雨でテニスができない!

こんにちは!まいぺーすブロガーのびーですよ(・∀・)

はぁ、今日は午後から普段やらない人たちからテニス誘われていたのに、

今日に限って1日雨。。。

悲しいす( ;∀;)

<スポンサーリンク>



 

ってことで、

2週間前にお誘いいただいていたのに、

どうにも止みそうにない雨にガッカリしてます。

のびーです。(ひろしです。みたいだな)

で、前の自分ならここで「あぁ~もうやる気でないわ~」ってなって家でゴロゴロしたりしてました。

(別にゴロゴロするのが悪いわけではないですけどね)

だけど最近は「じゃあ空いた時間で何しようかな?」て考えるようにしています。

まぁ今日に関しては、最近すごく久しぶりにジグソーパズルを買ったんですけど、

あれって平日の仕事後にやっちゃうとあっという間に時間が経って他のことできないんですよね(笑)

で「あれ、もう寝る時間だ!💦」ってなることに気づいて(笑)

なので、テニスできないのは残念だけどジグソーパズルやる日にしました。

あとは夕方の空いてる時間にお気に入りのカフェに行くのもいいなと。

遠出は、、雨だから気が乗らなくて(笑)

 

で、何が言いたいかというと、

予定していたことが天気や人の都合でなくなって、

そこに使う時間がぽっかり空いた時に、

「あぁ残念だ、、」って引きずって終わるのか、「じゃあ代わりに~やろう」って切り替えられるかでその時間(日)が全然変わるってことです。

で、その時間(日)をどう過ごしたか(使ったか)が変わると自分の気持ちも変わるわけで、

「あぁ良い1日だったなぁ」ってなるか「つまらなかったなぁ」ってなるかに影響してくると思うんです。

で、それって次の日の気分にも繋がる可能性があって、

例えば次の日仕事だったら仕事のパフォーマンスにも影響してくる気がするんですよね。

 

今回の自分の場合は屋外でやるテニスができなくなったので家でできるジグソーパズルやカフェに行くということに変えましたが、

前向きになれることであれば、例えばセミナーなどに行って学ぶ時間にしてもいいし、

家でゲームしたりDVDとか借りてきてひたすら映画見るでもいいし。

昼間から飲みにいってもいいし。(飲み過ぎはアカン笑)

自分なりの代替案があるといいですね^^

ただ、どうしても気持ちが切り替えられずに(乗らずに)どよーんってなる時もあると思います。

そんな時は、、、

思いっきりダラダラしましょう(∩´∀`)∩ワッショーイ

気分が乗らない状態で無理に何かやってもしょうがないですし。

人間だもの。(相田みつを先生、お借りしました)

 

 

それではまた。

焦ってしまう時

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

最近ジグソーパズル買ったんですよ。

2000ピースの。

で一昨年昨日と少しやって思いました。

「久しぶりで2000ピースは多かったな」と(笑)

<スポンサーリンク>



 

さて今日は動画シェアです。

誰もが自己理解を深められるようにとMeeeという会社を立ち上げて活動されているやぎぺーさんです。

今回はやぎぺーさんが質問に答えている動画なんですが、質問の内容が

「焦ってしまうのをどうにかしたいのですが落ち着かせる方法はありますか?」

というもの。

 

それに対してまずやぎぺーさんの「焦る気持ち」の深堀(`・ω・´)ホリホリ

例えば、「何かが上手くいっていない」「誰かの方が先に進んでいる」「行動できない」という時に焦ってしまう

自分に集中できず外ばかり見ている状態(自己否定)

 

次にどうすればいいかに関して深堀(`・ω・´)ホリホリ

で、どうすれば焦らないかというと、

”自分の目の前のことに集中できていればそもそも外に目がいかないので焦らない”

