「やめる」という答え

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

この前健康診断行ってきました!

健康診断っていうと「どっか悪かったらいやだなぁ」って思うけど、

別の見方をすれば「悪いところがあったらそれに気づける機会」でもあるんですよね(゚∀゚)

<スポンサーリンク>



 

さて、今回はブログシェアです。

おなじみ?ナリ心理学のナリさんのブログから↓

成長しなくていい。

これを読んで自分のことで思い出したのは、

2015-2016にかけて約2年間副業でやっていた転売のこと。

当時は今よりも「早く会社員を卒業してフリーになるんだ!」みたいな気持ち駆られてて、

とにかくあれこれ試してみた。

お金払って転売のコミュニティに入ったり、

そのコミュニティの主催者のメルマガ読んだり動画見たり、

懇親会に参加してみたり。

週末はどちらか朝から夕方まで車で色々な店舗周りして、

平日も帰宅してから梱包作業したりリサーチしたり。

まぁ副業とかしていない周りからみたら「プライベートな時間も仕事してるんだ」って見えてたみたいだけど、

暇してるより有意義な時間に使えてるって感じで「仕事」とはあまり感じてなかったんです。

最初の1年くらいは徐々にだけど利益が増えていって。

でも終盤はどんどん利益が減っていって。

元々かけてる時間程利益は出せてなくて、

それで段々転売を続けていることに違和感を感じ始めたんです。

そして考えた末に「辞める」という決断をしました。

将来収入の柱の1つにできればと思っていたことを。

でも今考えれば自分にとっては辞めてよかったと思います。

段々楽しくなくなっていってたし。

いつの間にか「もっと成長(利益を増やす努力をする)しないと」って焦りになっていたような気がする。

ナリさんが今回のブログで言ってる”自己否定からくる成長(欲)”みたいな感じだったのかな。

そして「(その)成長を辞めた人ははちゃめちゃに成長してる」ってあるけど、

転売辞めて成長したのかは分からんです(笑)

でもその後に目覚めた「cafe de 読書」タイムが今ではすごく充実してるし、

結果的に今は別の副業の道も見つかったし。

ここらへんも「成長してる」と言えるのかもしれないですね。

ナリさんが言うように、

辞めた先に答えがる場合もあるってことですね。

さぁ、みなさんはなにをやめますか?

それではまた。

信頼と引き換えにお金を得る

こんにちは!まいぺーすブロガーのびーです。

いやぁ、とうとう令和になりましたね。

なったからといって特に変わったことはないですが(笑)

ただ新しい時代?も、平和で幸せな時間であってほしいですね^^

<スポンサーリンク>



 

さて毎日YouTubeを見ているのびーさんですが、

チャンネル登録している中でやまもとりゅうけんさんという方がいます。

その方のある動画を見ていました。↓

やまもとさんは元々Amwayという、いわゆるネットワークビジネスをされていたことがあり、

今はAmwayでのビジネスを辞めてブログなどで情報発信をしたりフリーエンジニアとして活動されています。

やまもとさんのAmwayに関する動画は、実際にやっていた人だからこそ説得力があるし、なぜやらなくなったのかなど分かりやすく説明してくれています。

 

自分も5-6年前に新卒の会社を辞めるあたりに初めてネットワークビジネスの存在や実際にやっている人を知り、

その時は本当に何もわからず、純粋に「こういう働き方もあるんだな~」って思いました。

一応社会勉強と思って登録しましたが、

結局自分ではビジネスとしてやることはなかったですし、

その後もいくつかのネットワークビジネスに接することがあり、

「これだけ触れることがあるということは、自分がやるべきことなのかな?」とも思ったりしました。

が、どうしても気持ち的に「やってみたい」とならなかったし、

よく見かける(最近はどうかわからんですが)カフェなどに友達を呼び出して勧誘するということをやりたくなかったので、

色々話を聞いたり実際に少しだけ登録してみたりということを経て、

「これは自分がやる(やりたい)ことじゃない」との結論にいたりビジネスをやることはありませんでした(もちろん今も)。

 

