英語はこれで勉強中

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

いやぁもう花粉が大分飛んでるみたいですね。

自分は軽い方ですが、この前3時間🎾したら夜さすがに目がかゆくなりました💦

<スポンサーリンク>



 

 

さて、最近初めて会う人とかに聞かれることがありまして。

それは「英語話せるんですか?」ということ。

とりあえずネイティブスピーカーレベルに話したり聞き取れたりするわけではないけれど、

日常会話だったり旅行では困らないくらいな感じです。

で、「どうやって勉強してるんですか?」とも聞かれるので、

今日はのびーさんの英語教材を紹介します。

 

↑この2つが学習アイテムです。

テキストは【NHKラジオ英語講座】の1つの「実践ビジネス英語」という講座です。

NHKのラジオ英語講座は高校の時から聴いていて、

色々なレベルがあるし、テキストとラジオがあれば学習できるのでとっても経済的経済的。

ちなみにこれだけ講座があります↓

(Yahoo!画像検索より拝借)

 

でもう1つのアイテムが【ポータブルラジオICレコーダー】です。

これは一昨年Amazonで購入しました。

当時は18000円でしたが、

まぁ決して安い買い物ではなかったです。

でも、現在聴いている「ビジネス英語」を聴ける時間が夜の11:20~11:35の回しかなく、

その時間はちょうど寝ちゃう時間だったんです。

だからしばしば聞き逃すことも。。

そこでこのポータブルレコーダーを買って、

予約録音しておき好きな時に聴けるようにしたんです。

結果、このお買い物は自分にとって良い買い物だった。

良いお金の使い方ができた、とも言えますね。

気づけばNHKのラジオ英語講座を聞き始めて15年。

人生の半分続けてきたんだなぁ(^^)

 

 

英語に限らず語学はちょっとやったくらいでは身につかないし、

少しでもいいから毎日やらないと覚えません。

今全くやってないという人は、

1日5分でもいいのでやってみましょう。

明日から、ではなく

「今日」からです。

 

 

それではまた。

3回目のゴールドコースト Day 3

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです。

とうとう12月になりましたね。

寒いですね(笑)

 

ではゴールドコースト旅行記最終日でございます。

<スポンサーリンク>



 

まずはQ1と呼ばれるビルへ。

真ん中にある高いやつです。

(もっと近くで外観撮ってなかったww)

で1dayチケット(25ドル)を買って77階まで。

ここの展望台からの眺めはけっこう有名みたいで。

8年前も4年前も見たけど、

どこまでも続く海岸線?は何度見てもいい!

で、そのあとはトラム🚈の始発駅にのBroadbeachにあるPacific fairというショッピングセンターへ。

4年前と外装が変わってて最初気付かなかった。

8年前にそのショッピングセンターの近くに半年くらい住んでいたことがあって、

週一でスーパーに来てた懐かしの場所なのです。

でまずカフェに席を確保して、

(写真はないけど)パソコンでクラウドワークスで引き受けてる記事の下書きをしてました。

えっ、海外に行ってまで仕事してたの?

そんな声が聞こえてくるかもしれません。

まぁ、本来なら遊びに行ってるんだから別にやらなくてもいいんですよね。

でも、自分の中で場所に縛られずに働けることに憧れがあって、

「カフェでパソコンで仕事してる」っていうフリーランスのイメージが強いので、

その予行練習みたいな感じですね。

結果、やっぱりそういう風な働き方ができたらいいなって思って、それはそれでいい経験でした。

で、もちろん恒例のcafe de 読書もね!

心地よかったし、幸せだった。

海外でも好きなことができるのは。

で、お昼はショッピングセンターのフードコートへ。

土日なんでにぎわってますな(・∀・)

お目当てはこれ↓

あえてオーストラリアでsushiを食す!

左からサーモンアボカド・チリチキン・カリフォルニア(なぜカリフォルニアと呼ぶのかは不明)

これはこれでうまかった(・∀・)

 

で一旦Surfers paradiceに戻ってお土産を買い宿へ帰宅。

知り合いが迎えに来てくれるので待機。

Aさん(日本人女性)は8年前に知り合い、

4年前に午前中に行ったショッピングセンターで奇跡的な再会(連絡先が分からず連絡がとれなかったのに)を果たした人で。

あれから4年経った今では現地の人との間に男の子が生まれてお母さんになってました。

でも、性格とか容姿は変わってなくて、また会えたことが嬉しかったなぁ。

ちょっと車で走って海へ連れていってもらったり、

子供を公園で遊ばせながら色んなことを話した。

で夜は車じゃないとちょっと行きにくい場所にあるレストランへ。

そう言えばオーストラリアに来てオージービーフ食べてないじゃん!って思って

これを↓

「ニューヨーク サーロインステーキ 300グラム」

300という数字に負けた、、(笑)

まぁ、最後にがっつり食べれて満足だったのでいいのです!

