1分で自信をつける!?

コンニチハ!まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

最近雨ばっかりですねぇ。。

布団が干せない(´・ω・`)←主夫!笑

<スポンサーリンク>



 

さて、タイトルにある内容は、のびーさんが大好きなYouTubeで見つけたんですが、

少し前にも動画を参考にさせてもらった、誰もが自己理解を深められるようにとMeeeという会社を立ち上げて活動されているやぎぺーさんです。

今回の動画はこちら↓

【1分】とはまたとても興味を惹かれますな(・∀・)フムフム

やぎぺーさん曰く、2つの質問を自分にするだけ。

1、「これまでどんな困難を経験してきたか?」

2、「どうやってそこから立ち直ったか?」

この2つの質問に答えるだけなんです。

この2つの質問に答えることで、「何か困難なことがあっても立ち直れる力を持っている」「何かあってもやっていける(生きていける)」という感覚が身につくということが研究でわかっているそうです。

確かに1つも辛いことや苦しいことを経験してないって人はあまりいないですよね。

 

で、自分の場合で考えてみて1つ思い出したつらかったことは、

新卒で入社した会社で、2年目から本配属で関東から大阪に異動した時かなと。

いきなりどかーんと残業が増えて、基本最後1人で残って仕事していて、

夜9時10時以降も残ったりして「これ今倒れたりしたら朝まで気づかれないよな」って環境で、

誰もバックアップしてくれたり大変さを理解してくれる人がいない(と当時は思ってた)状態でした。

で。その時自分の精神がもったのは「週末にテニスができること」でした。

ホントに、唯一の心の支えといっても過言ではなかったかな。

で。根本的にその辛い状態から抜け出すためにとった行動が「その会社を辞める」ことでした。

やりたいこと(世界一周一人旅)ができたからということもあるけど。

結果、世界一周一人旅を無事にやり切ったし、次の仕事が決まっていない状態で海外に行ったけど今なんとかなってる(転職できて生活できてる)し。

これは自分にとって自信になったことだし、思い出すことで「あれ、自分はこれから何かあってもなんとかなる(乗り越えられる)んじゃない?」って思えてくるんですね。

 

確かに効果があるし、1分でできる(゚∀゚)オォ

これで「根拠のある自信」ができたら、次にちょっとできそうだなとか挑戦してみたいことをやってみる

根拠のある自信がつく

また何かやってみる

、、

の繰り返しをしていくといいそうです。

是非、自分に自信がない方はやってみて下さい(∩´∀`)∩

 

 

それではまた。

マジでわさび入りと思った

こんにちは!まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

今日はアメリカの祝日のためお仕事はお休み(・∀・)

なのでいつもブログ書く時に来てるカフェに来ちゃいました(・∀・)

たまにある平日休みっていいな(・∀・)

<スポンサーリンク>



 

さて先ほどアメブロでお笑いコンビキングコングの西野亮廣さんのブログを読んでたんですが。

かき氷が脳にもたらす影響 by キンコン西野

なんと、かき氷のシロップの味は全部同じなんだとか(; ・`д・´)ナンダッテ

私たちが味の違いを感じるのは「思い込み」からきてると。

そしてこのかき氷のことから言えるのは、”思い込みが真実を作る”ということ。

これを読んで似たような経験を思い出しました。

数年前にテニスサークルで合宿に行った時のお話。

初日の夜の宴会の催しで、各グループの代表者5人が前に出て、プチシュークリーム5個の中からわさびが入っていない1つを食べた人を当てるというゲームがありまして。

でわさびが大の苦手なのびーさんも選ばれてしまい、「絶対に(わさび入りが)当たるやん(´;ω;`)」と覚悟を決めて食べたんです。

結果、見事当たる。

飲み込めもしないのでティッシュに吐き出す。

でも、、「セーフだった人?」に誰も手を挙げないんです。。

「ん?」と思って吐き出したティッシュを見てみると、

どうみても緑色がない( ゚Д゚)エエエエエエエエ

つまり、「絶対にわさび入りだ」と思いこんだ結果、普通のシュークリームがわさび入りシュークリームの味に変わってしまっていたのです。

 

で、話はまた西野さんのブログの中身に戻りますが、

フランスの小説家ジュール・ヴェルヌという人のこんな言葉が引用されていました。

“人間が想像できることは、人間が必ず実現できる”

