくるし、ツキや幸せもますます増えていくそうです。

 

まぁそれを信じる信じないはみなさんそれぞれですが、お金を使うときは常に」このことに使って良かった!」って思いたいですよね。

 

 

とまぁちょっと話ずれちゃいましたが、目的だった人には会えたし楽しい時間を過ごせたイベントでした。

何かを変えたければ、怖くとも飛び込んでみないと変わらないですからね。

それではまた。

<スポンサーリンク>



のびーの世界一周振り返り~オーストラリア・ゴールドコーストの奇跡~

のびーです。

いやぁ寒いですね。

私、風邪ひいてから10日が経ちました。

完治しません(悲)が!ブログは更新していきますよ~。

 

ってことで今日はオーストラリアのゴールドコーストを訪れたときに自分に起こった3つの奇跡について書いてみようと思います。

このゴールドコーストという場所は自分にとって特別な場所なんです。

というのも、大学生の時に10か月間留学していたことがあって、

色々と思い出が詰まった場所なんです。

そんなゴールドコーストに久しぶりに(約4年ぶり)行ってみたいと思い、

世界一周のルートに組み込みました。

そんな場所で起きた奇跡とは・・・!?

 

1、誕生日

なんと思い出の地ゴールドコーストで偶然にも誕生日を迎えたんです。

信じてもらえないかもしれないですが、本当にたまたまなんです。

日本を出発する日を決め、「この国にはこれくらいの日にちあればいいかなぁ」という形で、

それぞれの国での滞在日数を決めていき、

ゴールドコースト滞在にあてた4日間の中に偶然にも誕生日が含まれていたんです。

しかも!

ゴールドコーストに着いたのは誕生日の前日だったんですが、

空港の入国審査の所で係りの女性から「何日滞在するの?」と言った質問の代わりに、

「あら、あなた明日誕生日じゃない。おめでとう!」

って言ってもらえたんです。

今まで空港でそんなこと言ってもらえたことはなかったので余計に嬉しくなりました。

 

2、かつて住んでいた場所

ゴールドコースト滞在中は「せっかくの思い出の場所だから変な所には泊まりたくない」と思い、

1泊8000円ほどのアパートタイプの宿を予約しました。

それがこちら↓

風呂もあり寝室の2部屋ありキッチンもありで、

1人暮らしできるような快適な場所でした。

と、話脱線しましたが本題はそこじゃないんです。

この宿の場所。

実は留学時代最後の2か月住んでいたマンションのすぐそばだったんです

だから宿についてすぐに「あそこだ!」と気づいたし、

この宿の前の道は何回も歩いたことがあったということも思い出しました。

本当にこれもたまたまなんです。

留学時代に住んでいた場所の住所なんてとうに忘れてましたからね。

まるでそこに引き寄せられたかのように。

 

3、再会

留学時代に知り合った人の中である日本人女性(Nさん)がいました。

留学の時に仲良くなって何度かお互いの悩みなどを語ったこともありました。

なんとなくまた会えたらいいなぁと思ってたまたま持っていたNさんのPCアドレスにメールしてみるも返信はなし。

知り合った当初はmixi(今や懐かしい笑)も交換したけどすでにNさんは退会済み。

「まぁ仕方ないか」と思いゴールドコーストへ到着。

滞在3日目は特に人に会ったりする予定もなかったので

午前中からかつてよく行っていたショッピングモールに行ったんです。

でぶらぶらしていたら少し先に見覚えのある顔が。

現地(オーストラリア)の人らしき人と歩いている。。

まず自分の頭は大混乱。

「まさかこんな偶然会えるわけないよな??」という思いと、

4年前は日本人の人と付き合っていてその後結婚したと聞いていたので、

明らかに日本人ではない人と歩いてるということは別人ではないかと。

でもどう見てもあの横顔はNさんに似ている。

もしNさんだったらここで見つけなければもう会えないかもしれないと思い、

2人はとある店に入っていったので試しに探してみることにしました。

その店は1-4階まである広い店で、くまなく最初は各階を探してみるも見つからず。。

駐車場にも直結していたのでもう帰ってしまったかもしれない。

それでももう一度探してみることにしたんです。

そしたら、なんと、、、

化粧品売り場でNさんを見つけたんです!

