今年はどこに行くの?

こんにちは、まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

今日で8月最後!

1年の3分の2が過ぎたんですね~。

残りの日々も楽しんでいきたいですね^^

<スポンサーリンク>



 

さて、とっても個人的なことですが。

ほんとに個人的なことですよ?

ほんとに。

いいんですか?

ほんとに。

(早くせぇや)

 

えーと、私のびーはここ数年毎年1回は海外旅行してまして。

2014年に世界一周一人旅をしてから、

2015年はテニス仲間と4人で台湾

2016年は世界一周で知り合った友達を訪ねてマレーシア

2017年は留学中に知り合ったオーストラリア人&香港人夫婦を訪ねて香港

2018年は留学してたオーストラリアはゴールドコーストへ。

んで、2019年。

たまに「今年はどうするの?」って聞かれることがあって、

いつもなぜか11月の終わりの方のアメリカ祝日に土日と有給休暇を併せて行ってまして。

そろそろ航空券とか取ったりしないとなぁと今月終盤になってようやく動き始める。

基本的に航空券は値段を抑えたい&できれば今まで行ったことのない国に行ってみたい&長くて3泊だからアジアとか近場、という諸々のわがままを通そうとすると、

なかなか決まらない( ;∀;)ソリャソーダ

色々悩んだ結果タイかベトナムやなと。

が、どちらも格安航空券はあるがそれぞれ航空会社の評判も良くない(´;ω;`)ウッ…

加えて今年は去年に比べて燃油サーチャージとか高い(´;ω;`)ウゥゥ

 

そんな時同じテニスサークルの年下の女の子(タイもベトナムも行ったことある子)からこんなこと言われました。

「悩みますよね(笑)企画から楽しんで下さい^^」

ふと思いました。

「あ、こういう悩みができるのって幸せなことじゃないか」って。

だって旅行に行きたくても行けない人だっているなかで、

自分には数日でも海外に行くお金と時間と健康な体があって、行くか行かないか・どこに行くか・どの航空券にするか、など自分で選択できるのだから。

そう思ったら行き先や航空券選びが楽しくなりました(^-^)

結局、安くても遅延が半端なかったりサービスが悪かったりしたら嫌だなと思い、

最安値よりプラス1万ちょっとで買えて、口コミの良いベトナム航空を使ってベトナムのハノイにしました(∩´∀`)∩

 

ということで今年のびーさんはベトナムに飛びます。

 

どんな経験になるのかな(゚∀゚)

 

 

それではまた。

久々に読んだ”family gypsy”(高橋歩さん)

どうも~、まいぺーすブロガーのびーです。

普段ねる前に良くないと思いつつスマホをいじってしまっていたので、

寝る前は机に置いて、代わりに前に使っていたスマホ(通信なし)を目覚ましとして使い始めました!

スマホから出るブルーライトって不眠症につながる可能性があるらしいですからね^^;

 

さて今日は久々?に読書シェアです。

今回の本はこちら↓

高橋歩さんの”family gypsy”

自分が”世界一周”という世界を知った本です。

著者の高橋歩さんは、

奥さんとの新婚旅行で世界一周をして、

その後2人の子供をもうけて今度は家族4人で世界一周した人で、

この本は、その家族4人での世界一周の様子を書いた本なんです。

 

この本を購入したのは確か2014年、社会人2年目の時だったかと。

本の帯に書いてあった言葉が強烈だったんです。

”たった一度の人生。好きなことやんないで、何やんだよ。”

そして思わず購入し、読んでみて、高橋歩さんのことを知りました。

「うわ、何か凄いことしてる。そしてこの人楽しそうだな。」って思いました。

同時に”世界一周”というものを知りました。

最初は「いやいや、世界一周なんてお金持ってる富裕層の人がやるようなことでしょ。それに同時にたくさんの国を周るなんて大変そうだし怖そうだし。」って思ったんです。

その時の自分に今ならこう言うでしょう。

「いや、お前次の年世界一周してるぞ」って(笑)

結果的に新卒で入社した会社を辞めて、翌年の2015年に82日間の世界一周一人旅をしたわけですが、

この本がなければそもそも世界一周というものを知ることさえなかったかもしれません。

 

他にこの本には高橋歩さんの素敵な言葉が色々とあります。

”大好きな人たちと、笑いあって過ごすこと。俺が求めているのは、結局、それだけかもそれない。”

”人生のゴールなんて、知らない。自分がやりたいことを一生懸命にやって、誰かが喜んでくれる。ただ、そういうことを、積み重ねていきたいだけ。”

