素直になるか、拗ねるか

こんばんは。まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

昨日から日中は暖かいですなぁ。

でも家に帰ってくると部屋は意外に冷えてる(;゚Д゚)笑

 

<スポンサーリンク>



 

さて、今回はブログシェアです↓

素直に。

同じみ、ナリ心理学のナリさんのブログ。

 

これ読んで、

グサッときました。。。

なぜかというと、

自分の場合特に恋愛で何度かあるんですよね(;^_^A

言いたいことあっても「嫌われるんじゃないか」とか「雰囲気が悪くなるんじゃないか」とか思って、言いたいことを我慢してしまう癖がありまして。

で、結局積もり積もって気持ちが冷めたりしてしまうという、、

今思うと、拗ねてたんだなぁって思います。

当時は「拗ねてる」って概念がなかったけど。

勝手に「相手はこう思ってるに違いない」とか「どうせ言っても理解してもらえない」って決めつけてたなぁ。

 

恋愛に限らず色々な人間関係の中で、

素直に言ったら終わってしまう関係もあるかもしれない。

けど、言うことで関係が終わることと、自分の気持ちが楽になるのと、

後者の方がその後の自分は生きやすくなるなって思うんです。

もちろん何でもかんでも好き放題に言うとは別だけど。

あと、やっぱり言わないと伝わらないですよね

「察して」って、無理です(笑)

(自分にも言い聞かせてますが💦)

だって、自分の気持ちを何も言わず100%理解できるのは自分だけなので。

 

ナリさんの言葉を借りると、

「世界は優しい」と考えるのか、「世界は優しくない(厳しい)」と考えるのか。

ナリさんの言うように、

「世界は優しい」って考えてみると、

つらいことがあっても、生きやすくなるでしょうね(^ω^)

 

 

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。