おそらく今でもネットワークビジネスは大勢の人にとって印象が悪いと思います。

やまもとさんも言うように、悪質だったり強引な勧誘があったりしますからね。

でも、個人的には別にその会社やビジネス自体を否定する気はないし、

やるやらないは個人の自由だと思っています。

強引な勧誘などぜず真面目に活動してる人や、

ビジネスはやらないけど製品は気にいっているから買っている人もいるでしょうから。

ただ、活動次第では友人(や今まで積み上げてきた信頼)を失うかもしれません。

ある人がこう言っていました。

「ネットワークビジネスは、自分で働いていない時でもお金が入ってくる仕組みを作るという点はいい。ただ、信頼と引き換えにお金を稼ぐというところがまずい。」と。

まぁこれは悪質な勧誘をしてる場合ですが。

 

繰り返しますが、ネットワークビジネスをやるやらないはどちらでもいいと思います。

自分は少し接したことがある程度なので偉そうなことは言えませんが、

何も知らないで「ネットワークビジネスやそれをやってる人は悪だ!」みたいに決めつけてしまうのはちょっと違うかなと思います。

ただ悪質だったり強引な勧誘があるのも事実だし、

やまもとさんが言うように達成至上主義みたいな部分もあるみたいなので、

ビジネスとしてやるなら「(一時的な)仲間はできるかもしれないけど、友人(信頼)を失う可能性もある」という覚悟はした方がいいと思います。

それプラス、やまもとさんのように実際にやっていた人の話も聞いた上で判断するといいんではないでしょうか。

 

と、やまもとさんの動画を見て、

前の自分の体験を思い出しながらそんなことを思ったのであります。

 

 

それではまた。

あぁ休みが終わる~

おはようございます、まいぺーすブロガーのびーです。

昨日は計6時間テニスしてきました(笑)

そんな好きなこと漬けの休みもいいですな(゚∀゚)

<スポンサーリンク>



 

今日は1月6日。

もう既に仕事が始まっている方もいるとは思いますが、

自分も含め、多くの人にとっては明日が仕事始めになるのかなと思います。

で昨日2つのテニスサークルの練習をはしごしてたんですけど、

ほとんどの人が「あぁ冬休みが終わる~(´Д⊂ヽ」って嘆いてました。

まぁ自分もそういう気持ちもなくはないですけど。

でも、それを聞いていてちょっと違和感を感じました。

「じゃあずっと休みがいいのかな?」と。

確かに働かずに楽して暮らせたら良いのかもしれません。

でも、ずっと休みってそれはそれで退屈だと思うんですよ。

もちろん休みは必要なものです。

特に残業が多かったり出張が多かったりする人にとってはないとしんどいですよね。

でも、忙しいからこそ、日々(会社員の場合)指定された時間出勤している(拘束されている)からこそ、休みのありがたさを感じるわけで。

よっぽどやりたいことや好きなことがないと(そしてそれをずっとできるだけのお金がないと)、

1ヶ月も休みが続けば廃人まっしぐらですよ(笑)

自分にはフリーランスになりたいって想いも前からずっとありますが、

決して遊んで暮らしたいとは思ったことがありません。

仕事も遊びも両方あるから人生楽しく充実したものにできるんじゃないかって思うんです。

確かに時間的自由がほしいとは思いますが、

それはいつ仕事してもいつ休憩してもOKって自分で決められる環境という意味なわけで。

 

 

自分も会社員ですから、

そりゃあ朝早く起きたくはないですが(笑)

でも日々生きていくためにも仕事は必要なものですし、

繰り返しですが、何よりずっと休みってけっこうすぐ退屈になりますよ。

「あぁ仕事行きたくない~」って

本気で言ってるのかな?

とちょっと違和感を感じたのでした。

会社員の人も、自営業の人も、

今年も頑張っていきましょ~(∩´∀`)∩

 

 

それではまた。

3回目のゴールドコースト Day 3

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです。

とうとう12月になりましたね。

寒いですね(笑)

 

ではゴールドコースト旅行記最終日でございます。

<スポンサーリンク>



 

まずはQ1と呼ばれるビルへ。

真ん中にある高いやつです。

(もっと近くで外観撮ってなかったww)

で1dayチケット(25ドル)を買って77階まで。

ここの展望台からの眺めはけっこう有名みたいで。

8年前も4年前も見たけど、

どこまでも続く海岸線?は何度見てもいい!