”近い未来に、「あれ、楽しみだな」をいっぱいセットしておく癖をつけること。それだけで、けっこう、毎日が明るくなるぜ。”

”まぁ、細かいことは、青空に溶かしてさ。今日は、ほのぼのしようぜ、ほのぼの。”

”いいことがあったから、元気なんじゃない。元気にやってるから、いいことが起こるのさ。”

”そりゃ、うまくいかないことも、不運なことも、いろいろあるけどさ。意味のない痛みなんて、ひとつもない。意味のない失敗なんて、絶対にない。大切なのは、これからのライフに、どう生かすか。それだけでしょ。俺は、今、ここにいる。そして、いつも、今いる場所から、前を見る。”

 

もし気になった場合は本屋とかで一度チェックしてみて下さい^^

 

それではまた。

 

「やりたいと思った時」がやるべきタイミング

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです。

最近前に読んだ小説を読み直してます。

普段はビジネス書や自己啓発系(というのか?)ばっかり読んでるんですが、

小説って読み始めるとどんどん読んじゃいますね^^

<スポンサーリンク>



 

私のびーは4年前にバックパッカーで世界一周して、

それ以降毎年年1回は海外旅行してます。

今年は留学もしていた思い出の地、オーストラリアのゴールドコーストにしました。

留学していたのが8年前。

その4年後に世界一周で「里帰り」して、

それからまた4年経ちました。

ふとそのことを思い出した時、

「あ、今年はゴールドコーストかな」って直感的に思いました。

ここ2~3年は長期間の休みがないことや、安いという理由でアジアに旅行していました。

オーストラリアとなると当然行くだけでもよりお金がかかります。

実際にもっと安く済むであろうアジアも少し調べようとしましたが、

あまり比較せずにすぐに「ゴールドコースト」と決めました。

それは「ゴールドコーストと思い浮かんだ=今年が行くタイミングだ」と思ったからです。

実は世界一周を決めた時も同じような感じだったんです。

その時は新卒の会社時代で、異動で大阪の支店で働いていました。

退職の意思があることを上司に伝えてから関西支店の支店長や常務が来て何度か面談した際に、

「あと1年は続けてみないか?」と言われました。

でも悩むことなくお断りしたんです。

「行きたいと思った時が行くべきタイミングなんじゃないか」って思っていたからです。

確か1年伸ばしても行けるかもしれませんでした。

でも、行ける保証はないんですよね。

その時より仕事の関係で辞めにくくなっていたかもしれないし、

お金を使ってしまうかもしれないし、

ケガや病気に見舞われるかもしれない。

そうなって「やっぱりあの時行けばよかった、、、」って後悔する。

そうなりたくなかったんです。

今回の行き先をゴールドコーストにしたのも同じです。

幸いまだ何人か知り合いがいて、

連絡が取れて会おうってなりました。

来年でも会えるかもしれません。

が、会えないかもしれません。

自分が何かしらの事情で行けなくなるかもしれないし、

相手がゴールドコーストから引越してしまうかもしれない。

なのでシンプルに「最初に浮かんだゴールドコーストに今年は行こう」って決めたんです。

 

もちろん「やりたいと思ったこと」全てをすぐに実行できてはいません。

むしろ実行できていることの方が少ないです。

でもこの考え方は大事にしています。

後々後悔したくないので。

みなさんも何か「やりたい」と思ったら、

実行してみて下さいね^-^

 

 

それではまた。

世界一周振り返り~ヨーロッパで電車に乗る時~

どうも、のびーです。

まさか今日は関東で雪が降りましたね!Σ(゚Д゚)

会社からも早く帰っていいって指示出たので早めに帰宅できました。

そもそも、今日はほとんどの人はお休みなんですよね(笑)

 

さて、今日は久々に世界一周振り返りシリーズでございます。

今日のテーマは、

「ヨーロッパで電車移動したときに体験したこと(注意点とか)」

です。

 

席は予約しとく?

自分はヨーロッパ13か国を列車移動で周ったんですが、

「ユーレイルグローバルパス」というチケットをあらかじめ日本で買っておきました。

ユーレイルグローバルパスとは?

