健康診断の結果が返ってきた!

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

関東は昨日と打って変わって、むしろ少し肌寒い感じでしたね。

昨日は異常に暑かったし、、、

<スポンサーリンク>



 

さて、私のびーは今の会社に入ってから5月の頭くらいに毎年健康診断を受けていまして、

今年の結果が今日届きました!

ドッキドキの結果が(; ・`д・´)

なぜなら、去年初めて再検査になったんですよね。。

引っかかったのは胸部X線で「左下肺野 浸潤影の疑い」

???(。´・ω・)?でした。

【浸潤影】・・・肺胞内への細胞成分や液体成分が入り込んで生じる境界の不明確な陰影をいいます。肺炎、肺結核など肺感染症に見られます。(日本人間ドック学会より)

、、、

なんか不安になるような内容(;´・ω・)

再検査の結果、特に異常なしだったので良かったですが。

 

んで!

今年の結果では「異常なし」でした!(∩´∀`)∩ワーイ

まぁ、BMIとか腹囲は相変わらず標準以上なので「生活習慣を見直し、過食やあ運動不足に注意して減量に努めて下さい」って書かれてましたけど(^^;)

 

去年こういったことがあって、また体重が前年度よりも増えてしまった結果を受けて、

「とりあえず運動不足や!」と思い、

その後は例えば1日おきに夕食前に40-50分歩いたり

シャワー後に軽く筋トレや柔軟をするようにして、

またシャワー後の体重測定も欠かさず毎日やるようにしました。

最近ではふくらはぎの調子が良くなかったこともあり、

夕食前のウォーキングを辞めてラジオ体操をやるようにしたり、

シャワー後はプランクや柔軟(どれも週5-6)を継続してやるようにしています。

これらの継続してきたことが今年の特に異常なしの結果になってくれたのかなと。

もちろんこれで油断したら意味ないですけど(^^;)

何が言いたいかというと、

やっぱり健康な体づくりは長期的スパンで毎日コツコツ積み重ねていくものだなと。

体重の数値だけで言えば1日2日で変えられるかもしれないけど、

体の中のことはそんな簡単には変わらないでしょうからね。

 

健康な体あってこそ、仕事も好きなこともできるものです。

今は大丈夫でもきっと日々の積み重ねが積もっていくものだと思うので、

改めて健康には気を付けようと思いました。

みなさんも健康には十分な注意を!

 

 

それではまた。

自己投資にも長期的視点を

こんにちは!まいぺーすブロガーのびーです。

いやぁ暑いですねι(´Д`υ)アツィー

みなさん溶けないように!(笑)

じゃなくて熱中症などには気をつけましょうね!

<スポンサーリンク>



 

さて、昨日は先月から入ったコスモポリタウンというコミュニティの5月度のセミナーに行ってきまして。

第一回目の時の感想はこちらに書いてます

で昨日のテーマは「笑って暮らしたい人のための、ちょっと投資っぽい考え方」でして。

(お金の話もあったけど、あくまで考え方がテーマです)

でその中で、自分の資産を増やしていくためには自己投資が大事って話がありまして。

ここで言う資産は、何もお金だけじゃなくて経験だったり知識だったりといった自分の内面的なものも含めてです。

それで「確かに!」と思った点が、

”自己投資は頑張ることとセットなんだよ”

という部分でした。

特に自分の内面の成長ってそう簡単に目に見えて変化するわけじゃないので、

例えば本読むにしてもセミナーとか言って人に会って話を聞いたりするでも、

継続的な行動が必要なんですよね。

もちろん1冊本読んだり、1回だけセミナー行って、それで得るものはあるだろうけど、

数日後には忘れちゃって元に戻っちゃうものですから。

昨日「コルブの経験学習モデル」というものを紹介してもらったんですが、

大事なのは

自分の知識を増やす/得る

試してみる

それにより経験を蓄積する

その経験から学んだことを振り返る

新しい知識となる

・・・・

というプロセスの繰り返しによって人は(内面的に)成長していけるのだと。

でもこの継続ができない人って少なくないと思います。

なぜなら、先に書いたように内面の変化/成長はなかなか目に見えるものじゃなく、

どうしても多くの人はすぐに目に見える結果を欲してしまうからです。

目に見える結果がでないと「意味なかった」という結論になり継続することを辞めてしまう

結果、内面の変化/成長がないという流れになってしまうんですね。

 