Aさんに宿まで送ってもらってバイバイ。

本当に、改めて会えて良かった!

 

というわけで3日間のゴールドコースト旅行が終わりました。

今回は2人の知り合いに会っただけで、

それ以外は特に観光せず街中をぶらぶらしてただけでした。

が、さいっっっっっっっっこうに良かった。

だって、歩いて空気吸ってるだけで、戻ってこれただけで幸せだったから。

自分にとって思い出の詰まったゴールドコーストはそういう場所なんです。

こういうほぼなんもしないって旅行もいいものですね。

いつか結婚したらパートナーを連れてきてあげたいな。

 

3回にも分けた旅行記にお付き合いいただきありがとうございましたー!

 

 

それではまた。

3回目のゴールドコースト Day 1

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

ブログが1週間空いてしましました^^;

だってオーストラリアに行ってたんだもの(笑)

<スポンサーリンク>



 

ということで、11月22日~25日までオーストラリアのゴールドコーストに行ってきました!

学生だった8年前に留学し、世界一周一人旅をした4年前に「里帰り」して、

それからまた「4年」経ったので、

何となく今年は「ゴールドコーストかな」って思ったんです。

ってことで、完全な日記になると思いますが(笑)

 

初日。

現地時間の朝6時半ごろに予定通り到着!

ちなみにゴールドコーストは日本より+1時間進んでいます

とりあえず空港でまずデビットカードで現金を下ろし、

”go card”という街中をバスやトラムの乗車運賃が割引になるカードを購入。

で、今回は日本でポケットWi-Fiを借りていったのでLINEやネットをしばし。

ちなみにポケットWi-Fiは”グローバルWi-Fi”500MBプランを契約していきました。

この比較サイトから申し込んだら通常より安くなって21日~25日までで3570円でした。

でまったりしてからまずは777のバス🚌で空港からトラムの始発駅があるBroadbeachへ。

そこから宿に一番近い駅までぶらり🚈

ちなみにトラムはこんな感じです↓

中はこんな感じ↓

で中心部がSurfers Paradiceというところなのですが、

今回もそこで宿を取ったのですがなんと最寄り駅のトラム駅から25分歩く場所だった!

一番近くのバスも時刻表見たらほとんどない。。

完全にミスった(笑)

ってなわけで仕方なく歩く。

道中↓

で止まったところは住宅街に合ってホームステイのような雰囲気でした。

(オーナーの自宅兼で貸し部屋が3部屋ほど)

中庭的な場所↓

部屋↓

何故か自分の部屋だけ窓が入口でしたからね

しかも中々鍵が閉まらないww

まぁ部屋は十分な広さでした(Wi-Fiはめっちゃ遅かったけど)。

で、朝ろくに食べてないからちょっと早めのお昼食べようと思ってたら、

まさかのスコール?でとんでもない雨☂が!!

部屋から出られない!

結局13時過ぎにようやく出発。

で、とりあえずフィッシュ&チップスが食べたかったので、

ググって見つけたところまでトラムで移動🚈

Surfers Paradiceから少し北の方に行ったSouthportにあるお店へ。

平日だったからかめっちゃ空いてたし、

景色も良くてそれだけでテンション上がった(笑)

で、やっとゴールドコースト初食事!

キターーーーーーー!!!

これ約10豪ドル(約900円)だったけどけっこうなボリュームだったし、

すんごくうまかった!!

