”苦悩”と”退屈”の繰り返し

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

今日は関東では凄い雨でしたね💦

水害が起きていないといいのですが。。

<スポンサーリンク>



 

さて、今日は読書シェアです。

本日の本はこちら↓

【ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のことを教えてくれた。】です。

これはもう3年前くらいに買ったんですけど、

「哲学」と聞くと堅苦しいとか難しいイメージがあるかもしれませんが、

この本はとても読みやすいです。

物語は京都に住む17歳の女子高校生・アリサの元に突然「ニーチェだ」と名乗る男性が現れ、

他にも様々な過去の偉人たちが登場し、彼らの思想をアリサが学んで自分の人生について考えていく、といった内容になっています。

今回読み直している中で気になった箇所は【ショーペンハウアー】(ドイツの哲学者)が語っている、

”人生は苦悩と退屈の間を行ったり来たりする振り子のようなもの”

という考え。

そしてその原因は「人には欲望があるから」としています。

つまり、欲望が生まれる(満たされていない)と苦悩が生まれ

反対に欲望が満たされると今度は退屈にさいなまれる、と。

例えばシャネルのブランドバックが欲しいとして、

持ってない時は「欲しいけど今は(お金がないなどの理由で)買えない」と悩み、

実際に変えたら最初は欲しかったという欲が満たされるけど、時間が経つとそれでは物足りなくなり、

そしてまた別のものが欲しくなってしまう。

他にも例えばもっとお金がほしいとか、恋人がほしいといったケースでも同様のことが起こり得ると思うんです。

欲しいと思っていた額のお金が手に入っても、いずれ「もっとほしい」となり得るし、

恋人ができたとしても「もっとかわいい/カッコイイ人と付き合いたい」と考えるようになるかもしれない、といった具合に。

 

ショーペンハウアーは、人生はこの繰り返しだと説いているんですね。

この部分を読んで思ったことは、

現状をしっかり見つめて、またしっかり向き合うことが大事なんじゃないかと。

例えばブランドもののバックがほしいとして、

それが手に入らなければ幸せでないのか?

今持っているバックの良い所はどこだと思ってそれを買ったのか?

今でもその魅力はないのか?

ってよく考えた方がいいと思うです。

また、例えば恋人がいるけれどももっとかわいい/カッコイイ人と付き合いたいと思ったとします。

でも、今の恋人の良い所や好きになった部分はどこだったのか?

ということを考えないいけないと思うんです。

そうしないと、どんなことでも一生満たされない人生になるでしょう。

 

と色々偉そうなことを書いてきましたが、

自分もまだまだ何か手に入っても「よりいいものを、、」って思ってしまうことがあります。

でもその度に「なぜもっと現状に目を向けて、その良い所を見ないのか?」って考えるようにしています。

まぁ欲をもつことが悪いことではないですけどね。

大切なのはショーペンハウアーのいうように【健康な精神を自分の内側に持つこと】なんですね。

読むたびに考えさせられる本だなと感謝です。

 

 

それではまた。

「いま、ここ」を真剣に生きる (嫌われる勇気)

こんにちは!まいぺーすブロガーのびーです。

段々暑くなって着ましたね~。

汗かきやすくなりますが、スポーツするにはいい時期かなと(^-^)

<スポンサーリンク>



 

さて、最近久しぶりに【嫌われる勇気】という本を読み返しました。

何だかんだ1年に1回は読み返してる本です。

それだけ人生に必要な気づきが詰まっているんです。

 

さて毎回「なるほど」「そうだなぁ」と思うポイントがいくつもあるのですが、

今回一番刺さったのは本の終盤に書かれている、

”「いま、ここ」を真剣に生きる”

という部分です。

「いま、ここ」を真剣に生きていないとどうなるか?

それは過去や未来に囚われて、本来なら見えないものが見えたような気がしてしまう(本の中では過去も未来も本来は見えないとしています)。

そして人生を物語のように捉え、その物語に沿った生を送ろうとしてしまうんです。

結果、「自分の人生は変えることができない」という考えに繋がっていきますよね。

でも、人生はそうじゃないですよね?

