武井壮という努力家

こんにちは、まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

今日から帰省やら旅行やら世間は賑わって(?)ますな~(゚∀゚)

なんと最大9連休の人もいるとか!( ゚Д゚)

みなさん楽しんで!その間に普通に仕事して経済回しとくんで!(笑)

<スポンサーリンク>



 

さて、今回は動画シェアなんですが、

めちゃくちゃ面白く、そしてめちゃくちゃ深い動画をました!(のびー調べ)

お笑いコンビキングコングの梶原さんがやってるYouTubeチャンネル【カジサックチャンネル】に、百獣の王・武井壮さんが出てまして。

武井さんといえばどんな動物でも倒せる百獣の王としてテレビで人気を博し、

また元陸上の十種競技の日本チャンピオンになった程の身体能力の持ち主でもある人ですね。

そんな武井さんが今までの生い立ち?を話している動画です。

 

まず武井さんは十種競技だけでなく、ゴルフでアメリカに留学もしてるし、台湾でプロ野球チームのコーチも経験してるなど様々なスポーツで結果を残してきたということで、

もちろん生まれながらの身体能力もあったのかもしれないけど、

それだけの努力をしたってことですよね。

別の動画で言っていたけれど、武井さんは色々やるスポーツは変えてきたけれど「やるからには日本一になる」というブレない気持ちを持ってやってきたそうです。

(そのことについて言っている動画はこちら↓)

それからカジサックチャンネルでの話に戻りますが、

武井さんは芸能界に入ろうと決めてから、

芸人さんが入り浸るバーにしょっちゅう行って、

しかもそこにボイスレコーダー3つ持って行って喋りを徹底的に磨いたのです。

これらの話を聞いて「めちゃくちゃ努力してきた人なんだな」って純粋にすごいと感じました。

やっぱり成功してる(何を持って成功というかは人によりますが)ってそこまでに積み重ねてきた努力があるんですよね。

 

あと「努力」からは少し話がそれますが、

武井さんがテレビにでるまでの人の繋がりもすごいですね。

まさかそこに若くして亡くなったお兄さんまで関係していたとは。。

詳しくは動画見てもらえばわかるのでここでは詳しくは書きませんが。

 

改めて武井さんってめちゃくちゃカッコイイなって思いました。

努力してきたこともそうだし、何かに取り組む時のブレない軸を持っていることも。

今回の動画を見て個人的に人生のモデルにしたいなと感じました(^^)

 

 

それではまた。

「やめる」という答え

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

この前健康診断行ってきました!

健康診断っていうと「どっか悪かったらいやだなぁ」って思うけど、

別の見方をすれば「悪いところがあったらそれに気づける機会」でもあるんですよね(゚∀゚)

<スポンサーリンク>



 

さて、今回はブログシェアです。

おなじみ?ナリ心理学のナリさんのブログから↓

成長しなくていい。

これを読んで自分のことで思い出したのは、

2015-2016にかけて約2年間副業でやっていた転売のこと。

当時は今よりも「早く会社員を卒業してフリーになるんだ!」みたいな気持ち駆られてて、

とにかくあれこれ試してみた。

お金払って転売のコミュニティに入ったり、

そのコミュニティの主催者のメルマガ読んだり動画見たり、

懇親会に参加してみたり。

週末はどちらか朝から夕方まで車で色々な店舗周りして、

平日も帰宅してから梱包作業したりリサーチしたり。

まぁ副業とかしていない周りからみたら「プライベートな時間も仕事してるんだ」って見えてたみたいだけど、

暇してるより有意義な時間に使えてるって感じで「仕事」とはあまり感じてなかったんです。

最初の1年くらいは徐々にだけど利益が増えていって。

でも終盤はどんどん利益が減っていって。

元々かけてる時間程利益は出せてなくて、

それで段々転売を続けていることに違和感を感じ始めたんです。

そして考えた末に「辞める」という決断をしました。

将来収入の柱の1つにできればと思っていたことを。

でも今考えれば自分にとっては辞めてよかったと思います。

段々楽しくなくなっていってたし。

いつの間にか「もっと成長(利益を増やす努力をする)しないと」って焦りになっていたような気がする。

ナリさんが今回のブログで言ってる”自己否定からくる成長(欲)”みたいな感じだったのかな。

そして「(その)成長を辞めた人ははちゃめちゃに成長してる」ってあるけど、

転売辞めて成長したのかは分からんです(笑)

