経済的に不幸にする異性

こんにちはー、まいぺーすブロガーのびーです(゚∀゚)

いやぁ、暑いですね~(;^_^A

今年は夜寝る時に冷房つけっぱなしにしてます(27℃で)

電気代は抑えたいけど、それよりも体や精神的な安心?の方が大事ですからね(・∀・)

<スポンサーリンク>



 

さて、今日は動画シェアですが面白い動画を見つけました↓

いつも見ている両学長の動画なんですが、

主に両学長が見てきた人を不幸にする異性についてのお話です。

ここで出てくる人たちは基本経済力がある人たちなので個人的にはちょっと違う世界の人たちのお話だなと感じたけれど、

こんな人たちもいるんだなぁと驚きでした( ゚Д゚)マジカ

まず男では、

ヤリ捨てポイ君

減刑のために偽装結婚した男

乱交大好きチャラ男君

サイコパス君

などなど。

次に女性では、

盗っ人ちゃん

ハニートラップちゃん

ハニートラップちゃん2

などなど。

 

まぁハニートラップちゃん2に関しては浮気した既婚男性も悪いけど。。

とりあえずクズばっかりやな(笑)

改めてお金が絡むと本性がでちゃう人たちもいるんだなぁと思いました。

まぁ見ず知らずの人たちにキレたりアホかー!と言っててもしょうがないんで反面教師にするとするとして、

この動画見てて思ったことは、やっぱり【信用・信頼って大事】だなと。

信用や信頼って気づき上げるには時間がかかるけど、失うのはあっという間ですしね。

別に何の科学的根拠はないですけど、

この動画に出てきた人たちはいつか信用や信頼を大切にしなかったツケが回ってくると思うんですよね。

 

それから両学長が動画の最後に言っていた【お金を守る力】も大事ですね。

両学長が言うように、いくらお金を稼いでも守る力がないとどんどんお金を失っていくことになるので、

やはりお金の知識を持っていることは重要になってきます。

そういう点では両学長の動画はめちゃくちゃオススメです。

別に両学長の回し者じゃないですけど(笑)

 

 

それではまた。

簡単に貧乏になる方法

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

とうとう一昨日から冷房解禁しました!

これだけ梅雨が長いと逆に夏が待ち遠しいです(笑)

 

さて、今回とても面白い動画を見つけたのでシェアしたいなと。

数か月前から見てるYouTubeチャンネルなんですが、

この両学長の動画を普段から見てる程今回は面白いんです。

だって【貧乏になるための方法】をとても軽快に話してるから(笑)

ここで話されてることをやれば年収1000万円でも簡単に貧乏になれちゃうんです!

①収支の把握をやめる
(小さいことは気にしない!)

②浪費家のパートナーと結婚する
(倹約は美徳と言う人だと貧乏が遠のく!)

③高級車を定期的に買い替える
(維持費等でバンバンコストアップ!)

④中途半端な土地の豪華なマンション・新築戸建を買う
(戸建ては新築のみ!)

⑤子供は私立学校に入学させる
(想像以上に子供が立派に育ってしまうリスクも、、)

⑥保険に入りまくって盤石の体制を整える
(万が一のためにたくさん入りましょう!)

⑦洋服や食事はワンランク上のものを味わう
(せっかく年収1000万円あるんだから慎ましい生活なんて!)

⑧高コスト毎月分配型投資信託に集中投資する
(うまくいけば100万円投資して10年後に50万円に!?)

これ以外にも、例えばお金を下ろす時はコンビニのATMで小まめに下ろせば手数料でコツコツと貧乏になれますね!(゚∀゚)

上記8個の内、3つでも組み合わせれば簡単に貧乏になれるそうですよ!

 

 

とね(・∀・)

これだけ明るく貧乏になる方法を解説してくれてる動画なんてないんじゃないですかね(笑)

ずっと笑ってしまった(笑)

普段はしっかりそうならないための様々な動画を提供してくれてますよ!

