英語の名言 2

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

この前所属しているテニスサークルの内の1つで他サークルとの対抗戦があり、4試合(6ゲーム×4)やったら腰が思いっきり疲れました。。

年かな( ゚Д゚)笑

 

<スポンサーリンク>



 

さて、今回は「英語の名言からタメになりそうな言葉を紹介」の第二弾でし。(でし?)

第一弾はこちら

今回の名言はこちら↓

”Laughter is the best medicine."

”笑いは最良の薬。”

 

前回のブログに続き、今回も健康に関することになりますね。

「笑いは最良の薬」と聞いて、納得する方は多いのではないでしょうか?

笑っていると、心が元気になるし前向きになれるし嫌なことを忘れられるし

笑っている時にネガティブなことは考えられないですからね

あるアメリカの政治記者でありライターであった男性が、自分の病気は笑いで治ったということを記した本もあるそうです😳

これらしいです↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

笑いと治癒力 (岩波現代文庫 社会30) [ ノーマン・カズンズ ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2021/1/11時点)

楽天で購入

 

 

今度読んでみようかな(゚∀゚)

 

個人的には食事の時だけテレビを見ますが、

その時よく見ているのは毎週録画している「しゃべくり007」だったり、スペシャルの時だけ録画している「アメトーーク」や「とんねるずのスポーツ王は俺だ」などで、

いっつも食事の時は笑わせてもらってます(^^)

だからあまり風邪ひかずに元気なのかな?😁

バラエティー番組に限らず、

友達と喋るでもいいし、好きなことするでもいいし。

とにかく、笑いましょう( ´∀`)bグッ!

絶対心身へ良い影響しかないから( ´∀`)bグッ!

 

ということで。

それではまた。

2021年ですね

こんにちは!まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

あけましておめでとうございます!

休日の方はゆったりできていますか?

お仕事の方は年始からお疲れ様です。

今年もよろしくお願いします^^

 

<スポンサーリンク>



 

さて、特にこれ!といったものが見当たりませんが(笑)、

とりあえず新年なので書きます(゚∀゚)💡

 

健康

やっぱり特に今年はこれが一番大事になってきますね。

とにかく引き続きしっかり手洗いして、出かける時はマスク。

人が密集する場所にはなるべく行かない。

外出するなら喚起や対策がしっかりしているところ、行く場所や時間を考慮するなどですね。

 

テニス

やっぱり自分にとってテニスはかかせないものですね。

去年はコートの閉鎖によりできない期間があり、

再び使えるようになった時の嬉しさは今でも覚えています。

去年は専らコートへは車で行くようにしました。

今年も基本車移動で気を付けながら楽しみたいと思います。

 

お金

去年は初めて丸1年しっかり家計簿をつけて、

100万円ちょっと貯金することができ、またそれが「自分やればできるじゃん」という自信にも繋がりました。

今年もそれ以上貯金できるように頑張ろうと思うし、

また貯めるだけでなくより増やせるように資産運用の勉強を継続したり、

貯めてばかりでも人生つまらないので使いたいものやことには気持ちよく使っていこうと思います。

 

恋愛・結婚

やっぱり書いちゃう(笑)

そうですね~、今年は去年に比べて結婚という意識が強くなってきているので、

今年は将来を共にできるパートナーを見つけます。

焦っているわけではないですが、そろそろ落ち着きたいなと思うので😌

結婚が決まったら、盛大にお祝いして下さい(笑)

 

ブログ

なんだかんだ3年以上続けてきました。

読んでいただいている方の数はいっこうに変わりませんが(笑)、

もう書く習慣がついているし、続けられる限り続けます。

1人でも「おもしろい」とか「勉強になった」って思ってもらえたら嬉しいですからね。

 

読書

これもテニスに続き欠かせない趣味ですね。

去年は平均週2冊というペースで読めました。

色々なおもしろい本に出合えましたね。

今年も月数回は本屋さんにいって、

自分の感性を広げられる本に出合えればと思うと同時に、

どんな本に出合えるのかワクワクしてます。

 

 

とまぁ、今のところこれくらいでしょうか。

 

まだまだコロナのことで先行き不透明な状態が続くかもしれません。

それでも、きっと人は工夫して乗り越えていけると思います。

今年も充実した1年にしていきましょう(^^)

 

 

それではまた。

英語の名言

こんにちは!まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

今日は午前休取っていてその間に書いてます。

良い天気や~(゚∀゚)

 

<スポンサーリンク>



 

さて、今回は英語の名言からタメになりそうな言葉を紹介したいと思います。

今回はこちら↓

“When angry, count to 10 before you speak. If very angry, count to 100.”