簡単に言えば、パスが使える国の主要な列車が乗り放題になるチケットのこと。

で、これは乗り放題だけど席が予約されてるわけではないんです。

日本の新幹線の自由席みたいな感じですね。

なので予約したいときは別料金になるんです。

私のびーはほとんどの移動で念のため席を予約しましたが、

だいたい2~3ユーロ(当時のレートで言うと300~400円くらい)でした。

じゃあ予約したほうがいいかどうかと言うと、

「時と場合による」

ということになってしまいますな(笑)

自分みたいに心配性な方は数ユーロなんで予約しとくといいと思います。

予約しておいたけど混んでなかった時もあれば、

予約なしで乗ってみたらけっこういっぱいだったという時もあるので。

あとは各国の駅の窓口で「予約した方がよさそうですか?」と駅員さんに聞いてみたりしてもいいですね。

 

ホームが急に変わる?

これはけっこうあるあるでした(笑)

事前に調べておいても(ちなみにドイツの国鉄のホームページ【DB】で各国の電車の時刻調べてました)、

当日駅に行ってみたら全然違うホームに変わってるってことがありました。

どこかの国で駅員さんから「気を付けて」と言われたことも。

なので「ホームは変更されるもの」と思っておいて、

乗る直前までしっかり掲示板を見ておいた方がいいです!

じゃないと直前で焦って構内をダッシュすることになるので(笑)

 

時刻通りに発車する?

個人的な感覚では(国によるだろうけど)、

ほとんど時刻通りに発車してたかなと思います。

そこらへんはしっかりしてましたね。

あ、でも、スロベニアからクロアチアに移動したときだったかな?

1時間~1時間半くらい遅れて発車した気がします。。

しかもその間、日本の電車と違って一切アナウンスなかった(笑)

だから何で発車しないのか全くわからず。。

その時は予定に余裕があったので特に支障はなかったですが。

(基本国から国を移動するときは完全に移動日としていたので)

まぁ日本と同じように考えていてはだめということですね。

 

 

ということで、ヨーロッパで列車移動した時にこんなことあったなぁってこと書いてみました。

飛行機の方が楽で速いかもしれないけど、

ヨーロッパは列車でも移動しやすいので試してみても面白いですよ^^

 

 

それではまた!

<スポンサーリンク>



のびーの世界一周振り返り~念願のウィンブルドンテニス観戦記~

どうも、のびーです。

この土日は少し気温上がってますね。

昨日日中テニスしてたら顔日焼けしました(笑)

 

さて、今日も世界一周振り返りシリーズですが、

趣味で17-18年やっているテニスにまつわるお話です。

そう、題名にもあるように「テニスの聖地」と言われるウィンブルドンテニスを生観戦してきたのです!

今回はその時の振り返りしちゃいます。

 

テニスの聖地

テニス好きなら知らない人はいないであろう、テニスの4大大会。

全豪オープン・全仏オープン・全英オープン(ウィンブルドン)・全米オープン

その中でもテニスの聖地と言われるウィンブルドンテニスはいつか観に行ってみたいと思っていて、

バックパッカーをする際に「この機会に行こう」と決めたのでした。

なので日本を出発して、アジアをすっ飛ばしいきなりイギリス・ロンドンから旅をスタートしたのです。

事前にウィンブルドンテニスを観戦したというブログを読んでいて、

「この駅からの電車に乗ればウィンブルドンテニスの会場の最寄り駅に行ける」という情報があったので、まずはその駅の近くに宿を手配。

Earl’s Courtという駅ですね。

「始発に乗って行った方がいい」というアドバイスもあったので、

翌朝5時半くらいの電車に乗って最寄り駅へ。

(Wimbledon Park駅かWinbledon駅のどっちだったかは忘れました、、)

駅ついてすでにワクワク。

当然他にも観戦に来た人たちがいるので会場までその人たちの後をつける(笑)

無事に会場について整理券みたいなのもらったのですが、

朝6時くらいに着いて、既に前に2150人(笑)

で開場が10時半か11時からだったので、ひたすらそれまで待つ。。

(暇だった、、(´;ω;`)ウゥゥ)

そしていよいよ会場へ!

 

チケットを即紛失!?

チケット窓口に辿り着き、チケットを購入。

「よし、買えた!」と思いおつりなどをしまってふと気づく。

「、、、あれ、チケットどこ??」

なんと!

買ったばかりのチケットをどうやら落としたのです。。

自分でもビックリですよ。。

買ってから20秒くらいしか経ってないのに(´;ω;`)ウゥゥ

近くにいた若い会場スタッフのお兄さんに事情説明したら

「もう会場に入ったら特に問題はないけど。でも僕以外には言うなよ。」とのことだったので、そのまましれっと会場へ(笑)

 

まさかの雨天中止!?

