マイペースでOK (ナリ心理学)

どうもー、のびーです。

ワールドカップの日本代表、本当に惜しかったですね。

明け方3時からの放送でしたが、ずっと観てました。

残念だったけど、日本代表のみなさんお疲れさまでした!

<スポンサーリンク>



 

さて今回は普段読んでるブログのシェアです。

今回の記事はこちら↓

『誰でも頑張りたくなっとき、勝手に頑張るんです。笑。』

このブログを書いているのは「ナリ心理学」を主宰しているナリさんという方。

アメーバオフィシャルブロガーであり、最近本を出版されたりもしています。

実はとあるコミュニティで知り合った方の旦那さんだったんで、

それを知ったときは1人で「まじか!」と興奮してました(笑)

この記事をシェアしようと思ったのは、

「何か救われたな」と感じたことがあったからなんです。

 

自分を責めていた最近

自分には「将来会社員を卒業してフリーになりたい」という想いがあります。

フリーになって何をしたいかはまだ見えてないんですが。。

そのために、今年に入ってから4月くらいまでは週1~2回くらい興味があるイベントやセミナーに行っていました。

そこで色々な人にあったり色々な話を聞いて何か発見があればいいなという思いで。

ところが5月くらいから最近にかけてあまりイベントなどに行かなくなったんです。

急に熱が冷めてしまったようか感覚で。

「将来に向けて今自分にできることは(無理ないペースで)色々な人にあって刺激をもらったりすることじゃないか」

そんな風に思って今まで動いてきたんですが、

どうも気が向かなくなってしまったんです。

「無理矢理出かけたりしなくてもいいだろう」という自分と、

一方で「これでは停滞なのではないか?」と自身を責める自分がせめぎ合っていました。

そんな時にこの記事を読んだんです。

 

「今のタイミング」の自分を責めないこと

”マイペースも一人一人違うなら、タイミングも違う。

・今は休むタイミング

・今は頑張るタイミング

・今は孤独を味わうタイミング

・今はみんなと遊ぶタイミング

・今は行動するタイミング

・今は考えるタイミング

それを

無理して変えようとしないで、

「あー、今はこーゆータイミングなんだなぁ(*゚∀゚*)」

受け止めることでいいんだよ。”

(以上、ナリさんのブログより引用)

これを読んで、

「そうか、今みたいに気が乗らない時期だってあるよな」って思えたんです。

ナリさんが言うように、

タイミングは常に動いていくもの。

自分で言えば、今年初めから4月くらいまでは「とにかく興味あるイベント多いから行ってみよう」と思えてた時期もあれば、

最近のように「あんまり気が乗らないなぁ。家でゆっくりしたい気分だわ」って思う時期もあって普通なんだということ。

恋人めっちゃほしいって思う時もあれば、今は1人の時間を楽しみたい時もある。

パンばっかり食べてた時期もあれば、ごはんばっかり食べてる時期もある。

”自然といつか勝手に

頑張れるタイミングくるから。”

だから今は今で目の前のことを楽しんだり満喫したりすればいいんだと。

マイペースな自分を肯定してくれる、そんな記事でした。

 

 

それではまた。

 

P.S.

ナリさんの本面白かったので興味あれば是非^^

 

フリーランスになるためには??

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです。

何だか雨ばっかりの日もなくなってきましたね。

もう梅雨明けでしょうか??

<スポンサーリンク>



 

さて今回はYouTubeの動画のシェアです。

今回の動画はこちら↓

会社辞めて独立したい(フリーランスになりたい)けど何したらいいか分からないという質問に対して

話しているのは「プロ無職」という肩書で活動しているフリーランスのるってぃさん

直接会ったことはないですが、

イベントなどで知り合った人がけっこうるってぃさんと繋がっていたりして、

名前だけは聞いたことがありましたが、

るってぃさんのコンテンツ(今回は動画)を見るのはこれが初めてです。

 

フリーランスは「目指すもの」ではない

さて初めてるってぃさんの動画を見たわけですが、

気になって見た理由は自分がフリーランスにいずれなりたいから。

そんな自分にちょっと衝撃のある回答をるってぃさんがしていたのです。

それは、

”フリーランスはなりたくて目指すものではないと思うんです。好きなことや得意なことを突き詰めていって、自然とお金が稼げるようになっていくというのが一番ベストだと思うんです。”

という部分。

これまでの自分はこの質問をした人と同じように

「フリーランスになるにはどんな仕事をしたらいいんだろう?」という観点で考えていたんです。

でも、考えてみれば今まで自分が出会ったフリーランスの人たちって、

みんなそれぞれやりたいと思ったことや好きなことがあって、

それを突き詰めていって「これはフリーランスでやった方がいけそう(やっていった方がいい)」ってなって独立してるんですよね。

だからまずそれだけ打ち込めるものを見つけるのが大切なんですね。

 

好きなこと・やりたいことを見つけるには?

ではやりたいことや好きなことを見つけるのはどうしたらいいんでしょうか?