”腹が立ったなら、言葉を発する前に10数えなさい。ひどく腹が立ったなら、100数えなさい。”

 

少し前にこんなブログを書きましたが↓

感情的=酔っ払い (ナリ心理学)

腹が立ったらどうしても感情的になってしまうし、

感情的になったらどうしても冷静な判断ができないから、

後で後悔するようなことを言ったりやったりしてしまう可能性がありますよね(^-^;

今回の名言に書かれていることは、

要は「一旦落ち着きなさい」ってことだと思うんです

10数えたり100数えれば、確実に腹が立った直後よりは冷静になれるでしょう。

 

だからと言って、じゃあ次に腹が立った時からいきなりできるかと言うと簡単ではないかもしれません。

腹が立った瞬間は「10や100数える」ことを意識できないかもしれませんからね😅

それでも、

まずこういう落ち着け方があることを知って

少しずつ意識して実践できるようにする

そして少しずつでもできるようになっていけば、その頻度は増えていって

頻度が増えていけばいつか常にできるようになる

と思っています(^^)

 

個人的には深呼吸をしてみたことがありますが、

深呼吸1回でも少し自分を落ち着かせることができました。

でも10数えたり100数えたりする方がより効果があるかなと思いますね😉

 

 

それではまた。

 

基礎からでもいいじゃないか

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

少し前に腰の疲れが取れなくて、月1通ってる整体の先生に見てもらったらどうやら骨盤のゆがみが原因だったみたいです。

姿勢など気をつけないとそういうところに出てしまうんだなぁと実感しました(^^;)

 

<スポンサーリンク>



 

さて、今回は少し前に見た動画をシェアしたいと思います↓

メンタリストDaiGoさん芸人の中田敦彦さんとコラボしている動画です。

 

今回自分が注目したのは、中田さんが「難しい本はマンガ版などわかりやすいものから入っている」ということです。

動画内(18:00~)で紹介されているように、中田さんは源氏物語をマンガから入っています。

確かに色々な知識をもっている中田さんは分厚い活字だけの本だけ読んでいるというイメージだったので意外でした😳

でも、文字だけで内容が難しいと途中で興味をなくしたり読むことを止めてしまったりするんですよね💦

だからまずは分かりやすいもの、読書でいうとマンガ版などから入るというのはとても良いアイデアですね(^-^)

 

何か学びたいと思った時に、「自分の役に立つように」という思いを持って取り組むのは素晴らしいです。

でも、それを継続できないと自分の役に立つものにできません。

まずは好きになること・興味を持った状態になることが大切ですよね

だからいきなり難しいレベルから入らなくてもいいんです。

例えば、大人が英語を1から勉強したいと思ったら難しい参考書じゃなくて中学生や高校生の教科書から取り組んだ方がいいし、

体を鍛えたいと思ったらいきなり長距離走るよりも20-30分のウォーキングから始めてみる方がいいと思うんです。

 

個人的には読書に関して、最近【7つの習慣】という本のマンガ版を買いました。

前に活字だけのものを読んだんですが、分厚くて時間がかかったし難しかったので1回読んだだけで売ってしまったんです。

それ以来読むことはなかったんですが、本屋でマンガ版を見つけて読んでみたところ分かりやすくてまた興味を持つことができたんです💡

 

中田さんの言葉を借りると、

柔らかいものを食べることは恥ずかしいことじゃないんです

読書でも、語学でも、スポーツでも、

その面白さを知ってるかどうかの違いは大きいんです

(これも中田さんの言葉をお借りしました)

周りがどう思うかより、

自分にとってどうなのかの方が大切ですよね(^ω^)

 

 

それではまた。

「勇気を出さないといけない」は本音じゃない

こんにちは!まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

今日はセンター試験の日ですね~、懐かしい(・∀・)

それにしても、最近毎年センター試験の日って天気悪くないですか?💦

学生のみなさんは体調にも気を付けて全力を出せることを祈ってます😉

 

<スポンサーリンク>



 

さて、今日は動画シェアですがこのブログでは初めてシェアさせてもらう人かも?

