言わないとわからない (ナリ心理学)

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

これ101記事目です。

101匹ワンちゃんと同じ数字です。

何でもないです(笑)

 

さて、今日はブログシェアです。

今回の記事はこちら↓

言わないでも普通わかるでしょ!!

度々取り上げさせてもらってる「ナリ心理学」主宰のナリさん

本も出されてます!

これ読んでもらえれば最初にスカッとナリさんが言ってますが、、

言ってくれないとわかりません(・∀・)

(そのまま引用)

なんですよねぇ。

これまず自分にすごく響いたんです。

なぜかって、

自分が思ったことを言えずにため込んじゃうタイプだからです。

大学の時に友達から「何考えてるのかわからない」って言われたこともあります。

前にある女性と付き合っていた時も、

かなり自分を抑えていました。

思ってることで言えないことがありました。

「言いたいこと言ったら嫌われるかも」って思ってました。

「察してくれないかな」って思ってました。

だから、終盤すごく苦しかったです。

(自分で自分の首絞めてたんですけど)

自分も元カノも思ったことをあまり口にできないタイプだったんです。

最終的には意を決して?思ってることをある日話して、

そのまま別れることになったけれど、

言ってよかったなと思ってます。

言わなかったらそのまま我慢し続けてただろうから。

(自分だけが我慢してるとは思ってないですが)

 

ある知り合いに言われたことがあります。

「本音を言う=嫌われるっていう思い(つながり)が強すぎますね」と

これほんとはイコールじゃないんですよね。

思い込みなんです。

もちろん何でも言っていいわけじゃないけど、

思っていることは言わないと相手は分からないですよね。

当たり前のことなんですけど。

”言わないとわからないことくらい、言わなくてもわかってよ(・∀・)笑。”

“言ってないのに、「わかってもらえない」とか拗ねるのなしだぜ(・∀・)笑。”

(そのまま引用)

 

自分もまだまだ言えてないです。

でも「察して」はやめようと思います。

みなさんは言えてますか?

 

 

それではまた。

100記事目!

こんばんわ!まいぺーすブロガーのびーです。

大分気温も下がったり暗くなるのが早くなってきましたね~。

1年ってあっという間ですねぇ。

<スポンサーリンク>



 

さて、今回で実は100個目のブログです。

基本週2回というマイペースぶりですが、

そんな感じでも100という数を積み重ねてきていました。

そして見返せばブログを始めてちょうど1年という節目でもあるわけで。

毎日ブログを書いている人から見れば「1年やってたった100か」と思われるかもしれませんが。

でも、別にいいんです。

競っているわけではないので。

そりゃあたくさん書いてる方が読者も多くなる可能性は高いし、

書いている以上は多くの人に読んでもらえた方が嬉しいけど、

例え少数でもいつも読んでくれている人もいるし、

その人たちの役に少しでもたてているなら充分嬉しいんです。

 

ブログを始めたきっかけは、

去年の11月まで約2年間副業でやっていた転売を辞めようかと考え始めた頃、

「じゃあ他に何かできることはないのかな?」って考えてた時に、

知り合いから「世界一周したんだしそのことをブログで書いてみたらいいんじゃないですか?」って言ってもらったことでした。

最初は世界一周のネタ(感想とかではなく)だけ書いていて、

でもそれもネタが尽きてきて。。

でもなんだかんだここまで続いてきた。

 

最近「クラウドワークス」っていうネットで仕事を受注できるサイトに登録して、

副業再開したんです。

まだまだやれることは限られてるけど、

最近は「与えられたキーワードから1500字程度の記事を書く×5本」っていう仕事をやったんです。

単価は安かったけど、すべて特に大きな修正も必要なくクライアントさんのニーズを満たす記事を納品できました。

もしかしたら趣味の読者とこのブログを書き続けてきたことが役に立ったのかもしれません。

そう考えると、ブログを書き続けてきたことには意味があったってことですね。

たまに面倒に感じることもあるけど(苦笑)、

「自分でやる」って決めたから続けられてます。

だからこれからもマイペースに書いていきます。

誰かの役に立てたら嬉しいですからね!

いつも読んでいただきありがとうございます^^

 

 

それではまた。

 

やりたいこと(ナリ心理学)

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

今週は平日にブログ書けなかった。。

ま、気を取り直して書くぞー!

<スポンサーリンク>



 

さて、今日は普段読んでるアメブロの記事を紹介したいなと。

今回の記事はこちら↓

あなたのやりたいことはなんですか?

このブログを書いているのは「ナリ心理学」を主宰しているナリさんという方。

アメーバオフィシャルブロガーであり、最近本を出版されたりもしています。

そしてとあるコミュニティで知り合った女性が実はナリさんの奥さんだったという衝撃(笑)

特にこれと言って理由なく聞いてるそうなので(笑)

数日前の記事だけど書いてみた!