「フリーランスはなろうと目指すものではない」と同じように考えると、

「やりたいことや好きなことはやりたいと思えるようになろう・好きになろうと思って見つけるものではない」と言えると思うんです。

例えば今ずっと続けてきたことがあるとして、

それは「やりたいと思えるようになろう・好きになろう」として続けてきたというより、

「気づいたら続けてた・好きになってた」という感じではないですか?

自分の場合長く続けてるものとしてテニスと英語学習があるんですが、

それぞれ「気づけば」約18年と16年続けてきてます。

そういうことが生涯にわたっての趣味になったり仕事になったりしていくんだと思います。

 

 

もし今自分と同じようにフリーランスになりたいなと思ってる人は、

まずるってぃさんが言うように、

他に仕事をしながら何かしらのスキルを身に着けていく”

”好きなことややりたいことを突き詰めていく”

ことが大事になってくるのではないでしょうか?

もしまだそういうことがないのであれば、

ちょっとでも興味があることをまず色々やってみましょう。

「トライ」の数が足りていないのかもしれませんよ?

 

それではまた。

ワンダーランド~安藤美冬×白木夏子~

どうも、のびーです。

桜が満開を迎えてますね!

 

ってことで2年ぶりに花見をしてきました!

場所は新宿御苑。

初めて行ったんですがとても桜がきれいでしたね!

一緒に行ったのは安藤美冬さんと白木夏子さんお二人主催のオンラインサロン【ワンダーランド】のメンバーでした。

実は、このワンダーランドは3月で終了することになっていて、

自分は1月末に約2年所属したこのワンダーランドを辞めてるんです。

(美冬さんと夏子さんにそれぞれ退会すると連絡した時に終了のことは聞いたのですが)

それでも「元メンバーも参加できますよ」とメンバーの1人から連絡をもらって、

「最後にお二人とメンバーのみなさんに会えるなら」と即参加の返信をしました。

そんな色々な出会いがあったこの【ワンダーランド】の思い出を書いていこうかと思います。

<スポンサーリンク>



今の自分のきっかけとなった安藤美冬さん

安藤美冬さんを知ったのは社会人1年目の時にたまたま購入した1冊の本でした。

美冬さんは30歳の時に独立して、1つの組織に属さず多種多様な仕事をする【ノマドワーカー】の先駆者のような存在です。

この本を読んで、当時会社員という道しか知らなかった自分にとって

「こういう生き方(働き方)をしている人がいるんだ!カッコイイ!」という衝撃を受けました。

そこから色々な人のことを知ったり、

そういう人たちの本を読んだりイベントに行ってみたりYouTubeで動画を見るようになったし、

何よりも「自分もこんな生き方をしてみたい」と思うきっかけになったんです。

美冬さんのことを知らなかったら今の考えの自分はなかったでしょう。

 

貴重なアドバイスをくれた白木夏子さん

実はワンダーランドに入るまで夏子さんのことは知りませんでした。

(入会するにあたって夏子さんの本を1冊読みましたが)

夏子さんはジュエリーブランドHASUNAの代表取締役なのですが、

お会いしてみると、とても優しくて包み込んでくれるような方でした。

去年の10月に夏子さんにサロンのイベントとして「人生・経営相談会」というものを開催していただいたのですが、

その時自分は副業で約2年続けてきた転売を休止するかどうか迷っていた時期でした。

諦めずに転売を続けていくか、

一旦辞めてみて色々なことをやってみるか。

そんな時に夏子さんから

「転売はまた再開できることだから、一回辞めてみて他のことを見たりやってりしてみるのもいいと思うよ。(転売による)目の前の数万円の利益も捨てがたいかもしれないけど、そのためにもっと長期的にお金を稼ぐことができるものの可能性を失ってしまうかもしれないから。」

とアドバイスしてもらったんです。

だからこそ今色々なセミナーに行ってみたり、様々な人に会ってみたり、ワクワクすることをやってみたりと、

自分の将来のために色々模索していく道を選択できました。

 

様々な経歴をもったメンバーとの出会い

とにかく色々なメンバーがいました。

恋愛伝道師という肩書で独立した人。

カメラマンとして独立した人。

本を出版した人。

会社員をしながら書評ブログを書いていて今では献本されている人。

会社員の傍ら様々な人にインタビューしてブログを書いてる人。

自分がこのブログを始めるきっかけになった出会いもありました。

個人でセミナーやイベントを開催していて誘ってもらったことも何度もあります。

このオンラインサロン【ワンダーランド】に入ったことで、

自分が目指しているフリーランスという舞台に既にいる人やそこを目指している人たちとたくさんの繋がりを作りことができました。

そして何よりも、

美冬さんや夏子さんに「のびー」って顔と名前を覚えてもらったことは最高にうれしかったです。

 

これからも続く繋がり

このワンダーランドでの出会いはきっとそうなるんじゃないかって気がします。

いつか一緒に仕事したりできるかもしれないし、

自分がやることを応援してくれるかもしれない。

だから自分もここで出会った「仲間」に対してできることはしたい。

そしてこの出会いのきっかけを与えてくれた美冬さんと夏子さん。

(左が夏子さん、右が美冬さん)

お二人に対しては、

自分が目指すものを達成してその報告をすることが恩返しになるかなと思っています。

いつかその日がくると信じて。

 

それではまた。

 

P.S.