両学長のYouTubeチャンネルおすすめです^^

 

 

それではまた。

変えるか、受け入れるか

コンニチハ、まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

段々と気温が上がってきましたね~。

そしてとうとう(関東は)来週末には梅雨明けかな?(゚∀゚)

<スポンサーリンク>



 

さて、最近あるサービスにお金を使いました。

最近何度かブログでさせてもらったやぎぺーさんの【ジコリカイ】という学習プログラムにです。

まぁページ見てもらうと書いてありますが、自分にとっては決して安くはない金額です。

申し込んだ理由は端的に言えば「自分のやりたいこと探しを終わらせたかったから」ですが、この金額を払うことは、

ぶっちゃけ怖かったし、今でもちょっと怖いですよ。

「不安」とも言えますね。

要は、「これを受講してうまくいくんだろうか?」って思いがどうしても申し込む直前まであったわけです。

言い換えれば「お金を払ったけど上手くいかないかもしれない」というリスクがある(と思った)わけですね。

(「リスク」なんて言葉を使ったらやぎぺーさんには失礼かもしれませんが。)

 

でも、最近読んだ本かなにかに書いて見て改めてハッとしたわけです。

成長したり前に進みたければ時にはリスクを取らなければならないと。

確かにリスクの可能性を感じていたけれど、

同時に「なんか気になるな(面白そうだな」と感じていた自分もいました。

そして迷った結果受講することにしました。

だって(興味あることは)やってみないと分からないし、

あれこれ考えたって実際にやりもしないで自分に合う合わないなんて分からないから。

それに、何かを変えないと今までの自分のやり方では変えられないとも感じていたので。

だから興味をもった今回のやぎぺーさんのジコリカイプログラムに申し込んだんです。

まだ序盤だけど、今はワクワクしながら進められている自分がいます。

「結果がでるかな?」とかあれこれ考えてもしょうがないんで(・∀・)

 

今なんらかのことに不満をもっている人は少なくないと思います。

だったら行動するしかないんです。

でも行動するからには何らかのリスクがつきまといます。

リスクが怖いのは普通のことです。

そのリスクとるのが怖いなら、それはそれで仕方ないと思います。

が、

行動できない(リスク)がとれないなら現状を受け入れましょう。

「行動するのはこわいからできないけど現状は変えたい!」って思ってるだけで変わったらすごいですわ。

まぁ、自分もまだまだ怖いって思うことの方が多いですけどね(^^;)

自分で決めたことなんで最後まで頑張りたいと思います(`・ω・´)

 

それではまた。

信頼と引き換えにお金を得る

こんにちは!まいぺーすブロガーのびーです。

いやぁ、とうとう令和になりましたね。

なったからといって特に変わったことはないですが(笑)

ただ新しい時代?も、平和で幸せな時間であってほしいですね^^

<スポンサーリンク>



 

さて毎日YouTubeを見ているのびーさんですが、

チャンネル登録している中でやまもとりゅうけんさんという方がいます。

その方のある動画を見ていました。↓

やまもとさんは元々Amwayという、いわゆるネットワークビジネスをされていたことがあり、

今はAmwayでのビジネスを辞めてブログなどで情報発信をしたりフリーエンジニアとして活動されています。

やまもとさんのAmwayに関する動画は、実際にやっていた人だからこそ説得力があるし、なぜやらなくなったのかなど分かりやすく説明してくれています。

 

自分も5-6年前に新卒の会社を辞めるあたりに初めてネットワークビジネスの存在や実際にやっている人を知り、

その時は本当に何もわからず、純粋に「こういう働き方もあるんだな~」って思いました。

一応社会勉強と思って登録しましたが、

結局自分ではビジネスとしてやることはなかったですし、

その後もいくつかのネットワークビジネスに接することがあり、

「これだけ触れることがあるということは、自分がやるべきことなのかな?」とも思ったりしました。

が、どうしても気持ち的に「やってみたい」とならなかったし、

よく見かける(最近はどうかわからんですが)カフェなどに友達を呼び出して勧誘するということをやりたくなかったので、

色々話を聞いたり実際に少しだけ登録してみたりということを経て、

「これは自分がやる(やりたい)ことじゃない」との結論にいたりビジネスをやることはありませんでした(もちろん今も)。

 

おそらく今でもネットワークビジネスは大勢の人にとって印象が悪いと思います。

やまもとさんも言うように、悪質だったり強引な勧誘があったりしますからね。

でも、個人的には別にその会社やビジネス自体を否定する気はないし、

やるやらないは個人の自由だと思っています。

強引な勧誘などぜず真面目に活動してる人や、

ビジネスはやらないけど製品は気にいっているから買っている人もいるでしょうから。

ただ、活動次第では友人(や今まで積み上げてきた信頼)を失うかもしれません。

ある人がこう言っていました。

「ネットワークビジネスは、自分で働いていない時でもお金が入ってくる仕組みを作るという点はいい。ただ、信頼と引き換えにお金を稼ぐというところがまずい。」と。

まぁこれは悪質な勧誘をしてる場合ですが。

 

