「江戸切子」の体験に行ってみた!

こんばんは、のびーです。

なんと明日の最高気温は21度(横浜)らしいですね!

このまま暖かくなってくれればいいんですけど^^;

 

さて少し前になりますが「江戸切子」の体験に行ってきました。

みなさん江戸切子って知ってますか??

江戸切子とは切子(カット)というガラス工芸技法の1つで、(以下、江戸切子協同組合HPより参照・引用)

”わが国での製作は天保5年(1834年)に、江戸大伝馬町のビードロ屋加賀屋久兵衛が金剛砂を用いてガラスの表面に彫刻したのが初めてと伝えられています。明治14年には切子(カット)指導者として英国人エマニエル・ホープトマン氏を招き、十数名の日本人がその指導を受け、現代に伝わる江戸切子の伝統的ガラス工芸技法が確立されました。”

ということだそうです。

最近”モノ作り”に興味が沸いていて、

何か小物系の物を作ったり体験したりしたいなぁと思っていたので、

ちょうど誘われたので「面白そう!」と思い行ってきました。

ちなみに完成品はこちら↓

きれいにできたように見えますか??

実際は少し曲がってたり太さが違ってたりしてますけどね(笑)

やってみて率直な感想は楽しかった!です^^

削るときはかなり集中しました。

削り機?の刃をまっすぐにグラスに当てないとすぐに曲がったりしちゃうんです。。

縦向きに刃が回転してるとして、縦に削る方が削りやすくて(↓この向き)

横向きで削る時の方が、実は刃がまっすぐに当たってなくて曲がったりして難しかったです。(↓この向き)

サンプルを見させてもらってから削ってみたんですが、

見た目以上に実際に触ってみると堀が深かったりして「こんなに削っても大丈夫なんだ!?」とビックリしました。

 

ちなみに体験させてもらったお店は、浅草にある「創吉」というお店です。

創吉ホームページ

こちらは体験だけでなく販売の店舗も併設されていて商品を色々見させてもらったんですが、

体験後に改めて見ると、職人さんの凄さがわかりました。

「こんなに細かな模様を、こんなにもきれいに仕上げられるんだ」と素直に感動しました。

 

ちなみにモノ作りに興味が出た理由の1つとして、

今年に入ってから色々なセミナーやイベントに行って様々な人に会ったりしてるんですが、

自分が知り合った中ではほとんどモノ作りをしてる人がいないなって気づいたんです。

なので性格的に「他の人と違うことやったら面白そう」と思うタイプなのでモノ作りに興味があるんです。

実際に江戸切子を周りで体験したと聞いたことがなかったし、やってみて面白い体験ができたなと感じました。

また、何かモノ作りにチャレンジしたいと思います^^

 

それではまた!

<スポンサーリンク>



”~コネなし実績なしから出版した著者に聞く~ 自分らしい文章をかくためのライティング講座”というイベントに行ってみて

Hello! のびーです。

毎週テニスやってるんですが、

足の調子が悪いので今週は大事をとってお休みです。悲しいです。

という愚痴です(笑)

 

さて、今回も先日参加してきたイベントの感想です。

このイベントは2年前にオンラインサロンで出会った矢内さんという方が立ち上げた「ゆるまじ(ゆるいけど明日に向かってまじで学ぶ場)」というグループ?団体?主催のものでした。

ゲストは林花代子さん

フリーランスとして、ライター/編集/WEBディレクション/女性のためのマルタ留学相談などをされている方です。

37歳の時に会社を辞めて行った語学留学をきっかけにマルタに魅了され、

大好きなマルタのことをブログで発信してしたりして最終的にマルタのガイドブックまで出版されたそうです。

このイベントに参加しようと思ったのは、

自分もこのブログなどで発信しているので、

現時点では本を出版したいという想いはないですが、

「書く」ということについて学べることがあるかもと思ったからです。

ただ実際は「書く」ということについて以上のことのお話を聞けた気がします。

 

自分の文体を知る

林さんはお話の中で「自分の文体を知ることが大事」とおっしゃっていました。

そして4つのタイプに分かれるとのこと。(以下、自由大学「自分の本をつくる」講座より)

① クリエイター (新しいコンテンツを生み出す)

② スター (独自のパーソナルブランドを生み出す)

③ エディター (売れるコンテンツを生み出す)

④ フォロワー (2番手を狙う)

