#オギ個展 (荻嶋義章さん) 

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

とうとう世間ではゴールデンウイークが終わりましたね。

「世間では」とは私のびーは普通に仕事していたからなのですが(笑)

休み明けのみなさんは、仕事量的にも、また精神的にもしんどそうですね^^;

<スポンサーリンク>



 

 

さて、この前の日曜日、

数年前にイベントで知り合った荻嶋義章さんという方の個展に行ってきました。

実は先月くらいに「個展来てください」と連絡をもらっていたんですが、

当日まですっかり忘れていたんですよね(笑)

で朝起きてFacebookを見て、

荻嶋さん本人の投稿で思い出したんです(^^;)

場所は東京・浅草橋。

うーん、ちょっと遠い、、(電車で1時間くらい)

私のびーは基本的に外出に関しては予め予定してある以外は急に出かけたりすることがないのですが、

荻嶋さんの個展の投稿だけは何か違ったんですね。

その日は特に予定もなかったし、

何より「行くだけで喜んでもらえるなら」と思ったんです。

ってことで急遽家を出て個展開始の10時頃に会場到着。

一番で行った方がゆっくり話ができるだろうなと思いまして(あと電車も早い時間の方がまだ空いてるかなと)。

場所はとっても雰囲気のいい空間でした。

で今回の個展は荻嶋さんの趣味のカメラで撮影した写真ということでしたが、

どんな写真なのかは一切行くまで分からなかったんです(笑)

荻嶋さんの写真は今までに「出会った様々な人の写真」でした。

「それぞれどうやって出会ったんですか?」って聞いたら、

なんとそこから1時間越えで説明していただきました(笑)

でも1人1人に対して、様々なストーリーがあって、

1枚1枚にとても色々な想いが込められていました。

 

荻嶋さんとは1年に1回会う程度ですが、

それでも数年前にお会いしてから年1回は会っているという不思議なご縁があって。

年上ですけど腰が低い方だし、

なんていうか、うまく言えないですけど、

常識にとらわれてない人だなと。

今回行っただけで、

荻嶋さんに喜んでもらえました。

だからか、

帰りに自分の気持ちも何だか嬉しいって感じになってました。

そんな荻嶋さんの活動を、

これからも微力ながら応援していきたいと思った日でありました。

荻嶋さんの個展の感想(note)

 

 

それではまた。

自分を掘り下げる

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

季節の変わり目だからか風邪ひきました。。

火曜ののどに始まり、今は軽い鼻詰まりと頭痛。。

みなさんもお気を付けて!

<スポンサーリンク>



 

さて、最近とあるコミュニティーに入りまして、

昨日はその第一回目のセミナーでした。

主催者は去年絵画講座でお世話になって葛西あさみさん。

本来の自分と出会う、絵画講座

その葛西さんが今回作った、その名も【コスモポリタウン】。

『1人1人が個性や違いを尊重し合い自分らしさ、個性、才能を気兼ねなく発揮し合いながら生きる、調和のとれた温かい場所』

を作りたいとの思いから生まれたコミュニティーです。

昨日の第一回はゲストを読んで色々お話をしてもらったのですが、

ゲストは「ぴこさん」というあさみさんの知り合いで、

あさみさんが会社員を辞めて独立したころからコンサルティングを受けている方だそうです。

(今も色々なコミュニティーの運営やコンサルティングをやってる28歳男性)

で、その途中で自分を掘り下げていくというプチ個人セッションをやってもらったのですが、

そこで色々と自分の価値観がガラガラと崩れていきました。

自分今までいいと思っていたことややっていたことと正反対のことを言われたんです。

いくつかあげると、

・ワクワクやいいなという感情で本を買わない

・本は自分ではなく人のために読む

・1人の時間を減らして、色々な人にあって多様な価値観に触れる「足し算」の時間をもっと作った方がいい。

・(価値観や付き合う人など)足し算をしてから引き算をする

・モデルにするのは「憧れてる人」ではなく「自分と(境遇などが)似てる人」

といったあたりでした。

 

また、気づきとして、例えば「好きなことは何ですか?」という質問で

テニス、読書(特にカフェで)、語学

と答えその理由を言ったところ、すぐに「2つのキーワードがあります」と言われ、

・テニスや読書が好きなのではなく、「集中・没頭できる」ことが好き

・ただ一方で語学からわかるのは「コミュニケーションを取りたい」という相反すること

でした。

さらに、心に響いたのは、

・損得勘定で考えない

・アウトプット前提で本を読む

・何に命を使って死んでいきたいか考えること、そのための自分の使命は何か?