つまり、

”自分のやっていることに集中する状態を作り出せればいい”ということ。

そのために、

”今やっていることにモチベーションを感じて没頭すればいい”のです。

でどうすればモチベーションを感じる/高められるかというと、

”自分が進んでいるという「前進感」があること”が重要なんですね。

この「前進感」を感じるためには”小さい行動”でいいので実際にやることが大切です。

やぎぺーさんも言っていますが、

いきなり大きな目標や行動をしようとしても続けられないですよね。

例えばやぎぺーさんは体を鍛えたいと思って「毎日腕立て1回」から始めたそうです。

同じように、

例えば自炊ゼロから料理できるようになりたいなら、まずはお米を炊くことから始める。

恋人が欲しいならまず試しにマッチングアプリに登録だけでもしてみる。

運動不足で体を鍛えたら普段のエスカレーターをやめて階段を使ってみる。

そう言えば前に読んだホリエモンこと堀江貴文さんも本で「小さな1を積み重ねる」ことの大切さをおっしゃってましたね。

 

この動画を見て、

確かに自分のことに集中できてる時って周りが気にならないし、

周りが気にならないから周りと比べることもないなって思いました。

でも、もちろん周りと比べてしまって「自分なんて、、、」って思ってしまうこともあります。

そんな時はこの動画で教えてもらった、小さな行動をすることで得られる「前進感」のことを思い出したいですね^^

 

やぎぺーさんのYouTubeチャンネル

やぎぺーさんのTwitter

 

それではまた。

「10年以上の反省ノート」という資産

おはようございます、まいぺーすブロガーのびーです。

とうとう関東も梅雨入り。

暑かったと思ったら急に涼しくなったりと。。

体調管理には気をつけなければなりませんね(^^;)

<スポンサーリンク>



 

さて、先日フェイスブックでこんな記事がシェアされていました。

10年以上書いている”反省ノート”。山里亮太「努力をやめたいなんて1ミリも思わない」

お笑い芸人の山ちゃんこと、南海キャンディーズの山里亮太さん。

先日の蒼井優さんとの結婚のニュースはビックリでしたね(゚∀゚)💡

でこの記事を読んで知ったんですが、

山里さんはなんと10年以上も反省ノートを書くということを続けてるんだとか!

反省ノートにはその日の反省ポイントはもちろん、良かった点や他の人からの気づきなども書いているそうです。

これを読んで、山里さんはめちゃくちゃ自分の資産を蓄積してきたんだなと思いました。

4月から入ってる【コスモポリタウン】というコミュニティの5月のゲストセミナーでもあった話と繋がりましたね。

その時の感想記事

これからの時代はお金などの資産だけでなく、経験や知識など自分の内面を磨く/高めることに繋がるもの=資産も重要になってくるということで。

で、そういう目には見えない内面的な資産というのは継続的な行動をしないと蓄積されないものなので、

早くから初めて継続してる程良いんですよね。

だから山里さんが(色々な苦労や仕事がない時期などもあったかもしれないけど)今のように活躍されているのはこうやって自分資産を蓄積してきたからに他ならないからだと思うんです。

 

コミュニティのゲストセミナーの感想でも書いたんですが、

内面の成長や変化は目に見えないしすぐに結果がでるものではないので、

なかなか継続することが難しい。

でも難しいからこそ、継続した人は継続しただけ周りとの差が出るんですよね。

今回の山里さんの記事を読んで、

改めて自分資産の構築の重要性を感じました。

 

 

それではまた。

歯科検診に行ってきた!~予防の大切さ~

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

今週末の関東の天気予報見たらずっと雨ですね。。(テニスできない(´;ω;`)ウッ…)

こちらも梅雨入りですかね(^^;)

<スポンサーリンク>



 

さて、昨日8ヶ月振りくらいに歯の定期検診に行ってきました。

いつもは歯医者さんがハガキで知らせてくれるのですが、

今回は漏れてたみたいで(^^;)

そして自分もなかなか予約しないという(^^;)

で、結果は、、、、

先生から「かなりよく磨けてる」とお褒めの言葉を頂戴しました!(∩´∀`)∩

ってことで問題なく安心。

 