向こうも4年ぶりなのにすぐに気づいてくれました。

そこで分かったのはNさんはすでに離婚していてオーストラリア人の新しい彼氏がいたということ。

その彼氏さんがまた良い人で、

初対面にも関わらず自分とNさんがその奇跡的な再会だということを説明したら、

「本当かい!?こんな奇跡あるなんてすごいな!ちょっと軽く飲みながら話そう!」って言ってくれて

昼間からカフェのようなバーに連れて行ってくれたんです。

次の日の夜には自宅に招いてくれて夕食をごちそうしてくれました。

たくさんのことを2人と話して、最後はNさんが宿まで車で送ってくれました。

本当に素敵な再会と時間でした。

 

 

ゴールドコーストでは街中を歩いてるだけで「あぁ帰ってこれた」という幸せをずっと感じていました。

それだけでなくこのような奇跡も起きました。

本当にたまたまかもしれない。

でも、うまく言えないけど、

「この場所は自分にとって【何か】がある場所だ」

そう

思えてなりませんでした。

 

そういえば来年にはこの「里帰り」からまた4年が経つんだなぁ。

来年の海外旅行はゴールドコーストにしようかな。

書きながらふとそんなことを思いました。

 

 

それではまた。

 

 

 

<スポンサーリンク>



のびーの世界一周振り返り~ハンガリーのマックにて~

ご無沙汰してました、のびーです。

一昨年から使っていたパソコンが壊れて中々更新できないでいました。

ってことで張り切って書いていきます!

 

さて今日は世界一周中のハプニング?をご紹介しようかなと。

場所はハンガリーの首都ブタペスト。

ネットで調べたところ、

なんと「世界一美しいマクドナルド」があるって載ってまして。

それがこちら↓

確かに全然違う!

ってめっちゃ広いやん!←

と思わず関西弁になってしまう程広くてきれいで、

まるでおしゃれなカフェに来たかのようでした。

ここには市内を歩き回った後で来たので、

休憩しながらWiFi繋いでネットでもしようと思い、

レジに並びました。

けっこう混んでて10分くらい待ちました。

ようやく次が自分の番になりました。

ついに自分の番です。

注文しようとしました。

すると店員の若い女の子が片言の英語で何か言っているのはありませんか。

よく聞いてみると、

「私もう帰る時間だから隣に並んでくれますか?」と。

ん?

まじですかww

俺が並んで待っていた時間は何だったんだww

まぁ日本とは違いますよねと割り切って隣のレジへ。

でもね、そのとなりのレジ、誰も店員いないんですよ(笑)

まぁでも隣並んでって言われたから誰かくるんだろうな~って思って待ってみた。

、、、、、、、、、

誰も来ないやんけ!!!(笑)

元々の列で自分の後ろに並んでた数人もつられて移動してきてるのに!(笑)

まだ例の女の子はレジにいたので「ここでいいの?」って確認したら、

「うーん、やっぱりこっち」と指差したのは最初からお客さんが並んでる別のレジの列。

、、、、、、、、、

最初からそっちに誘導してくれ(笑)

で結局また並び直し(悲)

でようやく自分の番ってなった時に

例の女の子が戻ってきて、

ハンバーガーって裏で作られてできたやつを置いておくスペースみたいなのあるじゃないですか?

そこからおもむろにハンバーガーを紙袋に詰め始め、

スキップでもしそうな雰囲気をだしながら(笑)笑顔で帰っていったのです。

ぽかーんと見つめながらこう思ったのでした。

自由だ(笑)

まぁそんな私のびーは無事にポテトを購入し優雅に食べましたよ(笑)

 

確かに欧米では(100%ではないだろうけど)仕事は定時になったらきっちり終えて、そのあとは家族となどプライベートの時間もきっちり確保する(大切にする)というのは聞いていたけど、

目の前で体験するとさすがにちょっとびっくりした(笑)

でも個人的にはそういう環境の方が好きだなぁと。

仕事大好きな人(または好きな仕事をしている人)でない限り、プライベートの時間を削って仕事するっていうにはストレスでしかないと思うんですよね。

まぁこのマクドナルドの件では「自由だなぁ~」ってだけ感じたんですけど(笑)

 

 

それではまた!