図にするとこんな感じだそうです↓

イベント参加者全員でどこに当てはまるか(人によっては1つではないかも)質問に答えながら考えてみましたが、

唯一④のフォロワータイプでした(笑)

でも多少②のスターの要素もあるのかなぁと。

つまり、すごい目立ちたいわけじゃない、でも自分オリジナルのものを発信する方が好きかな、みたいな(笑)

この「自分がどういうタイプなのか?」を知っておくことで、

何か書いたり発信する時に「書けない(書くことが思いつかない)」と感じても、

それはもしかしたら立ち位置が違っていたからかもしれないし、自分がどのタイプなのか気づくことで書ける(発信できる)かもしれないですよね。

 

やりたいことを仕事にするコツ4か条

林さんは最初にも書いたように、大好きなマルタのことを発信していたらそれが様々な仕事につながったという経験をされています。

まさに「好き」を仕事に。

そんな林さんが「やりたいことを仕事にする」ための4か条として教えてくれたことは、

① 続けることは最強

② 期限を設けてとことんやる

③ とにかく手を動かす

④ 完璧じゃなくていい

でした。

さらにもう1つ追加すると、

「自分の好きを応援してくれる場所に身を置くこと」

この5つのポイントってどんな職種にも当てはまりますよね

自分の好きなことをしていくには、近道なんかなくて、

コツコツと日々努力し、淡々とこなし、完璧でなくてもいいからできる限りのことをする。

時には1人では寂しくなったりくじけそうになってしまうこともあるかもしれないから、

そんな時に支え応援してくれる仲間を作る。

お話の中で林さんはこうもおっしゃっていました。

「そうしたらきっと誰かが見ていてくれる」と。

 

自分が今やっている色々なことはどこかに繋がっていくのだろうか?と考えることがあります。

分からなくなったり不安に思うこともあります。

でも、何もしなければ何も変わらないので、

これからもこの「5か条」を胸に進んでいこうと思えました。

 

 

 

それではまた。

 

 

P.S.

林さんがHISとコラボして企画されたマルタ島へのツアー。

くぅ~行ってみたいけど会社員の身分では難しい。。

悔しいなぁ(´;ω;`)ウゥゥ

「お、行きます!」って言えるようになるぞー!

(女子旅って書いてあるけど男性ももちろんウェルカムだそうです笑)

<スポンサーリンク>



「ワクワク」を大事にする

どうも、のびーです。

マイペースに書いてきたこのブログも今回で40個目の記事になりました。

40というのは数字だけで見ればまだまだ少ないかもですが、

積み重ねてきたなぁとちょっと感じるものがあるわけです。

 

さて、今回は今までとちょっと違って自分が普段大切にすてる考えについてシェアしたいと思います。

題名にもあるように、それは、

「ワクワク」です。

自分はこの「ワクワク」を、何か物事をやってみるかどうか決断する時の判断基準として大切にしています。

言い換えれば「自分がやりたいと感じてるかどうか」です。

例えばAとBという2つの選択肢があって、

どちらを選べばいいのかと悩む時。

優柔不断な性格だと余計にどっちを選択すればいいか中々決められないことってあると思います。

もちろん何か選択する際の材料(例えば自分が所有してる資格が生かせそうとか、早くできそうとか)があれば別ですが。

そんな時に自分はAを選んだ場合とBを選んだ場合を想像して、

どちらの想像がよりワクワクしたか=どちらの方がよりやってみたい(選びたい)と思ったかで決めます。

個人の具体例として「やり始めたこと」と逆に「辞めたこと」を挙げてみますね。

 