・これからの時代は個人戦ではなく団体戦。そのための仲間づくりを大切にしていくこと。

などでした。

 

いやぁ、セミナー終わって悶々としました。。

だって色々な変えるところがあって(笑)

ただ、白黒つけたがる性格の自分には、

こうやってあいまいな状態(悩み考える時間)も必要だなって思いました。

そういう中途半端な状態は今まで嫌って避けてきたことだったから。

それにそういう時間がないと、

自分を掘り下げて「本来の自分はどういう人間なのか?」って考えて知ることができないんですよね。

それをやらないと今の自分と本来の自分がずれたままになって、

目指すべきでない方向に進んだり、「なんか違うな」って違和感を抱いたま苦しい状態が続いたりしちゃうんですね。

 

ちょっとまとまりがなくなってしまいましたが、

自分とは違う価値観などを持った人に会って話をすると、

こうやって自分1人では気づけないことがあるなと改めて思いました。

まずは個人的には

・ワクワクだけで本を買わない

・とりあえずコスモポリタウンの集まりにはなるべく参加する

・本読んだらアウトプットする回数を増やす

といったあたりから実行していきたいと思います。

そうしたら今までと違う自分に出会ってもっと生きやすくなるかもしれないですからね^^

 

 

それではまた。

後から感謝すること、意味がわかること

こんばんは(・∀・)まいぺーすブロガーのびーです。

いや~桜が咲いてきましたね~。

春ですな(・∀・)

<スポンサーリンク>



 

 

さて、今日は日帰りで実家に帰省中でございます。

下道🚙で2-3時間で帰れる距離なのでありがたいですな。

そしてやっぱり帰る場所があるって幸せなことです^^

 

子供の頃は母親が厳しい人でした。

口ぐせは「働かざる者食うべからず」でしたね。

特にご飯の準備を手伝わないと怒られていました。

ぶっ叩かれたり「出てけ!」と言われたことも(実際に追い出されたことはないですが)。

その他にも掃除や選択など一通りの家事を、当時の感覚で言うと「やらされて」いました。

でも、社会人になって一人暮らしのするようになると、

実家でやっていたから基本的な家事で困ることはなかったんです。

簡単なものだけど料理もできるし、掃除・洗濯もできるし。

社会人になって「あの時やらされたって感じてたけど、やってて良かった」と感謝しました

 

同様に、その当時は「何でこれやってるの?」って思ってたことが、

後々「あの時やっててよかった」と感謝したり、「自分にとってこういう意味があったのか」ってわかることってあると思います。

例えば新卒で入社した会社は残業が多く、ストレスもたまる環境でした。

でも今の会社では残業が少なくその点ではストレスがほぼありません。

これって1社目を経験してたから今の環境(基本定時で帰れること)のありがたみが分かるなって思うんです。

あとは高校生から好きで英語の勉強してたんですが、

それによって選択肢が増えて、

結果的に英語を使う今の会社に転職できたこととか。

当時は「英語を就職のためにやろう」なんて思ってなかったですし。

 

 

今やっていてなかなかうまくいかなかったりいい結果が出ないことも、

いずれ「あの時やってて(頑張って)良かった」と思える気がするんです。

だから、これからも自分の気持ちになるべく素直になって、

色々やっていくんだろうなって。

ふとそんなことを考えた帰省でした。

 

 

それではまた。

フリーカメラマン小西隆博さんの写真展~光のより道~

こんにちは、まいぺーすブロガーのびーです。

去年の今頃痛めたふくらはぎが最近またおかしかったんですが、

月1行ってる整体に行ったら見事に大分回復しました。

やっぱり定期的なメンテナンスって大事ですね^^

<スポンサーリンク>



 

さて、昨日は有給を取っていたので、

知り合いのフリーカメラマン小西隆博さんの写真展にお邪魔してきました!