決まってないですよね?

やりたいことを実際にやれたり、

なりたいと思っている状態になることだってできますよね。

 

【嫌われる勇気】の中では、計画的な人生など不可能と断定しています。

そして、人生を「線」と捉えるのではなく、

人生は「点」の連続なのだと言っています。

たくさんの「いま、ここ」という点が集まって結果的に線になっていくのだと。

だからこそ”「いま、ここ」を真剣に生きる”ことが大事なんです。

 

個人的なことで言うと、去年の8月くらいかクラウドワークスというサービスに登録して細々とですがサイドワーク(副業)をしています。

収入としては月数千円くらいです。

将来的には本業と同等もしくはそれ以外の収入にしたいとは思っていますが、実際にそうなれるかはわかりません。

でも、その目標にたどり着けるかどうかを考えても仕方がないんです。

なぜなら未来は見えるものではないから。

だから今大事なのは、結果的に目標に届くかどうかではなく、

現在依頼してもらってるお仕事をしっかりやることなんですよね。

 

と偉そうに書いてきましたが、

自分もまだまだ過去のことを考えてしまったり、

未来はどうなるのかと不安になってしまうこともあります。

でも少しずつでも「いま、ここ」に意識を向けるようにしていこうと思っています。

そういう生き方ができれば、きっと人生は幸福に向かっていけるんだと思います。

【嫌われる勇気】おすすめです(^-^)

 

 

それではまた。

 

 

「変わらない」という決心

おはようございます!まいぺーすブロガーのびーです。

昨日久しぶりにがっつりテニスをしたら、早速右胸から右腕にかけて筋肉痛になりました(笑)

いやぁでもレベル高くて面白かったなぁ(゚∀゚)

<スポンサーリンク>



 

さて最近また読み返している本があって、

【嫌われる勇気】という本なんですが。

2013年に発売されて、今だに本屋によっては人気ベスト5に入ってたりもしますね。

 

今回はその中で、

”人は常に「変わらない」という決心をしている”

という箇所がありました。

嫌われる勇気では、アドラー心理学を説く哲人と人生に悩む青年の対話という形で話が進んでいきます。

その中で青年は自分が不幸だと思っています。

不幸は嫌だから変わりたいと思っている、でもなかなか変えることができない。

しかし青年の話を聞いていた哲人はこう言います。

”あなたが変われないでいるのは、自らに対して「変わらない」という決心下しているからなのです。”

つまり青年は不幸でいることを自ら選んでいると。

哲人も言っていますが、

変わらないでいる方がその先がどうなるか予測しやすいので楽だし、

また変わることで予測できない未来に対して不安を抱いたり上手くいかないことで傷つくこともないですからね。

 

この部分を読んで個人的に思い浮かんだのが「なかなか結婚に踏み出せない人」です。

最近でも10年間の交際を経て結婚された芸人さんがいましたね。

自分はまだ結婚していないのであくまでも個人的なイメージ(見解)ですが、

長年交際している人がいて相手は結婚したいと思っている、

でも自分はなかなか結婚に踏み切れないという人。

そういう人はまさに変わることが怖いんじゃないのかなと。

もちろん結婚という決断を下すのに色々と影響を与える要素があって、それらによってすぐには決断できないということもあるかもしれませんけどね。

だから別に某芸人さんを批判する気はないです。

【結婚】って人生の中で大きなイベントの1つなので、

自分にもそういう時がきたら確かにパッと決めることはできないかもしれません。

でもそれが5年、10年と続くようであれば「決断ができない」のではなく決断をしない」という決心をしてると言った方が正しいのかなって思います。

本人は「そういう決心をしている」という感覚はないと思いますが。

だってそれまで別々に暮らしていた個人が、一緒に暮らすようになるんですからね。

それまでの生活とは全然違ってくるでしょう。

だから結婚という決断を下さないでいる方が楽だったりするんだと思います。

 