で、そのあとはトラム🚈の始発駅にのBroadbeachにあるPacific fairというショッピングセンターへ。

4年前と外装が変わってて最初気付かなかった。

8年前にそのショッピングセンターの近くに半年くらい住んでいたことがあって、

週一でスーパーに来てた懐かしの場所なのです。

でまずカフェに席を確保して、

(写真はないけど)パソコンでクラウドワークスで引き受けてる記事の下書きをしてました。

えっ、海外に行ってまで仕事してたの?

そんな声が聞こえてくるかもしれません。

まぁ、本来なら遊びに行ってるんだから別にやらなくてもいいんですよね。

でも、自分の中で場所に縛られずに働けることに憧れがあって、

「カフェでパソコンで仕事してる」っていうフリーランスのイメージが強いので、

その予行練習みたいな感じですね。

結果、やっぱりそういう風な働き方ができたらいいなって思って、それはそれでいい経験でした。

で、もちろん恒例のcafe de 読書もね!

心地よかったし、幸せだった。

海外でも好きなことができるのは。

で、お昼はショッピングセンターのフードコートへ。

土日なんでにぎわってますな(・∀・)

お目当てはこれ↓

あえてオーストラリアでsushiを食す!

左からサーモンアボカド・チリチキン・カリフォルニア(なぜカリフォルニアと呼ぶのかは不明)

これはこれでうまかった(・∀・)

 

で一旦Surfers paradiceに戻ってお土産を買い宿へ帰宅。

知り合いが迎えに来てくれるので待機。

Aさん(日本人女性)は8年前に知り合い、

4年前に午前中に行ったショッピングセンターで奇跡的な再会(連絡先が分からず連絡がとれなかったのに)を果たした人で。

あれから4年経った今では現地の人との間に男の子が生まれてお母さんになってました。

でも、性格とか容姿は変わってなくて、また会えたことが嬉しかったなぁ。

ちょっと車で走って海へ連れていってもらったり、

子供を公園で遊ばせながら色んなことを話した。

で夜は車じゃないとちょっと行きにくい場所にあるレストランへ。

そう言えばオーストラリアに来てオージービーフ食べてないじゃん!って思って

これを↓

「ニューヨーク サーロインステーキ 300グラム」

300という数字に負けた、、(笑)

まぁ、最後にがっつり食べれて満足だったのでいいのです!

Aさんに宿まで送ってもらってバイバイ。

本当に、改めて会えて良かった!

 

というわけで3日間のゴールドコースト旅行が終わりました。

今回は2人の知り合いに会っただけで、

それ以外は特に観光せず街中をぶらぶらしてただけでした。

が、さいっっっっっっっっこうに良かった。

だって、歩いて空気吸ってるだけで、戻ってこれただけで幸せだったから。

自分にとって思い出の詰まったゴールドコーストはそういう場所なんです。

こういうほぼなんもしないって旅行もいいものですね。

いつか結婚したらパートナーを連れてきてあげたいな。

 

3回にも分けた旅行記にお付き合いいただきありがとうございましたー!

 

 

それではまた。

クレ嫁 (プロ無職TV)

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

週末山梨へテニス合宿に行ってきました!

特に2日目は日差しが強くてこの時期に日焼けしたとです(笑)

まぁ無事に2日間がっつりできたので満足です^^

<スポンサーリンク>



 

さて、今回も前回に続きYouTubeで面白い人を見つけたので紹介していきます。

その名も、

「クレイジー嫁」

略して

「クレ嫁」さんです。(本名はすずきかなさん)