小西さんとは以前入っていたオンラインサロンで知り合い、もうかれこれ2-3年経ちました。

普段あまりこういうところに行く機会はないのですが、

知り合いでこうやって頑張っている人にはもっと活躍してほしいなって純粋に思うし(偉そうな言い方かもしれませんが💦)、

それに、自分にないものを持っている人の技術や感性を見たり聞いたりするのは自分にとっても視野が広がることだと思うのでお邪魔してきました。

小西さんの普段の活動のことなど聞いたり、

逆に小西さんから最近ののびーさんの活動状況(笑)を聞かれたり。

久しぶりに会ったので、写真を見つつ気づけば1時間以上喋ってました(゚∀゚)

 

小西さんの写真は、温かみがある感じがするんですよね。

中には夫婦やカップル写真もあったりして、

その人たちの幸せな感じが写真を通して伝わってくるんです。

(ここには載せられませんが)

小西さんからデータをいただいたので数枚小西さんの写真を載せます↓

 

小西さんの写真展は明日までやっているので、

興味ある方は是非見に行ってみて下さい(^^)

(入場料は無料です)

 

小西隆博 写真展「光のより道」

日程:3月12日㈫~17日㈰ 12-19時 (最終日は16時まで)

場所:東京都中央区小伝馬町17-9 さとうきびB館4F

(東京メトロ小伝馬町駅2番口より徒歩5分)

 

 

それではまた。

 

bon飯

どうも~、まいぺーすブロガーのびーです。

いやぁ今日は暖かかったですね!

と思ったら土曜は関東でも雪マーク!?

差が激しすぎる、、(;´Д`)

<スポンサーリンク>



 

さて昨日の夜にとある食事会に行ってきました!

作ってくれたのは自身のSNSで#bon飯でいつも発信されてるBonBonさん。

略してBonさん(って略し方でいいのか?笑)。

以前消しゴムはんこを作った時の講師のBonBon先生なのです。

普段はパン屋さんで働いているので、

多彩な人なんですな~(・∀・)

そんなBonさんとは101年俱楽部というコミュニティで一緒で、

その101内で第一回Bon飯会が開催されたのでした。

場所は新宿のとあるマンションの1室。

 

着くとすでに料理してくれているBonさん

早速料理が出てきました(∩´∀`)∩

まずは【豚バラの塩釜焼き

うまい!(●´ω`●)

塩釜を取る前はこんな感じでした↓

まさか身近で塩釜料理を手作りしてくれる人がいるとは!

続いて、

土鍋でビビンバ

ちょうどいい辛さ

豚バラと合わせるとお箸が止まらなかった(●´ω`●)

さらに、

ワンタンスープ

体が温まった(●´ω`●)

これで終わらない!

ネギーショ

「アヒージョ」のアレンジ版ですね。

これネギがすごくおいしく感じた(●´ω`●)

ほぼプライベートな食事会でありながら贅沢な食卓。

しかも!締めには!

手作りの【ガトーショコラ

ほんとにいい感じの甘さで、お店で売れるってみんなで言ってました(●´ω`●)

 

そんなBonさんはいつかカフェを開いてみたいと思っていて、

今回はそのための第1歩ということでした。

単純に料理が好きなんだろうけど、

しっかり行動されていて刺激をもらいました^^

まだこの食事会は内輪でしかやっていませんが。

ちなみにBonさんの消しゴムはんこ作品などはこちらからチェックできます。

 

今回はBonさんの宣伝ブログでした(・∀・)

 

それではまた。

2018年を振り返ってみた

どうも、のびーです。

昨日は久しぶりにDVDレンタルをしてきて、日中と夜で2本見ちゃいました。

そんな、特に予定入れない、のんびりとした休日って良いんですよね~^^

<スポンサーリンク>



 

さて、今年最後になるであろう今回は今年の振り返りでもしてみます。

去年の11月にそれまで2年くらい続けていた副業(転売)をやめて、

何したいかわからなかったので行き始めたイベントやセミナー。

今年の4月くらいまでは週1-2回行ってました。

色々と話を聞いたり色々な人に会ったりできたのはいい経験で、

後日「一度お茶でもしませんか?」って声かけてもらう機会もあったりして、

「あぁいい時間過ごせてるな」って感じてました。

でも!