そしてそれをここでもさらしてみた!(笑)

 

・会社員を卒業してフリーになりたい
・まだフリーで何をしたいかわからないけどワクワクすることをやりたい
・自分だからこそ提供できることを仕事にしたい
・働く時間を自由に決めたい
・平日だってカフェとか行ってのんびりしたい(有給使わなくても)
・月収100万とか1000万とか余裕で稼ぎたい
・お金に対するマインドをしっかり築きあげたい(じゃないといくら稼いでも不安になっちゃう)
・お金のことでいちいち心配したくない(今しちゃってる)
・彼女と海外旅行行きたい(今いないけど)
・家賃気にせず住みたいところに住みたい
・彼女とドライブしたい(今いないけどいつかできる)
・投資で資産を作りたい
・お腹へっこませたい
・テニスもっとうまくなりたい
・テニスコート所有したい(できればインドア)
・雨でもテニスいつでもしたい(そしたらサークルの仲間も呼べる)
・彼女の手料理食べたい(今はいないけどきっと自分に合った彼女ができる)
・というか彼女ほしい(絶対できるから大丈夫)
・海が見える場所に住みたい
・これからも周りが静かな場所に住みたい
・気になった本は全部読みたい(お金気にせず)
・テニスの四大大会をいつでも行きたいときに見に行きたい
・海外にテニスしに行きたい

 

多分もっとあるだろうなぁ(笑)

「イタイなぁ」と思われそうなことも書いたけど(笑)

それでいいのだ←

願いは口に出したり書いたりしてこそ叶うと信じてるから

 

また増えたら書きたそうっと。

 

あ、ナリさんの本はこちらからチェック!

 

それではまた。

【お金】~本田健さん”大富豪からの手紙”を読んで~

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

3か月前から夜シャワー浴びた後にプランクを始めました。

お腹を引っ込ませたくて。

おかげで横は少ししゅっとしてきたかも?

でも相変わらず下っ腹でてるからなんとかしたいとです(笑)

<スポンサーリンク>



 

さて、今回は本田健さんの【大富豪からの手紙】の5つ目のキーワード

【お金】についてです。

お金、それは全ての人が必ず関わるもの。

人によってどれくらい必要かは変わってくるけど、生きていく上でなくてはならないもの。

「お金が全てではない」というのは自分もそう思いますが、

お金はあるならあった方がいいと思ってます。

お金があれば、例えば買いたいものや必要なものが買えたり、旅行などの経験をすることでもできるし。

つまりそれだけ色々な可能性や選択肢を増やすことができるってことですからね。

だから、今まで「今よりももっとお金があればもっと人生楽しくなる(幸せになれる」って思ってました。

でも、一概にそうとは言えないんですね。

そう本田健さんの動画や本を読んで思いました。

お金があまりにも無い人は色々と苦労しますよね。

お金がある程度ある人はもっと欲しいなぁと思う。

お金がまあまああるともっと欲しくなる。

お金がかなりある人はお金を持ってない人からの嫉妬などが怖くなる。

もちろん全員がそうではないと思いますが、

どのレベルの収入でも結局悩みがなくなることはないんですよね。

例えば自分の収入が月収100万円になったら、

最初は嬉しくて楽しくても、それに慣れたら「もっと欲しい」って悩みが出てくるでしょうね。

もちろん何か目的があって、

そのために「もっとお金を稼ぎたい」と純粋に思い努力することは決して悪いことではありません。

ただ、「お金がもっと欲しい」ということ自体が目的になってしまうと、

どのレベルにいっても悩みや「お金がなくなるかも」という恐怖がなくなることはないんだと思います。

だからこそ、お金とどう付き合っていくのか?

お金に振り回されない人生を歩むにはどうすればいいのか?

そういった「お金とのバランス(距離感)」が大事になってきます。

 

自分もまだまだ学んでいる最中です。

色々とお金に関するメンタルブロックもある気がします。

だからこそ、本田健さんの本などを通してこれからも学んでいきたいと強く思います。

全ては自分がより幸せになるために。

そして周りの人も一緒に幸せになれるように。

 

 

本が気になる方はこちら↓

動画はこちら↓

「お金」と「仕事」成功と幸せ度を決めるのは?

 

 

それではまた。

英語名言集 4

どうも、マイペースなのびーです。

今日は上司にお供して米軍基地に行き、

お昼にアメリカンサイズのハンバーガーなどを食べてきました。

おかげで夜食べれません(笑)

 

さて今回は久しぶりに英語名言集第4弾でございます。

それではいってみよー。

<スポンサーリンク>



 

“If you couldn’t satisfied, you should change yourself whichever you would become better person or not”.”