繰り返しますが、ネットワークビジネスをやるやらないはどちらでもいいと思います。

自分は少し接したことがある程度なので偉そうなことは言えませんが、

何も知らないで「ネットワークビジネスやそれをやってる人は悪だ!」みたいに決めつけてしまうのはちょっと違うかなと思います。

ただ悪質だったり強引な勧誘があるのも事実だし、

やまもとさんが言うように達成至上主義みたいな部分もあるみたいなので、

ビジネスとしてやるなら「(一時的な)仲間はできるかもしれないけど、友人(信頼)を失う可能性もある」という覚悟はした方がいいと思います。

それプラス、やまもとさんのように実際にやっていた人の話も聞いた上で判断するといいんではないでしょうか。

 

と、やまもとさんの動画を見て、

前の自分の体験を思い出しながらそんなことを思ったのであります。

 

 

それではまた。

受け取り上手

こんにちは、マイペースなのびーです。

昨日は有休を取って待ちに待った「アベンジャーズ」を公開日初日の朝一で観てきました!

3時間20分、面白かったし感動あったしで大満喫しました^^

<スポンサーリンク>



 

さて、ここ1年くらいで、前と考えというか意識が変わったことが1つあります。

それが「受け取り上手になる」いうことです。

どういうことかと言うと、具体的な場面を挙げてみますね。

私のびーは基本週一でテニス🎾をしていますが、

たまに駅からコートが少し離れていて車で行くことがあるんです。

その時の行き帰りでサークルメンバーを載せていくことがあるんですが、

たまーーーに(笑)駐車場代といって少し負担してくれるメンバーがいます。

前だったら「いやいや、悪いからいいよ」と言ってなるべく受け取らないようにしていました。

日本人特有の?謙遜というやつですかね。

でも最近はこう思うようになってきたんです。

「逆にありがたくもらわないと失礼なんじゃないか」と。

相手は車での送り迎えに対して「ありがとう」って感謝の気持ちを示してくれていているのに、

受け取らないということは、その感謝の気持ちを断ってるってことと同じことですよね。

あ、何も全く負担もなにもない人に対して「ちょっとでも払うべきだ」って思ってるわけじゃないですよ?

払うも払わないもそれぞれの人の考え(価値観)は違うものだし。

駐車場代やガソリン代にめちゃくちゃお金かかってるわけでもないし。

でも、例えばコートから駅まで送ってある1人が100円払ってくれたとしますよね。その時に、

・相手が差し出してくれた100円を受け取らずに相手の100円の出費をなくす

・ありがたく受け取って、またの機会も送り迎えしてあげたり、別の時に100円で飲み物を買ってあげたりする

という選択肢があったら後者の方が良いと思うんです。

なぜなら、同じ100円という金額でも後者の方が100円以上にそこに信頼とか感謝などの価値が生まれるからです。

仮に相手が「やった、100円払わずに済んだ」って思うタイプなら、

そのお金は受け取らなくてよかったと思いますね。

だってそもそも相手は払いたくなかったわけですから。

払いたくないけど仕方なくって出されてもあんまり嬉しくないですよね。

逆に相手が喜んで出してくれるのなら、

受け取ることが相手のためでもあると思うようになりました。

 

「謙遜」という姿勢は素晴らしいと思います。

相手を思いやったり、自分自身が驕らないように気を付けることにもなりますからね。

でも、相手が何か差し出してくれた時、

謙遜は逆に相手の気分を害してしまうこともある。

どこかでそう思ってるとこれからの人生変わってくるんじゃないかって思います。

 

 

 

それではまた。

 

当選した100万円を全額寄付した大学生 (プロ無職TV)

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

今日もいつものように朝スーパーに買い物行って、

その後朝カフェ☕してきました!

朝から活動すると気持ちがいいですね^^

<スポンサーリンク>



 

 

さて今日は動画シェアです。

今回の動画はこちら↓

プロ無職として活動するるってぃさんの動画から、気になる動画を見つけました。

少し前にZOZOの前澤さんが「100人に100万円プレゼント」って企画を覚えていますか?

あの企画に当選した1人がるってぃの動画に登場していたんです。

大学生の鈴木恵理さん

そして使い道がまたすごい。

<広島のボランティア団体に全額寄付>

自分が20歳の時だったら多分この考えはなかっただろうなぁ。

今よりももっと保守的だったから多分ほぼ全部貯金してたかな(笑)

今でも多分自分のことに大半は使ってたと思うし。

鈴木さんは中学生ですでに被災地に行っていたから、

より「自分に何かできないか?」って意識が強かったんだろうし、

大学生になって実際に広島に行ったという行動力もあったんですね。

 

確かに100万円という額はすごいけど、

金額よりも大事なことは「人のために何かする」という気持ちだと思います。

例えば今回のように実際にボランティアに行くということはすごいけど、

実際に行けなくても(行かなくても)寄付などできることはありますよね。

その寄付額が小さくてもいいと思うんです。

例え1円でも1万人が寄付すれば1万円になって、

4人家族の数日分の食事代を賄えますよね。

ここで個人的な最近のやってることを1つ。

みなさん期間固定のTポイントって知ってますか?