<Sponsered Link>




「わかちあいの会」というセミナーに参加して~田宮陽子さん~

みなさん風邪ひいてませんか?

のびーです。

今のところ元気です(勝手に報告してます笑)

 

さて今回は数日前に参加したスピリチュアル系のセミナーについてちょっと書きたいと思います。

ちなみに今回セミナーの内容についてはあまり書きません。

理由は外部で話してはいけない内容があったのもそうですが、

「スピリチュアル」といっても幅広く、まだ自分自身で細かく説明できないからです。

なので気になった方は実際に田宮さんのブログを読んでみて下さい。

 

参加したのは題名にもあるように「わかちあいの会」というもので、

主催は田宮陽子さんという、今アメブロの占い・スピリチュアル部門で1位のブログを書いていらっしゃる方です。

そう、何を隠そう(別に隠してませんでしたけど笑)最近スピリチュアルに興味が出てきているんです。

ブログを読み始めたのは1か月前くらいかな?

ちょうどそれまで2年半副業としてやっていた転売を休止することを決めたくらいでそのブログに出会いました。

将来独立を目指している自分にとって副業(転売)を辞めるということは、将来収入の柱にできたかもしれない道を諦めたことになります。

当然「この先何をやっていこうかな?」という焦りも少しありました。

そんな時に田宮さんのブログを読んでいると救われた気がしました。

田宮さんのブログはもちろん気分を前向きにしてくれるのですが、

「頑張れ」などの言葉で背中を押すというよりも、

「大丈夫だよ」「そのままでいいよ」というようにそっと寄り添ってくれる感じがするんです。

「頑張れ」という言葉ももちろんもらえたらありがたいです。

ただ、時には「頑張らなきゃ」というプレッシャーにもなってしまう可能性があると思うんです。

そしてうまくいかないと「こんなに頑張ってるのに。。やっぱり自分はダメなんだ。。」とネガティブになってしまう。

ネガティブになってしまう時もあります。

相田みつをさんの言葉を借りれば「だって人間だもの」。

でも「自分にはできない」という気持ちを持った人がそのことをできるようになるとは思えません。

自分もけっこうネガティブに考えてしまうことがあるんですが、

田宮さんのブログを読むと「そっか、大丈夫だ」って思えるんです。

だから副業を辞めても「焦らなくていいんだ」と思えたし、

今この先自分は他に何ができるのか道は見えてないけど、

「次に向けた準備期間(ブログより)」と捉えればいいんだと切り替えることができました。

 

人によっては「スピリチュアルなんて胡散臭いな」と感じる人もいるでしょう。

それはそれで仕方ないと思います。

ちなみにアメブロでもう一人タマオキアヤさんという同じくスピリチュアル系のブログ(こちらはビジネス部門で第6位)も読んでますが、

個人的に思うのは、スピリチュアルというのは一つの物の考え方や人生の方向性を示してくれるものという感じがしてます。

少なくとも自分はこれらのスピリチュアル系のブログを読んだことで

「なるほど、そういう考え方(捉え方)もあるんだな」って新たな学びになったし。

最近はブログ内で紹介されてることを少しずつだけど「実験」してみてます。

まぁうまくいくか(何か変わるか)わからないけど、

どうせ何もやらないんだったらやってみてうまくいったり変わったりしたらラッキーじゃないですか?

おっと、セミナーの内容にびっくりするくらいに触れませんでしたね(笑)

最近はスピリチュアルに限らず「興味あるな」と思ったことを発信してる人の話を実際に聞きに行ってみたいという欲が前より強くなっているので、

セミナーに行ってきました、ということでした。

みなさんの中で「こんなジャンルの話がおすすめ」というのがあれば是非教えて下さい^^

 

 

それではまた。

のびーの世界一周振り返り~旅に出る決断をした時~

みなさん週末いかがお過ごしでしょうか。

のびーです。

今までなぜ世界一周しようと思ったのかということに関してはTwitterなどで多少言ったことはありますが、

今日は改めて書いてみようかなと思ったのです。

 