「ワクワク」して始めたこと

以前他の記事で書いたことがあるのですが、

それは「カフェに行って読書する」です。

もちろん「それ普通にやってるよ」という方もいると思いますが。

そもそも私のびーはコーヒーや紅茶を普段から飲んでなかったので、

カフェに行くことがほぼなかったんですね。

きっかけはある妄想、というか憧れのシチュエーションがあったから。

それは、将来フリーランスになりたいと思っている自分にとって、

フリーランスのイメージってよくカフェでパソコンしてるイメージで、

「フリーランスになったら自分もああいう風に仕事してみたいな」って想いがあったんです。

だから「フリーランスになったらやってみよう」とは思っていて、

でも中々そこに辿り着けない。。

ただ「会社員の状態でも休日にちょっとカフェに行って疑似体験するくらいはできるよな」って思い、

ちょうど去年終わりに副業の転売辞めて時間ができたので、

とりあえず読書しにカフェに行ってみようって思ったんです。

そしたら帰り道、

気持ちがめちゃくちゃ充実した状態になっていたんです。

「いやぁいい時間だった」と心から感じている自分がいました。

それ以来基本土日のどちらかで家の近くか隣駅のカフェに行って1時間くらい本読んで帰るということを続けています。

この行動は「カフェに行ってゆっくりしたりしたら何かワクワクしそう」という所から始まってるんです。

別に転売の時のようにお金が稼げるようになるわけではありません。

でも、この心の充実感は転売をしている時には感じられなかった感情なんです。

 

「ワクワク」しなくて辞めたこと

それは「ネットワークビジネス」です。

ネットワークビジネスを嫌ってる人から言うと「ねずみ講」みたいなものですね。

別にネットワークビジネス自体やそれをやってる人を否定する気はないです。

実際に経済的・時間的自由を手に入れたりして人生を楽しんでる方もいますし。

ちなみにがっつりやったわけではありません。

ちょうど世界一周して転職活動をしてる時(ニートの時)にいくつか説明会や話を聞く機会があったり、

実際に登録したものもありました。

登録したネットワークビジネスは旅行系のネットワークです。

登録の段階からあまり乗り気ではなかったものの「会社員以外の収入を作りたい」との思いから、

「これで途中で辞めることになったとしても大きなお金を払って1つ勉強したと思うことにしよう」と決めた上で登録しました。

そして何度かセミナーなどに行ったんですが、

話を聞いていても個人としては全然ワクワクしなかったんです。

説明会に来てもらうために友達や知り合いと会うということもしたくなかったですし。

結局ワクワクしない=やりたいと思えなかったので、

自分からやりたいと思えないことはいくらその先の可能性があったとしても続かないと思い、

3か月で退会し、

「ネットワークビジネスは自分にとって違うってわかった(ワクワクしない)から今後はやらないことにしよう」と決めました。

 

ワクワクすることから始めてみよう

ワクワクを基準にして決めることとして、

他には例えばセミナーやイベントに参加するかどうかなどの判断基準にしています。

最近では本業が米軍関係ということが相当インパクトがあるみたいで(笑)

セミナーなどで知り合った人から後日お茶などに誘っていただく機会ができるようになりました。

そこで「また連絡します」とか「こんなセミナーがあるんですけど今度いかがですか?」といったお誘いがあるんですが、

それに乗るかどうかは「1度その人と話してみてワクワクしたか」どうかで判断しています。

要は自分からもまた会ってみたいと思えばお誘いを受けたり自分から連絡したりしますが、

「何か乗り気がしないな」と思ったら申し訳ないですが断っています。

先日イベントで知り合ったフリーランスの方とお茶していて

「ワクワクするかを大事にしてる」って話をしたら、

「それ良いですね!絶対大事にした方がいいですよ!」と言ってもらえました。

この「ワクワクを基準にする」ということに賛成反対はあるでしょうが、

自分の中で「ぶれない軸」となってきた気がします。

皆さんのなかで中々決められないということがあれば、

「ワクワク」するかで決めてみるのもいいと思いますよ^^

心が充実していなければ楽しくないですから。

 

 

それではまた。

<スポンサーリンク>



”another life. アラサー世代私たちのキャリア-これまでとこれから- #3 「わたしの興味」の見つけ方”というイベントに行ってみて

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

前回書いてから1週間くらい空いてしまった。。

 

ということで、題名ちょっと長いですけど先日とあるイベントに行ってきました。

前にイベントで知り合った河田さんという方(当日は司会)からFacebookで招待が来た時に何かピンときたんです。

それは「アラサー世代のこれからのキャリア」と「興味の見つけ方」というキーワードがあったからです。

当日は2名の自分らしく生きる道を選択されたゲストを迎えて、そのゲストの話を聞くだけでなく、

参加者同士でもワークをして交流するという形式でイベントは行わました。

全ての子どもたちに選択肢のある世界

1人目のゲストは古東麻悠さん。

現在国立国際医療研究センター病院、キャップスクリニックにて小児科医として勤務しながら、

NPOvery50、NPO Ubdobeデジリハ・プロジェクトにてメディカルアドバイザーとしても精力的に活動されている方です。

今回のイベントで初めて古東さんを知りました。

 

