体を大事にする

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

いやぁ寒くなってきましたね~。

体調には気を付けましょうね!

<スポンサーリンク>



 

さて、今回はそんな体調に関する話題です。

といっても個人的なことですが。

2年前まで、自分はあることに異様にこだわっていました。

それが「なるべく光熱費を節約することに」です。

まぁ今でも節約癖はありますが、どう異様だったかというと、

例えば冬になるべくギリギリまで我慢して暖房をつけなかったり、洗い物をするときにお湯を使わずに我慢して水で洗ったりしていたくらいです。

そう、自分の体よりもわずかな光熱費の節約を優先していたんです。

実際それでどれくらいの金額の節約になっていたかはわかりませんが。

 

でも去年から考えを変えました。

「自分のこと(体)をもっと大事にしよう」って。

前から心理系のブログや本を読んでいる影響もありますね。

もちろん例えばエアコンの温度を下げ過ぎたり上げ過ぎたりしないようには気をつけていますが、

今では冬に寒いなと思ったらすぐに暖房つけるし、水が冷たすぎたらお湯のスイッチつけてお湯で洗い物してます。

後に小さな積み重ねでより体調が悪くなってしまうと何もできなくなってしまうし、

単純に自分の体を犠牲にしてまでお金を節約することにどれだけの意味があるのか?と思うようになったんです。

ちょっと大げさかもしれませんけど。

もちろん節約だって大事です。浪費すればそれだけ自分の生活が苦しくなるだけですし。

でもちょっとの金額であれば、前の自分のように自分の体に我慢させてまで優先するものではないと思ったんです。

 

まぁ一昨年までの自分が以上に節約していただけで多くの人は「いや普通にそこまで我慢してないし」って思うかもしれませんが(笑)

今年はもうインフルエンザが流行りつつあるようなので、

改めて体調には気を付けましょうね!

 

 

それではまた。

 

限界効用逓減の法則

こんにちは!まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

昨日外食してたらなんと会計が7777円でした!

これは今週からのベトナム旅行で良いことが起こる予感が、、!?(無理矢理くっつけるww)

<スポンサーリンク>



 

さて、最近【限界効用逓減(げんかいこうようていげん)の法則】というものを知りました。

恋愛系の動画で(笑)

【限界効用逓減の法則】とは簡単に言うと、

”人間が追加的に感じる満足度は少しづつ減っていく傾向のこと”です。(BRAVE ANSWERより引用)

見た動画から引用させてもらうと、自分が(支払って)手に入れてモノの価値が徐々に減っていくということです。

これは付き合ったけどすぐに冷めてしまうパターンに当てはまりますね。

自分も経験があります💦(その時の相手には申し訳ない、、)

つまり「付き合うこと(相手をゲットすること)」が最大の目的になってしまった場合、

一番の欲求が満たされたことで交際が始まった以降の相手と過ごす時間にプレミア感がなくなってしまうんですね(^^;)

(自分の経験で言うと、付き合った時はそういうつもりはなくて、冷めたり別れたりした後に「あの時の自分は付き合うことが目的になっていたから冷めてしまっていたんだ、、」と後から気づくパターンでした。)

そしてこれは何も恋愛に限ったことはなく、

例えば本を買ったけど読まないままになっていたり、欲しいと思っていた服を買ったけど結局全然着てない、etc..

そんな経験はありませんか?

これらも「買うこと」が目的になっていて、買ったから満足してしまったパターンですね。

 

ではそういうことを避けるためにどうすればいいのか?

それは「何かをゲットすること」を目的にするのではなく、

「手に入れた後どうしたいのか?」を考えることが大事なんですね。

恋愛だったら好きな人と付き合えた後にどんなことをしたいのか?

本を買うんだったらその本からどんなことを学びたいのか?

服だったら買ってどんな場面で着たいのか?

そういった「手に入れた後」の事までしっかり考えられると「手に入れて満足」という状態になってしまうのを避けることができるのだそうです。

 

個人的に最近すごく意識していることだったのでとてもしっくりくる言葉を知ることができたなと思いました。

まさかたまたま見た恋愛系の動画で知ることになるとは思わなかったけど(笑)

本当に、どこでどんな学びがあるかわからないものですね😁

 

 

それではまた。

嫌われる勇気&幸せになる勇気から学んで実践していること

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

関東では昨日から寒くなってきましたね。

そろそろエアコン掃除しないと(; ・`д・´)

<スポンサーリンク>



 

さて、久しぶりの読書シェアです、

というより読んだ上で実践していることがありまして。

本は題名に挙げた2冊。

【嫌われる勇気】【幸せになる勇気】

どちらも発売から数年経った今でも売れている人気作品ですね。

 

で、この前友人たちと自分の恋愛のことで話を聞いてもらっていた時に言われたことがあります。

「〇〇(のびーさんのあだ名)はまず相手の良い所を見つけて、信じてみようってところから始めるのが良いよね」と。

要は誰かを好きになった時に、当然価値観などが完全に一致することなどないので、

「ここは何か違うな」とか「こういうところは心配だな」とか思う所があったりするわけですが、

そうやってマイナス面の評価から入っていたら誰とも関係を築くことはできないので、

(自分から見て)多少のマイナス面があってもそれを上回るプラスの面(良いなと思うところ)があればまずは信じてみようって思うんです。

 

ただ!