 

これからの時代はAIが仕事の大半の代わりをやるようになるとか、

それで仕事を失う人が多く発生するとか言われていますよね。

じゃあそのためにすべきことは「自分の価値を高める」ことであり、

「自分の価値を高める」には今まで書いてきたように【継続的な自己投資】が必読だと思うんです。

 

私のびーは普段から本を読みますが、

読んだだけではあまり自己投資にはならないなと最近改めて思い、

自分なりに解釈する・普段の生活に取り入れる・アウトプット(発信)する

といった行動とその行動の継続がより必要だなと感じました。

 

 

 

それではまた。

 

 

”苦悩”と”退屈”の繰り返し

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

今日は関東では凄い雨でしたね💦

水害が起きていないといいのですが。。

<スポンサーリンク>



 

さて、今日は読書シェアです。

本日の本はこちら↓

【ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のことを教えてくれた。】です。

これはもう3年前くらいに買ったんですけど、

「哲学」と聞くと堅苦しいとか難しいイメージがあるかもしれませんが、

この本はとても読みやすいです。

物語は京都に住む17歳の女子高校生・アリサの元に突然「ニーチェだ」と名乗る男性が現れ、

他にも様々な過去の偉人たちが登場し、彼らの思想をアリサが学んで自分の人生について考えていく、といった内容になっています。

今回読み直している中で気になった箇所は【ショーペンハウアー】(ドイツの哲学者)が語っている、

”人生は苦悩と退屈の間を行ったり来たりする振り子のようなもの”

という考え。

そしてその原因は「人には欲望があるから」としています。

つまり、欲望が生まれる(満たされていない)と苦悩が生まれ

反対に欲望が満たされると今度は退屈にさいなまれる、と。

例えばシャネルのブランドバックが欲しいとして、

持ってない時は「欲しいけど今は(お金がないなどの理由で)買えない」と悩み、

実際に変えたら最初は欲しかったという欲が満たされるけど、時間が経つとそれでは物足りなくなり、

そしてまた別のものが欲しくなってしまう。

他にも例えばもっとお金がほしいとか、恋人がほしいといったケースでも同様のことが起こり得ると思うんです。

欲しいと思っていた額のお金が手に入っても、いずれ「もっとほしい」となり得るし、

恋人ができたとしても「もっとかわいい/カッコイイ人と付き合いたい」と考えるようになるかもしれない、といった具合に。

 

ショーペンハウアーは、人生はこの繰り返しだと説いているんですね。

この部分を読んで思ったことは、

現状をしっかり見つめて、またしっかり向き合うことが大事なんじゃないかと。

例えばブランドもののバックがほしいとして、

それが手に入らなければ幸せでないのか?

今持っているバックの良い所はどこだと思ってそれを買ったのか?

今でもその魅力はないのか?

ってよく考えた方がいいと思うです。

また、例えば恋人がいるけれどももっとかわいい/カッコイイ人と付き合いたいと思ったとします。

でも、今の恋人の良い所や好きになった部分はどこだったのか?

ということを考えないいけないと思うんです。

そうしないと、どんなことでも一生満たされない人生になるでしょう。

 

と色々偉そうなことを書いてきましたが、

自分もまだまだ何か手に入っても「よりいいものを、、」って思ってしまうことがあります。

でもその度に「なぜもっと現状に目を向けて、その良い所を見ないのか?」って考えるようにしています。

まぁ欲をもつことが悪いことではないですけどね。

大切なのはショーペンハウアーのいうように【健康な精神を自分の内側に持つこと】なんですね。

読むたびに考えさせられる本だなと感謝です。

 

 

それではまた。

「いま、ここ」を真剣に生きる (嫌われる勇気)

こんにちは!まいぺーすブロガーのびーです。

段々暑くなって着ましたね~。

汗かきやすくなりますが、スポーツするにはいい時期かなと(^-^)

<スポンサーリンク>



 

さて、最近久しぶりに【嫌われる勇気】という本を読み返しました。

何だかんだ1年に1回は読み返してる本です。

それだけ人生に必要な気づきが詰まっているんです。

 

さて毎回「なるほど」「そうだなぁ」と思うポイントがいくつもあるのですが、

今回一番刺さったのは本の終盤に書かれている、

”「いま、ここ」を真剣に生きる”

という部分です。

「いま、ここ」を真剣に生きていないとどうなるか?

