フリーランスになるためには??

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです。

何だか雨ばっかりの日もなくなってきましたね。

もう梅雨明けでしょうか??

<スポンサーリンク>



 

さて今回はYouTubeの動画のシェアです。

今回の動画はこちら↓

会社辞めて独立したい(フリーランスになりたい)けど何したらいいか分からないという質問に対して

話しているのは「プロ無職」という肩書で活動しているフリーランスのるってぃさん

直接会ったことはないですが、

イベントなどで知り合った人がけっこうるってぃさんと繋がっていたりして、

名前だけは聞いたことがありましたが、

るってぃさんのコンテンツ(今回は動画)を見るのはこれが初めてです。

 

フリーランスは「目指すもの」ではない

さて初めてるってぃさんの動画を見たわけですが、

気になって見た理由は自分がフリーランスにいずれなりたいから。

そんな自分にちょっと衝撃のある回答をるってぃさんがしていたのです。

それは、

”フリーランスはなりたくて目指すものではないと思うんです。好きなことや得意なことを突き詰めていって、自然とお金が稼げるようになっていくというのが一番ベストだと思うんです。”

という部分。

これまでの自分はこの質問をした人と同じように

「フリーランスになるにはどんな仕事をしたらいいんだろう?」という観点で考えていたんです。

でも、考えてみれば今まで自分が出会ったフリーランスの人たちって、

みんなそれぞれやりたいと思ったことや好きなことがあって、

それを突き詰めていって「これはフリーランスでやった方がいけそう(やっていった方がいい)」ってなって独立してるんですよね。

だからまずそれだけ打ち込めるものを見つけるのが大切なんですね。

 

好きなこと・やりたいことを見つけるには?

ではやりたいことや好きなことを見つけるのはどうしたらいいんでしょうか?

「フリーランスはなろうと目指すものではない」と同じように考えると、

「やりたいことや好きなことはやりたいと思えるようになろう・好きになろうと思って見つけるものではない」と言えると思うんです。

例えば今ずっと続けてきたことがあるとして、

それは「やりたいと思えるようになろう・好きになろう」として続けてきたというより、

「気づいたら続けてた・好きになってた」という感じではないですか?

自分の場合長く続けてるものとしてテニスと英語学習があるんですが、

それぞれ「気づけば」約18年と16年続けてきてます。

そういうことが生涯にわたっての趣味になったり仕事になったりしていくんだと思います。

 

 

もし今自分と同じようにフリーランスになりたいなと思ってる人は、

まずるってぃさんが言うように、

他に仕事をしながら何かしらのスキルを身に着けていく”

”好きなことややりたいことを突き詰めていく”

ことが大事になってくるのではないでしょうか?

もしまだそういうことがないのであれば、

ちょっとでも興味があることをまず色々やってみましょう。

「トライ」の数が足りていないのかもしれませんよ?

 

それではまた。

「嫌われる勇気」から学び実践したこと

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

毎週末のどちらかに軽く掃除機かけてますが、

やっぱり少しでもきれいになると気分がいいですね!

<スポンサーリンク>



 

さて今回は読書シェアです。

今回の本はこちら↓

【嫌われる勇気】(ダイヤモンド社)

個人では2014年に購入したものですが、

未だに人気作で本屋によってはベスト5に並べられてたりしますよね。

今回で5回目くらいの読了でしたが、

その中で学び実生活に活かせたことを書いていきたいと思います。

 

「課題の分離」

この本の中で根底となるのが「アドラー心理学」なのですが、

その中で大事な考え方の1つに「課題の分離」というものがあります。

これは簡潔に言うと、それぞれの課題に対し、

”「これは誰の課題なのか?」という視点から、自分の課題と他者の課題を分離していく”

ことです。

そして”他者の課題には踏み込まないこと”

なぜなら、

”あらゆる対人関係のトラブルは、他者の課題に土足で踏み込むことーあるいは自分の課題に土足で踏み込まれることーによって引き起こされる”

からであると。

ではどのようにそれぞれの課題が誰の課題なのかを見分けるのか?

それは、

”その選択によってもたらされる結末を最終的に引き受けるのは誰か?”

