人にはときとき、不便や不運が必要になる

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

今日はお昼に上司が美味しい焼肉弁当を買ってきてくれました(゚∀゚)💡

いやぁ~、うまかった~😋😋

 

<スポンサーリンク>



 

さて今回は過去記事の振り返りです。

去年の4月に書いたものですが、

改めて読み返してみると、時々でいいから意識しておくべきことの1つだなぁって思います😌


さて、今日はこんな言葉をシェアしたいと思います↓

今年になってから使っているゲッターズ飯田さんの日めくりカレンダーの1枚です。

本日9日の言葉は、

”人にはときどき不便と不運が必要になる

感謝を忘れてしまうから”

です。

 

今まさに、コロナウイルスの影響で様々な影響が私たちの生活に出ていますね。

外出自粛

様々なお店の営業自粛や休業

失業

感染による自宅待機や入院

まさに不便や不運が身の回りにある状態です。

健康や収入や出かけたい時に出かけれる自由といった、当たり前にあるかのように思えていたことがない。

そう気づかされる事態になっていると思います。

 

でも、当たり前と思っていることは、本当は当たり前にあるわけではないんですよね。

健康や収入だけでなく、普段の生活で身の回りあるもの、存在しているものも。

当たり前と思っている時、そこになかなか感謝の気持ちを意識することが少ないのではないでしょうか?

当たり前にあると思っていたものが、当たり前にない、、、

今この状態は、当たり前と思っていたことやものに感謝の気持ちをもてる良い機会なのかもしれません。

それに気づかされるためにコロナウイルスが発生した、と安易な意味付けはできませんが。

 

今つらい状況にある方はなかなかこういうことを意識する余裕はないかもしれません。

でも、どこかでこういったことは必要になってくる気がします。

そして、感謝の気持ちを持てたら、

日常の些細なことににもありがたみを感じて、

何をするにも必要な【前向きな(充実した)気持ち】が持てるようになって、

頑張っていけるんじゃないかなって思います。

 

引き続き、みんなで乗り越えていきましょう。

 

それではまた。

 

 

p.s.

ゲッターズ飯田さんの日めくりカレンダーが気になった方はこちら↓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。