実は社会人になって1年くらい経った頃に数年前振りくらいに歯医者さんに行ったら、

小さい虫歯が何か所も見つかったんです。

それ以来、会社でお昼を食べた後に歯を磨くようになりました。

でもまだその頃は定期検診には行ってなかったんですね。

なぜなら長期的視点がなかったので目の前の検診代をケチっていたからです。

でも一昨年くらい?にふと思いました。

「定期的に問題ないかどうかチェックすることにお金と時間をかけた方が、将来もっと大きな痛み(病気)やそれに伴う出費よりも全然マシじゃないかな」って。

普段ツイッターやYouTubeで有料級の情報を発信してくれている【両学長】もこんなツイートをしていました。↓

このツイートを見て「やっぱりそうだよね!」と同感でした。

(ちなみに自分も普段からフロスやマウスウォッシュを使っています)

 

個人的なことで言うと、月1で通っている整体も同じような理由からです。

これらはある意味「健康への投資」です。

両学長も言っているように、「治療よりも予防が大事」なんです。

特に健康は日々の積み重ねですからね。

病気になったらすぐに治るわけではないですし(^^;)

なのでこういった「長期的視点」を持っていくことの大切さを(自分も含めて)意識しておいてほしいなって思います。

 

 

それではまた。

変わること・行動することの怖さ

こんにちは!まいぺーすブロガーのびーです。

今日から6月!令和になって1ヶ月が経ったんですね!

今月も充実した月にしましょう(^-^)

<スポンサーリンク>



 

 

さて、先日友人に、「先月(4月)からとあるコミュニティーに入っててセミナー行ったりしてる」と言ったところ、

「それって大丈夫なの?色々と勉強するのはいいことだと思うけど、なんか不安になる」って言われたんです。

ちなみにそのコミュニティーというのは、去年参加した絵画教室の主催の葛西あさみさんが作った【コスモポリタウン】のことなんです。

1回目の感想

2回目の感想

ただセミナーと言っても、とにかく葛西さんが良い意味でとっても自由な人なので(笑)、

3-4時間のセミナーであっても笑い声が絶えないような雰囲気なんですが(゚∀゚)

なので参加してる身からすれば全然怪しくもなんともないのですが、

先日の友人のように、そもそもコミュニティーとは何ぞや?という人やセミナーとかいったことがないという人にとっては、

確かに怪しい(; ・`д・´)ナンダソレハ

まぁ、未知のことってよく分からないから「怪しいな」「怖いな」ってなりますよね。(決してディスってはないですよ)

それに人の脳って現状維持するようにできてるらしいですし。

だから別に無理して経験したり行動したりする必要はないと思います。

でも、その代わり現状は変わらないですけど

 

先日のコスモポリタウンの第2回ゲストセミナーの中でこんな話がありました。

”現状維持から勇気をもって「少しの踏み出し」をすると計画された偶然が起きる”

例えば、陶芸に興味があるけど1人で教室に参加するのは怖いけど、

やってみたいから勇気だして申込んで行ってみた!

そしたら後々陶芸にはまって仕事に繋がったり生涯の趣味になった、的な感じですかね?

つまり、陶芸教室にいった時点では後々仕事にしようとか趣味にしようって思ってなかったけど結果そうなった、という感じです。

 

現状から外に出ることはその慣れ親しんだ日常が変わってしまうかもしれないから怖いし不安に感じるのも普通のこと。

でもそのいつかの「1歩の踏み出し」が新しい経験や知識になり、より幸せな(楽しい)人生に繋がっていくかもしれないのです

でやってみると意外に「何だ、難しく考え過ぎてた」ってことも多いですからね。

まぁ自分もまだまだ踏み出しは多くないですが、

自分は「踏み出し」ていく側でいたいと思います。

 

 

それではまた。

健康診断の結果が返ってきた!

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

関東は昨日と打って変わって、むしろ少し肌寒い感じでしたね。

昨日は異常に暑かったし、、、

<スポンサーリンク>



 

さて、私のびーは今の会社に入ってから5月の頭くらいに毎年健康診断を受けていまして、

今年の結果が今日届きました!