最後にお二人とメンバーの方と個別に写真をとってもらいました^^

両手に抱えきれない程の花を持たせてもらいました(笑)

”~コネなし実績なしから出版した著者に聞く~ 自分らしい文章をかくためのライティング講座”というイベントに行ってみて

Hello! のびーです。

毎週テニスやってるんですが、

足の調子が悪いので今週は大事をとってお休みです。悲しいです。

という愚痴です(笑)

 

さて、今回も先日参加してきたイベントの感想です。

このイベントは2年前にオンラインサロンで出会った矢内さんという方が立ち上げた「ゆるまじ(ゆるいけど明日に向かってまじで学ぶ場)」というグループ?団体?主催のものでした。

ゲストは林花代子さん

フリーランスとして、ライター/編集/WEBディレクション/女性のためのマルタ留学相談などをされている方です。

37歳の時に会社を辞めて行った語学留学をきっかけにマルタに魅了され、

大好きなマルタのことをブログで発信してしたりして最終的にマルタのガイドブックまで出版されたそうです。

このイベントに参加しようと思ったのは、

自分もこのブログなどで発信しているので、

現時点では本を出版したいという想いはないですが、

「書く」ということについて学べることがあるかもと思ったからです。

ただ実際は「書く」ということについて以上のことのお話を聞けた気がします。

 

自分の文体を知る

林さんはお話の中で「自分の文体を知ることが大事」とおっしゃっていました。

そして4つのタイプに分かれるとのこと。(以下、自由大学「自分の本をつくる」講座より)

① クリエイター (新しいコンテンツを生み出す)

② スター (独自のパーソナルブランドを生み出す)

③ エディター (売れるコンテンツを生み出す)

④ フォロワー (2番手を狙う)

図にするとこんな感じだそうです↓

イベント参加者全員でどこに当てはまるか(人によっては1つではないかも)質問に答えながら考えてみましたが、

唯一④のフォロワータイプでした(笑)

でも多少②のスターの要素もあるのかなぁと。

つまり、すごい目立ちたいわけじゃない、でも自分オリジナルのものを発信する方が好きかな、みたいな(笑)

この「自分がどういうタイプなのか?」を知っておくことで、

何か書いたり発信する時に「書けない(書くことが思いつかない)」と感じても、

それはもしかしたら立ち位置が違っていたからかもしれないし、自分がどのタイプなのか気づくことで書ける(発信できる)かもしれないですよね。

 

やりたいことを仕事にするコツ4か条

林さんは最初にも書いたように、大好きなマルタのことを発信していたらそれが様々な仕事につながったという経験をされています。

まさに「好き」を仕事に。

そんな林さんが「やりたいことを仕事にする」ための4か条として教えてくれたことは、

① 続けることは最強

② 期限を設けてとことんやる

③ とにかく手を動かす

④ 完璧じゃなくていい

でした。

さらにもう1つ追加すると、

「自分の好きを応援してくれる場所に身を置くこと」

この5つのポイントってどんな職種にも当てはまりますよね

自分の好きなことをしていくには、近道なんかなくて、

コツコツと日々努力し、淡々とこなし、完璧でなくてもいいからできる限りのことをする。

時には1人では寂しくなったりくじけそうになってしまうこともあるかもしれないから、

そんな時に支え応援してくれる仲間を作る。

お話の中で林さんはこうもおっしゃっていました。

「そうしたらきっと誰かが見ていてくれる」と。

 

自分が今やっている色々なことはどこかに繋がっていくのだろうか?と考えることがあります。

分からなくなったり不安に思うこともあります。

でも、何もしなければ何も変わらないので、

これからもこの「5か条」を胸に進んでいこうと思えました。

 

 

 

それではまた。

 

 

P.S.

林さんがHISとコラボして企画されたマルタ島へのツアー。

くぅ~行ってみたいけど会社員の身分では難しい。。

悔しいなぁ(´;ω;`)ウゥゥ

「お、行きます!」って言えるようになるぞー!

(女子旅って書いてあるけど男性ももちろんウェルカムだそうです笑)

<スポンサーリンク>



”another life. アラサー世代私たちのキャリア-これまでとこれから- #3 「わたしの興味」の見つけ方”というイベントに行ってみて

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

前回書いてから1週間くらい空いてしまった。。

 

ということで、題名ちょっと長いですけど先日とあるイベントに行ってきました。

前にイベントで知り合った河田さんという方(当日は司会)からFacebookで招待が来た時に何かピンときたんです。

それは「アラサー世代のこれからのキャリア」と「興味の見つけ方」というキーワードがあったからです。

当日は2名の自分らしく生きる道を選択されたゲストを迎えて、そのゲストの話を聞くだけでなく、

参加者同士でもワークをして交流するという形式でイベントは行わました。

全ての子どもたちに選択肢のある世界

1人目のゲストは古東麻悠さん。

現在国立国際医療研究センター病院、キャップスクリニックにて小児科医として勤務しながら、

NPOvery50、NPO Ubdobeデジリハ・プロジェクトにてメディカルアドバイザーとしても精力的に活動されている方です。

今回のイベントで初めて古東さんを知りました。

 