世界とつながるダンス教室

2人目のゲストは中込孝規さん。

元々ベネッセに就職するも、ダンスが好きという想いからダンスを教えながら世界一周を経験。

現在「世界とつながるダンス教室」代表を務め、日本全国・世界各地でワークショップを実施されている方です。

実は中込さんは自分がTwitterを始めた4年前くらいに投稿を少し見させてもらってたことがあったんです。

ちょうど自分も世界一周をする前かしていたくらいの頃です。

まさかご本人とお会いできるとはとビックリしました。

(前列真ん中の向かって右が古東さん、左が中込さん)

さて、イベントの全ての内容は網羅できませんが、気になった点をシェアしていければと思います。

 

やりたいことを見つけるには?

これに悩む人は少なくはないのではないでしょうか?

そういう自分もその内の1人と言えるかもしれません。

今は「自分は将来どんなことをして生きていきたいのだろう?」と考えている時期で、

そこまで焦りはないけど「見つかるかな?」という不安があるのも事実なわけで。

2人のゲストもそういう質問をされることがあるようで、例えば中込さんはこうおっしゃっていました。(以下引用)

”「やりたいことが見つかりません」という相談を時々受けるのですが、
そんなときは、「やりたいことがある人の応援・サポートをする」といいと思います。”

また、

”大抵はやりたいことって、「見つからない」んじゃなくて、『どうせムリ』という感情が蓋をして「気づけていない」だけだから。
  
やりたいことがある人のサポートをしながら、実際にチャレンジしている人のそばにいると、だんだんと自分の考え方が変わり、行動が変わり、自分が本当にやりたかったことに気づけると思います。”

これを聞いたとき、今自分が毎週何かしらのイベントやセミナーに行って色んな人に会ってみようとしてる理由はこれじゃないかと感じました。

確かに最近「この人すごいな」とか「この人の活動いいな」って思ったことに対して「少しでも応援できれば」という気持ちがあってイベントに行ったりブログに書いたりしてたんですが、

それが何故かは自分でも口で説明できるほどではなかったんです。

でも、今回中込さんの言葉を聞いて、

確かに実際に何かにチャレンジしてる人のそばにいればまず気持ちが変わり、

気持ちが変わればそれが今度は行動になり、

行動するようになれば「これ楽しいな」とか逆に「これあんまり好きじゃないな」と気づけるようになりますよね。

また古東さんのアイデアで面白いなと思ったのは、

「あえて苦手を突き詰めてみる」こと。

実はブロガーのはあちゅうさんも著書の中で同じようなことをおっしゃってます。

「嫌いなことがないと好きなことが際立たない」と。

「自分が好きなことってなんだろう?」って考えると中々出てこないことはあるけど、

「これ嫌いだな」「やりたくないな」ってことはけっこうすぐに思い浮かぶんじゃないでしょうか?

例えば「仕事でスーツとか堅苦しい服装したくない」のなら、

「私服でOKという環境が自分には合ってる」ってことになりますよね。

そうやって逆から考えていくというのも好きなことの見つけ方の1つになるって実感しました。

 

やりたいことは人に言う

それから古東さんも中込さんも共通して言っていたのは、

「やりたいことは人に(周りに)言う」ということ。

1人では例え叶えられないことでも、そこに何人かでも集まれば叶えられることってあると思うんです。

そういう時には、黙ってないで自分から発信してみた方がいいですよね。

そしたら自分のことを応援してくれる人や必要なことを教えてくれる人が現れるかもしれない。

現にこのイベントで最後に少しだけ話をした参加者の方に「いずれはフリーランスになりたいと思ってるんです」って言ったら、

「じゃあ今度こういうイベントがあるから詳細送りますよ」ってなったんです。

もちろんそれに参加したとして、それでも何も変わらないかもしれない。

でも何もしないよりは何かが変わるかもしれないしそのきっかけになるかもしれない。

もし「フリーランスになりたいんです」って言ってなかったら少なくともそのイベントの情報すら入ってきてないでしょうからね。

 

さて他にも色々ためになるお話もありましたがこのあたりにします。

これが誰か一部の人の何かの役に少しでも立てば嬉しいです^^

 

 

それではまた。

<スポンサーリンク>



のびーの世界一周振り返り~念願のウィンブルドンテニス観戦記~

どうも、のびーです。

この土日は少し気温上がってますね。

昨日日中テニスしてたら顔日焼けしました(笑)

 

さて、今日も世界一周振り返りシリーズですが、

趣味で17-18年やっているテニスにまつわるお話です。

そう、題名にもあるように「テニスの聖地」と言われるウィンブルドンテニスを生観戦してきたのです!