でもその後に目覚めた「cafe de 読書」タイムが今ではすごく充実してるし、

結果的に今は別の副業の道も見つかったし。

ここらへんも「成長してる」と言えるのかもしれないですね。

ナリさんが言うように、

辞めた先に答えがる場合もあるってことですね。

さぁ、みなさんはなにをやめますか?

それではまた。

後から感謝すること、意味がわかること

こんばんは(・∀・)まいぺーすブロガーのびーです。

いや~桜が咲いてきましたね~。

春ですな(・∀・)

<スポンサーリンク>



 

 

さて、今日は日帰りで実家に帰省中でございます。

下道🚙で2-3時間で帰れる距離なのでありがたいですな。

そしてやっぱり帰る場所があるって幸せなことです^^

 

子供の頃は母親が厳しい人でした。

口ぐせは「働かざる者食うべからず」でしたね。

特にご飯の準備を手伝わないと怒られていました。

ぶっ叩かれたり「出てけ!」と言われたことも(実際に追い出されたことはないですが)。

その他にも掃除や選択など一通りの家事を、当時の感覚で言うと「やらされて」いました。

でも、社会人になって一人暮らしのするようになると、

実家でやっていたから基本的な家事で困ることはなかったんです。

簡単なものだけど料理もできるし、掃除・洗濯もできるし。

社会人になって「あの時やらされたって感じてたけど、やってて良かった」と感謝しました

 

同様に、その当時は「何でこれやってるの?」って思ってたことが、

後々「あの時やっててよかった」と感謝したり、「自分にとってこういう意味があったのか」ってわかることってあると思います。

例えば新卒で入社した会社は残業が多く、ストレスもたまる環境でした。

でも今の会社では残業が少なくその点ではストレスがほぼありません。

これって1社目を経験してたから今の環境(基本定時で帰れること)のありがたみが分かるなって思うんです。

あとは高校生から好きで英語の勉強してたんですが、

それによって選択肢が増えて、

結果的に英語を使う今の会社に転職できたこととか。

当時は「英語を就職のためにやろう」なんて思ってなかったですし。

 

 

今やっていてなかなかうまくいかなかったりいい結果が出ないことも、

いずれ「あの時やってて(頑張って)良かった」と思える気がするんです。

だから、これからも自分の気持ちになるべく素直になって、

色々やっていくんだろうなって。

ふとそんなことを考えた帰省でした。

 

 

それではまた。

入院!?

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

最近実家から持ってきたスーパーファミコンが生きてたとわかり、

毎日やってます(笑)

昔のゲームって久々にやるとはまっちゃいますねー^^

<スポンサーリンク>



 

さて、今日のお題ですが、

「入院」です。

と言っても自分ではないですが。

入院してたらブログ書いてられなそうですからね^^;

実は会社の上司が昨日から入院することになってしまったのです。

年越し前からずっと咳してて、

年明けてもまだ咳してたんでみんな「大丈夫なのかな?」って心配してたんですが、

昨日病気に検査しに行ったらそのまま入院となったそうです。

幸いほかの人が電話で話した感じでは声は大丈夫そうだそうで、

「何かあったら電話してくれていいから」と言っていたそうです。

でもどうやら今月いっぱいはお休みのようで。

 