を考えればいいと記されています。

 

職場の人にイライラしていた時期

今の会社で50代半ばの女性Aさんという人がいます。

このAさんがある時期から忙しくないときでも電話対応をほとんどしなくなったんです。

最初自分は「何て自分勝手な人なんだ!」と毎日のようにイライラしていました。

でも怖くて面と向かっては言えない。

上司も困っていて、でも中々言えない。

そんな時にこの「嫌われる勇気」を読んではっとしました。

結局他人は変えられないということに加え、

この状況に「課題の分離」を当てはめるなら

「Aさんが電話対応するかどうかはAさん次第で、自分の課題ではない」

ということになります。

そして電話対応しないことの結果として考えられる結末は、

例えば「(英語を使う仕事なので)英語力が伸びない」や「対応できることが増えない」というようなことが挙げられます。

そして仮にそのようなことがAさんに起きてもぶっちゃけて言えば、

それは自分には関係ないし影響もないのだと気づいたんです。

それからは「他人がどうとかではなく、自分がどう取り組むかが大事なんだ」と

考えを変えることができ、今ではほとんど気にならなくなりました。

(まだ少し気にしてしまうこともあるけど、それは仕方ないことかなと)

 

このように「嫌われる勇気」は自分に大きな影響を与えてくれた本であり、

購入してから数年経った今でも読み返したい本の1つです。

まだ読まれてない方は是非!

既に持っている方も機会があれば是非読み直してみて下さい!


それではまた。

ついに格安スマホデビュー!(ドコモからイオンモバイルへ)

どうも!のびーです。

先週喉が少し腫れました。

ここ数年風邪ひいたら喉→鼻→咳と一通りの症状が出るんです。。

今回も今鼻にきてます(^^;;

<スポンサーリンク>



 

さて、私事ですが、

とうとう格安スマホへ変えました!

のびー史でかなりの出来事(笑)

今までドコモユーザー歴14年ほどでしたが、

携帯料金は最低でも月約8000円

た、高い。。

「節約するなら固定費を」

そんな言葉が頭に残るようになって余計に毎月の携帯代が高く感じるようになりました。

でも、格安スマホって大丈夫なのかな?という不安や、

やっぱり機種変更しに行くのは面倒だなぁとの思いから、

中々行動に移せませんでした。

が、しかーし!

とある日に上司とその話をしてたら、

話を切り出した自分の中で「今だ!」みたいな気持ちになったんです。

そこでFacebookで「誰かオススメありますか?」と聞いたら、

3人がコメントしてくれて、

それぞれYモバイル・イオンモバイル・エキサイトモバイルをオススメしてくれました。

イオンモバイルが候補になったのはこの段階ででした。

実はラインモバイルも検討していたんですが、

最終的な決め手は料金もそうですが、

家の近くにイオンがあり、何か故障などあった時に対応してもらえる実店舗があるという点でした。

また、そのイオンではYモバイルとUQモバイルも取り扱っていましたが、

・イオンモバイルは2GB→4GB→6GB、、、2GB毎にプランがあるのに対し、YモバイルやUQモバイルは2GBの次が6GBだったこと

・6GBで比べてもイオンモバイルの方がYモバイルやUQモバイルより1000円安いこと

などの理由でイオンモバイルを選びました。

 

さて、今回の契約内容は、

・4GB(音声通話有り)で1580円

そこにスマホ安心保証とセキュリティをつけて(計500円)

税込みで合計2246円

前までとの差額は約5700円

これはでかいですよね。。

さらに!

今回は端末も新たに購入したのですが(約32000円)、

当初は24回分割で通信費と一緒に払うつもりでした。

それが、イオンに行った日がたまたま5%オフの日(イオンは毎月20日と30日は5%オフ)で、

端末を一括購入の場合は端末料金にも5%オフが適用されるというというので一括で購入しました。

さらにさらに!

本来はSIMカードの料金が別途3000円かかるのですが、

イオンモバイルではイオン指定の端末購入か4GB以上の契約をすると、

何とSIMカード代が1円になるんです。

ということで通信費だけでなく、ラッキーなことに色々お得に買えたと思っております。

まだ使い始めて数日なのでわからないことや不便なこともでてくるかもしれませんけどね。

今のところちょっと不便だなと思う点は、

・電話帳のデータが一切入ってない(何とか移せたりするもの?)