ネット上だけで使えるTポイントのことです。

ヤフーショッピングとかヤフオクなどでのみ使えて、かつ有効期限があるというのが通常のTポイントと違うところですね。

期間固定Tポイントは期限が来たら没収?になります。

前までは使う予定がなかったそのまま「あ、なくなった」で終わってたんですが、

最近はネット上で寄付するようにしています。

例えばこんな感じで↓

南阿蘇鉄道復旧支援プロジェクト

しかもTポイントなら1ポイントから寄付できるんです。

時間も1分かかりません。

前は「もったいないなぁ」と思いながら期限がすぐてしまうのをただ見てるだけでしたが、

これなら有効活用できるなと感じます^^

 

今回の動画をみて、鈴木さんは自分よりも10歳下だけど、

行動力のある人から学ぶことは多いなと、

改めて思いました。

社会人になっても日々勉強ですね。

 

 

それではまた。

固定費の削減~火災・地震保険、実行編~

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

この前久しぶりに本屋行ったら1時間くらいぶらぶらしちゃいました。

読みたい本が多すぎて、2冊買ったんですが選ぶのに時間かかりましたね(笑)

<スポンサーリンク>



 

 

さて、1ヵ月前くらいに固定費の削減~火災保険~という記事を書いたんですが、

その時は賃貸ではなく持ち家用の資料を請求してしまい、

それ以来そのままになっていましたが、

この度とうとう見直しを実行しました!

 

前回と同じように保険は価格.comで比較検討しました。

賃貸用はそれほど種類(会社)がなくて、

そのうちの1つ日新火災が提供している家財保険は地震保険を付けたい場合は店舗に行かないと申込ができないとありなかなか行く時間がありませんでした。

が、この前有給を取ったので、以下のような手順で保険を変更しました。

 

①まず電話して地震保険を付けた場合おおよそどれくらいの金額になるのか聞く

②おおよその保険料を聞いて安くなることがわかったのでそれまでの保険を電話で解約

③店舗に行って契約

 

 

その結果、

26470円11300円

まで減らすことができました!

(両方とも2年間の料金、新しい保険の保証は最低限)

1年単位で計算すると7585円の節約です。

一見すると「1年で約7600円か」と思えるかもしれませんが、

”7600円=時給1000円の仕事を8時間してもらえる金額”

と考えると、この額でも決して小さなものではないと思います。

その8時間を使えれば他のことに時間を使ったり、副業していれば+α稼ぐこともできますからね。

ちなみについこの間前の保険を更新したばかりだったのですが、

契約期間内に解約した場合は残りの期間分は返金してもらえます。

まだ正式にいくら返ってくるかわからないですが、単純に24(ヶ月)で割ってみるとおそらく新しい保険料以上の金額が返ってくると思います。

 

ということで面倒だなと思っていたことにまた1つ取り組むことができ、

固定費の1つを削減することができました^^

小まめな節約もいいですが、

やっぱり固定費の見直しは大きいです。

今回申込した日新火災のサイトを載せておきますね!

日新火災 家財保険

 

 

それではまた。

PayPayを使ってみた!

こんばんは!マイペースでやってますのびーです。

気づけば3月。早いなぁ~(・∀・)

今年は、あとどれくらい、色々なことにチャレンジできるかな(^o^)/

<スポンサーリンク>



 

さて、今回初めて電子決済サービス【PayPay】を使ってみました!

(Yahoo!画像検索より拝借)

PayPayとはWikipedia先生によると、

ヤフーとソフトバンクの合弁によるPayPay株式会社が提供するQRコードやバーコード読み取りで決済ができるサービスです。

で何で急にPayPayのアプリをダウンロードしたかというと、

家から車で近いヤマダ電機のカフェに時々行くことがあって、

↑この広告?をいつもレジで見てて気になってたんです。

で登録するだけで500円分プレゼントされるってことは、カフェ☕1杯無料になるじゃん!しかもヤマダ電機のポイントもつくじゃん!