「ホスト界の帝王」と呼ばれるRolandさん

初めて見た時は単にチャラい人かなと思ってたけど(失礼)、

段々見ていくうちに「しっかり自分の軸(意見や考え)を持った人なんだな」という印象に変わり、

去年著書も買いました↓😁

で、ちょっとツッコミどころがある点がまた魅力的なところでもあるなって思います(゚∀゚)

 

で、今回は女子アナのお悩み相談という回なんですが、

その中で8:54~あたりからの三上アナの相談に答える場面。

三上アナのお悩みは「結婚に踏み切れない」というもの。

でRolandさんの答えにめちゃめちゃ共感、、、

「勇気を出さないきゃ結婚できない相手って運命の相手じゃないのかな」

つまり、自然と「この人と一緒にいたいな」って思えてる人じゃくて、でも「この人逃がすともうしばらく出会いなさそうだから、、、」みたいな状況って、

自分の本音を無視しちゃってる状態だなって思うわけです。

要はその人は、「運命の人」ってそもそもいるのか?ってこともありますけど、多分一生一緒にいたい人ではないんですよね。

 

同様に、動画内でRolandさんが言うように、

「せっかく買い物に来たから何か買わないと」って思って買ったものって、

たいてい要らないもの=本当に必要なものではないことが多いですよね。

あとは、例えば自分のことで言うと去年まで約4年間朝活で英語以外の言語を趣味レベルで少し勉強してたんです。

最初は好きでやっていたけど、だんだんそのために朝早く起きるのが嫌になってきて。

でも「これだけ続けてきたし、ここで止めたら今までの時間がもったいないかな、、」って思ってなかなか止めれなかったんです。

そしてとうとう止めてその分(20分くらいですが)寝る時間を長くしたら、めちゃめちゃ精神的に楽になったんです。

結局は、頑張って続けていたけど(段々と)本当にやりたい事ではなくなっていたんですね。

 

恋愛でも、買い物でも、趣味でも、

頭で考えている時点でもうそこに自分の本当の気持ちはなかったり抑えられてしまってると思うんです。

だって本当に好き(やりたいこと)なら、自然とそういう気持ちが湧いてきませんか?

自分もそういうことは何回もあったし、今だって自分の本音を無視してしまうことはあります。。

でもこの動画を見たことでたまにでも「これは本当の気持ちなのかな?」って意識できるようになりました。

時々でもこれが意識できると、気持ちが楽になるんじゃないかなと🤗

 

 

それではまた。

 

英語はこれで勉強中

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

いやぁもう花粉が大分飛んでるみたいですね。

自分は軽い方ですが、この前3時間🎾したら夜さすがに目がかゆくなりました💦

<スポンサーリンク>



 

 

さて、最近初めて会う人とかに聞かれることがありまして。

それは「英語話せるんですか?」ということ。

とりあえずネイティブスピーカーレベルに話したり聞き取れたりするわけではないけれど、

日常会話だったり旅行では困らないくらいな感じです。

で、「どうやって勉強してるんですか?」とも聞かれるので、

今日はのびーさんの英語教材を紹介します。

 

↑この2つが学習アイテムです。

テキストは【NHKラジオ英語講座】の1つの「実践ビジネス英語」という講座です。

NHKのラジオ英語講座は高校の時から聴いていて、

色々なレベルがあるし、テキストとラジオがあれば学習できるのでとっても経済的経済的。

ちなみにこれだけ講座があります↓

(Yahoo!画像検索より拝借)

 

でもう1つのアイテムが【ポータブルラジオICレコーダー】です。

これは一昨年Amazonで購入しました。

当時は18000円でしたが、

まぁ決して安い買い物ではなかったです。

でも、現在聴いている「ビジネス英語」を聴ける時間が夜の11:20~11:35の回しかなく、

その時間はちょうど寝ちゃう時間だったんです。

だからしばしば聞き逃すことも。。

そこでこのポータブルレコーダーを買って、

予約録音しておき好きな時に聴けるようにしたんです。

結果、このお買い物は自分にとって良い買い物だった。

良いお金の使い方ができた、とも言えますね。

気づけばNHKのラジオ英語講座を聞き始めて15年。

人生の半分続けてきたんだなぁ(^^)