当然ですけど、相手の良いところを見つけて信じてみようと思ったところで相手が同じように思ってくれるかというとそんなことはないわけで。

でも、相手がどうするかは相手次第であってコントロールできるものではないので、自分は「信じるかどうか」自分の選択をするだけなんですよね。

そして自分は基本的に「まず信じてみよう」から始めるのです。

それはアドラー心理学で【まず「あなた」が始めなければならない】という考えを学んだからです。

つまり相手が自分のことを信じてくれるかどうか?と考えるのでなく、

相手が自分のことを信じてくれるか分からないけど、まずは自分が信じると決めるのです。

 

そしてもう1つ、ここにはアドラー心理学の【課題の分離】という考え方があります。

【課題の分離】とは簡単にいうと、自分の課題他者の課題を分けて考えることです。

(課題とは人生で起こり得るありとあらゆるタスク、という感じです)

そして自分の課題なのか、他者の課題なのかの線引きは、

【その課題の最終的な責任を負うのは誰か?】という視点から判断するのです。

例えば子供が勉強しないとして、勉強しなかったことで試験に合格しなかったり勉強についていけなかったりしても、その結果を引き受けるのは子供なので、これは「子供の課題」となるのです。

つまり自分のことに当てはめると、

仮に相手がこちらのことを信じなかったとして、それで起こる結末(それでよかったと思うにしても、後悔したとしても)を引き受けるのは相手の課題であって自分の課題ではない、ということです。

だから相手がどうかに関係なく、自分は信じるという選択をするんです。

この【課題の分離】ができていないと、他者の課題まで自分のこととして背負ってしまい自分の人生が苦しくなってしまうんです。

 

少しまとまりのない感じになりましたが、

まず「あなた」がはじめる】【課題の分離】が2冊の本を通して学び、実生活でも生かせることとして意識していることです。

2冊の本にはこれ以外にも色々と実生活に生かせることがあるのでオススメです(^^)

 

【嫌われる勇気】

 

【幸せになる勇気】

 

それではまた。

「根性、始めます」を忘れてました

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

今日まではまだ日中暖かかったですが、明日から寒くなるみたいですね。

体調には気を付けましょうね(;^ω^)

<スポンサーリンク>



 

私、忘れておりました。

根性、始めます

根性始めたことを(笑)

↑約3か月前に書いたこと、もう忘れてた(;´Д`)

ナリ心理学のナリさんが昨日リブログしてたの読んで思い出した。

「自分は大丈夫」

根性出して思うんだ。

 

あ、元になったナリさんのブログはこれです↓(・∀・)

自分を可愛いと思えよ。

 

さぁみなさんも、

今日からレッツ根性(・∀・)

 

それではまた。

数年前と変わったところ

こんにちは、まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

そろそろ水道の水が冷たく感じてきましたね~。

冬がやってくるのですねぇ( ^^) _旦~~

<スポンサーリンク>



 

さて、今朝このブログでも時々取り上げさせてもらってるタマオキアヤさんのブログを読んでいまして。

★今に全ての情報がある

「そう言えば数年前と大きく変わったなぁ」とふと思ったことが。

 

数年前はとにかく「フリーランスになるんだ」って思ってました。

これと言って手段はなかったから色々セミナー行ってみたりして自分にあったものを見つけるのに必死になってて。

フリーランスになれば時間的自由になれるし、頑張り次第では経済的自由も達成できる可能性がありますしね。

だからフリーランスになることが自分の幸せにつながるって思いが強かったですね。

 

今でも独立って選択肢が自分の中にはあるけれど、前ほどこだわらなくなりました。

多分それは、タマオキアヤさんのブログとか色々な本読んだりした影響かなって思うけど、

今は「今を、1日1日を楽しく過ごすこと(充実したものにすること)」が幸せにつながるって思ってるんです。

まさしく【今を生きる】ってことですかね。

大切なのは過去でも未来でもなく、今なんだと。

過去や未来に縛られて、今を疎かにしてはいけないと。

過去は変えられないし、今の積み重ねが未来になっていくんだと。

そういう風に考え方が変わったなって。

 