全食これでもいいかと思った(おデブまっしぐらと引き換えにww)。

その後はSurfers paradiceに戻ってぶらぶら。

思い出の場所だからぶらぶら歩いてるだけで幸せだったなぁ。

今回2人知人に会う以外は特に予定も立ててなかったんです。

そこ(ゴールドコースト)にまた行けただけでも十分だったから。

で夜になってご飯どうしようかなって思って、

ぶらぶらしてここかなって思った店の名前が”Healthy Burger”。

ほう、ヘルシーなのね。

でこれ食べました↓

どう見てもカロリーやばいハンバーガー🍔にしか見えませんでしたけどね

まぁ旨かったのでいいんですけど(笑)

おかげでまた一段と成長できた気しかしませんでした(・∀・)

で、そこからトラムに乗っても意味ない場所だったので、

帰り50分くらい歩いて帰りました。

きっと食べた分は消費したでしょう、うんうん(笑)

 

ってなわけで4年振りのゴールドコースト1日目は終わりました。

 

続く。

 

 

英語名言集 6

どうも、まいぺーすブロガーのびーです。

そういえばこの前の週末山梨でテニス合宿してきたと書きましたが、

帰りの中央道の混雑がやばかったです。

最大30キロて、、

山梨出てこっち帰ってくるのに6時間半運転しました。。

しんどかった(´;ω;`)ウゥゥ (笑)

<スポンサーリンク>



 

さて今回は英語名言集第6弾でございます。

それではいってみよー。

 

“There are two types of knowledge. One is knowing a thing. The other is knowing where to find it.”

”知識には2つのタイプがある。1つは、物事を知っていること。もう1つは、それをどこで見つけるのか知っていることである。”

なるほど、こういう分類の仕方は自分には新鮮でしたね。

単に物事を知っているだけじゃなくて、

それをどこで知ったのかという点でも、

その人の情報のインプット量がわかりますね。

 

“Experience is the name everyone gives to their mistakes.”

”経験とは、だれもが自分の過ちにつける名前である。”

うまくいかなかったことを「失敗」とか「過ち」って言うとネガティブでへこんでしまうけど、

例え単なる呼び方の違いでしかないとしても、

それを「経験」と呼べばきっと前に進めますね。

 

“One of the greatest pains to human nature is the pain of a new idea.”

”人間性にとっての最大の苦痛の1つは、新しい考えを受け入れる苦痛である。”

うん、確かに痛みが伴う。

自分も含め、多くの人にとってそれまでの習慣とかは変えづらいこと。

なぜならそれが「心地良い」から。

新しいことを取り入れるのは、その心地良さから外れてしまうことですからね。

 

“Are you lying to yourself?”

”自分の心に、嘘をついていないか?”

例えば飲み会に誘われたけど乗り気がしない時ってありませんか?

「面倒だけど、せっかく誘ってもらったから断ったら悪いし、、」って思いながら行ったりしてませんか?

自分も経験あります。

あるんですけど、

それって「本当は行きたくない」っていう自分の気持ちに嘘ついてしまってるんですよね。

 

“We walk without knowing how to walk.”

”誰も、歩き方なんて教わらずに歩いていく。”

万人に共通する正解なんてなくて、

Aという選択がベストな人もいれば、Bという選択の方がいい人もいるわけで。

確かに結果が分からないと怖いかもしれないけど、

自分で考えて行動しなければ自分の人生を生きられないですからね。

 

言葉って不思議ですよね。

人を傷つけたりすることもあるけれど、

人を元気にすることもできる。

そんな力がある「言葉」。

どうせなら、プラスな言葉をたくさん浴びたいですね^^

 

それではまた。

 

 

【参考文献】

「実践ビジネス英語 2018年10月号」

「旅の終わり 始まりの場所へ」

英語名言集 4

どうも、マイペースなのびーです。

今日は上司にお供して米軍基地に行き、

お昼にアメリカンサイズのハンバーガーなどを食べてきました。

おかげで夜食べれません(笑)

 

さて今回は久しぶりに英語名言集第4弾でございます。

それではいってみよー。

<スポンサーリンク>



 

“If you couldn’t satisfied, you should change yourself whichever you would become better person or not”.”

「満足しないままの自分でいるより、良い方向なのか、悪い方向なのか分からなくても、変われた方がきっと、マシだ。」

何かに満足できていないのなら、

怖くてもどこかの道にすすまなければならない時がある。

進んだ先はたとえどうなっていようと、

新しい自分への階段を1つも2つも登れてるんです。

 

“Experiences make you happier than things and memories last longer than stuff. Traveling is the best way to make experiences and memories.”

「経験はモノより幸せをくれるし、思い出はモノより長く残る。旅は、そんな経験や思い出をつくるには最高の方法よ。」

今はだんだんと「モノの消費」から「経験の消費」に変わってると思うんです。

上の引用分にもあるように、経験は自分の中にいつまでも残りますからね。

どうせお金を使うなら、無駄に物を買うより旅(旅行)に費やした方が良いかもですね!

 

“He’s my friend that speaks well of me behind my back.”