「変わること」って確かに怖いですよね。

その先がどうなるか分からないんですから。

でも現状に満足できていないとしたら、

やっぱり「変わる」という決心をしない限り変われやしないのです。

そして本の中で哲人が言うように、人は変われるんです。

そしてそこで必要なのは【勇気】であると。

難しいですけど、とてもシンプルですね。

 

と長々と書いてきましたが、

【嫌われる勇気】は本当におすすめです。

自分は確か2014年に買いましたが、

もうこれで読み直しは5回目くらいです。

良かったら是非^^

 

 

それではまた。

 

 

それでも大丈夫 (ナリ心理学)

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

風邪はのどから完全に鼻に移り、今日から鼻声になりました。

まぁ、いつも風邪引いた時はこんな感じなんで順調と言えば順調ですかね(笑)

<スポンサーリンク>



 

 

今回はまたまたあの方のブログシェアです。

こちら↓

執着と手放すとは。

おなじみ?ナリ心理学のナリさん(同い年!)。

 

題名見て「執着を手放す」って書いてあったけど想像と全然違った。

ナリさん曰く、

不安なこと・嫌なこと・悲しいことは起こる。

どうやっても起こる。

どんなに有名な人だろうが、

どんだけ心の仕組みを知ってる人でも、

絶対経験する。

だからそういうことが起こらないことを目指すんじゃなくて、

そういうことは起きる。けど、それでも大丈夫って目線を変えてあげればいいのだと。

むしろ、嫌なことは超余裕で起こると(笑)

確かにそうですよね。

どれだけ気を付けてたって全てコントロールできるわけじゃないから、

仮に自分が完璧だったとしてもうまくいかないことはある。

だから「嫌なことが起こったらどうしよう」って不安になっても無駄なのですね。

いやでも起っちゃうんだから。

だったら嫌なことは起きちゃうけど、それでも大丈夫って思ってた方が良い。

ナリさん曰く、これが執着を手放すことだと。

うん、この執着を手放すができたら、

もっと生きやすくなるね(^^)

ありがとう、ナリさん。

今回も学びになりました!

 

 

それではまた。

夢とは叶わないもの、という思い込み (植松努さん)

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

今朝車で通勤する時に桜の葉がたくさん散っていくのを見かけました。

あっという間でしたねぇ。でもその儚さが良いのかもしれませんね^-^

<スポンサーリンク>



 

 

さて今回は読書シェアです。

今回の本はこちら↓

植松努さん【好奇心を”天職”に変える空想教室】です。

見返したらちょうど1年前くらいに読んでブログ書いてました。

 

植松さんは「夢を持つことの大切さ」を語っています。

植松さんは小さい時から潜水艦やロケットなどに興味を持っていましたが、

当時の学校の先生から「無理だ」と言われ、

とても傷ついた経験をもっています。

小学校6年生の時には卒業文集に「私の夢」として”潜水艦を作りたい”と書いたら、先生に呼び出されてこう言われたそうです。

「夢みたいなことを書くんじゃない」

植松さんは混乱しました。

そりゃそうですよね。

植松さんが言うように、夢って実現しそうなことしか書いたり言っちゃいけないものでしたっけ?

このように小さい時から植松さんは「どうせ無理」という言葉の暴力を何度も浴びせられたのです。

 

ある時植松さんは「夢」を日本とアメリカの辞書でそれぞれ調べてみました。

すると、こんな違いがあったのです。

・日本→はかないもの。叶わないもの。

・アメリカ→強く願い、努力すれば実現するもの。

こうやって見ると、

日本人の場合多くは夢を「諦めさせられた」のかもしれませんね。

 

でも、「どうせ無理」って言う人はどんな人なんでしょう?

それは、「やったことがない人」ですね。

やったことないから、わかるわけないのに。

でもそういう人たちも、いつの時か誰かに「無理」って否定されてしまったことでそういう思い込み状態になってしまったのかもしれません。

 

夢をもつから、

今までにない発想が生まれたり、

新しい仕事が生まれたり、

そこに向かっていく前向きな気持ちが生まれたりするんではないでしょうか。

何歳になっても「これやりたい」「こうなりたい」って思っていいじゃないですか。

「どうせ無理」なんて死んだような人生送りたくないですもん。

 

植松さんの言葉は優しく背中を押してくれるんです。

YouTubeもおすすめです!