・前のスマホで撮った写真なども移行できてない(まぁPC経由で移せそうだしなくてもさほど困らないかも?)

といったところでしょうか?

なんにせよ、最低料金で過ごせた場合、

・1ヶ月で5700円

・半年で34200円

・1年で68400円

の節約ができるわけです。

今回「格安スマホに変える」という道の世界に踏み込んだわけですが、

これだけ節約できるのは本当に大きいし嬉しいです。

現在検討されてる方もいるかもしれませんね。

少しでも参考になれば!

それではまた。

 

ストレス対処法

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです。

昨日はとある場所でBBQをしたんですが、

見事に飲み過ぎてつぶれてしましました。。

そういう時に介抱してくれる仲間がいるってありがたいですね。

<スポンサーリンク>



 

さて今回はまた武井壮さんのYouTubeの音声動画のシェアです。

ストレスを受けたら“1時間のプレゼント”『落ち込んだ時の対処法』

この話をきいて面白いなって思ったのは、

武井壮さんはストレスがある時に「楽しいことを楽しむ」ようにしてるそうですが、

武井さんは楽しむ中でも何か学ぼうとしているのです。

例えば今回の動画の中で武井さんはアイドルのDVDなどを見ることが支えになってるそうですが、

DVDを見ながらアイドルの名前や性格などを覚えて、

次に番組で会った時などに話ができるようにしているそうです。

自分の場合もストレスを感じた時は好きなことして発散するようにしていて、

その中の1つがYouTubeを見る事なんですが、

よく見るのはゲームプレイ動画や、好きなスポーツ選手の活躍シーンなどでして、

そういう動画を見てると段々元気でてくるし気分も上がってきます。

でも、武井さんのように何かを学んでるということはあまりないなって思いました。

武井さんはそのような方法で「貯金」を1つでもするようにしているそうです。

もちろんこのやり方はご本人も行ってますが「武井壮流」の方法であって、

全員に合ってるわけではないと思います。

好きな音楽を聴いたり、バラエティー番組見て笑ったり、ただぼーっとしたり。

誰かに電話して話をきいてもらうというのもあるでしょう。

この動画の中で相談者さんは就活に関して悩みがあって相談していますが、

武井さんの言うように、悩みの原因となったこととは全く関係ないことをやるという考えには賛成ですね。

そうすればきっと気持ち切り替えられますからね。

 

 

今回は武井さんのストレス対処法が面白いなと思ったのでシェアしました。

みなさんのストレス対処法があったら是非教えてください^^

それではまた。

英語名言集 3

どうも、マイペースなのびーです。

最近健康診断の結果が返ってきて何とX線で再検査でした。

幸い再検査では異常なしと出ましたが、、

年齢関係なくみなさん健康診断は受けましょうね!

 

さて今回は英語名言集第3弾でございます。

それではいってみよー。

<スポンサーリンク>



 

 

“Anxiety and fun, always in the same place. Which one you walk is up to you.”

「不安と楽しみは、いつも同じ場所にある。どちらを見て歩くかは自分次第。」

ある事実は事実として変わりなくそこにあって、

結局それが自分にとってどういう意味になってくるのかは、

自分がどう捉えるか、で決まるんですよね。

例えば片思いしてる期間が、

ある人にとっては楽しくて、ある人にとっては不安な時期であるように。

 

“If you respect your parents, you should enjoy your life. I will cry, if my daughter says, “I’m tired of my life”.”

「子供が自分の人生を楽しんでないなんて、それこそ親不孝だと思う。『あのね、私人生つまらないの』娘にそんなこと言われたら、きっと親は泣いちゃうよ。」

自分は母親を亡くした時、最初はこう思いました。

「もう母さんは好きなことできないのに、自分は楽しんでていいのだろうか?」

でも、「自分が下を向いてても喜びはしない。むしろ人生楽しんでる姿を見せることが唯一できることだ」って思うようになったんです。

だからこの言葉がとてもしっくりきました。

 

 

“Just go!”

「行けば分かる!」

かなりシンプルなフレーズですね。

うだうだ悩んでることがあるなら、

「とりあえず行ってみる」のがいいかもしれませんよ?

 

“There is no such thing as a free lunch.”