とりあえず適当に外のコートの試合観ようと思ったら、

なんと雨が降り出すという!!

でコートにはカバーが。。

え、ここまで来て中止??

いや、ここまで来たんだから何としても観たい!

雨もそんなに強くないし!

ということでみんなが雨宿りしてる中とあるコートの一番前に座って待機。

で、

止んだー!!

なので贅沢にも間近でプロの試合を生で観戦することができました。

いやぁもうこの1試合だけでも感動。。

ところでこの時1人で観戦に来ていた日本人のおばさんが隣に座ったので一緒に見ていて、途中でチケットを無くしたことを話すと、

「私のあげますよ」といってくれたのです!!

なんていい人なんだ(´;ω;`)ウゥゥ

で「この次は青山修子選手のダブルスの試合ありますよ」と教えてくれたので2試合一緒に観てました。

わかりにくけど青山選手の試合の写真↓

素晴らしい大逆転勝利を見ることができました!

そのあとはおばさんと別れ会場内をぶらぶらしたり、お土産物見てテンション上がったり(笑)

いやぁ、もう1日幸せだったなぁ。

 

行動したら念願だった観戦に行けた

まさか本当に行ける日が来るなんて思ってなかったです。

行動できれば叶えられる目標や夢はある。

そんなことを実感したのでした。

他の4大大会も死ぬまでには観に行くぞ!

 

 

それではまた。

<スポンサーリンク>



のびーの世界一周振り返り~地図は買うべし!~

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

だんだん日が伸びてきましたね~。

いつも仕事はほぼ定時の17時で終わるんですが、

最近帰る時に「あ、まだ明るい」って思ってました。

 

では、本日は世界一周振り返りシリーズでございます。

今回のお話の舞台はヨーロッパ!

それまでヨーロッパに行ったことがなく、この1人旅で初めてその地に降り立ったわけです。

ヨーロッパは13か国周ったのですが、すべて列車での移動でした。

ちなみに「ユーレイルグローバルパス」というチケットをあらかじめ日本で買っておきました。

詳しく知りたい方はこちら

 

地図のお金をケチり迷子に

ヨーロッパ各国での宿泊先はあらかじめ日本ですべて予約していき、

鉄道で周るのでなるべく使用する駅の近くで探しました。

(いや~この作業大変だった。。

未知の場所の地図を見ながら、さらに自分の要望等と照らし合わせながらの宿の検索だったので、1か国の宿決めるのにめちゃくちゃ時間かかった。。)

で、行ってみて気づいたのは大抵の駅には無料の駅周辺地図があったんですね。(主にインフォメーションセンターにでゲット)

まぁ有料だとしても1~2ユーロくらい(当時のレートで約150円~300円)なのでたいした金額じゃないんですけどね。

ただ、最初の方で全て無料でゲットできていたことが後々あだとなるのです。。

トラブルが発生したのは9か国目のチェコ・プラハ。

いつものようにインフォメーションセンターに行ったら、

なんと地図が有料!

当時の私は、

「なんで無料じゃないんだよー!まぁ、なくてもなんとか辿りつけるだろう」

と思いわずかな金額をケチって地図を購入しなかったのです。

手元には宿の予約サイトで印刷した地図と、旅の途中でゲットしたちょっと古い地球の歩き方(本)。

どちらもかなり限られた駅周辺の地図しか表示してなかったんですけどね。

でいざ駅出て歩いていたら、

全然見つからないししまいにはどこ歩いてるかわからない!Σ(゚Д゚)ギャー

小さな地図に乗ってる道路名をさがしても全然見つからない、、

あたりはだんだん日が暮れてくる、、

重い荷物をもちだんだん疲れてきてる、、

誰かに聞けばいいのに気力がなかったのかなぜが自力で探す自分、、

終盤には泣きそうになりました(笑)

そして彷徨うこと1時間

見つかったーーーーー!!!!!

ちゃんと駅近くでした(笑)

部屋に入って安心してまた泣きそうでした(笑)

 

その後はことことを教訓に、

ちゃんと有料の地図を買うようにしました。

まぁ、すぐに宿に着ける(笑)

 

 

ということで、

もし似たような状況になったら迷わずケチらず地図を買うことをオススメします!

、、ケチるなんて自分くらいか?(笑)

 

 

それではまた。

 

<スポンサーリンク>



のびーの世界一周振り返り~「ドル」って意外に多い!?~

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです。

関東はまた雪が降りそうですね。。

怪我には気を付けましょう!