これってかき氷のシロップの話も、個人的に経験したわさび入りシュークリームの話も、通じてくるんじゃないかなって。

今自分には実現したいけど実現できていないことがあって、

その理由って「実現できると本気で想像できていないから」なのかなって思うんです。

「実現できない理由」ばかり考えてしまうですよね、きっと。

だってその方が変わらないですむし(人は基本変わりたくない)、

実現できない(変われない)ことへの言い訳になって、「仕方ないよね」って思えちゃうから。

じゃあどうしたらそうならないかというと、

1つの方法は「自分に自信をもつこと」だと思ってて、

「自分に自信をもてるようになる」には小さなことでも良いから「成功体験を重ねていくこと」じゃないかなと。

よく言われるんです。

「もっと自分に自信持ちなよ」って。

少し話は飛躍してしまいましたが、

そんなことを考えたとある平日の朝なのでした。

 

それではまた。

焦ってしまう時

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

最近ジグソーパズル買ったんですよ。

2000ピースの。

で一昨年昨日と少しやって思いました。

「久しぶりで2000ピースは多かったな」と(笑)

<スポンサーリンク>



 

さて今日は動画シェアです。

誰もが自己理解を深められるようにとMeeeという会社を立ち上げて活動されているやぎぺーさんです。

今回はやぎぺーさんが質問に答えている動画なんですが、質問の内容が

「焦ってしまうのをどうにかしたいのですが落ち着かせる方法はありますか?」

というもの。

 

それに対してまずやぎぺーさんの「焦る気持ち」の深堀(`・ω・´)ホリホリ

例えば、「何かが上手くいっていない」「誰かの方が先に進んでいる」「行動できない」という時に焦ってしまう

自分に集中できず外ばかり見ている状態(自己否定)

 

次にどうすればいいかに関して深堀(`・ω・´)ホリホリ

で、どうすれば焦らないかというと、

”自分の目の前のことに集中できていればそもそも外に目がいかないので焦らない”

つまり、

”自分のやっていることに集中する状態を作り出せればいい”ということ。

そのために、

”今やっていることにモチベーションを感じて没頭すればいい”のです。

でどうすればモチベーションを感じる/高められるかというと、

”自分が進んでいるという「前進感」があること”が重要なんですね。

この「前進感」を感じるためには”小さい行動”でいいので実際にやることが大切です。

やぎぺーさんも言っていますが、

いきなり大きな目標や行動をしようとしても続けられないですよね。

例えばやぎぺーさんは体を鍛えたいと思って「毎日腕立て1回」から始めたそうです。

同じように、

例えば自炊ゼロから料理できるようになりたいなら、まずはお米を炊くことから始める。

恋人が欲しいならまず試しにマッチングアプリに登録だけでもしてみる。

運動不足で体を鍛えたら普段のエスカレーターをやめて階段を使ってみる。

そう言えば前に読んだホリエモンこと堀江貴文さんも本で「小さな1を積み重ねる」ことの大切さをおっしゃってましたね。

 

この動画を見て、

確かに自分のことに集中できてる時って周りが気にならないし、

周りが気にならないから周りと比べることもないなって思いました。

でも、もちろん周りと比べてしまって「自分なんて、、、」って思ってしまうこともあります。

そんな時はこの動画で教えてもらった、小さな行動をすることで得られる「前進感」のことを思い出したいですね^^

 

やぎぺーさんのYouTubeチャンネル

やぎぺーさんのTwitter

 

それではまた。

近大卒業式 伝説のスピーチ (キングコング 西野亮廣さん)

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

先月から両ふくらはぎの調子が悪いので1日おきにやってた夕食前のウォーキングをストップしてるんですが、

代わりに、何と、ラジオ体操を始めました(笑)

でも今のところ体重微減した後にキープできてます(∩´∀`)∩ワーイ

<スポンサーリンク>



 

さて今日は動画シェアです。

これ書き始める直前でシェアしようって思った動画です。

お笑いのキングコング・西野亮廣さんが今年の近畿大学の卒業でしたスピーチ。

 

これ約16分間のスピーチなんですけど、

まず最初の10分が相方・梶原さんと同期のNON STYLE石田さんの悪口(笑)

で、最後の5-6分で卒業生に向けて言葉を贈ってるんですけどね。

とっても短くて、でも説得力のある言葉。

”失敗なんかしないから、挑戦して下さい!”