「タダの昼食などというおいしい話はない。」

なんでも楽してうまくいけばいいですけど、

そうそうそんなことはないですよね。

例えば「楽して稼ぐ」という情報がよく出回ってますが、

それはある程度形になるまでに努力が必要か、または詐欺か、でしょうね。

 

 

“The first step is always the hardest.”

「最初の一歩がいちばん難しい。」

確かホリエモンも【ゼロ】という書籍の中で言っていましたが、

例えば1から2にすることよりも、

0から1にするのが難しいんですよね。

ただ一旦1にできたら、どれだかでも伸ばせますね。

 

 

今回はここまでです。

心に響く言葉や、英語の勉強になったものが1つでもあったでしょうか?

それではまた。

 

【参考文献】

「Live your life. 人生を最高の物語に変える68の言葉」

「人生が変わる英語の名言」

武井壮流 行動力を手に入れる方法

Hello ! まいぺーすブロガーのびーです。

とうとう梅雨入りしてしまいましたが、

つかの間の晴れ間だったので、

布団干したり掃除したりしたら室内で汗かいてました(笑)

<スポンサーリンク>



 

さて、私のびーはYouTubeを見るのが好きなんですが、

「この人の考え方面白いな」と思う人の(音声)動画を見たりしていて、

今日はその中から1つ紹介したいと思います。

それがこちら↓

武井壮が30歳の時に実践した【圧倒的行動力を手に入れる方法】

多分ラジオ番組?か何かで武井壮さんがリスナーの方からの質問に答える中で「行動力」について語っているものです。

相談者Aさんは18歳で20~30年先まで自分の人生計画を色々考えていて、

その中でその計画を達成するための行動力を手に入れるために武井壮さんに質問しています。

それに対する武井壮さんの回答は、

「1日10分、自分のあまり知らないことを調べる」

ということでした。

毎日やっているとそれが段々習慣になり、

半年経ったころには1~2時間調べるようになり、

どんどん調べて何かを学ぶことにはまっていき、

知らないことを知っているということが楽しくなり、

どこに行っても人と楽しく喋れるようになってどんな話題にもついて行けるようになって、

人がどんどん呼んでくれるようになっていったそうです。

武井壮さん曰く、

”行動力を鍛えたつもりはないけれど、知らないことをことをしって自分(の大きさ)を増やしたら、勝手に行動範囲が広まった”

そうです。

また「人が僕を動かしてくれるようになった」と言っていますが、

そもそもそうなったのは武井壮さんが「1日10分知らないことを調べる」という”行動を続けた”からですよね。

どうでしょうか?

1日10分なら確保するのは難しくないはずです。

ただ、それを習慣化するまで続けるのは難しいかもしれないですね。

それができるかどうか、うまくいく人といかない人の違いなのでしょうね。

いきなりすごいことや大きなことはできないから、

「1日10分」という小さな行動を積み重ねていくことが大切ですね:)

何だか武井壮さんの話が面白いしすっと自分のなかに入ってくるようです。

これが発見できただけでも自分にとっては新たな発見で嬉しいですね。

それではまた。

 

テレビゲームが右脳を鍛える!?

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

とうとう梅雨入りしましたね。

週末テニスできるかどうかの心配を常にしなきゃいけない時期ってことで憂鬱です(笑)

<スポンサーリンク>



 

さて今回は読書シェアです。

今回の本はこちら↓

【ハイ・コンセプト】(ダニエル・ピンク著、大前研一訳)

、、、難しそうって思いますよね?

はい、ちょっと難しかったです(笑)

ビジネス書ですからねぇ。

今まで自分でもちょっとまとめづらいなどの理由もあってブログには書いてこなかったんですが、

今回は「へぇー!」と思う箇所があったのでシェアしようと。

 

「情報化の時代」から「コンセプトの時代」へ

まずざっくりこの本の趣旨を言うと、

”この20~30年程の間は経済や社会は「情報化の時代」=ある種の知識をもった特定の人たちのものであったもの”に対し、

これからは”創意や共感、総括的展望を持つことによって社会や経済が築かれる時代=「コンセプトの時代」になる”、ということです。

そしてそれに沿って、

分析的・論理的に情報を処理する「左脳」から、

直感的・本能的・全体的に物事を捉える「右脳」の働きを鍛えていくべきだと述べています。

 

「遊び心」があると右脳が活性化する

そう著者は述べており、

その代表的なものの1つとして「テレビゲーム」を挙げています。

その中で驚いたのは、

米軍がテレビゲームを作って利用しているというのです。

個人的には大人でテレビゲームを常にやってるひとはあまり多くはないのではないでしょうか?