その上司は今まで大病はしたことないって言ってました。

しかし立場的に色々とストレスがあったかもしれません。

それに毎日タバコ吸ってるんです。

年齢も50代。

ただの風邪も含めて、

本当にいつ体調を崩すかわからないなぁと改めて感じました。

そしてやっぱり健康第一だとも。

心身が元気でなければ、

仕事も好きなこともできないですからね。

今は大丈夫だとしても体に良くないことはきっとダメージとして蓄積されていくんです。

・睡眠不足

・運動不足

・暴飲暴食

・喫煙

・ストレス

自分も完璧ではないので偉そうなことは言えませんが、

将来も元気でいるためには若いうちから気を付けなきゃいけないと思うんです。

もちろんたまにはハメをはずしたりもあるでしょうけどね。

ただ、例えばタバコは体に良いことはないですよね。

自分は非喫煙者ですが、副流煙には困っていますし。

やっぱり変えられるところは少しずつでも変えていかないとダメです。

不健康な状態は1日2日で治るものじゃないですからね。

 

今回の上司の入院ということを通して、

改めて健康でいることのありがたさと、

健康は常に意識しておくべきことだと改めて感じました。

みなさんも健康でいるためにできることをしていきましょうね!

 

 

それではまた。

3回目のゴールドコースト Day 2

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

火曜から仕事復帰しました。

まだぼーっとしてる感が取れません(笑)

 

てなわけで前回に引き続きゴールドコースト旅行記2日目でございます。

<スポンサーリンク>



 

この日はお昼に知り合いと会う予定があって、

でもその前の時間ずっと宿にいるのももったいないので、

トラム🚈のもう片方の端っこの駅(終点ていうのか?)のHelensvaleという所に行ってみました。

何やらショッピングモールと電車の駅があるところらしい。

ってなわけでトラムのSurfers paradice駅からぶらり揺られること約40分。

着いた。

で中に入ってみる。

意外に時間がなかったためさっと見て終了。

再びトラム🚈に飛び乗る。

、、、

はっ!!

Helensvaleを紹介できる他の写真がもうない(笑)

まぁトラムからの眺めを楽しめればいいやと思ってたので(笑)

1枚だけ、トラムの車窓から。

で、宿から15分くらい歩いたところにある小規模のショッピングセンターで知り合いと合流。

(ここの写真も、その人との写真もなかった笑)

その人は8年前に寿司工場でバイトしていた時に知り合った人で、

当時は美容?の専門学校に通っており、前から床屋さんの仕事をしてる方。

何でも来年の4月くらいから自分の店をオープンするそうです。

「俺もいい年だし(40歳)、いつまで体がもつかわからないからぁ。だったら会社に属してやるよりも自分でやった方がいいかなって。」

うむ、確かにそうだなぁと。

で、自分もフリーランスになりたいと思ってて、

「ブログ書いたり、クラウドワークスってサイトで記事書く仕事受注したりしてるんですよね」って話したら、

知人が「俺ちょうど今までの床屋での経験や歴史とかの知識を発信してみたいと思ってたんだよね。文章書ける?」って相談されたんです。

実際に依頼されるかは分かりませんが、

もしされたら自分にとっても新しいチャレンジになるし、

その知人も発信することによって新たな可能性が生まれたら面白いし嬉しいので、

実際にやることになったらって考えたらちょっとワクワクしました^^

 

で、知人と別れてまだお昼食べてなかったので、

そこのショッピングセンターぶらぶらしてたらミートパイ発見!

これもオーストラリア来たら食べておきたかったのでとっても満足!

あ、、、、

今のところ食事で全然野菜食べてなかった(・∀・)

ま、いっか(・∀・)

 

で、今度はトラム🚈でBroadbeach駅に行き、そこから750(だったかな?)のバスに乗り揺られること約30分(だったかな?)。

Robinaというところにある大型のショッピングセンターへ。

いや、別に買うものがあるわけじゃないんですけどね(笑)

ただここは自分が8年前の初めてのゴールドコーストの時に来た最初のショッピングセンターだったんです。

ちなみにここの写真もないですけど(・∀・)

あ、ここのスタバで一枚撮ってた!

