カフェに全く行かなかった自分が毎週末行くようになったワケ

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

週末に所属する社会人テニスサークルの5周年記念パーティーがありました。

結婚式でも使われる会場でやったので本当に誰かの結婚式に参加しに来たかという感じで楽しかったです!

<スポンサーリンク>



 

さて、去年の今頃まで、

私のびーは基本的にカフェに行くことがほぼありませんでした。

普段からコーヒーや紅茶を飲まない(飲めない)ということもあり、

特に用もないのに行く必要性を感じなかったんです。

ところが今は毎週末カフェに行って1時間くらい本読んでるんです。

まぁ相変わらずコーヒーとかは苦くて飲めない&猫舌なので冷たい甘そうな飲み物ばっかり注文してますけど(笑)

最初のきっかけは、自分がフリーランスという働き方に興味があり、

そのイメージが「カフェでパソコン1台で仕事してる」で、

パソコンでやることはないけどとりあえずその雰囲気を味わってみようと思ったからです。

元々本を読むのは好きなのでカフェで読書してみたところ、

ものすごく集中して本読んでたんです。

そしてカフェ出た後の心の充実感が半端なかった。

それに、カフェ出た後って頭が少しボーっとしてることに気づいたんですが、

それってそれだけ「読書に集中できてた」ってことだなと。

もちろん周りがうるさすぎたら集中して本は読めないけど、

電車の中や家で読む時などよりも、

カフェで読書するのが一番心地よく集中できる環境だったんです。

何でだろうって思ってググってたらこんな記事を見つけました↓

カフェで読書をすると良い3つの理由

なるほど、

「適度な雑音」

「カフェインなどで脳が目覚める」

「糖質補給」

といった理由があったとは。

カフェはただ飲み物を提供する場所というだけでなく、

人が行きたくなる環境も提供してくれる場所でもあるんですね。

 

それまで興味のなかった(行かなかった)場所が、

実は居心地の良い環境だった。

そんなことがあるかもしれません。

みなさんも何かピンッときたら、

そこへ行ってみて下さいね^^

 

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。