神栖市に久しぶりに「帰って」みて

どうも、マイペースにブログ書いてるのびーです。

だんだん日が短くなってきましたね~。

少しずつ秋が近づいてきてるんですね。

<スポンサーリンク>



 

さて、今回は、、完全に個人的日記みたいな感じです(笑)

というのもタイトルにあるように昨日から泊りで茨城県の神栖市という場所に来ています。

場所はここ↓

こことどんな関りがあるかと言うと、

自分が新卒で入った会社で本社(横浜)研修の後に5か月間の現場研修先として仮配属になった場所、

つまり7年前に初めて社会人として働いた場所なんです。

で神栖に来るのは数年ぶりなんですが、

来た理由は7年前に知り合ったテニス仲間が仕事でしばらく中国に行ってしまうということでその人の送別会(飲み会)に出るためでした。

まさか早朝5時半起きで朝9時からのテニスも参加するとは思ってなかったですけど(笑)

↑でも天気良かったし、そこまでまだ暑くなかったし、初めましての人もいたけどみんな上手かったし良い人たちだったしで^^

で!神栖に来たのはテニスと飲み会に参加するだけじゃなくて、

普段とは違う環境にたまにはお金かけてでも行ってみた方が良いと直感で感じたからなんです。

節約癖がある自分としては、

細かい話横浜から神栖まで来るのは交通費(今回は自家用車/東京駅からバスも有り)やら宿泊費やらかかるので、

わざわざ来ようとはあまり考えないですが、

今回この送別会のお知らせが来た時に何となく「あ、最近行ってないしたまには泊りで普段とは違う場所に行くのもいいかも」って思ったんです。

それと同時に考えました。

”今回のこの選択にはどんな意味(メッセージ)が込められているのだろうか?”

と。

これは前回書いたブログの「本田健さん曰く、すべてのことは意味がある」という考えに基づいています。

前回の記事はこちら

それ(意味)は、高速を降りて神栖市内を走ってるときに感じた「何か”帰ってきた”みたいだ」という安心感のような気持ちを感じるためだったのか?

(というのも5か月間しか住んでなかったし、神栖市は電車が通ってないので車がないと生活がかなり不便なんですが、とても住みやすくて居心地が良いと思っているんです)

はたまた、久しぶりに会う人たちとテニスや飲み会などを通して感じた「楽しい!」というプラスの気持ちを得るためだったか?

あるいは、今回TSUTAYA初のアウトレットが神栖にあると聞いたので行ってみたんですが、

↑こんな感じで、中古本の取り扱いだけでなくキャンプ用品があったり、パン屋さんやカフェがあったりで

そこで感じた「へぇ~こんな場所ができたんだ!」という新たなスポット(神栖市の魅力)を発見するためだったのか?

いやいや、今回は鹿島パークホテルという所に宿泊してるんですが、

(↑この部屋でこれ書いてます)

単純にホテルに泊まるだけでも新鮮な気持ちになれたし、

家以外でブログを書くのは初めてでまるで自分が憧れているフリーランスの仕事の仕方を体験してるかのような気分になったんですが、

そういう気持ちを感じたり体験するためだったのか?

もしくは、昨日久しぶりだったり初めましてだったりで会った人たちの中から、

今後仕事やプライベートで関わってくる人がいたということなのか?

 

色々意味(メッセージ)の候補を考えてみましたが、

どれかかもしれないし、どれでもないかもしれない

あるいは、何かしらの意味(メッセージ)はすぐにではなく時間が空いてから「そういうことだったのか」と分かるパターンかもしれない。

でもきっと何かしらの意味があったからこのタイミングでここ(神栖)に来たんだろうし、

久しぶりに来れてとっても楽しい時間を過ごせたしリラックスもできたしで、

間違いなく自分にとってはお金をかけてでも来て良かったと思えました。

みなさんも是非、たまにでも普段とは違う環境に身を置いてみるという体験をしてみて下さいね!

 

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。