ちょっと分かりにくいけど、2階で外に席があったのでこれは中々心地よかった!

(いやけっこう分かりづらいな。。)

 

で。またバスとトラム🚈に揺られSurfers paradiceに戻り夕食ターイム。

何となくで入ってみたお店でブリトーボウルを食す。

マヨネーズ系の触感や辛味もあってまいう~(・∀・)でしたな。

で、夜の海岸沿いをちょっとぶらり。

かわいいマスコットやなぁ。

これはたまらなく、ずっと見ていられたね、「夜の月と海」。

まぁビーチでガンガン鳴り響く音楽と隣でぺちゃくちゃしゃべるオージーガールズがいなければもっと良かったんですけどね(・∀・)

で、また40~50分歩いて宿まで帰りましたとさ(笑)

 

続く。

レンタルなんもしない人 (ぺーたーずTV)

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

だんだん気温が下がってきましたね。

半袖から長袖への切り替えの判断が微妙な感じです(笑)

<スポンサーリンク>



 

さて、今日は毎日観てるYouTubeで面白い人を見つけたので紹介したいなと。

ほんとに、紹介するだけです(笑)

その名も「レンタルなんもしない人」

??

???

????

?って10行くらい書ける気がする(笑)

この「レンタルなんもしない人」さんを知ったのはぺーたーずTVってチャンネルで、

(ちなみにここに出てくるジロさんとたにさんは、以前ジロさんが経営してたイプシロンというバーで会ったことあり)

動画のタイトルにつられて思わず見てみたんです。

動画はこちら

ぺーたーずTVのYouTubeチャンネルはこちら

(このブログ内では勝手に「レンタルさん」と呼ばせてもらいます笑)

 

レンタルさんが受けている案件は様々で、

1人で入りづらいレストランに一緒に行ったり、

コンサートのチケットが余ったから一緒に行ったり、

ゲームの人数合わせだったり、

お花見の場所取り要員だったり。

レンタルさん自身を貸し出して、

ただ1人分の人間の存在が必要な場面でレンタルされているそうです。

始めたのは今年の6月からで、

いまでは他の仕事はせず専業でされているんだとか。

しかも驚いたことに、

レンタルさんは結婚していて、

1歳の子供もいるとか!!

しかも奥さんは「面白いね」って言ってくれてるんだとか。

なんて寛容的で理解のある人なんだ。。

すごいなぁ。。

更に!

レンタルさんは元々のTwitterのフォロワーが300人くらいだったのが、

今では4万人を超しています。

すげぇ。。

レンタルさんのTwitterはこちら

 

 

いやぁ、、

こういうニーズもあるんだなって素直に思いました。

会ったことはないですけど「プロ奢ラレヤー」って人もいるくらいですからね。

自分の「こんなこと」と思っていることが、

誰かにとって需要があったり、

実はお金を生み出すものだったりするんですね。

ここ最近「ユーチューバー」という職業が出てきたように、

ますます新しい仕事が生まれていくんでしょう。

それだけ、

一人一人に様々な可能性があるということ。

でもその可能性を見つけるためには、

色々な知識や経験が必要になるでしょう。

「もう遅い」ということはないんだと思います。

視野を、常に広くしておきたいですね^^

 

 

 

それではまた。

 

【仕事】~本田健さん”大富豪からの手紙”を読んで~

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

3か月ぶりに帰省しました。

やっぱり何にもやる気が起きません(笑)

まぁ、でも帰省した時はそれがいいのかもしれませんね。

<スポンサーリンク>



 

さて、今回は本田健さんの【大富豪からの手紙】の6つ目のキーワード

【仕事】についてです。

【仕事】とは、みなさんにとってどういうものでしょうか?

生活するため?

生きがい?