4月終わりくらいからほとんど行かなくなりました。

別にセミナーやイベントで嫌な思いをしたわけではないけれど、

参加することも、その後そこで知り合った人からのお誘いも気乗りしなくなってました。

「イベント疲れ」ってやつかもしれません。

最初は「でも色々動いてみて人に会ったりしないと何も変わらないかもだぞ?」て思いもあったけれど、

「気乗りしない」という本心を無視することはできなかったので、

「まぁこういう時もあるよね」ってことで無理に外に出ることは止めました。

あと自分の周りの人はよく知ってるんですが、

私のびーは恋愛体質なんです(´-ω-`)

(まさかの急すぎるカミングアウトww)

で4月にそれまで7か月半くらい付き合っていた人とお別れしてまた(彼女ゲットの)活動を再開していたので、

そっちに時間やお金をかけたかったというのもありました。

かといって「平日夜は週2以上予定を入れない」という元からのマイルールがあるので、

恋愛活動をしまくっていたというわけでもないんですが。

今ではおかげさまで先月からお付き合いが始まった方もいて、

イベントなどは相変わらずたまに「これ面白そう」と思った時に行くくらいにしているので、

全体的に普段の生活を充実したものできています^^

 

それから8月くらいに「クラウドワークス」というネット上で仕事の発注・受注ができるサイトに登録して、

9月くらいから(単価は安いけど)ライティングの仕事も少しやるようになりました。

まぁ新たな副業みたいな感じですかね。

でも転売と違って在庫を抱えるようなリスクはないし、

今までこのブログを続けてきたことや、

文章力アップに貢献しているかもしれない趣味の読書を続けてきたことが活かせているかもしれないので、

来年はこちらでの収入を月5万、10万と増やしていきたいと思います!

あ、違った。

詳しくはこちら↓で紹介した本にかいてあるんですが、

宇宙にオーダーしてみたら、、(ドS本、小池浩さん)

「叶えたいことは完了形でオーダーすべし」とのことなので、

「クラウドワークスでの収入が月5-10万円になりました」

でした。

おっけ、オーダー完了(∩´∀`)∩

 

それと、つい最近アメブロでもブログ再開したんです。

元々今までの恋愛活動の話が周りから「何かネタあるんでしょ?」と面白がられていたので(笑)、

「書いてみれば?」と数人から言ってもらってたんですが、

「もうすでに1つブログ書いてるし、クラウドワークスで記事書いたりもしてるから、もう1つ増やすのは大変そう」って思ってやってなかったんです。

でも、「書いてみようかな」って直感的に感じてた自分もいて。

だから3年ぶりに再会したんです。

そしたら!今朝発覚!

今まで1日の最高アクセスが200弱だったのが

昨日(29日)の1日のアクセスが約3000アクセスあって、

(余裕でベスト更新笑)

アメブロ公式ジャンルの1つの婚活レポの順位が68位(約6000人参加)になってたんです。

何が起きたのか、寝起きドッキリかと思いましたわ(笑)

これが収益になったとか本の出版になりそうとか特にないですけど、

自分の書いたものに色々な人が興味持ってくれるのは単純に嬉しいですな(∩´∀`)∩ワーイ

こんな感じでゆる~く書いてます↓

のびーのアメブロはこちら

 

 

そんな感じであっという間に1年経った気がします。

年の最後の方ではとある全3回の絵画教室に参加して、

「もっと自分の感覚通りに生きてていいんだ」って学んだので

これからも自分の感覚(直感、本心)を大事に、

来年も人生を楽しんでいきたいと思います。

 

みなさんもよいお年をお迎えください!