世界とつながるダンス教室

2人目のゲストは中込孝規さん。

元々ベネッセに就職するも、ダンスが好きという想いからダンスを教えながら世界一周を経験。

現在「世界とつながるダンス教室」代表を務め、日本全国・世界各地でワークショップを実施されている方です。

実は中込さんは自分がTwitterを始めた4年前くらいに投稿を少し見させてもらってたことがあったんです。

ちょうど自分も世界一周をする前かしていたくらいの頃です。

まさかご本人とお会いできるとはとビックリしました。

(前列真ん中の向かって右が古東さん、左が中込さん)

さて、イベントの全ての内容は網羅できませんが、気になった点をシェアしていければと思います。

 

やりたいことを見つけるには?

これに悩む人は少なくはないのではないでしょうか?

そういう自分もその内の1人と言えるかもしれません。

今は「自分は将来どんなことをして生きていきたいのだろう?」と考えている時期で、

そこまで焦りはないけど「見つかるかな?」という不安があるのも事実なわけで。

2人のゲストもそういう質問をされることがあるようで、例えば中込さんはこうおっしゃっていました。(以下引用)

”「やりたいことが見つかりません」という相談を時々受けるのですが、
そんなときは、「やりたいことがある人の応援・サポートをする」といいと思います。”

また、

”大抵はやりたいことって、「見つからない」んじゃなくて、『どうせムリ』という感情が蓋をして「気づけていない」だけだから。
  
やりたいことがある人のサポートをしながら、実際にチャレンジしている人のそばにいると、だんだんと自分の考え方が変わり、行動が変わり、自分が本当にやりたかったことに気づけると思います。”

これを聞いたとき、今自分が毎週何かしらのイベントやセミナーに行って色んな人に会ってみようとしてる理由はこれじゃないかと感じました。

確かに最近「この人すごいな」とか「この人の活動いいな」って思ったことに対して「少しでも応援できれば」という気持ちがあってイベントに行ったりブログに書いたりしてたんですが、

それが何故かは自分でも口で説明できるほどではなかったんです。

でも、今回中込さんの言葉を聞いて、

確かに実際に何かにチャレンジしてる人のそばにいればまず気持ちが変わり、

気持ちが変わればそれが今度は行動になり、

行動するようになれば「これ楽しいな」とか逆に「これあんまり好きじゃないな」と気づけるようになりますよね。

また古東さんのアイデアで面白いなと思ったのは、

「あえて苦手を突き詰めてみる」こと。

実はブロガーのはあちゅうさんも著書の中で同じようなことをおっしゃってます。

「嫌いなことがないと好きなことが際立たない」と。

「自分が好きなことってなんだろう?」って考えると中々出てこないことはあるけど、

「これ嫌いだな」「やりたくないな」ってことはけっこうすぐに思い浮かぶんじゃないでしょうか?

例えば「仕事でスーツとか堅苦しい服装したくない」のなら、

「私服でOKという環境が自分には合ってる」ってことになりますよね。

そうやって逆から考えていくというのも好きなことの見つけ方の1つになるって実感しました。

 

やりたいことは人に言う

それから古東さんも中込さんも共通して言っていたのは、

「やりたいことは人に(周りに)言う」ということ。

1人では例え叶えられないことでも、そこに何人かでも集まれば叶えられることってあると思うんです。

そういう時には、黙ってないで自分から発信してみた方がいいですよね。

そしたら自分のことを応援してくれる人や必要なことを教えてくれる人が現れるかもしれない。

現にこのイベントで最後に少しだけ話をした参加者の方に「いずれはフリーランスになりたいと思ってるんです」って言ったら、

「じゃあ今度こういうイベントがあるから詳細送りますよ」ってなったんです。

もちろんそれに参加したとして、それでも何も変わらないかもしれない。

でも何もしないよりは何かが変わるかもしれないしそのきっかけになるかもしれない。

もし「フリーランスになりたいんです」って言ってなかったら少なくともそのイベントの情報すら入ってきてないでしょうからね。

 

さて他にも色々ためになるお話もありましたがこのあたりにします。

これが誰か一部の人の何かの役に少しでも立てば嬉しいです^^

 

 

それではまた。

<スポンサーリンク>



人と人とを繋げるBAR 「IPSILON」

こんにちは、のびーです。

のびーは英語で書くと「Nobby」なのか「Noby」なのか。

未だに分かりません(笑)

オリジナルのニックネームですからなぁ。

まぁ、どっちでもいいみたいですが(笑)

 