これはここで聞いていた卒業生だけでなくて、

大人にも響く言葉じゃないだろうかって思うんです。

確かに失敗した時は落ち込むし、自信無くしたりするし、

結果的には「自分てだめだ」ってなっちゃうかもしれない。

でも西野さんが言うように、

失敗してそこで立ち止まった時に本当に失敗ってなってしまうんであって、

挑戦してれば報われない時もあるけど、

またそこから前向いて歩いていけばきっといつかどこかに繋がっていくんだと。

 

前にアメブロでこんな記事を読んだことがあって。

「失敗しても、10年後には忘れてるでしょ?」

気にしてないでしょ?だったかな?

とても曖昧(笑)

あとブログじゃないですけど、こんな言葉もありますよね。

”止まない雨はない”って。

 

 

自分もなかなかうまくいかないことありますけど、

改めて「いつか大丈夫になる」って勇気もらえました。

みなさんも、挑戦しましょ。

 

個人的に読んだ西野さんのおすすめの本はこちら↓

【革命のファンファーレ 現代のお金と広告】

【魔法のコンパス 道なき道の歩き方】

【バカとつき合うな】

 

 

 

それではまた。

 

個性(ブログシェア)

こんにちは、まいぺーすブロガーのびーです。

今近所のヤマダ電機のカフェにて書いてます。

朝の時間に来れば必ず空いていて、つい長居してしまうお気に入りの場所なんですよね^^

<スポンサーリンク>



 

さて、今回はブログシェアです。

今回のブログはこちら↓

『個性』の磨き方。

このブログ書いている葛西あさみさんは去年絵画教室↓でお世話になった人。

本来の自分と出会う、絵画講座

 

あさみさんはまだ数回しかあったことないけれど、

自分から見たらいい意味で「枠が外れている人」

自分の気持ちに素直になって行動できる人だなって思います。

そんなあさみさんが書いた今回のブログ。

 

確かにみんなと同じって人はこれから埋もれてしまうのかなって思うし、

人生つまらないと思う(余計なお世話だろうけど)。

自分もどっちかというと「みんなに合わせる」タイプだった。

今でもそういうところあるけど、

少しずつ自分の欲に素直になれてきてるかな。

一番大きかったのはやっぱり2014年の世界一周一人旅だったかな。

当時は周りに会社辞めて別の会社に転職するって人はいたけど、

会社辞めてバックパッカーする人はいなかった。

つまり人と違うことをやろうとしてた。

で「やりたいと思った今がやるべきタイミングなんだ」って吹っ切れて実行できたんです。

この時に「敷かれたレールからはみ出してみる」って経験をしたことは大きかったと思いますね。

それ以来、例えば千葉にテニス合宿に行って、帰りに海鮮の定食屋さんで一人だけから揚げ定食食べたり(笑)、

最近だったら「冬に温泉行きたい」って思ったから初めて一人で泊りで温泉入りに行ったり、

彼女ほしいと思ったらアプリやってみたり婚活イベント行ってみたり(後にまさか周りから「面白い!」って言われるとは思わなかったww)、

周りと違っても「自分がやりたい」とか「自分はこれがいい」って気持ちに素直になれることが増えて。

そういう行動した方が自分にとっても面白いし、

「それいいね(面白いね)!」って興味もってもらえるなと。

あさみさんがブログで言っているように、

”個性がない人の方がこれから断然生きづらくなる”

と(まだなんとなくだけど)思うんです。

 

 

あさみさんて周りから「彼女がリピートするもの(人)って本当に良いってことだよ」って言われる人なんです。

なんとなく「ピンッ」ときたらブログ読んでみて下さい(゚∀゚)

 

 

それではまた。

夢をかなえる・・・ゾウ!?

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

なんだかんだこのブログを始めてから約1年半が経ってました。

相変わらず週2というマイペースで書いてますが、

いまでは週2書かないとある意味気持ち悪いです(笑)

<スポンサーリンク>



 

さて今日は読書シェアです。

タイトルにも使わせてもらいましたが、

水野敬也さんの【夢をかなえるゾウ】という本です。

(Amazonより引用)

この【夢をかなえるゾウ】シリーズは1~3まで出ていて、

今回取り上げる1冊目はそもそも最初に出版されたのは2011年なんですね。

前から本の存在は知っていましたが、

なんとなくこのタイミングになって本屋で見つけて気になったので購入しました。

 

