説明できない「好き」

おはようございます(・∀・)まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

土曜日は関東でもめちゃめちゃ寒かったですね😱

なので午後はファミコン(懐かしい笑)やったりして引きこもってました🏠

 

<スポンサーリンク>



 

今回は前回のブログの続き、というよりほぼ同じです(笑)

前回のブログ書いてから改めてRolandさんの著書を読み直してるんですが、

本の中でも書いてありました。

”説明できる好きって、本当の好きじゃないから”

これにめちゃめちゃ共感。

 

例えば自分の場合で言えば「テニス🎾」

中学校からやっていて、かれこれ人生の2/3くらい続けてるんですが、

「なんで好きなの?」と聞かれれば、気分転換になるからとか、テニス仲間ができるからとか、一応理由らしきことは挙げられるけど、

それらは後付けの理由でしかないと思っていて、

本当は「何で好きか」って説明できないんです。でも好きなんです。

やっていくうちに直感的に好きだな!って思うようになっていった感覚。

 

人(異性)を好きになる時も同じじゃないかって。

今まで異性を好きになった時って、

本当に「直感的」なもので。

話しやすいからとか、価値観が合ってそうだからとか、

それらの理由はその人を直感的に良いな!って思った後に、その人の良い所を見つけようとした結果な気がするんです。

最初の「何か良いな(気になるな)」って気持ちは説明できないんですよね。

 

「好きの理由を説明できない」っていうことは「それが本当の好きだから」だと思うんです。

だからむしろ説明できない方がいい。

それが自分の「本音の好き」だってことだから。

 

Rolandさんの哲学、おもしろいですよ↓(^-^)

 

 

それではまた。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。