 

ということで、前回の続きみたいなこと書きます。

ヨーロッパ以外に周った6か国で使われてる通貨もついでに書いちゃおうかなというわけです。

ちなみにその6か国とは、

ペルー・ボリビア・アメリカ・ニュージーランド・オーストラリア・シンガポール

です。

ではいってみよー!

 

 

ペルー>>>ヌエボ・ソル

(ちなみに「ソル」とはスペイン語で「太陽」という意味だそうです)

ボリビア>>ボリビアーノ

アメリカ>>USドル

(知らない人はいないと思いますけど一応笑)

ニュージーランド>>ニュージーランド・ドル

オーストラリア>>オーストラリア・ドル

シンガポール>>シンガポール・ドル

 

こうみると「~ドル」というのが多いですね。

以上です。では!

 

 

ってちょっと、いや大分短いので(笑)

この記事書いてる時に面白いなと思ったことを余談ですが書きます。

最後に「~ドル」ってつくのが多いですねとありますが、

世界各国の通貨一覧見てたら他にも「~ドル」ってつく通貨があったんで載せちゃいます。

 

アジア

香港>>香港ドル

ブルネイ>>ブルネイ・ドル

東ティモール>>USドル

北米

カナダ>>カナダドル

オセアニア

キリバス>オーストラリア・ドル

クック諸島>>ニュージーランド・ドル

ソロモン諸島>>ソロモン諸島ドル

ツバル>>オーストラリア・ドル

ナウル>>オーストラリア・ドル

ニウエ>>ニュージーランド・ドル

パラオ>>USドル

フィジー>>フィジードル

マーシャル諸島>>USドル

ミクロネシア連邦>>USドル

北マリアナ諸島>>USドル

米領サモア>>USドル

南米

エクアドル>>USドル

ガイアナ>>ガイアナ・ドル

スリナム>>スリナム・ドル

アフリカ

ジンバブエ>>ジンバブエドル

ナミビア>>ナミビア・ドル

リベリア>>リベリア・ドル

 

こうやってみるとたくさんありますね!

それに加えて初めて聞いたりあまり聞かない国名もけっこうあったんではないでしょうか?

やっぱり海外は面白いなぁ

と書きながら一人思ってました(笑)

 

 

それではまた!

<スポンサーリンク>



のびーの世界一周振り返り~ユーロ使える?使えない?~

Good evening! のびーです。

この週末は土日両方ともテニスしてました!

みなさんは充実した週末でしたか?

 

さて、今回は再び世界一周ネタです。

82日間という期間の中でその内50日を過ごしたのがヨーロッパなのですが、

ヨーロッパで使われているお金と言えば?と聞かれたら

「ユーロ」が思いつきますよね。

でも全ての国で使われているわけではありません。

私のびーは13か国周ったのですが、いくつかユーロが使えない国がありました。

そこで!

今日はその13か国の通貨を書き出してみたいと思います!(拍手👏)←

 

ユーロが使われていない国は何か国あったか?

まず世界一周で訪れたヨーロッパ13か国は、

イギリス・フランス・スイス・オーストリア・スロベニア・クロアチア・ハンガリー・スロバキア・チェコ・ポーランド・ドイツ・ベルギー・オランダ

です。

では、使用通貨一覧です!

イギリス➡ポンド£

フランス➡ユーロ€

スイス➡スイスフランS₣

オーストリア➡ユーロ€

スロベニア➡ユーロ€

クロアチア➡ユーロ€

ハンガリー➡フォリントFt

スロバキア➡ユーロ€

チェコ➡チェコ・コルナ

ポーランド➡ズウォティ

ドイツ➡ユーロ€

ベルギー➡ユーロ€

オランダ➡ユーロ€

ということで13か国中5か国がユーロ以外の通貨でした。

いやぁ管理ちょっと大変ダッタ(笑)

スイスはそもそもEUに加盟してないからユーロも使用してませんが、

EUに加盟してるけど独自通貨を使用してる国もあるんですね。

独自の通貨を持ち続ける理由は、ユーロのメリットがなかったり、ユーロを導入する基準に達していないということのようです。

 

ってことで豆知識?になりそうなこと書いてみました。

色んな通貨があるって面白いですね~。

それではまた!

<スポンサーリンク>



のびーの世界一周振り返り~高橋歩さんの本との出会い~

こんばんは、まいぺーすブロガーののびーです。

寒いですねぇ。。。

みなさん風邪には気を付けて!

