【手ぶらで生きる。】(ミニマリスト:しぶさん)を読んで

どうも、マイペースに活動中ののびーです。

今日は日中車で出かけた帰りに普段行かないカフェにちょっと寄って本読んできたんですが、

たまには環境(今回はカフェ)を変えるとまた気分が違って良いですね^^

<スポンサーリンク>



 

さて今日は読書シェアです。

今回はこちら↓

ミニマリズムを実践しているブロガーのしぶさん【手ぶらで生きる。】という本です。

これを知ったのは同じくフリーランスで活動されてる”るってぃさん”のYouTubeにて紹介されていて、

なんかピンときて即ポチッと買ったんです。

最近スマホを格安スマホに変えたことで「(ものなど)減らす」ということにより意識が向くようになったからかなと。

ただ読んでみると、

単にモノを減らせばいいと勧めている本ではなかったんです。

 

家賃2万円!?

まず驚いたのは家賃。

しぶんさんは現在福岡にアパートを借りていてなんと家賃2万円

その分4畳半という狭さではあるけれど、

極力要らないものを減らしたその部屋はそこまでの狭さを感じないものがありました(本に写真が載ってます)。

冷蔵庫・テレビ・テーブル・ベット・収納

ほとんどの家にありそうなものをしぶさんは置いていない。

かと言ってしぶさんは我慢しているわけではなく、むしろ心にはゆとりがあるそうです。

それはしぶさんが元々裕福の過程に生まれ育ったところから一気に貧乏な生活へ変わってしまったという体験の中で、

”「少ないお金やものでも幸せに生きることができる」と気づいた”からこそ今の生活でも十分満たされているのでしょう。

個人的には今現在家賃8万2千円という部屋に住んでいますが、

固定費のスマホ代に手を付けられたことで「家賃も下げたい」と最近思うようになっていて、

まるで引き寄せかのようにこの本に出合ったなぁと感じています。

しぶさんのように色々なものを減らしていくことは急には実践できないけど、

これくらい家賃を抑えることも可能なんだなと気づかせてくれました。

 

何にお金を使い、何にお金を使わないか

ただ、最初の方でも言ったように何でもかんでも減らしてるわけではないそうです。

躊躇なく物を増やす(費やすお金を増やす)こともあるのだとか。

それは「投資になる物」

例えばブログを書いたりするのに必要なMacBookには10万円かけたり、

「自由な時間」を生み出すためにお掃除ロボットに約3万円や洗濯乾燥機に14万円かけたりと。

しぶさんの毎月の生活費は7万円だそうなので、

それに比べると上記であげたものはけっこうなお金がかかってるけど、

長期的に見て利益を生み出せるものや、

自分でやるのは苦手で時間がかかってしまうことを代わりにやってくれるものは増やしてもいい(お金をかけてもいい)という、

しぶさんなりのしっかりした軸(信念)があるのだなと強く感じました。

 

これ以外にも「なるほどな」と思わされる点はいくつもあって全部はここでは書けないですね。

もちろんこれらはしぶさんにとっては合ってることであって、

全員に合ってるわけではないし、全員がそうする必要はないです。

でも、「そういう暮らしもできるんだな」「こういう考え方で充実した生活を送ることができるんだな」という気づきにはなると思います。

少なくとも自分にとっては色々発見できて面白かったので、

「これやってみたいな」と思ったことは実践して、

この本を買ったことがとてもいい「投資」だったと思えるようにしたいですね。

興味ある方は是非1度読んでみて下さい。^^

 

それではまた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。