 

 

それではまた。

 

本来の自分と出会う、絵画講座 3回目

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです。

今年もあと2週間ですね。

なんだかあっという間ですね~。

<スポンサーリンク>



 

さて今日は絵画教室の第3回目でございました。

最後です。

で始まりの風景がこんな感じ↓

持参した梅酒をロックにしてみんなについだグラスと、

みんながそれぞれ持ってきたお菓子たち。

絵画教室はどこにいった(笑)

まぁその自由な感じがあさみさん(主催者)の講座の良さなんだなぁ。

ということにしてひたすら梅酒ロック飲んで軽く酔っ払いになって1人だけ絵を描き始めないという(笑)

さすがに描かないのはもったいないので描いたのがこちら↓

絵画教室の集大成の絵が今までで一番早く書き終わるという(笑)

みんなからも「それ集大成!?今までで一番薄い!」という最大級のお褒めのことばを頂きました(・∀・)ドヤッ

なんかこれ以上思い浮かばなかったんですよね。

何をイメージしたかと言うと、

自分には今付き合って1か月くらいの5歳年上の彼女がいるのですが、

その彼女(ピンク)を自分(青)が支えるというビジョンなんです。

下の方がキャンパス全体に広がっているのはしっかりとした土台を表していて、

でも中心の部分を囲まなかったのはそうしてしまうと束縛というか自分がコントロールしているみたいになってしまうなぁと思ったから。

この絵を描いて改めて思ったのですが、

自分は誰かを支えていくことが自分の役目(使命)のように感じていて、

誰かの喜びが自分の喜びでもあるんだなって。

自分が中心じゃなくていいんです。

誰かの応援をする影の存在的な?

絵画教室では主催のあさみさんや他の参加者(Mさん)で相手に気づきを与えるようなことを言ってくれる人がいて、

前回はそういう所に気づけるところにちょっと嫉妬していた部分があったのですが、

同時に、自分の発言や気づきが、誰かの気づきのきっかけになったのだとしたら

それさえも誰かの役に立てたという喜びであるなってふと思ったんです。

 

ちなみに以前ある方にタロット占いをしてもらった時に、

「パートナー(彼女)の存在が全てのモチベーションになってるんだね」というようなことを言われたことがあります。

そうなんですよね。

自分に大切な人がいると、プライベートはより楽しくなるし、

仕事も頑張ろうって思える。

普段の生活の全体的な充実度が上がるんです。

それもパートナーを支えること、パートナーが笑顔になってくれることが自分のモチベーションであり喜びでもあるからでしょうね。

ちょっと話ずれちゃいましたけど。

 

そんな感じで全3回の絵画教室もあっという間に終わりました。

この環境は、普段は恥ずかしかったりして話せないことでも話せた。

何でも言ってOKな雰囲気でした。

(決してハーレムな状況に喜んでいるわけではないっす)

あさみさんに言われました。

「思っていることや話したいことはどんどん話していいんですよ!それが他の人に気づきになったりするんだから」と。

良い意味で「楽」でした!

また、普通の鍋パーティーとか飲み会でも集まれたらいいなぁ。

というか集まる気がします(笑)

あさみさんのメルマガ面白いので興味ある方はこちらから↓

推奨。飽きっぽい人の働き方。

もう一人(Mさん)もブログ書いてます↓

他者の存在が自分をさらに幸せにするタイプ

 

それではまた。

本来の自分と出会う、絵画講座

こんばんは、マイペーサー&まいぺーすブロガーのびーです。

いよいよオーストラリアのゴールドコースト行きまであと3日となりました。

ウキウキと、成田空港までの道のりが面倒くさいという気持ちと(笑)

<スポンサーリンク>



 

さて今日はとある絵画講座に行ってきました!