今回はその時の振り返りしちゃいます。

 

テニスの聖地

テニス好きなら知らない人はいないであろう、テニスの4大大会。

全豪オープン・全仏オープン・全英オープン(ウィンブルドン)・全米オープン

その中でもテニスの聖地と言われるウィンブルドンテニスはいつか観に行ってみたいと思っていて、

バックパッカーをする際に「この機会に行こう」と決めたのでした。

なので日本を出発して、アジアをすっ飛ばしいきなりイギリス・ロンドンから旅をスタートしたのです。

事前にウィンブルドンテニスを観戦したというブログを読んでいて、

「この駅からの電車に乗ればウィンブルドンテニスの会場の最寄り駅に行ける」という情報があったので、まずはその駅の近くに宿を手配。

Earl’s Courtという駅ですね。

「始発に乗って行った方がいい」というアドバイスもあったので、

翌朝5時半くらいの電車に乗って最寄り駅へ。

(Wimbledon Park駅かWinbledon駅のどっちだったかは忘れました、、)

駅ついてすでにワクワク。

当然他にも観戦に来た人たちがいるので会場までその人たちの後をつける(笑)

無事に会場について整理券みたいなのもらったのですが、

朝6時くらいに着いて、既に前に2150人(笑)

で開場が10時半か11時からだったので、ひたすらそれまで待つ。。

(暇だった、、(´;ω;`)ウゥゥ)

そしていよいよ会場へ!

 

チケットを即紛失!?

チケット窓口に辿り着き、チケットを購入。

「よし、買えた!」と思いおつりなどをしまってふと気づく。

「、、、あれ、チケットどこ??」

なんと!

買ったばかりのチケットをどうやら落としたのです。。

自分でもビックリですよ。。

買ってから20秒くらいしか経ってないのに(´;ω;`)ウゥゥ

近くにいた若い会場スタッフのお兄さんに事情説明したら

「もう会場に入ったら特に問題はないけど。でも僕以外には言うなよ。」とのことだったので、そのまましれっと会場へ(笑)

 

まさかの雨天中止!?

とりあえず適当に外のコートの試合観ようと思ったら、

なんと雨が降り出すという!!

でコートにはカバーが。。

え、ここまで来て中止??

いや、ここまで来たんだから何としても観たい!

雨もそんなに強くないし!

ということでみんなが雨宿りしてる中とあるコートの一番前に座って待機。

で、

止んだー!!

なので贅沢にも間近でプロの試合を生で観戦することができました。

いやぁもうこの1試合だけでも感動。。

ところでこの時1人で観戦に来ていた日本人のおばさんが隣に座ったので一緒に見ていて、途中でチケットを無くしたことを話すと、

「私のあげますよ」といってくれたのです!!

なんていい人なんだ(´;ω;`)ウゥゥ

で「この次は青山修子選手のダブルスの試合ありますよ」と教えてくれたので2試合一緒に観てました。

わかりにくけど青山選手の試合の写真↓

素晴らしい大逆転勝利を見ることができました!

そのあとはおばさんと別れ会場内をぶらぶらしたり、お土産物見てテンション上がったり(笑)

いやぁ、もう1日幸せだったなぁ。

 

行動したら念願だった観戦に行けた

まさか本当に行ける日が来るなんて思ってなかったです。

行動できれば叶えられる目標や夢はある。

そんなことを実感したのでした。

他の4大大会も死ぬまでには観に行くぞ!

 

 

それではまた。

<スポンサーリンク>



のびーの世界一周振り返り~地図は買うべし!~

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

だんだん日が伸びてきましたね~。

いつも仕事はほぼ定時の17時で終わるんですが、

最近帰る時に「あ、まだ明るい」って思ってました。

 

では、本日は世界一周振り返りシリーズでございます。

今回のお話の舞台はヨーロッパ!

