【仕事】~本田健さん”大富豪からの手紙”を読んで~

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

3か月ぶりに帰省しました。

やっぱり何にもやる気が起きません(笑)

まぁ、でも帰省した時はそれがいいのかもしれませんね。

<スポンサーリンク>



 

さて、今回は本田健さんの【大富豪からの手紙】の6つ目のキーワード

【仕事】についてです。

【仕事】とは、みなさんにとってどういうものでしょうか?

生活するため?

生きがい?

大好きなこと?

仕方なくやっていること?

自分は?と聞かれたら、まだよくわかりません。

新卒の頃は「生活していくためのお金を得るために必要なもの」としか思っていませんでした。

もちろん今でもそれはありますが、

英語などのスキルを磨けるものであったり、やりたいことをやるために必要なお金を得るためのものという位置付けでもあります。

でも、正直に言えば今の仕事は「好きでも嫌いでもない」という程度。。

もちろんすでに「天職」(と感じるもの)を見つけて、そんな悩みはないという域に達している人もいるでしょう。

ではそうでなければどうしていけばいいのでしょうか?

本田健さんは動画(「お金」と「仕事」成功と幸せ度を決めるのは?)の中でこう言っています。

「好きなことは見つかるよと簡単に言いたくはない。見つからずに苦しんでいる人はむしろ思う存分落ち込んでみたらと言いますね。”もしかして無理じゃないかも?(やれるかも?)”というところに達する時があって、その時に悩んでいる時に溜まったエネルギーが爆発的に解放されると思うんです」と。

そしてその「悩む」というところから「どうせ無理だから」とあきらめて行動しないという選択をした方が楽なんですね。

でも「もしかしたら無理じゃないかも?」というところまで行ける人は、

「自分の才能ってなんだろう?」「どんなことを本当はしたいんだろう?」って

知ろうとして、考えて、とりあえず何かやってみて、

苦しくてもそこまで行動してたってことなんです。

ここは動画で話されていたことですが、

「深いなぁ」と強く感じました。

 

そして本にはこう書いてありました。

「”天職”というのは”恋愛”と一緒。いきなり一目ぼれする時もあれば、徐々に何年もかけて好きになっていく場合もある。18歳で生涯のパートナーに出会う人もいれば、40歳や50歳で出会う人もいる。また、一生出会えないかもしれない。時間がかかってもいいから、”大好きな仕事(天職)”を探してほしい」

自分は最近本業以外にクラウドワークスで仕事を受注して記事を書いたりするようになりました。

「自分の文章でも誰かの役に立てて、しかもお金に換わるんだ!」というやりがいを感じつつも、

まだそれが本当にやりたいことなのかわかりません。

でも迷いながらでもやっていくことが大事なんだと思います。

まだ30歳。

これから”天職”が見つかるかもしれないし、

今やっていることが”天職”だと気づくかもしれない。

どうなるか分からないけど、

ずっと探していきたいと思います!

 

本が気になる方はこちら↓

 

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。