これを知ったのは「プロ無職」としてフリーランスで活動している”るってぃさん”のYouTubeチャンネルです。

プロ無職TVはこちら

今回の動画はこちら

クレ嫁さんの経歴?はをざっくり言うと、

法律婚(要は普通の結婚)して子供を3人もうけ(デキ婚だったそうな)、

その後離婚し、元旦那さんと子供3人は北海道に。

それから今度は事実婚してさらに2人の子供を授かり、

現在事実婚の旦那さんと4人目5人目のお子さんと東京に住んでいるそうです。

つまり、”5児の母親”なわけですな。

そして仕事は現在はフリーランスとして活動中だそうな。

とりあえず、まだ結婚を経験していない自分からすると、

確かにクレイジーや(笑)

で、動画見てて思ったんですけど、

クレ嫁はやりたいことを達成するために本当に淡々と行動してるなって。

変に言い訳して動けないってことがなさそう。

特に、結婚して子供ができたら好きなことがあんまりできなそうってイメージがあって

でも、子供を持つ前と全く同じくらいではないかもしれないけど、

クレ嫁さんは子供を持ってもやりたいことをやってるんですね。

「自分が一番大切だし、自分を大切にできない人は他人を大切にできない」

というぶれない軸を持って自分の人生を生きているんだなと。

動画のコメントには「単に無責任でしょ」という批判も見られます。

今北海道に住んでいる元旦那さんや3人のお子さんたちと現在どういう風に関わっているのかはわかりませんが、

特に子供たちのことをしっかり考えてケアできているのであればいいんじゃないでしょうか?

こういう生き方でも。

そこらへんをちゃんとしているのであれば、

一概に無責任とは言えないのかなと。

この動画見ただけじゃどんな人かは分からないので、

表面だけ見てるとそういう意見になっちゃうのかな。

とりあえず今回の動画は、

まず言い訳して動けない人には是非見てほしいですね。

少なくとも個人的には、

結婚したら好きなことができなくなるんじゃないか、

子供ができたらなおさらそうなんじゃないかっていうイメージを、

良い意味で壊してもらえた気がします^^

クレ嫁さんのTwitterはこちら

 

こういう人を知れるって面白いしありがたい!

 

それではまた。

レンタルなんもしない人 (ぺーたーずTV)

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

だんだん気温が下がってきましたね。

半袖から長袖への切り替えの判断が微妙な感じです(笑)

<スポンサーリンク>



 

さて、今日は毎日観てるYouTubeで面白い人を見つけたので紹介したいなと。

ほんとに、紹介するだけです(笑)

その名も「レンタルなんもしない人」

??

???

????

?って10行くらい書ける気がする(笑)

この「レンタルなんもしない人」さんを知ったのはぺーたーずTVってチャンネルで、

(ちなみにここに出てくるジロさんとたにさんは、以前ジロさんが経営してたイプシロンというバーで会ったことあり)

動画のタイトルにつられて思わず見てみたんです。

動画はこちら

ぺーたーずTVのYouTubeチャンネルはこちら

(このブログ内では勝手に「レンタルさん」と呼ばせてもらいます笑)

 

レンタルさんが受けている案件は様々で、

1人で入りづらいレストランに一緒に行ったり、

コンサートのチケットが余ったから一緒に行ったり、

ゲームの人数合わせだったり、

お花見の場所取り要員だったり。

レンタルさん自身を貸し出して、

ただ1人分の人間の存在が必要な場面でレンタルされているそうです。

始めたのは今年の6月からで、

いまでは他の仕事はせず専業でされているんだとか。

しかも驚いたことに、

レンタルさんは結婚していて、

1歳の子供もいるとか!!

しかも奥さんは「面白いね」って言ってくれてるんだとか。

なんて寛容的で理解のある人なんだ。。

すごいなぁ。。

更に!

レンタルさんは元々のTwitterのフォロワーが300人くらいだったのが、

今では4万人を超しています。

すげぇ。。

レンタルさんのTwitterはこちら

 

 

いやぁ、、

こういうニーズもあるんだなって素直に思いました。

会ったことはないですけど「プロ奢ラレヤー」って人もいるくらいですからね。

自分の「こんなこと」と思っていることが、

誰かにとって需要があったり、

実はお金を生み出すものだったりするんですね。

ここ最近「ユーチューバー」という職業が出てきたように、

ますます新しい仕事が生まれていくんでしょう。

それだけ、

一人一人に様々な可能性があるということ。

でもその可能性を見つけるためには、

色々な知識や経験が必要になるでしょう。

「もう遅い」ということはないんだと思います。

視野を、常に広くしておきたいですね^^

 

 

 

それではまた。

 

やりたいこと(ナリ心理学)

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

今週は平日にブログ書けなかった。。

ま、気を取り直して書くぞー!