自分も大人になってからはたまにしかやりません。

もちろんテレビゲームは面白いんですが、やり過ぎると「あぁ時間を無駄にしてしまったな」という思いがどうしても生まれてしまうんですね。

そんなテレビゲームを米軍が利用してるとは??

この本の中で紹介されているところによると、

昔に比べて米陸軍の任務に関して新兵候補者たちにあまり理解されていないという状況があり、

”疑似的に軍の生活や作戦を体験できるテレビゲームを作れば理解してもらえるのではないか”と考えたのだそうです。

そしてそれを無料で公開したところ陸軍のサーバーがパンクするほどアクセスが殺到し、

現在週末にはおそよ50万人がアクセスして陸軍作戦のシミュレーションに興じているそうです。

この他にも様々な研究や調査によって、

例えば医師でもゲームをしている医師の方がミスが少ない・処置が早くなるといったデータや、

視覚認知のテストでゲームをする人の方が高い点数を取ったなどの結果が報告されているそうです。

 

 

さて、かなりかいつまんで抜粋しましたが、

確かに考えてみるとテレビゲームは(種類によるかもしれないけど)

けっこう想像力が必要だったりしますよね。

使い方次第では悪影響がでることもあるかもしれないけど、

想像力を膨らますという面では「右脳」を鍛えるいいツールなのかもしれないですね。

みなさんも適度な遊びを取り入れる一環として、

テレビゲームをやってみてはいかだでしょうか?^^

 

それではまた。

 

【ハイ・コンセプト】(三笠書房)

幸せなお金持ちになるには?

どうも、マイペースなのびーです。

昨日の午前中テニスしてきたんですが、

暑くて息切れが早かったです(笑)

<スポンサーリンク>



 

さて今回も自分が読んでいるブログ記事の紹介です。

(今回の記事の方が前回紹介したタマオキアヤさんの記事よりもスピリチュアル的なので興味ない方はスルーして下さいね)

今回の記事はこちら↓

これからの時代に「幸せなお金持ち」になる人

書いているのは田宮陽子さんという方です。

(以前セミナーに一度行ったことがありまして→「わかちあいの会」というセミナーに参加して

 

今回の記事で「なるほど!」と思った箇所は、

”みんなが求めていることを自分から情報発信していけば自然と豊かになっていく”

という流れに時代がなっていて、

”みんなのために役立つこと”

そういうことを”惜しみなくシェアできる人””愛を自分から投げかけられる人”にお金が集まる時代になっているそうです。

みなさんの中にはスピリチュアルに興味がなくても、

そういった時代の流れを感じている人はいるのではないでしょうか?

自分はもうすぐ30歳ですがかなり感じています。

お金を「大量生産されたもの」ではなく「情報や体験など」により使うようになっている流れを。

例えば、自分も抵抗はありましたが副業の転売をやっている時に「お金を払って情報を買う」という経験をしたことがあります。

とにかく今は色々な人が自らの経験や知識を発信しているし、

またそういう発信ができる場もかなり増えていますよね。

中には「お金目的」で適当な情報だけ流すなどの詐欺のようなことをしてる人たちもいるようですが、

「みんなの役に少しでも役に立てば」という純粋な想いをもって発信している人たちもいます。

自分の経験から言うと、後者の方がたくさんのファンや仲間がいて、その分お金もその人たちの所へ集まっているなと思います。

田宮陽子さんは記事の中で、キーワードは「知っていることを惜しみなくシェアする」ことだと強調しています。

自分もこのブログやTwitterなどで自分がいいなと思ったことを少しでも誰かのためになればと思って発信していますが、

「惜しみなく」ということをもっと意識していこうと思いました。

最後に自分が読んだ田宮陽子さんの本を紹介して終わりたいと思います。

【あなたの運は絶対!よくなる】(PHP研究所)

そしてこのブログを書きながら注文もしました!

【なぜか神様が味方する すごい!金運の引き寄せ方】

 

それではまた。