だから今は働き方は会社員でもフリーランスでも前ほどこだわらなくなりました。

どっちにもメリット・デメリットありますしね。

もちろん過去のことを振り返ることもあるし、将来のことを考える必要があったりもするでしょう。

ただ大切なのは、「一番大事にしなきゃいけないのは【今】なんだということを忘れないこと」じゃないかなって思います。

そんなことを改めて思った週末でした🌝

 

それではまた。

希望で行動するか、不安で行動するか

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

今週も早いもので金曜日が終わりましたね(仕事が)~。

11月ももう半分過ぎたとか早いですね~(・∀・)

<スポンサーリンク>



 

さて、今回はブログシェアです。

不安と恐れからの行動か、愛と希望からの行動か、未来の切符、どっちを選ぶのかは自分次第です!

この小池浩さんは個人的にとっても考えが好きで、著書3冊のうち2冊持っています。(最後にリンク貼っておきますね)

今回の記事は「そうだよなー!自分にも当てはまるな!」と思ったことなのでシェアしたいと思います。

 

何か行動する時、そこには必ず思いがあるはずです。

その行動をする時、不安などのネガティブな感情が根本にあってするのか、希望などポジティブな思いがあってするのか、

これによって結果が変わってくると思います。

これは個人的な意見ですが、前者の状態って「余裕がない」んですよね。

で余裕がないと焦って、空回りして、うまくいかなくて、ますますネガティブになって、、、etc.

逆に後者の状態なら「余裕がある」から、

仮に上手く行かなくても「仕方ないな」って切り替えたり、「この方法は上手くいかないやり方だったな」って学んだりできると思うんです。

こういうのが同じ行動をしても結果が違ってくる要因じゃないかなって。

 

と偉そうに書いてきましたが(笑)、

自分も余裕ない行動してる時あるんですよね(^^;)

少し前にもあることで「今余裕なくなってるよ」って親しい友人が指摘してくれました(´;ω;`)アリガタイ

まぁなかなか100%ポジティブな気持ちで行動することは不可能に近いと思いますが、

焦って行動しようとしてる(してる)時に自分で意識できるといいですね🌝💡

 

自分が購入した小池さんの著書はこちら↓

マンガでわかる! 借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ 】

 

借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんがあえて教えなかったとんでもないこの世のカラクリ

 

 

それではまた。

やめる勇気

こんばんは。まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

今朝起きてから背中の右辺りが急に痛くなってまして。

去年くらいから色々原因不明で痛くなったりしてるんですが、

年ですかね??(まだ31なのに(´;ω;`)ウゥゥ笑)

<スポンサーリンク>



 

さて、今回は個人的な経験から思ったことを書いていきたいと思います。

大分抽象的に書いちゃいますけど(^^;)

 

最近ちょっとしたことでですが、「これ以上先へは進まず断念しよう」と決断したことがありました。

違和感と言うか上手くいかない気しかしないからこのまま進んでも結果的に苦しくなるだけだろうな、って思ったからです。

今までだったら多少の違和感や不安があっても「今までこれでやってきたんだし」って突き進む傾向にありました。

が、大体そういう場合って後々より苦しんだり我慢したりする結果になることが多かったんですよね。

なので今回の件ではもやもやするけど途中で立ち止まることにしたんです。

本当はとりあえず最後まで進んでみる方がいいのかもしれないし、

ある意味「逃げた」ことになるのかもしれません。

でも、自分の意思をもって「やめる」と決断した時には、それは「後退」や「逃げ」ではなく、むしろ「成長」だと思うんです

「やめる決断」は「やる決断」と同じかそれ以上にエネルギーがいることだし、

そうやって途中でやめる決断をしたことで、本来そこに使うつもりだった時間やお金などを別のことに使えることになりますしね。

 

ちょっとまとまりのない感じになりましたが、

最後までやり切ることは素晴らしいことですが、

時には「やめる決断」もまた必要なのではないかと思います。

そんなことを改めて感じた今日この頃でございました(゚∀゚)

 

 

それではまた。

 

不安も失敗も普通

こんばんは。まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

昨日今日で千葉に社会人テニス仲間と合宿に行ってきました!