<スポンサーリンク>



 

さて、今日は普段読んでるアメブロの記事を紹介したいなと。

今回の記事はこちら↓

あなたのやりたいことはなんですか?

このブログを書いているのは「ナリ心理学」を主宰しているナリさんという方。

アメーバオフィシャルブロガーであり、最近本を出版されたりもしています。

そしてとあるコミュニティで知り合った女性が実はナリさんの奥さんだったという衝撃(笑)

特にこれと言って理由なく聞いてるそうなので(笑)

数日前の記事だけど書いてみた!

そしてそれをここでもさらしてみた!(笑)

 

・会社員を卒業してフリーになりたい
・まだフリーで何をしたいかわからないけどワクワクすることをやりたい
・自分だからこそ提供できることを仕事にしたい
・働く時間を自由に決めたい
・平日だってカフェとか行ってのんびりしたい(有給使わなくても)
・月収100万とか1000万とか余裕で稼ぎたい
・お金に対するマインドをしっかり築きあげたい(じゃないといくら稼いでも不安になっちゃう)
・お金のことでいちいち心配したくない(今しちゃってる)
・彼女と海外旅行行きたい(今いないけど)
・家賃気にせず住みたいところに住みたい
・彼女とドライブしたい(今いないけどいつかできる)
・投資で資産を作りたい
・お腹へっこませたい
・テニスもっとうまくなりたい
・テニスコート所有したい(できればインドア)
・雨でもテニスいつでもしたい(そしたらサークルの仲間も呼べる)
・彼女の手料理食べたい(今はいないけどきっと自分に合った彼女ができる)
・というか彼女ほしい(絶対できるから大丈夫)
・海が見える場所に住みたい
・これからも周りが静かな場所に住みたい
・気になった本は全部読みたい(お金気にせず)
・テニスの四大大会をいつでも行きたいときに見に行きたい
・海外にテニスしに行きたい

 

多分もっとあるだろうなぁ(笑)

「イタイなぁ」と思われそうなことも書いたけど(笑)

それでいいのだ←

願いは口に出したり書いたりしてこそ叶うと信じてるから

 

また増えたら書きたそうっと。

 

あ、ナリさんの本はこちらからチェック!

 

それではまた。

カフェに全く行かなかった自分が毎週末行くようになったワケ

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

週末に所属する社会人テニスサークルの5周年記念パーティーがありました。

結婚式でも使われる会場でやったので本当に誰かの結婚式に参加しに来たかという感じで楽しかったです!

<スポンサーリンク>



 

さて、去年の今頃まで、

私のびーは基本的にカフェに行くことがほぼありませんでした。

普段からコーヒーや紅茶を飲まない(飲めない)ということもあり、

特に用もないのに行く必要性を感じなかったんです。

ところが今は毎週末カフェに行って1時間くらい本読んでるんです。

まぁ相変わらずコーヒーとかは苦くて飲めない&猫舌なので冷たい甘そうな飲み物ばっかり注文してますけど(笑)

最初のきっかけは、自分がフリーランスという働き方に興味があり、

そのイメージが「カフェでパソコン1台で仕事してる」で、

パソコンでやることはないけどとりあえずその雰囲気を味わってみようと思ったからです。

元々本を読むのは好きなのでカフェで読書してみたところ、

ものすごく集中して本読んでたんです。

そしてカフェ出た後の心の充実感が半端なかった。

それに、カフェ出た後って頭が少しボーっとしてることに気づいたんですが、

それってそれだけ「読書に集中できてた」ってことだなと。

もちろん周りがうるさすぎたら集中して本は読めないけど、

電車の中や家で読む時などよりも、

カフェで読書するのが一番心地よく集中できる環境だったんです。

何でだろうって思ってググってたらこんな記事を見つけました↓

カフェで読書をすると良い3つの理由

なるほど、

「適度な雑音」

「カフェインなどで脳が目覚める」

「糖質補給」

といった理由があったとは。

カフェはただ飲み物を提供する場所というだけでなく、

人が行きたくなる環境も提供してくれる場所でもあるんですね。

 