それは過去や未来に囚われて、本来なら見えないものが見えたような気がしてしまう(本の中では過去も未来も本来は見えないとしています)。

そして人生を物語のように捉え、その物語に沿った生を送ろうとしてしまうんです。

結果、「自分の人生は変えることができない」という考えに繋がっていきますよね。

でも、人生はそうじゃないですよね?

決まってないですよね?

やりたいことを実際にやれたり、

なりたいと思っている状態になることだってできますよね。

 

【嫌われる勇気】の中では、計画的な人生など不可能と断定しています。

そして、人生を「線」と捉えるのではなく、

人生は「点」の連続なのだと言っています。

たくさんの「いま、ここ」という点が集まって結果的に線になっていくのだと。

だからこそ”「いま、ここ」を真剣に生きる”ことが大事なんです。

 

個人的なことで言うと、去年の8月くらいかクラウドワークスというサービスに登録して細々とですがサイドワーク(副業)をしています。

収入としては月数千円くらいです。

将来的には本業と同等もしくはそれ以外の収入にしたいとは思っていますが、実際にそうなれるかはわかりません。

でも、その目標にたどり着けるかどうかを考えても仕方がないんです。

なぜなら未来は見えるものではないから。

だから今大事なのは、結果的に目標に届くかどうかではなく、

現在依頼してもらってるお仕事をしっかりやることなんですよね。

 

と偉そうに書いてきましたが、

自分もまだまだ過去のことを考えてしまったり、

未来はどうなるのかと不安になってしまうこともあります。

でも少しずつでも「いま、ここ」に意識を向けるようにしていこうと思っています。

そういう生き方ができれば、きっと人生は幸福に向かっていけるんだと思います。

【嫌われる勇気】おすすめです(^-^)

 

 

それではまた。

 

 

「やめる」という答え

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

この前健康診断行ってきました!

健康診断っていうと「どっか悪かったらいやだなぁ」って思うけど、

別の見方をすれば「悪いところがあったらそれに気づける機会」でもあるんですよね(゚∀゚)

<スポンサーリンク>



 

さて、今回はブログシェアです。

おなじみ?ナリ心理学のナリさんのブログから↓

成長しなくていい。

これを読んで自分のことで思い出したのは、

2015-2016にかけて約2年間副業でやっていた転売のこと。

当時は今よりも「早く会社員を卒業してフリーになるんだ!」みたいな気持ち駆られてて、

とにかくあれこれ試してみた。

お金払って転売のコミュニティに入ったり、

そのコミュニティの主催者のメルマガ読んだり動画見たり、

懇親会に参加してみたり。

週末はどちらか朝から夕方まで車で色々な店舗周りして、

平日も帰宅してから梱包作業したりリサーチしたり。

まぁ副業とかしていない周りからみたら「プライベートな時間も仕事してるんだ」って見えてたみたいだけど、

暇してるより有意義な時間に使えてるって感じで「仕事」とはあまり感じてなかったんです。

最初の1年くらいは徐々にだけど利益が増えていって。

でも終盤はどんどん利益が減っていって。

元々かけてる時間程利益は出せてなくて、

それで段々転売を続けていることに違和感を感じ始めたんです。

そして考えた末に「辞める」という決断をしました。

将来収入の柱の1つにできればと思っていたことを。

でも今考えれば自分にとっては辞めてよかったと思います。

段々楽しくなくなっていってたし。

いつの間にか「もっと成長(利益を増やす努力をする)しないと」って焦りになっていたような気がする。

ナリさんが今回のブログで言ってる”自己否定からくる成長(欲)”みたいな感じだったのかな。

そして「(その)成長を辞めた人ははちゃめちゃに成長してる」ってあるけど、

転売辞めて成長したのかは分からんです(笑)

でもその後に目覚めた「cafe de 読書」タイムが今ではすごく充実してるし、

結果的に今は別の副業の道も見つかったし。

ここらへんも「成長してる」と言えるのかもしれないですね。

ナリさんが言うように、

辞めた先に答えがる場合もあるってことですね。

さぁ、みなさんはなにをやめますか?