何も分からなかった新卒の頃

大学を卒業してある物流会社に就職しました。

本社は横浜。

当時の育成プログラム?により、

最初の1か月は本社で研修、その後2部署で現場研修ということになっていて、

現場研修前期では茨城の神栖市に、後半は神奈川に戻ってきて大黒ふ頭という所にある営業所で研修をさせてもらいました。

そして2年目から本配属になり、勤務地は大阪へ。

本配属ということで担当の業務もでき、当然のように毎日残業でした。

定時などあってないようなもの。

最初は慣れなかったけど「社会人とはこういうものなんだろうな」と思っていました。

しかし配属されて1か月後の5月頭。

通常業務が終わった後に1人営業所で担当業務の請求書を作成していた時のこと。

時刻は22時か23時くらいだったかな。

「何でこんな時間までいなきゃいけないんだろう?こんな時間まで仕事するために自分はここにいるんだろうか?」

そうふと思ったんです。

そこから変わらず残業が続く中でも「自分は何かしたいことはないのか?」と考えるようになりました。

そして7月頃。

プライベートなことではあったけど、「そうだ、そう言えばピースボートに興味があったな」ということを思い出したんです。

元々興味を持ったときには「金額的にも期間的にも行けるのは定年後かな」と思ってたんですが、

思い出したときには

待てよ。定年後って今から約40年後か。そんなに待たなきゃいけないのだろうか?

そもそも定年後に行ける保証なんてあるのか?

定年を迎えた時に体が弱ってるかもしれないし、お金がないかもしれないし、ピースボートというプログラムがなくなってるかもしれない。」

そう思ったら「じゃあ今行こう!」って自分の中で即決したんです。

それから機会をみて所長に伝え、

関西支店の常務や支店長とも面会し「もう少し仕事を続けてみないか?」と声をかけていただいたりもしましたが、

正直に「海外を周ってみたい」と伝え気持ちが変わることはありませんでした。

行きたいと思った時が行くべき時なんだ」

という強い想いがあったから。

「とりあえず会社に入ったら3年はその仕事を続けるべきなんだろな」という世間一般で言われていたことを鵜呑みにして、

大学卒業してそのまますぐ就職というレールを進んでいた自分が、

その敷かれたレールを外れる決断をした時でした。

 

ピースボートから1人旅へ

年が明けてある変更をしました。

ピースボートだと行先が決められていて自分が行きたいと思ってるけど行けない国(場所)も出てくるなと。

確かにピースボートというプログラムに申し込めば後は自分でやることは特にないからという理由もあったし、

1人だと色々面倒そうだなということに加えて旅中寂しいかなと思っていたんですが、

「やっぱり自分の行きたい所に行った方が世界一周したって感じがしそうだな」と感じて1人旅(バックパッカー)に変更したのでした。

その後会社は5月で退職。

入社してから2年2か月目のことでした。

 

会社を辞めてみて

入社した時にはまさか3年以内で辞めるとは思ってなかったし、

理由が「海外に行きたい(世界一周したい)から」という理由で辞めるなんて想像もしてませんでした。

転職で辞めるとは違ってその後の保証(=次の就職先など)がない状態で辞めたということもあり、

「不安はなかったの?」とよく聞かれました。

もちろんなかったわけではないんですが、あまり不安はなかったんですね。

その理由は

「まだ20代だし、一度仕事を辞めたとしてもまだやり直せるだろう」

と割り切れていたからです。

結論を言えば世界一周という経験はきっとこれから死ぬまでずっと忘れないであろう思い出(経験)になったし、

会社を辞めたことに一切の後悔もありません。

人によっては「それは逃げたんだ」と言う人もいるかもしれませんね。

確かにそうかもしれません。

でも「逃げ」だったとしてもいいんです。

だってあのまま残業続きの日々を送っていたら精神がやられて鬱になっていたかもしれないし、

「自分の人生はこんなもんかな」と諦めていたかもしれないから。

そして何より「あの時決断して良かった」と今思えているから。

 

 

あくまでこれは個人の経験であり意見であり考えであるので

誰にでもできるとは言えません。

でも、もし現状に不満があるなら

自ら行動しなければなりません。

行動しなければ何も変わりません。

この自分の決断した経験が

誰かの背中を少しでも押せてあげることができたなら幸いです。

 

それではまた。