それまで興味のなかった(行かなかった)場所が、

実は居心地の良い環境だった。

そんなことがあるかもしれません。

みなさんも何かピンッときたら、

そこへ行ってみて下さいね^^

 

それではまた。

神栖市に久しぶりに「帰って」みて

どうも、マイペースにブログ書いてるのびーです。

だんだん日が短くなってきましたね~。

少しずつ秋が近づいてきてるんですね。

<スポンサーリンク>



 

さて、今回は、、完全に個人的日記みたいな感じです(笑)

というのもタイトルにあるように昨日から泊りで茨城県の神栖市という場所に来ています。

場所はここ↓

こことどんな関りがあるかと言うと、

自分が新卒で入った会社で本社(横浜)研修の後に5か月間の現場研修先として仮配属になった場所、

つまり7年前に初めて社会人として働いた場所なんです。

で神栖に来るのは数年ぶりなんですが、

来た理由は7年前に知り合ったテニス仲間が仕事でしばらく中国に行ってしまうということでその人の送別会(飲み会)に出るためでした。

まさか早朝5時半起きで朝9時からのテニスも参加するとは思ってなかったですけど(笑)

↑でも天気良かったし、そこまでまだ暑くなかったし、初めましての人もいたけどみんな上手かったし良い人たちだったしで^^

で!神栖に来たのはテニスと飲み会に参加するだけじゃなくて、

普段とは違う環境にたまにはお金かけてでも行ってみた方が良いと直感で感じたからなんです。

節約癖がある自分としては、

細かい話横浜から神栖まで来るのは交通費(今回は自家用車/東京駅からバスも有り)やら宿泊費やらかかるので、

わざわざ来ようとはあまり考えないですが、

今回この送別会のお知らせが来た時に何となく「あ、最近行ってないしたまには泊りで普段とは違う場所に行くのもいいかも」って思ったんです。

それと同時に考えました。

”今回のこの選択にはどんな意味(メッセージ)が込められているのだろうか?”

と。

これは前回書いたブログの「本田健さん曰く、すべてのことは意味がある」という考えに基づいています。

前回の記事はこちら

それ(意味)は、高速を降りて神栖市内を走ってるときに感じた「何か”帰ってきた”みたいだ」という安心感のような気持ちを感じるためだったのか?

(というのも5か月間しか住んでなかったし、神栖市は電車が通ってないので車がないと生活がかなり不便なんですが、とても住みやすくて居心地が良いと思っているんです)

はたまた、久しぶりに会う人たちとテニスや飲み会などを通して感じた「楽しい!」というプラスの気持ちを得るためだったか?

あるいは、今回TSUTAYA初のアウトレットが神栖にあると聞いたので行ってみたんですが、

↑こんな感じで、中古本の取り扱いだけでなくキャンプ用品があったり、パン屋さんやカフェがあったりで

そこで感じた「へぇ~こんな場所ができたんだ!」という新たなスポット(神栖市の魅力)を発見するためだったのか?

いやいや、今回は鹿島パークホテルという所に宿泊してるんですが、

(↑この部屋でこれ書いてます)

単純にホテルに泊まるだけでも新鮮な気持ちになれたし、

家以外でブログを書くのは初めてでまるで自分が憧れているフリーランスの仕事の仕方を体験してるかのような気分になったんですが、

そういう気持ちを感じたり体験するためだったのか?

もしくは、昨日久しぶりだったり初めましてだったりで会った人たちの中から、

今後仕事やプライベートで関わってくる人がいたということなのか?