ドッキドキの結果が(; ・`д・´)

なぜなら、去年初めて再検査になったんですよね。。

引っかかったのは胸部X線で「左下肺野 浸潤影の疑い」

???(。´・ω・)?でした。

【浸潤影】・・・肺胞内への細胞成分や液体成分が入り込んで生じる境界の不明確な陰影をいいます。肺炎、肺結核など肺感染症に見られます。(日本人間ドック学会より)

、、、

なんか不安になるような内容(;´・ω・)

再検査の結果、特に異常なしだったので良かったですが。

 

んで!

今年の結果では「異常なし」でした!(∩´∀`)∩ワーイ

まぁ、BMIとか腹囲は相変わらず標準以上なので「生活習慣を見直し、過食やあ運動不足に注意して減量に努めて下さい」って書かれてましたけど(^^;)

 

去年こういったことがあって、また体重が前年度よりも増えてしまった結果を受けて、

「とりあえず運動不足や!」と思い、

その後は例えば1日おきに夕食前に40-50分歩いたり

シャワー後に軽く筋トレや柔軟をするようにして、

またシャワー後の体重測定も欠かさず毎日やるようにしました。

最近ではふくらはぎの調子が良くなかったこともあり、

夕食前のウォーキングを辞めてラジオ体操をやるようにしたり、

シャワー後はプランクや柔軟(どれも週5-6)を継続してやるようにしています。

これらの継続してきたことが今年の特に異常なしの結果になってくれたのかなと。

もちろんこれで油断したら意味ないですけど(^^;)

何が言いたいかというと、

やっぱり健康な体づくりは長期的スパンで毎日コツコツ積み重ねていくものだなと。

体重の数値だけで言えば1日2日で変えられるかもしれないけど、

体の中のことはそんな簡単には変わらないでしょうからね。

 

健康な体あってこそ、仕事も好きなこともできるものです。

今は大丈夫でもきっと日々の積み重ねが積もっていくものだと思うので、

改めて健康には気を付けようと思いました。

みなさんも健康には十分な注意を!

 

 

それではまた。

自己投資にも長期的視点を

こんにちは!まいぺーすブロガーのびーです。

いやぁ暑いですねι(´Д`υ)アツィー

みなさん溶けないように!(笑)

じゃなくて熱中症などには気をつけましょうね!

<スポンサーリンク>



 

さて、昨日は先月から入ったコスモポリタウンというコミュニティの5月度のセミナーに行ってきまして。

第一回目の時の感想はこちらに書いてます

で昨日のテーマは「笑って暮らしたい人のための、ちょっと投資っぽい考え方」でして。

(お金の話もあったけど、あくまで考え方がテーマです)

でその中で、自分の資産を増やしていくためには自己投資が大事って話がありまして。

ここで言う資産は、何もお金だけじゃなくて経験だったり知識だったりといった自分の内面的なものも含めてです。

それで「確かに!」と思った点が、

”自己投資は頑張ることとセットなんだよ”

という部分でした。

特に自分の内面の成長ってそう簡単に目に見えて変化するわけじゃないので、

例えば本読むにしてもセミナーとか言って人に会って話を聞いたりするでも、

継続的な行動が必要なんですよね。

もちろん1冊本読んだり、1回だけセミナー行って、それで得るものはあるだろうけど、

数日後には忘れちゃって元に戻っちゃうものですから。

昨日「コルブの経験学習モデル」というものを紹介してもらったんですが、

大事なのは

自分の知識を増やす/得る

試してみる

それにより経験を蓄積する

その経験から学んだことを振り返る

新しい知識となる

・・・・

というプロセスの繰り返しによって人は(内面的に)成長していけるのだと。

でもこの継続ができない人って少なくないと思います。

なぜなら、先に書いたように内面の変化/成長はなかなか目に見えるものじゃなく、

どうしても多くの人はすぐに目に見える結果を欲してしまうからです。

目に見える結果がでないと「意味なかった」という結論になり継続することを辞めてしまう

結果、内面の変化/成長がないという流れになってしまうんですね。

 

 

これからの時代はAIが仕事の大半の代わりをやるようになるとか、

それで仕事を失う人が多く発生するとか言われていますよね。

じゃあそのためにすべきことは「自分の価値を高める」ことであり、

「自分の価値を高める」には今まで書いてきたように【継続的な自己投資】が必読だと思うんです。

 