大好きなこと?

仕方なくやっていること?

自分は?と聞かれたら、まだよくわかりません。

新卒の頃は「生活していくためのお金を得るために必要なもの」としか思っていませんでした。

もちろん今でもそれはありますが、

英語などのスキルを磨けるものであったり、やりたいことをやるために必要なお金を得るためのものという位置付けでもあります。

でも、正直に言えば今の仕事は「好きでも嫌いでもない」という程度。。

もちろんすでに「天職」(と感じるもの)を見つけて、そんな悩みはないという域に達している人もいるでしょう。

ではそうでなければどうしていけばいいのでしょうか?

本田健さんは動画(「お金」と「仕事」成功と幸せ度を決めるのは?)の中でこう言っています。

「好きなことは見つかるよと簡単に言いたくはない。見つからずに苦しんでいる人はむしろ思う存分落ち込んでみたらと言いますね。”もしかして無理じゃないかも?(やれるかも?)”というところに達する時があって、その時に悩んでいる時に溜まったエネルギーが爆発的に解放されると思うんです」と。

そしてその「悩む」というところから「どうせ無理だから」とあきらめて行動しないという選択をした方が楽なんですね。

でも「もしかしたら無理じゃないかも?」というところまで行ける人は、

「自分の才能ってなんだろう?」「どんなことを本当はしたいんだろう?」って

知ろうとして、考えて、とりあえず何かやってみて、

苦しくてもそこまで行動してたってことなんです。

ここは動画で話されていたことですが、

「深いなぁ」と強く感じました。

 

そして本にはこう書いてありました。

「”天職”というのは”恋愛”と一緒。いきなり一目ぼれする時もあれば、徐々に何年もかけて好きになっていく場合もある。18歳で生涯のパートナーに出会う人もいれば、40歳や50歳で出会う人もいる。また、一生出会えないかもしれない。時間がかかってもいいから、”大好きな仕事(天職)”を探してほしい」

自分は最近本業以外にクラウドワークスで仕事を受注して記事を書いたりするようになりました。

「自分の文章でも誰かの役に立てて、しかもお金に換わるんだ!」というやりがいを感じつつも、

まだそれが本当にやりたいことなのかわかりません。

でも迷いながらでもやっていくことが大事なんだと思います。

まだ30歳。

これから”天職”が見つかるかもしれないし、

今やっていることが”天職”だと気づくかもしれない。

どうなるか分からないけど、

ずっと探していきたいと思います!

 

本が気になる方はこちら↓

 

それではまた。

やりたいこと(ナリ心理学)

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

今週は平日にブログ書けなかった。。

ま、気を取り直して書くぞー!

<スポンサーリンク>



 

さて、今日は普段読んでるアメブロの記事を紹介したいなと。

今回の記事はこちら↓

あなたのやりたいことはなんですか?

このブログを書いているのは「ナリ心理学」を主宰しているナリさんという方。

アメーバオフィシャルブロガーであり、最近本を出版されたりもしています。

そしてとあるコミュニティで知り合った女性が実はナリさんの奥さんだったという衝撃(笑)

特にこれと言って理由なく聞いてるそうなので(笑)

数日前の記事だけど書いてみた!

そしてそれをここでもさらしてみた!(笑)

 

・会社員を卒業してフリーになりたい
・まだフリーで何をしたいかわからないけどワクワクすることをやりたい
・自分だからこそ提供できることを仕事にしたい
・働く時間を自由に決めたい
・平日だってカフェとか行ってのんびりしたい(有給使わなくても)
・月収100万とか1000万とか余裕で稼ぎたい
・お金に対するマインドをしっかり築きあげたい(じゃないといくら稼いでも不安になっちゃう)
・お金のことでいちいち心配したくない(今しちゃってる)
・彼女と海外旅行行きたい(今いないけど)
・家賃気にせず住みたいところに住みたい
・彼女とドライブしたい(今いないけどいつかできる)
・投資で資産を作りたい
・お腹へっこませたい
・テニスもっとうまくなりたい
・テニスコート所有したい(できればインドア)
・雨でもテニスいつでもしたい(そしたらサークルの仲間も呼べる)
・彼女の手料理食べたい(今はいないけどきっと自分に合った彼女ができる)
・というか彼女ほしい(絶対できるから大丈夫)
・海が見える場所に住みたい
・これからも周りが静かな場所に住みたい
・気になった本は全部読みたい(お金気にせず)
・テニスの四大大会をいつでも行きたいときに見に行きたい
・海外にテニスしに行きたい