「満足しないままの自分でいるより、良い方向なのか、悪い方向なのか分からなくても、変われた方がきっと、マシだ。」

何かに満足できていないのなら、

怖くてもどこかの道にすすまなければならない時がある。

進んだ先はたとえどうなっていようと、

新しい自分への階段を1つも2つも登れてるんです。

 

“Experiences make you happier than things and memories last longer than stuff. Traveling is the best way to make experiences and memories.”

「経験はモノより幸せをくれるし、思い出はモノより長く残る。旅は、そんな経験や思い出をつくるには最高の方法よ。」

今はだんだんと「モノの消費」から「経験の消費」に変わってると思うんです。

上の引用分にもあるように、経験は自分の中にいつまでも残りますからね。

どうせお金を使うなら、無駄に物を買うより旅(旅行)に費やした方が良いかもですね!

 

“He’s my friend that speaks well of me behind my back.”

「陰で私のことをよく言ってくれるのが、友人である。」

ほんとにあなたのことを信頼してくれてたり良いと思っていてくれていたら、

あなたがいないところでもあなたのことを褒めるはず。

そうでなければ、それまでの(上辺だけの)関係ということですね。

 

“Just because something doesn’t do what you planned it to do doesn’t mean it’s useless.”

「単に何かが自分の計画通りにならないからといって、それが無駄だということではない。」

1つ目と似ていますね。

個人的には自分に起こることは全て意味があると思っています。

それが自分の望んでいない結果だったとしても。

もし何も見いだせないという場合は、

もしかしたらそこから学ぼうという意識が欠如しているのかもしれませんね。

 

“You think too much, so you will be afraid to challenge something new.”

「難しく考えるから挑戦するのが怖くなるのよ!」

行動することが大事ですけど、

考えれば考えるだけ人って動けなくなっていくんですよね。

自分もそういう時が今でもたまにありますが(苦笑)

結局、とりあえずやってみろ!ってことなんですよね。

 

いかがだったでしょうか?

1つでも響くフレーズがあったでしょうか?

 

それではまた。

 

 

「Live your life. 人生を最高の物語に変える68の言葉」

「人生が変わる英語の名言」

「実践ビジネス英語 2017年7月号」

30代の始まり オールナイトテニスから

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

とうとう9月になりましたね~。

そう、私のびーの誕生日!←勝手に宣伝(笑)

<スポンサーリンク>



 

で、今日はお祝いしてもらうためではないですが、

30代になったので何となく書いてみようと思って書いてます。

一昨日7日が誕生日でした。

ちょっと特別な。

そう、いよいよ自分も30歳になりました。

まだ実感わかないですね。

年聞かれた時に「30」という発音をすることが(笑)

ずっと不思議な感覚でした。

自分が30歳になるということが。

どこかで自分にとっては遠い世界のように感じていたんです。

ちょっと前までは「まだ20代がいいなぁ~」なんて思ってました。

でも、少しずつ「30代の自分の人生はどんなものになるんだろう」と楽しみにも感じてきていました。

30歳になったからといって特に何かが劇的に変わったわけではありません。

ただ、変わらず自分の人生をより良いものにしていくだけです^^

 

さて、そんな誕生日は人生初体験のイベントがありました。

そう、オールナイトテニス🎾

7日(金)の夜中の12時~翌8日の朝5時までテニスをすること。

まず、オール自体人生初(笑)

この時間にテニスすることももちろん初めて(笑)

いくら大好きなこととは言え寝ないでまでやりたいと思ったことはない(笑)

だから最初は誘われた時渋ったんです。

でも、よく考えたら誕生日じゃないかと。

オールナイトテニスという初体験のことで30代スタートするのも面白いかと。

これも人生経験だと思って参加することにしました。

結果、見事寝ずにやり抜きました!

テニスの調子自体はそれほどよくはなくてメンタルちょっと落ちたけど、

朝家に帰ってから「楽しかったな」と自然と思えました。

この切り替えの早さには自分でもびっくり(笑)

「30代楽しもう」という気持ちがそうさせてくれたのかな?