さて、2日前の金曜の夜、私のびーはとあるバーに行ってました。

そのバーの名前は「IPSILON」(イプシロン)。

場所は横浜の桜木町にあります。

今回で2回目でした。

ちなみに1回目はブロガーのあんちゃさんが来た時です。

その時書いた記事↓

ブロガーのあんちゃさんに横浜で会えるイベントがあったので行ってみた

今回はIPSILONの壁にウォールペイントがされるということで、

そのペイントをするアーティストのめいめいさん(吉岡芽衣さん)のデザインを写真で見て直感的に「こういうの好きだな」と思ったことと、

桜木町は近いし、色々な人に会えると思ったからです。

 

人と人を繋げる、応援する

とは言え店主のジロさん(宮本雄士郎さん)と1回会ったことがあるだけで他はほぼ皆初めましてだったので、

「大丈夫かなぁ」とちょっと心配だったんですが、

結論を先に言うと、、、

全然大丈夫でした!(笑)

だって19時に行って気づいたら23時でしたからね(笑)

まぁ缶チューハイ8本くらい飲んでいい感じに酔っぱらってたというのもありますが。。

「大丈夫だった」というのは店に着いてからジロさんはじめみんな気軽に話しかけてくれたし、

実際には何人か他のイベントやオンラインサロンでの知り合いがいたからです。

だから自然と話の輪に入れたし、10人くらいの少人数だったので色々な人と濃く交流することができたかなと思います。

IPSILONのコンセプトの「人と人を繋ぐ」がとても感じられたなぁと。

さらに凄いなと思ったのが、

この日の売り上げ(1人参加費3000円)の全額をめいめいさんの応援費にしたこと。

お店を経営したりしたことはないのであくまで素人のイメージですが、

やっぱりどの店も継続していくために売り上げは必要じゃないですか?

この日の売り上げの一部かそれ以上をIPSILONの売り上げとしても全然普通だと思うんですが、

ジロさんは最初から「全額応援費とします」って打ち出してたんですね。

「人と人を繋げる」だけじゃなくて「応援もする」。

こういうことは中々できることじゃないですよ。

自分はまだジロさんのこともIPSILONのことも少ししか知らないけど、

こういう場所はこれからも残ってほしいと思いますね。

 

1日店長やります

ということで突然ですが来月3月に1日店長やることになりました!

最初にジロさんからその話をもらった時は、

「そういうのやったことないし、話盛り上げたりできるタイプじゃないし、ハードル高そう」って思ってあまり乗り気にはならなかったんですが、

良く考えてみたら、逆にやったことがないからこそやってみたほうがいいんじゃないかって思ったんです。

それに今年は「フリーになる」という目標のために「色々やってみたり色々な人に会ってみよう」って思っているのだから尚更いい機会だとも感じたんです。

もちろん不安もあるし何やればいいかなんて分かってないですけどね(笑)

とりあえずイベント名は「テニスナイト」になりそうです。

テニス好きな人が集まって、もちろんテニス関係なく色々な人に会ってみたい人も集まって、わいわい楽しく飲みながら交流して繋がれればいいのかなと思ってます。

日にちは3月16日(金)で19時から23時あたりでお店にいる予定です。

IPSILON:横浜市中区野毛町2-59-2 3F

最寄り駅:JR桜木町駅徒歩5分 OR 京急本線日の出町駅徒歩5分

 

不安もあるけど、新たなことに挑戦できることに感謝!

 

 

それではまた。

<スポンサーリンク>



自分の日常で近くにいる人以外の人たちとの飲み会

こんばんは、のびーです。

まいぺーすブロガー名乗り続けてますよ~。

という謎で突然の宣伝でした(笑)

 

さて、昨日(火曜)新宿で飲み会がありました。

えぇ、たまには平日でも飲んじゃいますよ(笑)

一緒に飲んだのはとあるグループの方たち。

そこはフリーランスや起業してる人や会社員+何か活動してる人などが集まっていて、

一緒にみんなで色々なことを学んでいこうという、コミュニティみたいな感じです。

「コミュニティみたいな」と言ったのは代表があまり「コミュニティ」という言葉を使っていないので。

とりあえずここでは「グループA」としときましょうか。(なんか怪しい?笑)

で、みんなで新年会しながら今年の抱負でも話したりしようってなったわけです。

 

会社や趣味以外でのつながり

先日ブログに書いたVision BoardもこのグループAでのイベントでした。

約2年前から所属してるオンラインサロンもそうですが、

こういった環境はフリーランスや企業してる人、会社員以外に副業などの活動をしている人たちと出会えます。

何故そう言った環境に身を置くのか?