私のびーは普段から本を読みますが、

読んだだけではあまり自己投資にはならないなと最近改めて思い、

自分なりに解釈する・普段の生活に取り入れる・アウトプット(発信)する

といった行動とその行動の継続がより必要だなと感じました。

 

 

 

それではまた。

 

 

”苦悩”と”退屈”の繰り返し

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

今日は関東では凄い雨でしたね💦

水害が起きていないといいのですが。。

<スポンサーリンク>



 

さて、今日は読書シェアです。

本日の本はこちら↓

【ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のことを教えてくれた。】です。

これはもう3年前くらいに買ったんですけど、

「哲学」と聞くと堅苦しいとか難しいイメージがあるかもしれませんが、

この本はとても読みやすいです。

物語は京都に住む17歳の女子高校生・アリサの元に突然「ニーチェだ」と名乗る男性が現れ、

他にも様々な過去の偉人たちが登場し、彼らの思想をアリサが学んで自分の人生について考えていく、といった内容になっています。

今回読み直している中で気になった箇所は【ショーペンハウアー】(ドイツの哲学者)が語っている、

”人生は苦悩と退屈の間を行ったり来たりする振り子のようなもの”

という考え。

そしてその原因は「人には欲望があるから」としています。

つまり、欲望が生まれる(満たされていない)と苦悩が生まれ

反対に欲望が満たされると今度は退屈にさいなまれる、と。

例えばシャネルのブランドバックが欲しいとして、

持ってない時は「欲しいけど今は(お金がないなどの理由で)買えない」と悩み、

実際に変えたら最初は欲しかったという欲が満たされるけど、時間が経つとそれでは物足りなくなり、

そしてまた別のものが欲しくなってしまう。

他にも例えばもっとお金がほしいとか、恋人がほしいといったケースでも同様のことが起こり得ると思うんです。

欲しいと思っていた額のお金が手に入っても、いずれ「もっとほしい」となり得るし、

恋人ができたとしても「もっとかわいい/カッコイイ人と付き合いたい」と考えるようになるかもしれない、といった具合に。

 

ショーペンハウアーは、人生はこの繰り返しだと説いているんですね。

この部分を読んで思ったことは、

現状をしっかり見つめて、またしっかり向き合うことが大事なんじゃないかと。

例えばブランドもののバックがほしいとして、

それが手に入らなければ幸せでないのか?

今持っているバックの良い所はどこだと思ってそれを買ったのか?

今でもその魅力はないのか?

ってよく考えた方がいいと思うです。

また、例えば恋人がいるけれどももっとかわいい/カッコイイ人と付き合いたいと思ったとします。

でも、今の恋人の良い所や好きになった部分はどこだったのか?

ということを考えないいけないと思うんです。

そうしないと、どんなことでも一生満たされない人生になるでしょう。

 

と色々偉そうなことを書いてきましたが、

自分もまだまだ何か手に入っても「よりいいものを、、」って思ってしまうことがあります。

でもその度に「なぜもっと現状に目を向けて、その良い所を見ないのか?」って考えるようにしています。

まぁ欲をもつことが悪いことではないですけどね。

大切なのはショーペンハウアーのいうように【健康な精神を自分の内側に持つこと】なんですね。

読むたびに考えさせられる本だなと感謝です。

 

 

それではまた。

「いま、ここ」を真剣に生きる (嫌われる勇気)

こんにちは!まいぺーすブロガーのびーです。

段々暑くなって着ましたね~。

汗かきやすくなりますが、スポーツするにはいい時期かなと(^-^)

<スポンサーリンク>



 

さて、最近久しぶりに【嫌われる勇気】という本を読み返しました。

何だかんだ1年に1回は読み返してる本です。

それだけ人生に必要な気づきが詰まっているんです。

 

さて毎回「なるほど」「そうだなぁ」と思うポイントがいくつもあるのですが、

今回一番刺さったのは本の終盤に書かれている、

”「いま、ここ」を真剣に生きる”

という部分です。

「いま、ここ」を真剣に生きていないとどうなるか?