物語のあらすじは、ダメダメな主人公の元にゾウの姿をした関西弁の神様【ガネーシャ】が現れて、

主人公が人生で成功するために色々な教えを授けていく、という感じです。

その教えを以下に箇条書きでまとめてみると、

・靴をみがく

・コンビニでお釣りを募金する

・食事を腹八分におさえる

・人が欲しがっているものを先取りする

・会った人を笑わせる

・トイレ掃除をする

・まっすぐ帰宅する

・その日頑張れた自分をホメる

・一日何かをやめてみる

・決めたことを続けるための環境を作る

・毎朝、全身を見て身なりを整える

・自分が一番得意なことを人に聞く

・自分の苦手なことを人に聞く

・夢を楽しく想像する

・運が良いと口に出して言う

・ただでもらう

・明日の準備をする

・身近にいる一番大事な人を喜ばせる

・誰か一人のいいところをホメる

・お参りに行く

・人気店に入り、人気の理由を観察する

・プレゼントをして驚かせる

・やらずに後悔していることを今日から始める

・サービスとして夢を語る

・人の成功をサポートする

・応募する

・毎日、感謝する

(以上、引用)

 

これらの中にはパッと見では「?」ってなったり誤解されそうなものもあるかと思うので、

興味あれば実際に読んでもらいたいですが。

単行本(税込み1728円)だとちょっと高いなぁって人は自分が買った文庫版(税込み700円)でも同じ内容ですよ(多分ww)

と、このようにあからさまにAmazonのリンクを張り付けてみました(笑)

 

世の中にはたくさんのいわゆる「成功本」があります。

でも【夢をかなえるゾウ】は実際に成功した人が固い口調で書いているものと違って、

一見ふざけた?ガネーシャがおもしろおかしくも主人公に成功のためにすべきことを教えていくのですらすらと読めちゃうんです。

時にはふざけすぎて主人公がガネーシャのことを本気で引っぱたいたり、

(神様を引っぱたくって笑)

基本えらそうに(笑)話しているガネーシャが主人公に怒られて敬語で話したり。

(立場逆転しとる笑)

 

これ読んでから早速トイレ掃除しました。

それからこの本を読み始める少し前から募金箱に募金するようになったんです。

ただコンビニにはあまりいかないし、行ってもカード払いだから中々お釣りもらわない。

それならコンビニより行く機会が多いカフェでと思ったけど募金箱置いてるカフェに行くことがなくて。

でも最近開拓したあるカフェが募金箱を設置していて、そこは現金払いなんです。

だからしてます、と言ってもまだ10円とかなんですけどね^^;

でもこの本を読んで例え少額でも募金箱を置いている店で買い物したらなるべく募金してみようって思いました。

あ、あと寝る前に「今日もありがとうございました」って唱えてから寝るようにしてみてます。

他にもやれることは色々あるな(・∀・)

これでより良い人生にできたら最高ですね。

 

 

ということでせっかくおもしろい本に出会ったので、

「人体実験」(笑)を続けていこうと思います。

 

 

それではまた。

 

 

「成功」だけと、「成功」と「失敗」の両方と

おはようございます、まいぺーすブロガーのびーです。

そう言えばこのブログ朝書くのはあんまりないかも。

今日は午後テニスで、その前に空いてる時間にカフェ行きたいから今集中して書く!

<スポンサーリンク>



 

さて今日はブログシェアです。

今回のはこちら↓

相手を忘れると「復縁」できる

いつもブログ読んでるナリ心理学のナリさん。

そのナリ心理学の認定講師のとうせんさんという方です。

ちなみにこれ書き始める前に初めてとうせんさんのブログ読みました。

なんならこのとうせんさんのブログをシェアしようって思いついたのも書き始める3分前くらい(笑)

たまたまナリさんのブログで紹介されていたから読んだだけだったんですけど、

何かピンッと「あ、今日のブログはとうせんさんのブログのシェアにしよう」って思って。

 

ちなみに復縁したいから読んだわけでも今回取り上げたわけでもなくて。

とうせんさんは復縁というテーマを今回取り上げていて、

ブログの中で復縁の成功体験も失敗体験も両方あると言っています。

これって恋愛以外にもあてはまると思って。

誰かの気持ちを理解しようとする時に、

そのこのことで「うまくいった経験だけある人」と、

「うまくいったこともうまくいかなかったこともある人」と、

どっちがより相手の気持ちを理解できるかといったら、

自分は後者だと思うんですね。

 

例えば私のびーの場合、

もう1つのアメブロを読んでくれている人や周りの友人はよく知っているけど、

常に恋活してる(笑)

