愚痴を言った後には

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

今日は仕事帰りに髪切ってきました!

1ヶ月に1回切らないとうっとうしくなってくるのでさっぱり😁

 

<スポンサーリンク>



 

さて、今回は読書シェアです。

ひすいこたろうさん『あなたの人生がつまらないと思うんなら、それはあなた自身がつまらなくしてるんだぜ。』です。

今回は愚痴を言いたい時にやってほしいアクションを紹介したいと思います。

 

さて、そのアクションとは?

ずばり、愚痴を言った後に

”「いい意味で」を付け加えてみよう”

というものです。

例えば(本から引用します)、

・なんかイラつく。いい意味で!

・あの上司おかしい。いい意味で!

・会社クビになっちゃった。いい意味で!

・ちょっと太ったかも。いい意味で!

どうでしょう?

笑いがとれそうじゃないですか?

え、そうでもない?

その場合は、ひすいこたろうさんにクレームお願いします(笑)

ただ笑いがとれなくても、なんだかネガティブな雰囲気が和らぐ気がしませんか?

ひすいさんは”これで深刻になっている自分を笑い飛ばすことができるし、ふっと心にスペースが広がる”と言っています。

個人的にはこれはナイスなアイデアだなと思いました(^^)

 

どうしても愚痴を言いたい時はあると思います。

(愚痴を吐いてばかりでは自分にとっていことないし周りも困ってしまうと思いますが)

だからそんな時は1つの方法として今回紹介したことを実践してみるのもありかなと思います!

 

今回の本が気になった方はこちら↓

 

 

 

それではまた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。