 

 

それではまた。

 

 

 

欲が足りない (斎藤一人さん)

こんにちは!まいぺーすブロガーのびーです。

新元号決まりましたね~。

どんな時代になるのか、平和であってほしいです^^

<スポンサーリンク>



 

さて今日は動画シェアです。

今回の動画はこちら↓

斎藤一人さんは「日本一の納税者」と言われている方です。

声しか聞いたことはないけれど、とにかく優しく包むような声なんですね。

その斎藤一人さんが今回言われていること。

”人間は欲がなくなると行動しなくなるんだよ”

”夢を車で例えるならハンドルで、欲ってエンジンなんだよ”

確かに「欲」があるから行動できる。

「お金がほしい」という欲があるから仕事頑張ったり副業したりするし、

「美味しいご飯が食べたい」という欲があるから作り方を調べたりレストランを調べたりするし、

「恋人が欲しい」という欲があるから、異性をご飯に誘ったりする。

「誰かの役に立ちたい」という想いだって行動のエネルギーとなる欲なんですよね。

そして、行動してる人って確かに元気じゃないですか?

斎藤一人さんはこうも言っています。

”具合が悪い時、うまくいかないとき、欲が足りないんじゃないか?って考え方を変えてみるといいよ”と。

 

時に「欲を持つことはよくない」という人がいますよね。

確かに人に迷惑をかけたり、法を犯すような欲は持っちゃダメだけど、

上で言ったように、欲があるから行動できるんですよね。

じゃあなぜ「欲を持つな」という人がいるのか?

斎藤一人さんの答えになるほど!と思いました。

”欲をはらせないと得なやつ(欲を持たれると困るやつ)がいたからなんだよ”

例えばある集団で自分の威厳を保ちたいと思う人や、

自分がうまくいってないから他人にも同じレベルにいてほしいという人などでしょうね。

だから「欲を持たない方がいい」と言ってくる人がいたら、

それはこちらのことを本当に想って言ってるのか、

何らかの理由で自分が困るからこちらにも同じであってほしいと思って言ってるのか、

見極めなければなりませんね。

 

確かにどこかで「欲張りは良くない」って思ってました。

でも、「欲」って行動のエネルギーになるって考えたら、

自分が向上するため(幸せになるため)の欲はむしろ大切だしあった方がいいってことですよね。

最近あまり斎藤一人さんの動画みてなかったけど、

久々に聞いて改めて学びがあるなぁと思いました^^

 

 

それではまた。

失敗するのは行動してるから (タマオキアヤさん)

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

なんだかまた寒くなりましたね~。

風邪と一緒に寒さなんて飛んでいけばいいのに(笑)

<スポンサーリンク>



 

さて今日はブログシェアです。

今回のブログはこちら↓

★落ち込みへこんだら読む記事

このブログでは何度か取り上げさせてもらってるタマオキアヤさんの記事。

 

タイトルにあるように、まさに落ち込んだ時に読むと元気がでる内容でした。

特に行動してるのにうまくいかない時ですね。

この中で「確かに!」ってすごい納得したのが、

”「失敗は、動いている」という証拠”

という部分。

何もしなければ失敗しないから落ち込むこともないだろうけど、

でも得たいものや結果があるなら、

それは何もせず待ってるだけじゃこない。

望むことがあるなら、動いて、チャレンジする必要があって。

でも、うまくいくときもあればうまくいかない時も当然あるし、

人によってはうまくいかないことの方が多いかもしれないですよね。

「なんでAはすぐにいい結果出てるのに、自分はそうじゃないんだ、、、」って。

そうすると、それはまぁ落ち込む(´・ω・`)

私のびーもまずネガティブに考えちゃうことが多いです(笑)

でもそんなときはタマオキアヤさんが言うように、

”ミスをしたとき、落ち込んだときこそ、自分を褒めてあげて下さい。「新しいことにチャレンジしたんだからわからなかっただけ。本当によくやってるよ。”