 

 

英語に限らず語学はちょっとやったくらいでは身につかないし、

少しでもいいから毎日やらないと覚えません。

今全くやってないという人は、

1日5分でもいいのでやってみましょう。

明日から、ではなく

「今日」からです。

 

 

それではまた。

3回目のゴールドコースト Day 3

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです。

とうとう12月になりましたね。

寒いですね(笑)

 

ではゴールドコースト旅行記最終日でございます。

<スポンサーリンク>



 

まずはQ1と呼ばれるビルへ。

真ん中にある高いやつです。

(もっと近くで外観撮ってなかったww)

で1dayチケット(25ドル)を買って77階まで。

ここの展望台からの眺めはけっこう有名みたいで。

8年前も4年前も見たけど、

どこまでも続く海岸線?は何度見てもいい!

で、そのあとはトラム🚈の始発駅にのBroadbeachにあるPacific fairというショッピングセンターへ。

4年前と外装が変わってて最初気付かなかった。

8年前にそのショッピングセンターの近くに半年くらい住んでいたことがあって、

週一でスーパーに来てた懐かしの場所なのです。

でまずカフェに席を確保して、

(写真はないけど)パソコンでクラウドワークスで引き受けてる記事の下書きをしてました。

えっ、海外に行ってまで仕事してたの?

そんな声が聞こえてくるかもしれません。

まぁ、本来なら遊びに行ってるんだから別にやらなくてもいいんですよね。

でも、自分の中で場所に縛られずに働けることに憧れがあって、

「カフェでパソコンで仕事してる」っていうフリーランスのイメージが強いので、

その予行練習みたいな感じですね。

結果、やっぱりそういう風な働き方ができたらいいなって思って、それはそれでいい経験でした。

で、もちろん恒例のcafe de 読書もね!

心地よかったし、幸せだった。

海外でも好きなことができるのは。

で、お昼はショッピングセンターのフードコートへ。

土日なんでにぎわってますな(・∀・)

お目当てはこれ↓

あえてオーストラリアでsushiを食す!

左からサーモンアボカド・チリチキン・カリフォルニア(なぜカリフォルニアと呼ぶのかは不明)

これはこれでうまかった(・∀・)

 

で一旦Surfers paradiceに戻ってお土産を買い宿へ帰宅。

知り合いが迎えに来てくれるので待機。

Aさん(日本人女性)は8年前に知り合い、

4年前に午前中に行ったショッピングセンターで奇跡的な再会(連絡先が分からず連絡がとれなかったのに)を果たした人で。

あれから4年経った今では現地の人との間に男の子が生まれてお母さんになってました。

でも、性格とか容姿は変わってなくて、また会えたことが嬉しかったなぁ。

ちょっと車で走って海へ連れていってもらったり、

子供を公園で遊ばせながら色んなことを話した。

で夜は車じゃないとちょっと行きにくい場所にあるレストランへ。

そう言えばオーストラリアに来てオージービーフ食べてないじゃん!って思って

これを↓

「ニューヨーク サーロインステーキ 300グラム」

300という数字に負けた、、(笑)

まぁ、最後にがっつり食べれて満足だったのでいいのです!

Aさんに宿まで送ってもらってバイバイ。

本当に、改めて会えて良かった!

 

というわけで3日間のゴールドコースト旅行が終わりました。

今回は2人の知り合いに会っただけで、

それ以外は特に観光せず街中をぶらぶらしてただけでした。

が、さいっっっっっっっっこうに良かった。

だって、歩いて空気吸ってるだけで、戻ってこれただけで幸せだったから。

自分にとって思い出の詰まったゴールドコーストはそういう場所なんです。

こういうほぼなんもしないって旅行もいいものですね。

いつか結婚したらパートナーを連れてきてあげたいな。

 

3回にも分けた旅行記にお付き合いいただきありがとうございましたー!

 

 

それではまた。

3回目のゴールドコースト Day 1

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

ブログが1週間空いてしましました^^;

だってオーストラリアに行ってたんだもの(笑)

<スポンサーリンク>



 

ということで、11月22日~25日までオーストラリアのゴールドコーストに行ってきました!