主催はとある同じコミュニティに所属してる葛西あさみさん。

1度このブログで取り上げさせてもらった方です↓

気持ちがほぐれるブログ

ちなみに私のびーは絵心ありません(笑)

別に絵描くのが好きなわけでもありません(笑)

じゃ何で参加したかと言うと、

”抽象画を書くという、あえて正解のないことをして、自分とじっくり向かい合い、その感情を感じ、その感情を味わい、それを言語化して他人と分かち合い、自分の本来の感覚を取り戻すこと”

がこの講座の目的だったからです。

 

あさみさんとは今回が初対面でしたが、

良い意味ではじけてる人だったので(笑)

すぐに打ち解けられました。

なぜか自分の呼び名を「オーナー」と名付けられましたからね

(自己紹介の時に椅子に座ってた感じがオーナーっぽいからって笑)

で、今回描いた絵がこちらの2枚

絵心ないと思ってたけど描けるものですね(笑)

描く際のポイントは「考えないこと」

だから考えないで思ったままに筆を走らせてみました。

ここからの気づきは

「自分の中にしっかり軸(強い想い)があってそれを内に秘めているタイプ」

「本来(根っこ)は枠に囚われたくないのかも」

「周りとの調和も取れる」

などがありました。

「塗りつぶさずに余白を設ける人って珍しいんですよ」ってあさみさんが言ってたので、

自分らしさが出せた絵になったかなと。

 

この講座は全3回で、

受講料は3万円です。

最初は金額見てちょっと迷いました。

でも、講座のことを知ってから「面白そう」ってワクワクしてる自分がいたんです。

それに「まず金額を見て判断する」悪い癖があることを最近自覚していたので、

自分の感情に従って受講することにしたんです。

結果とても楽しくて参加して正解でした!

今後は次回までの間あさみさんと他の参加者2名の計4名のライングループでも交流していけるので、

どんな相乗効果が生まれるのかも楽しみです^^

 

それではまた。

神栖市に久しぶりに「帰って」みて

どうも、マイペースにブログ書いてるのびーです。

だんだん日が短くなってきましたね~。

少しずつ秋が近づいてきてるんですね。

<スポンサーリンク>



 

さて、今回は、、完全に個人的日記みたいな感じです(笑)

というのもタイトルにあるように昨日から泊りで茨城県の神栖市という場所に来ています。

場所はここ↓

こことどんな関りがあるかと言うと、

自分が新卒で入った会社で本社(横浜)研修の後に5か月間の現場研修先として仮配属になった場所、

つまり7年前に初めて社会人として働いた場所なんです。

で神栖に来るのは数年ぶりなんですが、

来た理由は7年前に知り合ったテニス仲間が仕事でしばらく中国に行ってしまうということでその人の送別会(飲み会)に出るためでした。

まさか早朝5時半起きで朝9時からのテニスも参加するとは思ってなかったですけど(笑)

↑でも天気良かったし、そこまでまだ暑くなかったし、初めましての人もいたけどみんな上手かったし良い人たちだったしで^^

で!神栖に来たのはテニスと飲み会に参加するだけじゃなくて、

普段とは違う環境にたまにはお金かけてでも行ってみた方が良いと直感で感じたからなんです。

節約癖がある自分としては、

細かい話横浜から神栖まで来るのは交通費(今回は自家用車/東京駅からバスも有り)やら宿泊費やらかかるので、

わざわざ来ようとはあまり考えないですが、

今回この送別会のお知らせが来た時に何となく「あ、最近行ってないしたまには泊りで普段とは違う場所に行くのもいいかも」って思ったんです。

それと同時に考えました。

”今回のこの選択にはどんな意味(メッセージ)が込められているのだろうか?”

と。

これは前回書いたブログの「本田健さん曰く、すべてのことは意味がある」という考えに基づいています。

前回の記事はこちら

それ(意味)は、高速を降りて神栖市内を走ってるときに感じた「何か”帰ってきた”みたいだ」という安心感のような気持ちを感じるためだったのか?

(というのも5か月間しか住んでなかったし、神栖市は電車が通ってないので車がないと生活がかなり不便なんですが、とても住みやすくて居心地が良いと思っているんです)

はたまた、久しぶりに会う人たちとテニスや飲み会などを通して感じた「楽しい!」というプラスの気持ちを得るためだったか?

あるいは、今回TSUTAYA初のアウトレットが神栖にあると聞いたので行ってみたんですが、

↑こんな感じで、中古本の取り扱いだけでなくキャンプ用品があったり、パン屋さんやカフェがあったりで

そこで感じた「へぇ~こんな場所ができたんだ!」という新たなスポット(神栖市の魅力)を発見するためだったのか?