それは、フリーランスになりたいと思っている自分にとって、

すでにその立場にいる人や同じような想いを持っている人たちに出会える場所だから。

残念ながら自分の近く=会社や趣味のテニスでのつながりで周りにそういう人がいないんです。

そうなると、「フリーランスになりたいと思ってる」と話したところで

「へえ~そうなんだ」くらいの反応で終わってしまうし新しい情報も入ってこないんですね。

中には「そんなの無理じゃない?」という反応もあります。

まあそういう反応でも仕方ないんですけどね。

だって興味なかったり無理だと否定するのは、

そうなりたいと思ったことがないしそもそもそのために何かやったことがないから。

しかし、オンラインサロンなどではフリーランスやそこを目指してる人たちが集まるので、

色々な話が聞けるし、必要な情報を教えてもらえたりできます。

その中でも自分にとって重要なことの1つは、

こちらのやってることを「いいじゃん!」と言ってくれること

つまり、例え自分がしてることが些細なことでも否定されない。

「それおもしろいね」とか「こういう風にしてみれば?」とか「それなら詳しい人いるから今度会ってみなよ」という反応が返ってくるんです。

昨日の飲み会では初めましての人もいたので自己紹介しました。

時々ブログ書いてること、読書のためだけにカフェに行ってること、何かモノ作りしてみたくて時々折り紙やってること、いずれはフリーランスになりたいと思ってこと、など。

みんな「いいね!」とか「のびーなら大丈夫だよ」と言ってくれました。

そう言った言葉(反応)は自分の自信に繋がっていくんです。

そしてフリーランスになりたいという目標に向かっていく中で、

自分には一緒に頑張ってくれたり支えてくれる仲間がいると実感できるんです。

この存在は大きいですよ。

それがなければきっとどうすればいいのかわからないままでしょう。

昨日新たな出会いもあって楽しい時間を過ごし、

それでも何か明確な進みたい道が見つかったわけではないけれど、

「きっと自分なら大丈夫だな」って不思議な、そして明るくなれた時間でした。

そしてみんなともっと交流していきたいと楽しみになりました。

何か達成したいことがあったら、

こういったコミュニティに飛び込んでみるのは良い方法の1つですよ^-^

 

 

それではまた!

 

<スポンサーリンク>



はあちゅうさんとヨッピーさんのトークイベントに行ってみた

こんばんは、のびーです。

今日からTwitterでは「マイペーサー」とアカウント名に付け足しました。

「マイペースな人」ということで「マイペーサー」です。

はい、それだけです(笑)

 

さて、昨日幻冬舎さんではあちゅうさんとヨッピーさんのトークイベントが行われました。

作家・ブロガーであるはあちゅうさんは前から本読んだりやFacebookなどのつぶやきを見ていて、

ライターのヨッピーさんはたまたまあるブログで本が紹介されてるのを見て本読んでみたら面白いなと思った方々です。

お二人の最新刊↓

トークイベントは主にはあちゅうさんがヨッピーさんに質問していく形式で進んでいきました。

 

不安にならない性格

「ヨッピーさんてどんな人なんだろう?」

そう思っていました。

で話が始まったら、

(いい意味で)「めっちゃ明るい人やな」と(笑)

Twitterで感想つぶやいてる方もいましたが、

(いい意味で)ぶっ飛んでました(笑)

だって飲み会とかで奢るだけじゃなくてお金配ったこともあるらしいです(笑)

「なんとなく」だそうで(笑)

ヨッピーさんは性格的にほぼ不安になったりすることはないのだとか。

どんなことだって「何とかなる」とか「楽勝」と捉えているそうです。

ちなみにはあちゅうさんは逆でフリーランスになった今でも不安を感じやすいと。

自分も性格ははあちゅうさん側で、心配性なのでまずネガティブに考えたりしてしまう。

(前よりは改善できてきたけど)

あのヨッピーさんのポジティブさは文字では伝わらないなぁ。

直接会ってみないとわからない、とても魅力がある方だとわかりました。

1度は一緒に飲んでみたい(笑)

 

アンチは絶対にいる

お二人ともSNS等で色々発信されているので、

当然色んな人がいるから批判されたり叩かれたりしてる。

自分を出せば出すほど、有名になればなるほど絶対に現れるアンチ。

100人いたら100人全員に好かれるって無理だし、意見が100%合うわけないから仕方ない。

それでもお二人は乗り越えてきて、今でも乗り越えながらずっと発信されてます。

それぞれ「自分を生きてる」。

自分はまだまだ頭では分かっていてもそういうアンチを恐れてるなぁと思いました。

いや、恐れちゃうことは別にいけないことじゃないですね。

それでも絶対に共感してくれる人たちもいるはず。

いずれフリーランスになりたいと思っている自分にとって、

考えなどをもっと思い切って発信して「自分を知ってもらう=メディア化」は必要なことなので、

そのための勇気を直接お二人に会えたことでもらえた気がします。

 

直接会いに行くということ

これは今回に限ったことではないけれど、

「憧れてる」とか「この考え好きだな」って人に直接会いに行くということ。

それは自分にとって「気持ちを前向きにしてくれる」ことなんです。

はあちゅうさんには著書から何度も背中を押してもらえてるし、

ヨッピーさんは昨日のトーク中でもサインをもらった時にも

「フリーランスになるなんて楽勝ですよ」って言葉かけてもらって、

別にはっきりと自分の将来進みたい道が見えたわけじゃないけど「なんとかなるな」って心がワクワクした。

もちろん気持ちだけじゃなくて行動が伴っていく必要があるけど、

まず気持ちがワクワクしたりポジティブになることってとても重要ですよね。

行くときの土砂降りの雨で靴が濡れたままトークイベントに行ってちょっと萎えてたけど(涙)

行ってよかった!