学生だった8年前に留学し、世界一周一人旅をした4年前に「里帰り」して、

それからまた「4年」経ったので、

何となく今年は「ゴールドコーストかな」って思ったんです。

ってことで、完全な日記になると思いますが(笑)

 

初日。

現地時間の朝6時半ごろに予定通り到着!

ちなみにゴールドコーストは日本より+1時間進んでいます

とりあえず空港でまずデビットカードで現金を下ろし、

”go card”という街中をバスやトラムの乗車運賃が割引になるカードを購入。

で、今回は日本でポケットWi-Fiを借りていったのでLINEやネットをしばし。

ちなみにポケットWi-Fiは”グローバルWi-Fi”500MBプランを契約していきました。

この比較サイトから申し込んだら通常より安くなって21日~25日までで3570円でした。

でまったりしてからまずは777のバス🚌で空港からトラムの始発駅があるBroadbeachへ。

そこから宿に一番近い駅までぶらり🚈

ちなみにトラムはこんな感じです↓

中はこんな感じ↓

で中心部がSurfers Paradiceというところなのですが、

今回もそこで宿を取ったのですがなんと最寄り駅のトラム駅から25分歩く場所だった!

一番近くのバスも時刻表見たらほとんどない。。

完全にミスった(笑)

ってなわけで仕方なく歩く。

道中↓

で止まったところは住宅街に合ってホームステイのような雰囲気でした。

(オーナーの自宅兼で貸し部屋が3部屋ほど)

中庭的な場所↓

部屋↓

何故か自分の部屋だけ窓が入口でしたからね

しかも中々鍵が閉まらないww

まぁ部屋は十分な広さでした(Wi-Fiはめっちゃ遅かったけど)。

で、朝ろくに食べてないからちょっと早めのお昼食べようと思ってたら、

まさかのスコール?でとんでもない雨☂が!!

部屋から出られない!

結局13時過ぎにようやく出発。

で、とりあえずフィッシュ&チップスが食べたかったので、

ググって見つけたところまでトラムで移動🚈

Surfers Paradiceから少し北の方に行ったSouthportにあるお店へ。

平日だったからかめっちゃ空いてたし、

景色も良くてそれだけでテンション上がった(笑)

で、やっとゴールドコースト初食事!

キターーーーーーー!!!

これ約10豪ドル(約900円)だったけどけっこうなボリュームだったし、

すんごくうまかった!!

全食これでもいいかと思った(おデブまっしぐらと引き換えにww)。

その後はSurfers paradiceに戻ってぶらぶら。

思い出の場所だからぶらぶら歩いてるだけで幸せだったなぁ。

今回2人知人に会う以外は特に予定も立ててなかったんです。

そこ(ゴールドコースト)にまた行けただけでも十分だったから。

で夜になってご飯どうしようかなって思って、

ぶらぶらしてここかなって思った店の名前が”Healthy Burger”。

ほう、ヘルシーなのね。

でこれ食べました↓

どう見てもカロリーやばいハンバーガー🍔にしか見えませんでしたけどね

まぁ旨かったのでいいんですけど(笑)

おかげでまた一段と成長できた気しかしませんでした(・∀・)

で、そこからトラムに乗っても意味ない場所だったので、

帰り50分くらい歩いて帰りました。

きっと食べた分は消費したでしょう、うんうん(笑)

 

ってなわけで4年振りのゴールドコースト1日目は終わりました。

 

続く。

 

 

英語名言集 6

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

そういえばこの前の週末山梨でテニス合宿してきたと書きましたが、

帰りの中央道の混雑がやばかったです。

最大30キロて、、

山梨出てこっち帰ってくるのに6時間半運転しました。。

しんどかった(´;ω;`)ウゥゥ (笑)

<スポンサーリンク>



 

さて今回は英語名言集第6弾でございます。

それではいってみよー。

 

“There are two types of knowledge. One is knowing a thing. The other is knowing where to find it.”

”知識には2つのタイプがある。1つは、物事を知っていること。もう1つは、それをどこで見つけるのか知っていることである。”

なるほど、こういう分類の仕方は自分には新鮮でしたね。

単に物事を知っているだけじゃなくて、

それをどこで知ったのかという点でも、

その人の情報のインプット量がわかりますね。

 

“Experience is the name everyone gives to their mistakes.”