 

そんな感じで、また1つ記憶に残る楽しい思い出ができました。

しかも30歳という節目に経験できたことは、

きっと偶然ではないんだと思うんです。

こういう楽しいことができるのも、

自分を生んでくれた今は亡き母親、

そしていまでも支えてくれてる父親、

その父親を支えてくれてる兄、

テニスや飲みなどに付き合ってくれる友達や仲間、

仕事でお世話になってる上司や先輩、

全ての人のおかげです。

そういう感謝の気持ちを忘れずに、

これからも進んでいきたいと思います。

 

それではまた。

【行動】~本田健さん”大富豪からの手紙”を読んで~

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

台風21号の被害がとても大きいようです。

幸い自分の方は特に大きな被害はなかったですが、

自然の力の大きさを改めて思い知らされますね。。

<スポンサーリンク>



 

さて、今回は本田健さんの【大富豪からの手紙】の4つ目のキーワード

【行動】についてです。

本が気になる方はこちらからチェックできます↓

当たり前の話ですが、

【決断】してもそこに【行動】が伴わなければ何も起こらないし何も変わりませんよね。

動画(最高の人生を選ぶ「決断」)の中でも本田健がおっしゃっていますが、

例えば新宿に行こうと決めて、

車に乗り込みカーナビに新宿と入れても、

車を発信させなければ当然新宿に着くことはないですよね。

でも、一度発信してしまえば家を出て右に行こうが左に行こうがどちらでもいいわけです。

なぜなら着くまでの間に修正できるから。

行動できる人はそう考えているのです。

反対に行動できない人はこの車の例で言うと、

確実に正しいステップ(左に曲がるか右に曲がるか)がわかったら車を発信させる、という考えなんですね。

ということは、行動した結果が先に分からなければ動かないということ。

とにかく動き出せば修正できるのに。

つまり、自分が望んでる未来があるのなら、

その未来は行動なしには近づいてこないということです。

 

そして本にはこんなことも書かれています。

それは行動には

”「将来、不都合があるからイヤイヤやる行動」(マイナスの行動エネルギー)”

”「今、楽しいからやるワクワクする行動」(プラスの行動エネルギー)”

の2種類があると。

「イヤイヤやる行動」というのは、勉強や家事や仕事をイヤイヤやってる人をイメージするとわかりやすいですかね。

でも「イヤイヤ行動する」というのはちょっと想像すれば分かるように、

ネガティブなエネルギーが溜まって人生楽しくなくなりますよね。

つまり、

プラスのエネルギーが多ければそれだけ人生を楽しく、そしてより幸せを感じることができるということ。

そのプラスのエネルギーを多くするのは色々と試していくことが必要になるでしょう。

それは全てが上手くいくわけではないかもしれないし、

試した結果マイナスのエネルギーになってしまうかもしれません。

でも、(本にも書かれていますが)上手くいかないことを恐れて何もしないで安全ばかり考える人生ってつまらないと思うんです。

 

幸せは向こうからやってくるものではありません。

行動した人にだけ来るものです。

「行動」自体が大切なのはもちろんですが、

”プラスのエネルギー”を増やせるような行動をたくさんしていきましょう!

 

それではまた。

カフェに全く行かなかった自分が毎週末行くようになったワケ

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

週末に所属する社会人テニスサークルの5周年記念パーティーがありました。

結婚式でも使われる会場でやったので本当に誰かの結婚式に参加しに来たかという感じで楽しかったです!

<スポンサーリンク>



 

さて、去年の今頃まで、

私のびーは基本的にカフェに行くことがほぼありませんでした。

普段からコーヒーや紅茶を飲まない(飲めない)ということもあり、

特に用もないのに行く必要性を感じなかったんです。

ところが今は毎週末カフェに行って1時間くらい本読んでるんです。

まぁ相変わらずコーヒーとかは苦くて飲めない&猫舌なので冷たい甘そうな飲み物ばっかり注文してますけど(笑)

最初のきっかけは、自分がフリーランスという働き方に興味があり、

そのイメージが「カフェでパソコン1台で仕事してる」で、

パソコンでやることはないけどとりあえずその雰囲気を味わってみようと思ったからです。

元々本を読むのは好きなのでカフェで読書してみたところ、

ものすごく集中して本読んでたんです。

そしてカフェ出た後の心の充実感が半端なかった。

それに、カフェ出た後って頭が少しボーっとしてることに気づいたんですが、

それってそれだけ「読書に集中できてた」ってことだなと。

もちろん周りがうるさすぎたら集中して本は読めないけど、

電車の中や家で読む時などよりも、

カフェで読書するのが一番心地よく集中できる環境だったんです。

何でだろうって思ってググってたらこんな記事を見つけました↓

カフェで読書をすると良い3つの理由

なるほど、

「適度な雑音」

「カフェインなどで脳が目覚める」

「糖質補給」

といった理由があったとは。

カフェはただ飲み物を提供する場所というだけでなく、

人が行きたくなる環境も提供してくれる場所でもあるんですね。

 

それまで興味のなかった(行かなかった)場所が、

実は居心地の良い環境だった。

そんなことがあるかもしれません。

みなさんも何かピンッときたら、

そこへ行ってみて下さいね^^

 

それではまた。