テニスはがっつりできて、土曜の夜はみんなで飲みながらワイワイやって、楽しい週末でした(゚∀゚)

<スポンサーリンク>



 

さて、自分の友人で最近とある1歩を踏み出した人がいます。

個人のことなので大分ぼやかして書きますが、

その人には強く望んでいることがあって、

でも不安でなかなか行動できていない状態でした。

でも、何でもそうですが何か手に入れたいものやことがあるならそのために行動しなければ現状は変わりませんよね。

その人は今回周りの後押しもあって、ついに叶えたいことのために1つの行動をおこすことを決意しました。

その人にとっては未知の領域に足を踏み入れていくので不安だし怖いと思います。

またいい結果が出なかったらという不安も吐露していましたが、

なにか行動することに対して不安を感じるのは当たり前だし、

行動することでほとんどの人がほぼ必ずといっていいほど失敗します。

 

行動には不安や失敗がつきものです。

それが普通です。

少なくとも個人的にはそう思います。

でも、不安を感じたり失敗したりするのは行動したからです。

行動しなければ不安も失敗も発生しません。

 

何か望んでいることがあって、

その目標を叶えたいなら不安や失敗を覚悟した上で行動するべきだし、

不安や失敗に耐えられないのならば諦めるしかないと思います。

別に「その目標を叶えなければ死んでしまう」とかではなければ無理にする必要もないですしね。

まぁ要は「不安感じたくないし失敗したくないから行動はできないけど、自分の望みは叶ってほしい」なんてうまいことはそう起きませんよってことです。

そして、行動には不安も失敗もつきものだから必要以上にそれらに対して構えなくても大丈夫ですよってことです。

 

そんなことを思った週末でした。

 

それではまた。

貯金の考え方

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

いや~だんだん寒くなってきましたね。

真冬は厚着しなきゃいけないからあまり好きではありません。。(そこかww)

<スポンサーリンク>



 

さて、最近大分取り上げさせてもらってるナリ心理学から今日も。

いや、別に信者ってわけじゃないんですが「なるほど💡」と思うことが多くてですな(・∀・)

今回は【貯金】に関して。

貯金したくなる話

未来の自分にお金をあげよう

これらの記事から「貯金ってそういう風に考えればいいのか!」って思ったのでシェアしたいと思います。

◎未来の自分を楽しませるための貯金

個人的には元々貯金するのは好きで、

通帳の額が増えていくとニヤニヤしちゃうタイプで(*`艸´)ウシシシ

(ひかないでね?ww)

でも、別に目的があるわけでもなく、

どこか老後のためとか「未来の不安に対して」貯金って考えてたなぁって。

ただ、確かにナリさんのいうように、

そういう目的でする貯金って苦痛というか、乗り気がしなくないですか?

でも、「未来の自分を楽しませるためのプレゼントの貯金」”って捉えると、

少なくとも将来の不安のために貯金するよりもワクワクしてくると思うんです。

「老後の~とか~にお金かかるよなぁ(*´Д`)ハァ」って貯金するよりも、

「老後も旅行したいし時々でもいいから美味しいもの食べたいし(゚∀゚)ワクワク」って貯金する方が貯金できそうな気がしません?

それに、別に貯金がマスト!ってわけではないけれど、

(ナリさんが書いているように)貯金があった方が楽ですよね、圧倒的に。心も落ち着くし、圧倒的に。

 

◎不安は少ない方がいい

って当たり前かもしれませんが(笑)

改めて、個人的には貯金する時の考え方ががらっと変わったのです。

ずっと「不安」が根底にあって貯金してた感じだったけど、

貯金にも「ワクワク」が取り入れられるんだなって学びになりました。

「未来の自分を楽しませるためのプレゼントの貯金」

そんな捉え方もいいんじゃないでしょうか(^^)

 

 

それではまた。

心が温まったお話

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

今月末に1人でベトナム旅行に行くのですが、

危うく忘れかけていました(笑)

<スポンサーリンク>



 

今回はとっても個人的な体験談なので、

学びがあるかどうかは分かりません(笑)

 

自分にはいつも悩んだ時に電話などで話し相手になってくれる人たちがいます。

数か月前にあることでちょっと落ち込んで、

自分で処理しようにも吐き出したくなってある1人に話を聞いてもらったんです。

もちろん話を聞いてもらって楽になったのは言うまでもないのですが、

自分はいつも聞いてもらってばかりで逆にその人に何もできてないなって思っていて。

「いつも聞いてもらってばかりですね(:_;)」って言ったら、

「〇〇が元気になってくれたらそれでいいんだよ」ってさらっと言ってくれたんです。

思わず泣きそうになってしまいました。

こんなに大きな心で受け止めてくれたり支えてくれたりしてくれる人たちが周りにいることに改めて感謝したし、

いつか何らかの形で恩返ししたいと思ったし、

その人たちに直接返す機会がなければ他の誰か同じように悩んでいる人に自分が寄り添って上げれるようになろうって思いました。

同時に、自分は大丈夫だって思えました。

これからも悩んだりへこんだりすることはあるでしょうけど→落ち込みやすい人へ

 

もちろん頼り過ぎては迷惑になってしまうので気を付けないとですけどね(^^;)

今回はとっても個人的なお話でしたが、

何か感じるものなどあったら嬉しいです(^^)

 

それではまた。