 

多分もっとあるだろうなぁ(笑)

「イタイなぁ」と思われそうなことも書いたけど(笑)

それでいいのだ←

願いは口に出したり書いたりしてこそ叶うと信じてるから

 

また増えたら書きたそうっと。

 

あ、ナリさんの本はこちらからチェック!

 

それではまた。

フリーランスになるためには??

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです。

何だか雨ばっかりの日もなくなってきましたね。

もう梅雨明けでしょうか??

<スポンサーリンク>



 

さて今回はYouTubeの動画のシェアです。

今回の動画はこちら↓

会社辞めて独立したい(フリーランスになりたい)けど何したらいいか分からないという質問に対して

話しているのは「プロ無職」という肩書で活動しているフリーランスのるってぃさん

直接会ったことはないですが、

イベントなどで知り合った人がけっこうるってぃさんと繋がっていたりして、

名前だけは聞いたことがありましたが、

るってぃさんのコンテンツ(今回は動画)を見るのはこれが初めてです。

 

フリーランスは「目指すもの」ではない

さて初めてるってぃさんの動画を見たわけですが、

気になって見た理由は自分がフリーランスにいずれなりたいから。

そんな自分にちょっと衝撃のある回答をるってぃさんがしていたのです。

それは、

”フリーランスはなりたくて目指すものではないと思うんです。好きなことや得意なことを突き詰めていって、自然とお金が稼げるようになっていくというのが一番ベストだと思うんです。”

という部分。

これまでの自分はこの質問をした人と同じように

「フリーランスになるにはどんな仕事をしたらいいんだろう?」という観点で考えていたんです。

でも、考えてみれば今まで自分が出会ったフリーランスの人たちって、

みんなそれぞれやりたいと思ったことや好きなことがあって、

それを突き詰めていって「これはフリーランスでやった方がいけそう(やっていった方がいい)」ってなって独立してるんですよね。

だからまずそれだけ打ち込めるものを見つけるのが大切なんですね。

 

好きなこと・やりたいことを見つけるには?

ではやりたいことや好きなことを見つけるのはどうしたらいいんでしょうか?

「フリーランスはなろうと目指すものではない」と同じように考えると、

「やりたいことや好きなことはやりたいと思えるようになろう・好きになろうと思って見つけるものではない」と言えると思うんです。

例えば今ずっと続けてきたことがあるとして、

それは「やりたいと思えるようになろう・好きになろう」として続けてきたというより、

「気づいたら続けてた・好きになってた」という感じではないですか?

自分の場合長く続けてるものとしてテニスと英語学習があるんですが、

それぞれ「気づけば」約18年と16年続けてきてます。

そういうことが生涯にわたっての趣味になったり仕事になったりしていくんだと思います。

 

 

もし今自分と同じようにフリーランスになりたいなと思ってる人は、

まずるってぃさんが言うように、

他に仕事をしながら何かしらのスキルを身に着けていく”

”好きなことややりたいことを突き詰めていく”

ことが大事になってくるのではないでしょうか?

もしまだそういうことがないのであれば、

ちょっとでも興味があることをまず色々やってみましょう。

「トライ」の数が足りていないのかもしれませんよ?