 

色々意味(メッセージ)の候補を考えてみましたが、

どれかかもしれないし、どれでもないかもしれない

あるいは、何かしらの意味(メッセージ)はすぐにではなく時間が空いてから「そういうことだったのか」と分かるパターンかもしれない。

でもきっと何かしらの意味があったからこのタイミングでここ(神栖)に来たんだろうし、

久しぶりに来れてとっても楽しい時間を過ごせたしリラックスもできたしで、

間違いなく自分にとってはお金をかけてでも来て良かったと思えました。

みなさんも是非、たまにでも普段とは違う環境に身を置いてみるという体験をしてみて下さいね!

 

それではまた。

【手ぶらで生きる。】(ミニマリスト:しぶさん)を読んで

どうも、マイペースに活動中ののびーです。

今日は日中車で出かけた帰りに普段行かないカフェにちょっと寄って本読んできたんですが、

たまには環境(今回はカフェ)を変えるとまた気分が違って良いですね^^

<スポンサーリンク>



 

さて今日は読書シェアです。

今回はこちら↓

ミニマリズムを実践しているブロガーのしぶさん【手ぶらで生きる。】という本です。

これを知ったのは同じくフリーランスで活動されてる”るってぃさん”のYouTubeにて紹介されていて、

なんかピンときて即ポチッと買ったんです。

最近スマホを格安スマホに変えたことで「(ものなど)減らす」ということにより意識が向くようになったからかなと。

ただ読んでみると、

単にモノを減らせばいいと勧めている本ではなかったんです。

 

家賃2万円!?

まず驚いたのは家賃。

しぶんさんは現在福岡にアパートを借りていてなんと家賃2万円

その分4畳半という狭さではあるけれど、

極力要らないものを減らしたその部屋はそこまでの狭さを感じないものがありました(本に写真が載ってます)。

冷蔵庫・テレビ・テーブル・ベット・収納

ほとんどの家にありそうなものをしぶさんは置いていない。

かと言ってしぶさんは我慢しているわけではなく、むしろ心にはゆとりがあるそうです。

それはしぶさんが元々裕福の過程に生まれ育ったところから一気に貧乏な生活へ変わってしまったという体験の中で、

”「少ないお金やものでも幸せに生きることができる」と気づいた”からこそ今の生活でも十分満たされているのでしょう。

個人的には今現在家賃8万2千円という部屋に住んでいますが、

固定費のスマホ代に手を付けられたことで「家賃も下げたい」と最近思うようになっていて、

まるで引き寄せかのようにこの本に出合ったなぁと感じています。

しぶさんのように色々なものを減らしていくことは急には実践できないけど、

これくらい家賃を抑えることも可能なんだなと気づかせてくれました。

 

何にお金を使い、何にお金を使わないか

ただ、最初の方でも言ったように何でもかんでも減らしてるわけではないそうです。

躊躇なく物を増やす(費やすお金を増やす)こともあるのだとか。

それは「投資になる物」

例えばブログを書いたりするのに必要なMacBookには10万円かけたり、

「自由な時間」を生み出すためにお掃除ロボットに約3万円や洗濯乾燥機に14万円かけたりと。

しぶさんの毎月の生活費は7万円だそうなので、

それに比べると上記であげたものはけっこうなお金がかかってるけど、

長期的に見て利益を生み出せるものや、

自分でやるのは苦手で時間がかかってしまうことを代わりにやってくれるものは増やしてもいい(お金をかけてもいい)という、

しぶさんなりのしっかりした軸(信念)があるのだなと強く感じました。

 

これ以外にも「なるほどな」と思わされる点はいくつもあって全部はここでは書けないですね。

もちろんこれらはしぶさんにとっては合ってることであって、

全員に合ってるわけではないし、全員がそうする必要はないです。

でも、「そういう暮らしもできるんだな」「こういう考え方で充実した生活を送ることができるんだな」という気づきにはなると思います。

少なくとも自分にとっては色々発見できて面白かったので、

「これやってみたいな」と思ったことは実践して、

この本を買ったことがとてもいい「投資」だったと思えるようにしたいですね。

興味ある方は是非1度読んでみて下さい。^^

 

それではまた。