 

最後にはサインいただきました。

はあちゅうさん

ヨッピーさん

「どこ出身ですか?」と聞かれたので

「埼玉の飯能市です」と答えたら、

「飯能ですか~、、、秩父だな」と。

カタカナでチチブって、、、

一生大事にします!(笑)

 

ではまた!

 

<スポンサーリンク>



2017年の振り返りと2018年の抱負

あけましておめでとうございます!

のびーです。

いやぁ、なんだか1年もあっという間に過ぎた気がしますね。

ということで去年(2017年)の振り返りと今年(2018年)の抱負を書いてみようかなと。

去年の振り返りと言っても個人的には前半は平凡に過ごしてた感はあるんですよね(笑)

平日は仕事。基本的に定時上がりでまっすぐ家に帰る。

週末はどちらかテニス。どちらかは副業の転売の仕入れに行く。

大きく変わっていったのが10月~11月あたり。

けっこう最近ですね。

一番は副業の転売を休止すると決めたこと。

将来フリーになりたいと思い、

そのための収入の柱の1つにできたらと約2年半続けてきた転売。

好きだったというより、自分の空き時間で自分のペースでできて、かつ大きな額ではないけれど利益が出ていたから続けてきた転売。

でも2年半続けてきていてもどかーんという結果は出ていなかったんです。

それに週末にしていた仕入れはなかなか疲れるし、かけた時間ほど稼げていなかった。

そして去年末に「続けていくかどうか」真剣に悩み始めました。

「諦めたら結局何も変わらないから投げ出したくない」という気持ちと

「これだけやって大きな結果がでていないから潮時なのかな」という気持ちがありました。

そして出した結論は「休止する」。

「お前には合ってないことだよ」ってサインなのかもと思ったんです。

そりゃあ自分にとっては会社員以外の収入源だったものがなくなるので迷いましたが、

時には諦めることもまた大事なのかなと。

あとは所属してるオンラインサロンで主催の1人である白木夏子さんに相談したことも大きかったんです。

「確かに転売などで目の前の3万・5万という利益を追いたい気持ちも分かるよ。けどそれで、もしかしたら将来もっと大きく稼げる可能性を捨ててしまってることになってるとしたらもったいない。」

「色々やってみて何が自分にあってるのか試してみていいと思う。」

「例えば週末の過ごし方を変えてみる。日々の習慣を変えてみる。転売はまたやろうと思えばできるだろうし。」

といったアドバイスをもらって、仕入れに行く代わりに他のことをやってみようと思ったんです。

それが収入になるかとか考えずに。

まずしたのは読書のためだけにカフェに行くこと。

これは普段から普通にやってるよという方もけっこういるかとは思いますが、

自分はそもそもほとんどカフェに行かなかったので、ましてや本を読むためだけに行くなんて時間がもったいないって思ってたんです。

でも仕入れを止めようって決めてからふと「やってみたい」と心に浮かんできたこと。

で実際にやってみたらめちゃくちゃ気分が良くなったんです。

帰り道「あぁ良い時間だったなぁ」って心から感じている自分。

この感覚は転売の仕入れをしている時にはなかった感覚なんです。

それから気になってるセミナーなどに行ってみること。

それは転売やってる時でもやってましたが、

今までは週末はまずテニスと仕入れの時間を優先していたので、

それで更に余裕があればセミナーに行くという形でした。

でも「将来やりたいこと」が浮かんでいない今は、

興味あるセミナーやイベントに行って様々な人や経験に「出会う」ことが必要だなって感じたんです。

と言っても平日の夜と合わせてまだ多くて参加するのは月3-4回くらいですけどね。

でも今はその様々な出会いが楽しい。

初めましての人と話すことも、知らない世界のことを聞くことも全てが楽しい。

それが今後にどう繋がっていくのか、言い換えれば自分がどう繋げていけるのかはわからないけど。

 

実は数日前にある方に2018年の総合運を通話でタロット占いをしてもらったんです。

そこで出たカードに「リスタート」を意味するカードがあったそうです。

それはまさに、今将来の可能性を様々模索中の自分の状況を表してるものでした。

もちろん占いの結果が全てではないけど、

「今は色々やってみたいことをやってみて焦らずに将来の可能性を探していけばいい」という自分の考えを後押ししてくれるものだったように感じています。

そういう意味で、もちろん見つかるのか不安もあるけれど、

「自分はこれからどんなこと(人)に出会って、どんな道に進んでいくんだろう」と考えると楽しみなんです。

余談ですが、このタロット占いをしてもらった方はFacebookでつながってるだけで実はお会いしたことがないんです。

以前ちょっとしたきっかけで無料鑑定をしてもらいその時に少しメッセージのやりとりをしたことがあるだけで。

でも何となく「見てもらうならこの人に見てもらおうかな」って直感で感じて。

やってもらったら初めて話をしたけどすごく喋りやすかったしすごく丁寧に解説してくれました。

また1つ良い時間とお金の使い方ができたなぁ。

 

 

もちろん色々模索していく中で悩んだり停滞してしまうこともあるでしょう。

でも、その壁はきっと乗り越えれないものじゃない。

乗り越えるための方法だったり別の道があったりするはず。

仕事もプライベートもきっといい方向に進んでいく。

そう信じて、マイペースに進んでいきたいと思います。

みなさんもチャレンジしてみたいことがあったらやってみましょう。

必要ならば何かを変えてみましょう。

例え小さなことでもいいいから。

ということで、わたくしのびーは今回から

「まいぺーすブロガー」と名乗ることにします。

え?ブロガーって名乗るほどブログ書いてないじゃないかって?(笑)

イインデス!