それではまた。

「変わらない」という決心

おはようございます!まいぺーすブロガーのびーです。

昨日久しぶりにがっつりテニスをしたら、早速右胸から右腕にかけて筋肉痛になりました(笑)

いやぁでもレベル高くて面白かったなぁ(゚∀゚)

<スポンサーリンク>



 

さて最近また読み返している本があって、

【嫌われる勇気】という本なんですが。

2013年に発売されて、今だに本屋によっては人気ベスト5に入ってたりもしますね。

 

今回はその中で、

”人は常に「変わらない」という決心をしている”

という箇所がありました。

嫌われる勇気では、アドラー心理学を説く哲人と人生に悩む青年の対話という形で話が進んでいきます。

その中で青年は自分が不幸だと思っています。

不幸は嫌だから変わりたいと思っている、でもなかなか変えることができない。

しかし青年の話を聞いていた哲人はこう言います。

”あなたが変われないでいるのは、自らに対して「変わらない」という決心下しているからなのです。”

つまり青年は不幸でいることを自ら選んでいると。

哲人も言っていますが、

変わらないでいる方がその先がどうなるか予測しやすいので楽だし、

また変わることで予測できない未来に対して不安を抱いたり上手くいかないことで傷つくこともないですからね。

 

この部分を読んで個人的に思い浮かんだのが「なかなか結婚に踏み出せない人」です。

最近でも10年間の交際を経て結婚された芸人さんがいましたね。

自分はまだ結婚していないのであくまでも個人的なイメージ(見解)ですが、

長年交際している人がいて相手は結婚したいと思っている、

でも自分はなかなか結婚に踏み切れないという人。

そういう人はまさに変わることが怖いんじゃないのかなと。

もちろん結婚という決断を下すのに色々と影響を与える要素があって、それらによってすぐには決断できないということもあるかもしれませんけどね。

だから別に某芸人さんを批判する気はないです。

【結婚】って人生の中で大きなイベントの1つなので、

自分にもそういう時がきたら確かにパッと決めることはできないかもしれません。

でもそれが5年、10年と続くようであれば「決断ができない」のではなく決断をしない」という決心をしてると言った方が正しいのかなって思います。

本人は「そういう決心をしている」という感覚はないと思いますが。

だってそれまで別々に暮らしていた個人が、一緒に暮らすようになるんですからね。

それまでの生活とは全然違ってくるでしょう。

だから結婚という決断を下さないでいる方が楽だったりするんだと思います。

 

「変わること」って確かに怖いですよね。

その先がどうなるか分からないんですから。

でも現状に満足できていないとしたら、

やっぱり「変わる」という決心をしない限り変われやしないのです。

そして本の中で哲人が言うように、人は変われるんです。

そしてそこで必要なのは【勇気】であると。

難しいですけど、とてもシンプルですね。

 

と長々と書いてきましたが、

【嫌われる勇気】は本当におすすめです。

自分は確か2014年に買いましたが、

もうこれで読み直しは5回目くらいです。

良かったら是非^^

 

 

それではまた。

 

 

#オギ個展 (荻嶋義章さん) 

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

とうとう世間ではゴールデンウイークが終わりましたね。

「世間では」とは私のびーは普通に仕事していたからなのですが(笑)

休み明けのみなさんは、仕事量的にも、また精神的にもしんどそうですね^^;

<スポンサーリンク>



 

 

さて、この前の日曜日、

数年前にイベントで知り合った荻嶋義章さんという方の個展に行ってきました。

実は先月くらいに「個展来てください」と連絡をもらっていたんですが、

当日まですっかり忘れていたんですよね(笑)

で朝起きてFacebookを見て、

荻嶋さん本人の投稿で思い出したんです(^^;)

場所は東京・浅草橋。

うーん、ちょっと遠い、、(電車で1時間くらい)

私のびーは基本的に外出に関しては予め予定してある以外は急に出かけたりすることがないのですが、

荻嶋さんの個展の投稿だけは何か違ったんですね。

その日は特に予定もなかったし、

何より「行くだけで喜んでもらえるなら」と思ったんです。

ってことで急遽家を出て個展開始の10時頃に会場到着。

一番で行った方がゆっくり話ができるだろうなと思いまして(あと電車も早い時間の方がまだ空いてるかなと)。

場所はとっても雰囲気のいい空間でした。

で今回の個展は荻嶋さんの趣味のカメラで撮影した写真ということでしたが、

どんな写真なのかは一切行くまで分からなかったんです(笑)