って考えればいいんですね。

 

私のびーには最近特に猛烈に行動してることがあって(知ってる人は知っているww)、

でもなかなかうまくいかないことの方が多いです。

でも、これは「動いている」って証拠なんですよね。

この前知り合いに言われました。

「それだけ行動してるなら大丈夫ですね。聞いてて安心しました。」って。

だから、大丈夫なんです。最後にはうまくいくんです。

 

失敗したからって、

それは「自分はダメなんだ」って意味じゃない。

より1歩、目指すところに近づいたってことですね(^-^)

 

 

それではまた。

後から感謝すること、意味がわかること

こんばんは(・∀・)まいぺーすブロガーのびーです。

いや~桜が咲いてきましたね~。

春ですな(・∀・)

<スポンサーリンク>



 

 

さて、今日は日帰りで実家に帰省中でございます。

下道🚙で2-3時間で帰れる距離なのでありがたいですな。

そしてやっぱり帰る場所があるって幸せなことです^^

 

子供の頃は母親が厳しい人でした。

口ぐせは「働かざる者食うべからず」でしたね。

特にご飯の準備を手伝わないと怒られていました。

ぶっ叩かれたり「出てけ!」と言われたことも(実際に追い出されたことはないですが)。

その他にも掃除や選択など一通りの家事を、当時の感覚で言うと「やらされて」いました。

でも、社会人になって一人暮らしのするようになると、

実家でやっていたから基本的な家事で困ることはなかったんです。

簡単なものだけど料理もできるし、掃除・洗濯もできるし。

社会人になって「あの時やらされたって感じてたけど、やってて良かった」と感謝しました

 

同様に、その当時は「何でこれやってるの?」って思ってたことが、

後々「あの時やっててよかった」と感謝したり、「自分にとってこういう意味があったのか」ってわかることってあると思います。

例えば新卒で入社した会社は残業が多く、ストレスもたまる環境でした。

でも今の会社では残業が少なくその点ではストレスがほぼありません。

これって1社目を経験してたから今の環境(基本定時で帰れること)のありがたみが分かるなって思うんです。

あとは高校生から好きで英語の勉強してたんですが、

それによって選択肢が増えて、

結果的に英語を使う今の会社に転職できたこととか。

当時は「英語を就職のためにやろう」なんて思ってなかったですし。

 

 

今やっていてなかなかうまくいかなかったりいい結果が出ないことも、

いずれ「あの時やってて(頑張って)良かった」と思える気がするんです。

だから、これからも自分の気持ちになるべく素直になって、

色々やっていくんだろうなって。

ふとそんなことを考えた帰省でした。

 

 

それではまた。

実家というパワースポット (ナリ心理学)

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

1ヶ月に2-3冊くらい本を買うのですが、買う基準は手に取って少し読んだりして「これ面白そう」って直感的に感じた本なんですが、

そうするとほとんど読み終わった後にそう感じるんですね。

すごいぞ、直感力(゚∀゚)

<スポンサーリンク>



 

 

さて今回はブログシェアです。

今日のブログはこちら↓

間違いなく最強のパワースポット

いつもアメブロでブログ読んでいる「ナリ心理学」のナリさん。

(なんど同い年!)

私のびーは3か月に1回くらい実家に帰っています。

まぁ帰っても24時間も滞在しないんですが(笑)

でも「1年に4回しか会わない」って数えると少ないなぁと思っているので、

滞在時間短くても帰るようにしています。

実家に帰るとどうなるか?

良くも悪くもやる気が起きない(笑)

だいたい実家に置いてきたマンガ読んでますね(笑)

最近はブログ書いたり本読んだりもするようになりましたが。

基本だらけてます(・∀・)

ご飯の用意も父親や兄に任せちゃうし。

で今回のナリさんのブログ読んで、

【実家は世界最強のパワースポット】

ってところがめちゃめちゃ新鮮でした。

で、その理由は

【何があっても大丈夫な場所】

だからだということも。

 

”神社とか、

お寺とか、

セドナ?とか

明治神宮?