だってやってみたいと思ったんですから( ̄▽ ̄)

 

 

うまくいかなければ変えてみればいい。道は1つじゃない。

 

 

ということでまた!

今年も宜しくお願いします。

<スポンサーリンク>



ブロガーのあんちゃさんに横浜で会えるイベントがあったので行ってみた

Good evening! のびーです。

もう少しで2017年も終わりですね。

寂しいような、新年が待ち遠しいような。。

 

さて、今回は時々書いてる「イベント(セミナー)行ってきましたよ」シリーズです。

今回はブロガーとして活動しているあんちゃさんに会いに行ってきました。

場所は横浜・桜木町。

今住んでるとこから近い!ということで行ってみようと思いました。

あんちゃさんとは若干26歳にして既に会社を辞めてブログ運営やWEBライターなどの活動をしながら独立している方です。

最近本を出版しさらに精力的に活動されてます。

詳しく知りたい方はこちらの詳細プロフィール読んでみてくださいな↓

あんちゃさんのプロフィール

で、そのイベントのタイトルが、

「シモトーーク」

、、、なるほど。

イベントの詳細には、

「プロブロガーあんちゃの出発記念イベントです。”下ネタ”を武器として扱う彼女にすべての力を解放してもらいます。セミナーやトークイベントではないのでご了承下さい。紳士な変態の皆様、心よりお待ちしております。」

、、、、なるほど。

あんちゃさんに会えるからと申し込んでみたけど、「これ大丈夫かな?」と若干不安になる(笑)

会場は「紹介制の高級宅飲み風BAR IPSILON(イプシロン)」。

表に看板などなく、まさに隠れ家のようなお店。

とりあえずそういう場所に行ったことあまりないし新鮮だなと思って予定通り言ってみました。

 

会場に着くと確かに看板もなく隠れ家として使えそうなお店だった。

オーナーはこれまたあんちゃさんと同い年の宮本さんという方で、

クラウドファンディングでたった数か月でそのお店の開業資金を集めてお店をオープンし、さらにシェアハウスも運営してるんだとか。

今の自分にとってはそういう人に会えただけでも来た価値はありましたね。

そしてあんちゃさんも来て(実は前日に別のイベントで会えてまさかの2日連続という笑)出版記念という名の飲み会スタート。

いやぁ、もう最初っから大人トークが会場を包む(笑)

途中で2つに分かれて話してたけど、自分がいなかった方の集団ではどうやら終始大人トークが飛び交っていた模様。。

みんな口そろえて「なんて中身がないんだ」と(笑)

そんな感じだったのでイベントの詳細な内容って話せることあまりないんですよね(笑)

 

ただ、1つはっきり感じたのは「めっちゃ楽しかった」ということ。

別に自分はあまり下ネタとか話さないけど、とにかくめちゃくちゃ笑った。

さらには全員初めましてだからすべてが新しい出会い。

ブロガーのあんちゃさんやバーのオーナーの宮本さんだけでなく、

フリーランスで詩を書いている人、大人トークでめっちゃ盛り上がってるけど実は弁護士という人、学生だけどYouTubeで発信してる人など。

そこにいかなければきっと出会えなかった職業や経験を持った人たち。

それだけでも学びになったし刺激になったし新鮮な体験ができたと思った。

例えば詩を書いている人は「詩ーパーズ」という肩書を持っていて、詩という方法で自分を発信していた。

大人トークで盛り上がっていた弁護士さんは一見「ゲスい」という印象が強かったけど(笑)、もちろん色々な知識を持っていたしすぐに場に溶け込むコミュニケーション能力を持っていた。

このイベントの参加費は4000円。

人によっては「高い」と感じるかもしれないけど、

個人的には様々な出会いがあったし何より「楽しかった」から4000円払った価値があったなぁとしか感じてないんです。

余談ですがこういうお金の使い方はスピリチュアル的にいうと「生き金」というらしいです。

「生き金」だとお金はその人のところに何倍にもなって帰ってくるし、ツキや幸せもますます増えていくそうです。

 

まぁそれを信じる信じないはみなさんそれぞれですが、お金を使うときは常に」このことに使って良かった!」って思いたいですよね。

 

 

とまぁちょっと話ずれちゃいましたが、目的だった人には会えたし楽しい時間を過ごせたイベントでした。

何かを変えたければ、怖くとも飛び込んでみないと変わらないですからね。

それではまた。

<スポンサーリンク>