いやいや、今回は鹿島パークホテルという所に宿泊してるんですが、

(↑この部屋でこれ書いてます)

単純にホテルに泊まるだけでも新鮮な気持ちになれたし、

家以外でブログを書くのは初めてでまるで自分が憧れているフリーランスの仕事の仕方を体験してるかのような気分になったんですが、

そういう気持ちを感じたり体験するためだったのか?

もしくは、昨日久しぶりだったり初めましてだったりで会った人たちの中から、

今後仕事やプライベートで関わってくる人がいたということなのか?

 

色々意味(メッセージ)の候補を考えてみましたが、

どれかかもしれないし、どれでもないかもしれない

あるいは、何かしらの意味(メッセージ)はすぐにではなく時間が空いてから「そういうことだったのか」と分かるパターンかもしれない。

でもきっと何かしらの意味があったからこのタイミングでここ(神栖)に来たんだろうし、

久しぶりに来れてとっても楽しい時間を過ごせたしリラックスもできたしで、

間違いなく自分にとってはお金をかけてでも来て良かったと思えました。

みなさんも是非、たまにでも普段とは違う環境に身を置いてみるという体験をしてみて下さいね!

 

それではまた。

【偶然】~本田健さん”大富豪からの手紙”を読んで~

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

今日は午後お休みを取って4時間テニスしてきました。

いやー、蒸し暑かったけど日中に汗流せるのは気持ちいいですなー^^

<スポンサーリンク>



 

さて今回は読書&動画シェアです。

本はこちら↓

本田健さんの【大富豪からの手紙】

ざっくりあらすじを書くと、

とある大学生に祖父から9つの手紙が残されます。

それはそれぞれ人生において学ぶべき9つのことが書かれており、

1通ずつ開けながら旅をしていくというストーリーになっています。

 

その1つ目が【偶然】。

本田健さんは「偶然はない」と考えているそうです。

なぜ「偶然はない」と言ってるのでしょう??

それは、本田健さんは「すべてのことには意味がある=必然」と捉えているからです。

ただし、意味のあることにするには「この出会い(経験)にはいったいどんな意味があるのだろう?」と自分で考えなければ意味がわからないままになってしまいます。

例えば本田さんは誰かと出会ったら「この人と出会ったことからくるメッセージは何だろう?」と考え、

時間が許す限り色々質問して情報を取るようにしているそうです。

自分はそこまでのことはしたことがありませんが、最近たまに「あの時の経験はどんな意味があったんだろう?」と考えることがあるんです。

例えば自分の場合、今までの女性とのお付き合いした経験に対して考えたことがあります。

数年前前職で大阪にいたときに出会ってお付き合いしたAさんは、

自分にとって約10年ぶりの彼女でした。

しかし自分でも驚いたのですが1か月くらいで冷めてしまい結局3か月でお別れすることになりました。

その時に自分の中にあったことは、

10年前の恋愛してる時の自分と大阪でAさんと出会ってお付き合いした時では、

恋愛に対する自分のスタンス(連絡頻度など)が大分変っていたんです。

傍から見れば「10年経てばそんなの当然じゃないか」と思うかもしれませんが、

その当時の自分は実際にAさんとお付き合いするまで「彼女ができたときのスタンスは10年前と同じ」と思いこんでいました。

Aさんには申し訳ないですが、

Aさんとのお付き合いは自分にとってその変化に気づくための機会だったのだと思うのです。

そう考えると、Aさんと出会いお付き合いしたことは「偶然」ではなく「必然」だったのだろうと感じます。

 

最近はますます「この出会い(経験)には何か意味があるのかもしれない」と考えるようになっています。

本田健さんが言うように、

その意味(メッセージ)はすぐに分かるかもしれないし大分遅れて意味が分かる時もあるそうです。

また自分にではなく周りの人にとって意味があったという場合もあるんだとか。

そうやって1つ1つ意味を自分の中で考えていくと、

考えるだけたくさんのことを学んでいけるのではないでしょうか?

今回の動画はこちら↓

人生を変える「偶然」とは?

本が気になった方はこちら↓

 

それではまた。