荻嶋さんの写真は今までに「出会った様々な人の写真」でした。

「それぞれどうやって出会ったんですか?」って聞いたら、

なんとそこから1時間越えで説明していただきました(笑)

でも1人1人に対して、様々なストーリーがあって、

1枚1枚にとても色々な想いが込められていました。

 

荻嶋さんとは1年に1回会う程度ですが、

それでも数年前にお会いしてから年1回は会っているという不思議なご縁があって。

年上ですけど腰が低い方だし、

なんていうか、うまく言えないですけど、

常識にとらわれてない人だなと。

今回行っただけで、

荻嶋さんに喜んでもらえました。

だからか、

帰りに自分の気持ちも何だか嬉しいって感じになってました。

そんな荻嶋さんの活動を、

これからも微力ながら応援していきたいと思った日でありました。

荻嶋さんの個展の感想(note)

 

 

それではまた。

信頼と引き換えにお金を得る

こんにちは!まいぺーすブロガーのびーです。

いやぁ、とうとう令和になりましたね。

なったからといって特に変わったことはないですが(笑)

ただ新しい時代?も、平和で幸せな時間であってほしいですね^^

<スポンサーリンク>



 

さて毎日YouTubeを見ているのびーさんですが、

チャンネル登録している中でやまもとりゅうけんさんという方がいます。

その方のある動画を見ていました。↓

やまもとさんは元々Amwayという、いわゆるネットワークビジネスをされていたことがあり、

今はAmwayでのビジネスを辞めてブログなどで情報発信をしたりフリーエンジニアとして活動されています。

やまもとさんのAmwayに関する動画は、実際にやっていた人だからこそ説得力があるし、なぜやらなくなったのかなど分かりやすく説明してくれています。

 

自分も5-6年前に新卒の会社を辞めるあたりに初めてネットワークビジネスの存在や実際にやっている人を知り、

その時は本当に何もわからず、純粋に「こういう働き方もあるんだな~」って思いました。

一応社会勉強と思って登録しましたが、

結局自分ではビジネスとしてやることはなかったですし、

その後もいくつかのネットワークビジネスに接することがあり、

「これだけ触れることがあるということは、自分がやるべきことなのかな?」とも思ったりしました。

が、どうしても気持ち的に「やってみたい」とならなかったし、

よく見かける(最近はどうかわからんですが)カフェなどに友達を呼び出して勧誘するということをやりたくなかったので、

色々話を聞いたり実際に少しだけ登録してみたりということを経て、

「これは自分がやる(やりたい)ことじゃない」との結論にいたりビジネスをやることはありませんでした(もちろん今も)。

 

おそらく今でもネットワークビジネスは大勢の人にとって印象が悪いと思います。

やまもとさんも言うように、悪質だったり強引な勧誘があったりしますからね。

でも、個人的には別にその会社やビジネス自体を否定する気はないし、

やるやらないは個人の自由だと思っています。

強引な勧誘などぜず真面目に活動してる人や、

ビジネスはやらないけど製品は気にいっているから買っている人もいるでしょうから。

ただ、活動次第では友人(や今まで積み上げてきた信頼)を失うかもしれません。

ある人がこう言っていました。

「ネットワークビジネスは、自分で働いていない時でもお金が入ってくる仕組みを作るという点はいい。ただ、信頼と引き換えにお金を稼ぐというところがまずい。」と。

まぁこれは悪質な勧誘をしてる場合ですが。

 

繰り返しますが、ネットワークビジネスをやるやらないはどちらでもいいと思います。

自分は少し接したことがある程度なので偉そうなことは言えませんが、

何も知らないで「ネットワークビジネスやそれをやってる人は悪だ!」みたいに決めつけてしまうのはちょっと違うかなと思います。

ただ悪質だったり強引な勧誘があるのも事実だし、

やまもとさんが言うように達成至上主義みたいな部分もあるみたいなので、

ビジネスとしてやるなら「(一時的な)仲間はできるかもしれないけど、友人(信頼)を失う可能性もある」という覚悟はした方がいいと思います。

それプラス、やまもとさんのように実際にやっていた人の話も聞いた上で判断するといいんではないでしょうか。

 

と、やまもとさんの動画を見て、

前の自分の体験を思い出しながらそんなことを思ったのであります。

 

 

それではまた。