いわるゆパワースポットに行くと

 

「許される感覚」にならない?

 

なんでもええんやなー。

これでええんやなーー。

このままでいいんだなー。

自分でいいんだなー。

 

みたいな( ̄Д ̄)”

(以上引用)

 

確かにそうだなー。

マンガばっかり読んでてもOKだし、

ご飯の準備手伝わなくてもそこ(実家)に居れるし。

だらけてても大丈夫だし。

甘えかもしれないけど、「たまにはだらだらしてる自分でもいい」って許してもらってる感じがするんです。

あとたまに「これうまくいかないな」ってことがあったりするけど、

そういう状態でも帰省すると気持ちリフレッシュできて

また一人暮らしの家に戻ってきて色々頑張ろうって気持ちになれる。

自分にとって実家に帰ることは実は【エネルギーをチャージ】できるだったんです。

ナリさんがこうもいっています。

”人は「許されるとパワーが出る」のだ。”

 

ちょうど来週末に帰ろうかなと思ってたタイミングでこのブログ読んだので感じたことを書いてみました!

やっぱり色々なブログ読ませてもらうと気づきあるなぁ(^-^)

 

それではまた。

バカと付き合うな (堀江貴文×西野亮廣)

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

最近Amazonでツイストボードというものを購入しました!

これでお腹のお肉を削りたいと思います(・∀・)笑

<スポンサーリンク>



 

 

さて、今回は読書シェアです。

今回の本はこちら↓

ホリエモンこと堀江貴文さんと、お笑いの西野亮廣さんの共著【バカと付き合うな】です。

このお二人の本はそれぞれ何冊ずつか持ってる程好きなので、

去年本屋で見かけた時に即買いしました。

 

この本では様々な「バカ」の例を挙げて、

「そうなるな」と警鐘を鳴らしています。

ただ「バカ」と言ってもむやみやたらに悪口を言ってるのでもなく、

頭ごなしに人格を否定する意味では言っていません。

例えば、我慢をしても何も得るものがないのに「我慢を美徳にしたがるバカ」や、

自分の言動の善意を押し付ける「善意なら何でもありのバカ」といった類です。

その中で個人的に特に共感した「バカ」を挙げてみます。

 

先に設計図を描きすぎるバカ (西野さん)

西野さんは思い立ったらすぐ行動するタイプの方です。

最近だとあの世界のトヨタからラッピングカーのデザインを依頼され、

面白そうだからと「やります」と即決。

(その後の大変さがアメブロで面白おかしく?書かれています)

これって「俺やったことないけどできるかなぁ?できるかどうか少し考えよ」って西野さんはやってないんですね。

でも「やったことないからとりあえずちょっと考えてみよう」って考えることを優先してしまうと、そこに成長も(本の言葉を借りると)進化もないですよね

 

未来に縛られるバカ (堀江さん)

ここでの堀江さんからのメッセージは、

”未来をあれこれ想像して、不安に思うことに意味はない”

です。

ほんとそうですよね。

自分は心配性なのでけっこう先のことを考えちゃったりするけど、

未来がどうなるかなんてわからないし、

先ばかり見てると大切な「今」をないがしろにしちゃうかもしれないですからね。

 

バカを笑って、自分は棚上げのバカ (堀江さん)

ネット上では良くいますよね。

やたら人を批判したりしている人。

でも人に限って批判してるだけで自分は何にもしてない。

堀江さんも本の中で言っているように、

”行動している人に文句を言っても、文句を言う人が行動できるようになるわけじゃない”んですね。

個人的にはただ羨んでるだけの人も同じだと思います。

羨む気持ちを行動に活かせればいいですけど、

「羨ましい」と思ってるだけでは何も変わらないのに。

 

 

と偉そうに書いてきましたが、

ここに挙げた3つのバカを含めて、

この本に書かれているバカにならないようにって自分自身への戒めにもしようって思います。

常に行動してる2人だからこそ説得力のあることがたくさん書かれていました^^

 

 

それではまた。