ってことはお得やん!←

って思って登録してみたんです。

しかも、

(Yahoo!画像検索より拝借)

っていうキャンペーンがあって、

PayPay内の残高以内でお支払いすれば最大20%バックされるんですね。

事実お支払い完了後に残高見たら、注文したアイスティー345円の20%にあたる69円が付与(処理中)となってたんです。

もちろんヤマダ電機のポイントももらえてました。

ということで今回のカフェ代がタダになってラッキー(^ω^)

まぁこのキャンペーンは5月31日までだそうですが。

 

 

まだよくわかってないところもあるけれど、

こうやって新しいサービスを利用してみることもこれからは大事ですね。

「知らない」ということはますますこれから時代取り残されていってしまうかもしれません。

あまりPayPayで決済ができるところに行く機会はないけれど、

できる時は使ってみようかなと思いました^^

 

それではまた。

固定費の削減~火災保険~

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

来週月曜が平日休みなので、初めて一人で泊りで箱根に温泉入りに行こう(車で)と思ってたら、

どうやらノーマルタイヤではこの時期は止めといた方がよさそうだ、、、

あー予定練り直し( ;∀;)

<スポンサーリンク>



 

さて今回は最近ちょっと行動してみたお話。

最近お金の勉強でこの方の動画を見て色々「ふむふむ」としてるわけです。

で最近見た動画で「家の火災保険の見直し」の会があったんですね。

これは賃貸の場合の解説動画なんですけど。

それで自分の今の状態を見返してみました。

ちょうどこの前更新したんですけど、

2年間で約27000円(地震保険とセット)

これは不動産会社から紹介?された保険会社で考えもせず契約してたんですが、

実は不動産会社がマージンを取るために高い保険を契約させられてる可能性が高いらしい。。

動画内で紹介してくれている保険なら半分以下の値段で済んでる。。

しかも今のとこに住んで4年経ったんですけど、

始めの時の保険料よりも3000円くらい上がってた。。

ってことでおすすめの一括見積サイトで早速見積もりをオンラインで申し込んでみた!↓

価格.com

って思ったらこれ「持ち家の人用」だった(; ・`д・´)笑

賃貸の人はこっちだった↓

価格.com 家財保険

ってことでこれからパンフレットを取り寄せようと思います(`・ω・´)

 

この動画でも言われているように、

固定費って大きいんですよね。

確かに食費とか電気代とか小まめに節約するよりも効果ありそう。

そして無知だと知らぬ間に搾取されていることもあるんだなぁと改めて実感(+o+)💦

 

という、昨日家で一人で格闘してたお話でした。

実際に変更したらまたここで報告します!

 

 

それではまた。

固定費の削減~携帯代の見直し、格安スマホの活用~

こんばんは~、まいぺーすブロガーのびーです。

この前近くのホームセンターに最近新しくできたTSUTAYAに行ってきたんですよ。

本屋好きとしては、すごくきれいで落ち着いた内装でつい長居したくなる雰囲気でした^^

 

さて今回は動画シェアです。

今回の動画はこちら↓

第5回 固定費見直しと毎月の携帯代を安くする方法【お金の勉強 初級編 】

この動画を配信している人は最近たまたまTwitterで知ったんですけどね。

このお金の勉強動画シリーズで、特に今回の動画で扱ってるテーマ「携帯電話」はよくわかるんですよね。

自分も14年間使い続けていたドコモから去年の6月に格安スマホに買えたので↓↓

ついに格安スマホデビュー!(ドコモからイオンモバイルへ)

元々は帰る直前はドコモで月々最低で8000円程払っていました。

でも段々「月8000円て高いなぁ」って感じ始めて。

でいくつか検討した結果イオンモバイルに変えたんです。

前に書いた中でも書いてますが、現在は最低限に抑えれば月約2300円

つまりざっと-5000円以上ってことです。

で、この動画で言ってますが、

月5000円稼ぐって、時給1000円のバイトなら5時間働くようなんですよね。

(正確に言えば税金などあるので5時間以上)

そう考えたらけっこう大変って思いません??

だったら5000円減らした方が楽だと思うんですよ。

 

もちろん3代キャリアの方が色々とサービスは多いかもしれません。

そう言った点を重視しているならそれでもいいでしょう。

ただ特に3大キャリアにこだわる理由もなくて、

「月々の支出減らしたいなぁ」って感じているのなら、

携帯電話代の見直しが一番とっつきやすいです。

まぁキャリアの変更って面倒かもしれません。

でもやればその分支出を減らすことができます。

やるかやらないか、自分次第ですよ。

 

 

それではまた~。