”経験とは、だれもが自分の過ちにつける名前である。”

うまくいかなかったことを「失敗」とか「過ち」って言うとネガティブでへこんでしまうけど、

例え単なる呼び方の違いでしかないとしても、

それを「経験」と呼べばきっと前に進めますね。

 

“One of the greatest pains to human nature is the pain of a new idea.”

”人間性にとっての最大の苦痛の1つは、新しい考えを受け入れる苦痛である。”

うん、確かに痛みが伴う。

自分も含め、多くの人にとってそれまでの習慣とかは変えづらいこと。

なぜならそれが「心地良い」から。

新しいことを取り入れるのは、その心地良さから外れてしまうことですからね。

 

“Are you lying to yourself?”

”自分の心に、嘘をついていないか?”

例えば飲み会に誘われたけど乗り気がしない時ってありませんか?

「面倒だけど、せっかく誘ってもらったから断ったら悪いし、、」って思いながら行ったりしてませんか?

自分も経験あります。

あるんですけど、

それって「本当は行きたくない」っていう自分の気持ちに嘘ついてしまってるんですよね。

 

“We walk without knowing how to walk.”

”誰も、歩き方なんて教わらずに歩いていく。”

万人に共通する正解なんてなくて、

Aという選択がベストな人もいれば、Bという選択の方がいい人もいるわけで。

確かに結果が分からないと怖いかもしれないけど、

自分で考えて行動しなければ自分の人生を生きられないですからね。

 

言葉って不思議ですよね。

人を傷つけたりすることもあるけれど、

人を元気にすることもできる。

そんな力がある「言葉」。

どうせなら、プラスな言葉をたくさん浴びたいですね^^

 

それではまた。

 

 

【参考文献】

「実践ビジネス英語 2018年10月号」

「旅の終わり 始まりの場所へ」

英語名言集 4

どうも、マイペースなのびーです。

今日は上司にお供して米軍基地に行き、

お昼にアメリカンサイズのハンバーガーなどを食べてきました。

おかげで夜食べれません(笑)

 

さて今回は久しぶりに英語名言集第4弾でございます。

それではいってみよー。

<スポンサーリンク>



 

“If you couldn’t satisfied, you should change yourself whichever you would become better person or not”.”

「満足しないままの自分でいるより、良い方向なのか、悪い方向なのか分からなくても、変われた方がきっと、マシだ。」

何かに満足できていないのなら、

怖くてもどこかの道にすすまなければならない時がある。

進んだ先はたとえどうなっていようと、

新しい自分への階段を1つも2つも登れてるんです。

 

“Experiences make you happier than things and memories last longer than stuff. Traveling is the best way to make experiences and memories.”

「経験はモノより幸せをくれるし、思い出はモノより長く残る。旅は、そんな経験や思い出をつくるには最高の方法よ。」

今はだんだんと「モノの消費」から「経験の消費」に変わってると思うんです。

上の引用分にもあるように、経験は自分の中にいつまでも残りますからね。

どうせお金を使うなら、無駄に物を買うより旅(旅行)に費やした方が良いかもですね!

 

“He’s my friend that speaks well of me behind my back.”

「陰で私のことをよく言ってくれるのが、友人である。」

ほんとにあなたのことを信頼してくれてたり良いと思っていてくれていたら、

あなたがいないところでもあなたのことを褒めるはず。

そうでなければ、それまでの(上辺だけの)関係ということですね。

 

“Just because something doesn’t do what you planned it to do doesn’t mean it’s useless.”

「単に何かが自分の計画通りにならないからといって、それが無駄だということではない。」

1つ目と似ていますね。

個人的には自分に起こることは全て意味があると思っています。

それが自分の望んでいない結果だったとしても。

もし何も見いだせないという場合は、

もしかしたらそこから学ぼうという意識が欠如しているのかもしれませんね。

 

“You think too much, so you will be afraid to challenge something new.”

「難しく考えるから挑戦するのが怖くなるのよ!」

行動することが大事ですけど、

考えれば考えるだけ人って動けなくなっていくんですよね。

自分もそういう時が今でもたまにありますが(苦笑)

結局、とりあえずやってみろ!ってことなんですよね。

 

いかがだったでしょうか?

1つでも響くフレーズがあったでしょうか?

 

それではまた。

 

 

「Live your life. 人生を最高の物語に変える68の言葉」

「人生が変わる英語の名言」

「実践ビジネス英語 2017年7月号」