それまでヨーロッパに行ったことがなく、この1人旅で初めてその地に降り立ったわけです。

ヨーロッパは13か国周ったのですが、すべて列車での移動でした。

ちなみに「ユーレイルグローバルパス」というチケットをあらかじめ日本で買っておきました。

詳しく知りたい方はこちら

 

地図のお金をケチり迷子に

ヨーロッパ各国での宿泊先はあらかじめ日本ですべて予約していき、

鉄道で周るのでなるべく使用する駅の近くで探しました。

(いや~この作業大変だった。。

未知の場所の地図を見ながら、さらに自分の要望等と照らし合わせながらの宿の検索だったので、1か国の宿決めるのにめちゃくちゃ時間かかった。。)

で、行ってみて気づいたのは大抵の駅には無料の駅周辺地図があったんですね。(主にインフォメーションセンターにでゲット)

まぁ有料だとしても1~2ユーロくらい(当時のレートで約150円~300円)なのでたいした金額じゃないんですけどね。

ただ、最初の方で全て無料でゲットできていたことが後々あだとなるのです。。

トラブルが発生したのは9か国目のチェコ・プラハ。

いつものようにインフォメーションセンターに行ったら、

なんと地図が有料!

当時の私は、

「なんで無料じゃないんだよー!まぁ、なくてもなんとか辿りつけるだろう」

と思いわずかな金額をケチって地図を購入しなかったのです。

手元には宿の予約サイトで印刷した地図と、旅の途中でゲットしたちょっと古い地球の歩き方(本)。

どちらもかなり限られた駅周辺の地図しか表示してなかったんですけどね。

でいざ駅出て歩いていたら、

全然見つからないししまいにはどこ歩いてるかわからない!Σ(゚Д゚)ギャー

小さな地図に乗ってる道路名をさがしても全然見つからない、、

あたりはだんだん日が暮れてくる、、

重い荷物をもちだんだん疲れてきてる、、

誰かに聞けばいいのに気力がなかったのかなぜが自力で探す自分、、

終盤には泣きそうになりました(笑)

そして彷徨うこと1時間

見つかったーーーーー!!!!!

ちゃんと駅近くでした(笑)

部屋に入って安心してまた泣きそうでした(笑)

 

その後はことことを教訓に、

ちゃんと有料の地図を買うようにしました。

まぁ、すぐに宿に着ける(笑)

 

 

ということで、

もし似たような状況になったら迷わずケチらず地図を買うことをオススメします!

、、ケチるなんて自分くらいか?(笑)

 

 

それではまた。

 

<スポンサーリンク>



人と人とを繋げるBAR 「IPSILON」

こんにちは、のびーです。

のびーは英語で書くと「Nobby」なのか「Noby」なのか。

未だに分かりません(笑)

オリジナルのニックネームですからなぁ。

まぁ、どっちでもいいみたいですが(笑)

 

さて、2日前の金曜の夜、私のびーはとあるバーに行ってました。

そのバーの名前は「IPSILON」(イプシロン)。

場所は横浜の桜木町にあります。

今回で2回目でした。

ちなみに1回目はブロガーのあんちゃさんが来た時です。

その時書いた記事↓

ブロガーのあんちゃさんに横浜で会えるイベントがあったので行ってみた

今回はIPSILONの壁にウォールペイントがされるということで、

そのペイントをするアーティストのめいめいさん(吉岡芽衣さん)のデザインを写真で見て直感的に「こういうの好きだな」と思ったことと、

桜木町は近いし、色々な人に会えると思ったからです。

 

人と人を繋げる、応援する

とは言え店主のジロさん(宮本雄士郎さん)と1回会ったことがあるだけで他はほぼ皆初めましてだったので、

「大丈夫かなぁ」とちょっと心配だったんですが、

結論を先に言うと、、、

全然大丈夫でした!(笑)

だって19時に行って気づいたら23時でしたからね(笑)

まぁ缶チューハイ8本くらい飲んでいい感じに酔っぱらってたというのもありますが。。

「大丈夫だった」というのは店に着いてからジロさんはじめみんな気軽に話しかけてくれたし、

実際には何人か他のイベントやオンラインサロンでの知り合いがいたからです。

だから自然と話の輪に入れたし、10人くらいの少人数だったので色々な人と濃く交流することができたかなと思います。

IPSILONのコンセプトの「人と人を繋ぐ」がとても感じられたなぁと。

さらに凄いなと思ったのが、

この日の売り上げ(1人参加費3000円)の全額をめいめいさんの応援費にしたこと。

お店を経営したりしたことはないのであくまで素人のイメージですが、

やっぱりどの店も継続していくために売り上げは必要じゃないですか?