自慢するほどでも自慢することでもないけど、

色々な女性に会ってきて、

いいなとか気になったりとかしてもうまくいかなかったり、

付き合ったけど結果的に分かれてしまったりという経験をそれなりにしてきてます。

だから、同姓で恋愛がうまくいかなかった時の残念とかショックの気持ちが分かる。

(100%はもちろんわからない。その人じゃないから。)

もし自分が恋愛でうまくいったことしかなければきっとそういう場合何にも理解できないだろうって思う。

自分が経験していないことは分からないから。

だから「成功」も「失敗」も両方経験してる人の方がより人の気持ちも理解できる。

とうせんさんのことはまだ全然知らないけど、

復縁において成功体験も失敗体験もあるから、

より人の気持ちに寄り添うことができて、

とうせんさんの元に人が集まるんだと思う。

 

そりゃあうまくいかないことはできれば避けたいけど。

でもうまくいかないことから「あぁ、こうすればよかったのか」って見えてくるものもある。

同時に誰かに同じことが起きた時に寄り添ったり話を聞いてあげることができる。

そんなことを思った日曜の朝でした。

 

 

それではカフェ行ってきまーす(・∀・)

今日も良い1日を!

宇宙にオーダーしてみたら、、(ドS本、小池浩さん)

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

年末が近づいてきたので週末に少しずつ片付けや掃除してます。

きれいになったり要らないもの処分すると気持ちいいですね~^^

<スポンサーリンク>



 

さて、今日は読書シェアです。

今回の本はこちら↓

”借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ”

なかなかの長さですな(失礼)

これを今2回目読んでまして。

著者の小池浩さんいわく、

”口ぐせには人生の大前提がそのまま現れている”のです。

つまり、口ぐせがそのままその人の現実となって現れるということ。

例えば「自分ってダメなやつだな」って言ったらあなたの宇宙(=潜在意識)が全力で「ダメなやつ」ということを証明してしまうんです。

お、恐ろしい、、(;´Д`)

で、その中でこんなことが書いてあります。

何か実現してほしいことがあるなら、

”オーダーする時に大切なのは完了形で「完了口ぐせ」にすること”と。

つまり、

「仕事見つけたい」ではなく「仕事見つかりました」

「恋人ほしい」ではなく「恋人ができました」

のように。

で、最近やってみました。

前回のブログ書いたあとに「このブログはたくさんの人に読まれました!」って。

そしたらここ最近の中ではいつもよりちょっと多くアクセスがあって、

シェアしてるFacebookでも初めて2桁(11人)の友達がイイねを押してくれたんです。

ワオッ、スゴイデスネー(・∀・)

で、ちょっと使い道は違うかもしれないけどこんな場面でも使ってみました。

この前の週末に彼女がスマホを無くしてしまったんです。

当然彼女はショックを受けていました。

そこで、ちょうどこの本を読んでいたので彼女に簡潔にこの法則のことを教えてあげたんです。

「スマホ見つかりました!」って言ってみるといいかもって。

自分もそう言ってみました。

すると、

なんとスマホが見つかったと警察から電話があったんだそうです。

(すぐには取りに行けないみたいなので状態はわかりませんが)

 

ぶっちゃけたまたまかもしれません。

でも、この2つのことが立て続けに起こったことに、自分自身は偶然では片づけられない何かを感じました。

もし、口ぐせを変えて、完了系でオーダーする(言ってみる)だけで人生が変わるとしたら、

これってやらない理由ありますか?

言うだけはただですよ?

別に人前で言う必要はないわけで。

 

久々に買った本でしたが、買って正解でした。

だって面白いんだもの(・∀・)ドヤッ

やっぱり「これおもしろそう」って直感的に買った本ははずれない^^

興味あれば手にとってみて下さいませ!

 

 

それではまた。

 

 

嫌われましょう

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです。

寒くなってきましたねぇ。

でも、私のびーはまだ家では暖房つけてません!(何の自慢だ)

節約だー(それも分けるけど体も大事にしろよ)

はい、そろそろつけます(笑)

<スポンサーリンク>



 

さて今日はブログシェアです。

今回の記事はこちら↓

嫌われるほどに成功する

何回か自分のブログで紹介させてもらってる”タマオキアヤ”さんの記事です。

 

どーせ嫌われる

今回の記事では成功するための要件の1つとして書かれていますが、

人生全般にも当てはまることではないかと。

どうやってても、どう無難に過ごそうとしてても、

全ての人にもれなく好かれるとかないですからね。

別に進んで嫌われようってことではなくて、

”「本当のあなたを出したときに離れていく人には嫌われよう」ということです。”(そのまま引用)