 

さて今日はある本を紹介したいと思います。

以前のブログでも少し取り上げたことがあるのですが、

高橋歩さんの「Family Gypsy」という本です。

簡単に言うと、高橋さんが奥さんと子供2人の家族4人で世界一周したお話です。

 

世界一周を知る

この本に大きな影響を受けました。

どんな影響か?

それはこの本で世界一周そのものを知ったのです。

「こんな(世界一周という)世界があるのか!?」

衝撃でした。

それまでの自分は海外旅行や留学の経験はありましたが、

どれも1度に1か国だけ。

それを、世界一周では1度に何か国も周って、更に一周してしまうなんて、、

世界を飛び回れるのは一部の限られた人だけだと思っていました。

 

自分とは違う世界のお話

世界一周を知って、すごいな!かっこいいな!

そう思いました。

がしかし、知ったからと言って最初は自分もやろうとは思いませんでした。

「すごいし憧れるけど、自分には無理だろう」

自分とは違う世界のことだと思い、

やる前から無理だと決めつけていたんです。

でも、それから心の片隅には常に「世界一周」という言葉があった気がします。

 

そして世界一周の旅へ

結果的には世界一周をしました。

素晴らしい経験になったのは言うまでもありません。

「Family Gypsy」を本屋で手にとったのはたまたまです。

でもこの本と出合わなければ、

世界一周を知ることもはなかったし、

航空券の手配をもらった世界一周堂さんを知ることもなかったし、

世界一周をして様々な経験をすることもできなかったでしょう。

そう考えると、

この本に出合ったのは偶然ではなかったのかもしれません。

 

全てのことには意味がある?

この一連のことで、

そう思うようになりました。

たまたま出合った人やちょっとしたきっかけで知ったこと。

それが将来大きく自分の人生に関わることになるかもしれない。

そういった出会いで「ちょっと気になるかも」と思ったら、

その「ちょっと気になる」を意識してみてください。

それが後々やりたいことになったり運命の出会いになったりするかもしれませんよ^^

 

 

それではまた。

<スポンサーリンク>



のびーの世界一周振り返り~自分のための旅が誰かのために?~

Hello! まいぺーすにブログ書いてますのびーです。

さて、今日は世界一周中に感じた不思議な気持ちについてふと思い出したので書いてみようかなと。

自分のための旅が、誰かのためにもなっていた

約3年前の2014年6月26日~9月15日の82日間、私のびーは世界一周の1人旅をしていました。

海外が好きだというのはもちろんですが、

「やってみたかったから」というとてもシンプルな理由です。

誰かに頼まれたわけではなく、自分の欲のためにしたことです。

出発前も旅の最中もそういう感覚しかありませんでした。

 

ある日、Facebookに写真を投稿したところ友達の1人からこんな返信が。

「写真見てると自分も行った気になれるよ!ありがとう!」

、、、ありがとう??

あ、怒ったわけではないですよ?(焦)

ありがとうと言ってもらえるのはもちろんどんなことでも嬉しいことです。

でも、自分が行きたいと思って、やりたいと思ってやってることに対して「ありがとう」なんて言ってもらえるとは思ってなかったんです。

とても不思議な、そして何だか心が暖かくなる感覚を覚えました。

そしてこう思いました。

「自分のためにしているこの旅が、誰かのため(喜び)につながっているんだ。」

例えそれがほんの一部の人のほんの一部分に対してだとしても。

この気ことは世界一周の旅に出なければ気づけなかったかもしれません。

また写真はTwitterでも発信していたんですが、

そちらの方でも「ありがとう」以外に「楽しみにしてます!」といったコメントをいただいたこともありました。

様々な事情で(なかなか)海外には行けない人たちのなかに、そういった写真を見て楽しんだり喜んだりしてくれる人がいることを知ったんです。

 

このことがあってから残りの世界一周の日々はより楽しいものへとなりました。

今でもTwitterとInstagramで基本平日毎朝、振り返りと称して写真を投稿しています。

もう3年経ったので時には同じ写真を投稿することもありますが。。

それは別に有名になってちやほやされたいとかそういうことではないんです。

ただ、1人でも写真を見て喜んでくれたり元気になってくれたりするのならば、

自分にとってそれが投稿を続けるだけの十分な価値に値するんです。

だからこれからも世界一周の時に取った写真や、年に1回海外に行ったときはそれらの写真の投稿を続けていくつもりです。

もし興味あれば見てみてください^^

Twitter

Instagram

 

それではまた!

<スポンサーリンク>