それは過去や未来に囚われて、本来なら見えないものが見えたような気がしてしまう(本の中では過去も未来も本来は見えないとしています)。

そして人生を物語のように捉え、その物語に沿った生を送ろうとしてしまうんです。

結果、「自分の人生は変えることができない」という考えに繋がっていきますよね。

でも、人生はそうじゃないですよね?

決まってないですよね?

やりたいことを実際にやれたり、

なりたいと思っている状態になることだってできますよね。

 

【嫌われる勇気】の中では、計画的な人生など不可能と断定しています。

そして、人生を「線」と捉えるのではなく、

人生は「点」の連続なのだと言っています。

たくさんの「いま、ここ」という点が集まって結果的に線になっていくのだと。

だからこそ”「いま、ここ」を真剣に生きる”ことが大事なんです。

 

個人的なことで言うと、去年の8月くらいかクラウドワークスというサービスに登録して細々とですがサイドワーク(副業)をしています。

収入としては月数千円くらいです。

将来的には本業と同等もしくはそれ以外の収入にしたいとは思っていますが、実際にそうなれるかはわかりません。

でも、その目標にたどり着けるかどうかを考えても仕方がないんです。

なぜなら未来は見えるものではないから。

だから今大事なのは、結果的に目標に届くかどうかではなく、

現在依頼してもらってるお仕事をしっかりやることなんですよね。

 

と偉そうに書いてきましたが、

自分もまだまだ過去のことを考えてしまったり、

未来はどうなるのかと不安になってしまうこともあります。

でも少しずつでも「いま、ここ」に意識を向けるようにしていこうと思っています。

そういう生き方ができれば、きっと人生は幸福に向かっていけるんだと思います。

【嫌われる勇気】おすすめです(^-^)

 

 

それではまた。

 

 

「やめる」という答え

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

この前健康診断行ってきました!

健康診断っていうと「どっか悪かったらいやだなぁ」って思うけど、

別の見方をすれば「悪いところがあったらそれに気づける機会」でもあるんですよね(゚∀゚)

<スポンサーリンク>



 

さて、今回はブログシェアです。

おなじみ?ナリ心理学のナリさんのブログから↓

成長しなくていい。

これを読んで自分のことで思い出したのは、

2015-2016にかけて約2年間副業でやっていた転売のこと。

当時は今よりも「早く会社員を卒業してフリーになるんだ!」みたいな気持ち駆られてて、

とにかくあれこれ試してみた。

お金払って転売のコミュニティに入ったり、

そのコミュニティの主催者のメルマガ読んだり動画見たり、

懇親会に参加してみたり。

週末はどちらか朝から夕方まで車で色々な店舗周りして、

平日も帰宅してから梱包作業したりリサーチしたり。

まぁ副業とかしていない周りからみたら「プライベートな時間も仕事してるんだ」って見えてたみたいだけど、

暇してるより有意義な時間に使えてるって感じで「仕事」とはあまり感じてなかったんです。

最初の1年くらいは徐々にだけど利益が増えていって。

でも終盤はどんどん利益が減っていって。

元々かけてる時間程利益は出せてなくて、

それで段々転売を続けていることに違和感を感じ始めたんです。

そして考えた末に「辞める」という決断をしました。

将来収入の柱の1つにできればと思っていたことを。

でも今考えれば自分にとっては辞めてよかったと思います。

段々楽しくなくなっていってたし。

いつの間にか「もっと成長(利益を増やす努力をする)しないと」って焦りになっていたような気がする。

ナリさんが今回のブログで言ってる”自己否定からくる成長(欲)”みたいな感じだったのかな。

そして「(その)成長を辞めた人ははちゃめちゃに成長してる」ってあるけど、

転売辞めて成長したのかは分からんです(笑)

でもその後に目覚めた「cafe de 読書」タイムが今ではすごく充実してるし、

結果的に今は別の副業の道も見つかったし。

ここらへんも「成長してる」と言えるのかもしれないですね。

ナリさんが言うように、

辞めた先に答えがる場合もあるってことですね。

さぁ、みなさんはなにをやめますか?

それではまた。