という自分もまだ完全に自分出せてるわけじゃないですけど(苦笑)。

でも、学生時代は「誰からも嫌われたくない」と八方美人になってました。

本当の自分を今よりも全然出していませんでした。

でも社会人になって色々な本に出合ったりしてようやく気付いたんです。

「100人いたら100人全員に好かれるとか無理じゃん」

「というより嫌われないように頑張るって疲れるわ~」って。

それから少しずつですけど、

好かれようって頑張るのは止めるようにしてます。

前よりはマシになってきたかな?

 

「好かれようと頑張る」ことの裏に潜むもの

でここからはタマオキアヤさんのブログから学んだこと。

そのまま引用しちゃいます。

いきますよ?

本当に、いっちゃいますよ?(早くせい)

”誰かに媚びる生き方って、その裏には「本当のわたしなんて愛されない」という劣等感と自己否定が隠れているんです。
 
人にいい顔すればするほど、「わたしは大したことない人間です!素のわたしなんて嫌いですよね!」という波動を出していることになる。
 
そうなれば、「そうそう、嫌いです」とまわりは丁寧に呼応してくれるから。”

 

なるほど。

「好かれようと頑張ること」は自分を否定していて、

自ら嫌われることしてたとは。

完全に矛盾してたんですなぁ。

 

まぁいきなり「自分の素を出していきましょう」と言ったことろで、

パッとできるわけではないですから。

絡まった糸を解くためには、

1本ずつほぐしていくしかないように、

少しずつやっていきましょ。

 

 

それではまた。

自信のつけ方 (by プロ無職 るってぃさん)

どうも!まいぺーすブロガーのびーです。

暑いですね~。

昨夜からたまらず冷房つけ始めました^^;

<スポンサーリンク>




さてこんかいも前回に引き続き「プロ無職」という肩書で活動されてるるってぃさんの動画シェアです。

今回の動画はこちら↓

【プロが教える】自信をつけて”結果を出すサイクル”に入る方法

誰もが自信は持っていたいですよね。

でも中々持てない。

るってぃさんが動画でも言っているように、

”日本人は自己肯定感が低い人が多い”んですよね。

かく言う自分も自分に自信がないタイプの人間です。。

ではどうすれば自信がつくのか?

るってぃさんの答えはとってもシンプル。

ズバリ

「小さな成功体験を積み重ねていくこと」

なんですよね。

これはホリエモンさんも著書【ゼローなにもない自分に小さなイチを足していく】で同じことを言っています。

いきなり大きなことをできる人はそうはいないわけで。

誰もがちょっとしたことの積み重ねで色々できるようになっていって、

そうするとできた自分に自信が持てるようになる。

そして自信がもてれば「やればできる」って思えてまた別のことにチャレンジする。

自信がついてくればそれが自分が何かに取り組む時に自信のある態度や前向きな言葉がでるようになる。

まさにるってぃさんも言っているように「好循環」になっていくんだと思います。

 

ここで個人的なことになりますが、自分はテニスをやっています。

その中で悩みの1つは「試合になると緊張して縮こまってしまうこと」。

そして縮こまってミスをして、それが「あぁ自分はメンタル弱いなぁ。試合向いてないなぁ」と自信を無くしがちなんです。

試合になると自分に自信が持てないんです。

実は今日も社会人テニスサークルで他のサークルと対抗戦をしてきたんですが、

1試合目・2試合目と硬さがとれず負けてしまったんです。

3試合目ももう少しで負けそうでした。

でも良いプレーも所々あったので「縮こまってないで強気にいこう」って切り替えれて、

そうしたら崖っぷちから大逆転勝ちできたんです。

これは自分にとって自信に繋がりました。

細かく言えば「弱気な状態から自ら気持ちを切り替えれたこと」や「崖っぷちから逆転できたこと」という自信ですね。

ここで得られた自信によって「次の試合では最初から自分の実力をもっと出せるかもしれない」というより大きな自信に繋がっています。

個人の結果は負け越してしまったけど、

「自分も試合でやればできる」という思いが前より強くなった気がします。

 

繰り返しになりますが、

自分に自信が持てない時は、

「まず小さなことからやってみる」

というが自信をつけていく第一歩なんですね。

近道なんてないんです。

一緒に自信をつけていきましょう。

それではまた。