この日の売り上げの一部かそれ以上をIPSILONの売り上げとしても全然普通だと思うんですが、

ジロさんは最初から「全額応援費とします」って打ち出してたんですね。

「人と人を繋げる」だけじゃなくて「応援もする」。

こういうことは中々できることじゃないですよ。

自分はまだジロさんのこともIPSILONのことも少ししか知らないけど、

こういう場所はこれからも残ってほしいと思いますね。

 

1日店長やります

ということで突然ですが来月3月に1日店長やることになりました!

最初にジロさんからその話をもらった時は、

「そういうのやったことないし、話盛り上げたりできるタイプじゃないし、ハードル高そう」って思ってあまり乗り気にはならなかったんですが、

良く考えてみたら、逆にやったことがないからこそやってみたほうがいいんじゃないかって思ったんです。

それに今年は「フリーになる」という目標のために「色々やってみたり色々な人に会ってみよう」って思っているのだから尚更いい機会だとも感じたんです。

もちろん不安もあるし何やればいいかなんて分かってないですけどね(笑)

とりあえずイベント名は「テニスナイト」になりそうです。

テニス好きな人が集まって、もちろんテニス関係なく色々な人に会ってみたい人も集まって、わいわい楽しく飲みながら交流して繋がれればいいのかなと思ってます。

日にちは3月16日(金)で19時から23時あたりでお店にいる予定です。

IPSILON:横浜市中区野毛町2-59-2 3F

最寄り駅:JR桜木町駅徒歩5分 OR 京急本線日の出町駅徒歩5分

 

不安もあるけど、新たなことに挑戦できることに感謝!

 

 

それではまた。

<スポンサーリンク>



のびーの世界一周振り返り~「ドル」って意外に多い!?~

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです。

関東はまた雪が降りそうですね。。

怪我には気を付けましょう!

 

ということで、前回の続きみたいなこと書きます。

ヨーロッパ以外に周った6か国で使われてる通貨もついでに書いちゃおうかなというわけです。

ちなみにその6か国とは、

ペルー・ボリビア・アメリカ・ニュージーランド・オーストラリア・シンガポール

です。

ではいってみよー!

 

 

ペルー>>>ヌエボ・ソル

(ちなみに「ソル」とはスペイン語で「太陽」という意味だそうです)

ボリビア>>ボリビアーノ

アメリカ>>USドル

(知らない人はいないと思いますけど一応笑)

ニュージーランド>>ニュージーランド・ドル

オーストラリア>>オーストラリア・ドル

シンガポール>>シンガポール・ドル

 

こうみると「~ドル」というのが多いですね。

以上です。では!

 

 

ってちょっと、いや大分短いので(笑)

この記事書いてる時に面白いなと思ったことを余談ですが書きます。

最後に「~ドル」ってつくのが多いですねとありますが、

世界各国の通貨一覧見てたら他にも「~ドル」ってつく通貨があったんで載せちゃいます。

 

アジア

香港>>香港ドル

ブルネイ>>ブルネイ・ドル

東ティモール>>USドル

北米

カナダ>>カナダドル

オセアニア

キリバス>オーストラリア・ドル

クック諸島>>ニュージーランド・ドル

ソロモン諸島>>ソロモン諸島ドル

ツバル>>オーストラリア・ドル

ナウル>>オーストラリア・ドル

ニウエ>>ニュージーランド・ドル

パラオ>>USドル

フィジー>>フィジードル

マーシャル諸島>>USドル

ミクロネシア連邦>>USドル

北マリアナ諸島>>USドル

米領サモア>>USドル

南米

エクアドル>>USドル

ガイアナ>>ガイアナ・ドル

スリナム>>スリナム・ドル

アフリカ

ジンバブエ>>ジンバブエドル

ナミビア>>ナミビア・ドル

リベリア>>リベリア・ドル

 

こうやってみるとたくさんありますね!

それに加えて初めて聞いたりあまり聞かない国名もけっこうあったんではないでしょうか?

やっぱり海外は面白いなぁ

と書きながら一人思ってました(笑)

 

 

それではまた!

<スポンサーリンク>