 

それではまた。

”~コネなし実績なしから出版した著者に聞く~ 自分らしい文章をかくためのライティング講座”というイベントに行ってみて

Hello! のびーです。

毎週テニスやってるんですが、

足の調子が悪いので今週は大事をとってお休みです。悲しいです。

という愚痴です(笑)

 

さて、今回も先日参加してきたイベントの感想です。

このイベントは2年前にオンラインサロンで出会った矢内さんという方が立ち上げた「ゆるまじ(ゆるいけど明日に向かってまじで学ぶ場)」というグループ?団体?主催のものでした。

ゲストは林花代子さん

フリーランスとして、ライター/編集/WEBディレクション/女性のためのマルタ留学相談などをされている方です。

37歳の時に会社を辞めて行った語学留学をきっかけにマルタに魅了され、

大好きなマルタのことをブログで発信してしたりして最終的にマルタのガイドブックまで出版されたそうです。

このイベントに参加しようと思ったのは、

自分もこのブログなどで発信しているので、

現時点では本を出版したいという想いはないですが、

「書く」ということについて学べることがあるかもと思ったからです。

ただ実際は「書く」ということについて以上のことのお話を聞けた気がします。

 

自分の文体を知る

林さんはお話の中で「自分の文体を知ることが大事」とおっしゃっていました。

そして4つのタイプに分かれるとのこと。(以下、自由大学「自分の本をつくる」講座より)

① クリエイター (新しいコンテンツを生み出す)

② スター (独自のパーソナルブランドを生み出す)

③ エディター (売れるコンテンツを生み出す)

④ フォロワー (2番手を狙う)

図にするとこんな感じだそうです↓

イベント参加者全員でどこに当てはまるか(人によっては1つではないかも)質問に答えながら考えてみましたが、

唯一④のフォロワータイプでした(笑)

でも多少②のスターの要素もあるのかなぁと。

つまり、すごい目立ちたいわけじゃない、でも自分オリジナルのものを発信する方が好きかな、みたいな(笑)

この「自分がどういうタイプなのか?」を知っておくことで、

何か書いたり発信する時に「書けない(書くことが思いつかない)」と感じても、

それはもしかしたら立ち位置が違っていたからかもしれないし、自分がどのタイプなのか気づくことで書ける(発信できる)かもしれないですよね。

 

やりたいことを仕事にするコツ4か条

林さんは最初にも書いたように、大好きなマルタのことを発信していたらそれが様々な仕事につながったという経験をされています。

まさに「好き」を仕事に。

そんな林さんが「やりたいことを仕事にする」ための4か条として教えてくれたことは、

① 続けることは最強

② 期限を設けてとことんやる

③ とにかく手を動かす

④ 完璧じゃなくていい

でした。

さらにもう1つ追加すると、

「自分の好きを応援してくれる場所に身を置くこと」

この5つのポイントってどんな職種にも当てはまりますよね

自分の好きなことをしていくには、近道なんかなくて、

コツコツと日々努力し、淡々とこなし、完璧でなくてもいいからできる限りのことをする。

時には1人では寂しくなったりくじけそうになってしまうこともあるかもしれないから、

そんな時に支え応援してくれる仲間を作る。

お話の中で林さんはこうもおっしゃっていました。

「そうしたらきっと誰かが見ていてくれる」と。

 

自分が今やっている色々なことはどこかに繋がっていくのだろうか?と考えることがあります。

分からなくなったり不安に思うこともあります。

でも、何もしなければ何も変わらないので、

これからもこの「5か条」を胸に進んでいこうと思えました。

 

 

 

それではまた。

 

 

P.S.

林さんがHISとコラボして企画されたマルタ島へのツアー。

くぅ~行ってみたいけど会社員の身分では難しい。。

悔しいなぁ(´;ω;`)ウゥゥ

「お、行きます!」って言えるようになるぞー!

(女子旅って書いてあるけど男性ももちろんウェルカムだそうです笑)

<スポンサーリンク>