「陰で私のことをよく言ってくれるのが、友人である。」

ほんとにあなたのことを信頼してくれてたり良いと思っていてくれていたら、

あなたがいないところでもあなたのことを褒めるはず。

そうでなければ、それまでの(上辺だけの)関係ということですね。

 

“Just because something doesn’t do what you planned it to do doesn’t mean it’s useless.”

「単に何かが自分の計画通りにならないからといって、それが無駄だということではない。」

1つ目と似ていますね。

個人的には自分に起こることは全て意味があると思っています。

それが自分の望んでいない結果だったとしても。

もし何も見いだせないという場合は、

もしかしたらそこから学ぼうという意識が欠如しているのかもしれませんね。

 

“You think too much, so you will be afraid to challenge something new.”

「難しく考えるから挑戦するのが怖くなるのよ!」

行動することが大事ですけど、

考えれば考えるだけ人って動けなくなっていくんですよね。

自分もそういう時が今でもたまにありますが(苦笑)

結局、とりあえずやってみろ!ってことなんですよね。

 

いかがだったでしょうか?

1つでも響くフレーズがあったでしょうか?

 

それではまた。

 

 

「Live your life. 人生を最高の物語に変える68の言葉」

「人生が変わる英語の名言」

「実践ビジネス英語 2017年7月号」

英語名言集 3

どうも、マイペースなのびーです。

最近健康診断の結果が返ってきて何とX線で再検査でした。

幸い再検査では異常なしと出ましたが、、

年齢関係なくみなさん健康診断は受けましょうね!

 

さて今回は英語名言集第3弾でございます。

それではいってみよー。

<スポンサーリンク>



 

 

“Anxiety and fun, always in the same place. Which one you walk is up to you.”

「不安と楽しみは、いつも同じ場所にある。どちらを見て歩くかは自分次第。」

ある事実は事実として変わりなくそこにあって、

結局それが自分にとってどういう意味になってくるのかは、

自分がどう捉えるか、で決まるんですよね。

例えば片思いしてる期間が、

ある人にとっては楽しくて、ある人にとっては不安な時期であるように。

 

“If you respect your parents, you should enjoy your life. I will cry, if my daughter says, “I’m tired of my life”.”

「子供が自分の人生を楽しんでないなんて、それこそ親不孝だと思う。『あのね、私人生つまらないの』娘にそんなこと言われたら、きっと親は泣いちゃうよ。」

自分は母親を亡くした時、最初はこう思いました。

「もう母さんは好きなことできないのに、自分は楽しんでていいのだろうか?」

でも、「自分が下を向いてても喜びはしない。むしろ人生楽しんでる姿を見せることが唯一できることだ」って思うようになったんです。

だからこの言葉がとてもしっくりきました。

 

 

“Just go!”

「行けば分かる!」

かなりシンプルなフレーズですね。

うだうだ悩んでることがあるなら、

「とりあえず行ってみる」のがいいかもしれませんよ?

 

“There is no such thing as a free lunch.”

「タダの昼食などというおいしい話はない。」

なんでも楽してうまくいけばいいですけど、

そうそうそんなことはないですよね。

例えば「楽して稼ぐ」という情報がよく出回ってますが、

それはある程度形になるまでに努力が必要か、または詐欺か、でしょうね。

 

 

“The first step is always the hardest.”

「最初の一歩がいちばん難しい。」

確かホリエモンも【ゼロ】という書籍の中で言っていましたが、

例えば1から2にすることよりも、

0から1にするのが難しいんですよね。

ただ一旦1にできたら、どれだかでも伸ばせますね。

 

 

今回はここまでです。

心に響く言葉や、英語の勉強になったものが1つでもあったでしょうか?

それではまた。

 

【参考文献】

「Live your life. 人生を最高の物語に変える68の言葉」

「人生が変わる英語の名言」

英語名言集 2

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです。

最近帰宅してお腹空いたら煮干し食べてます。

意外に夕飯までのつなぎになりますよ(笑)

 

さて今回も前回のブログに引き続きためになりそうな英語名言集をお届けします。

<スポンサーリンク>



 

 

“Sometimes you get lost in your life. When you have to make a decision, you should choose not the one you know but the one which leads to new.”

「迷うこと、立ち止まること、いっぱいある。けど、どちらに進むべきか迷ったときはね、今のままで歩いて行ける道よりも、歩き方が分からなくとも、どんな道か見えなくても、新しい自分に繋がる道へ進む方が、きっと楽しい。」

もし今の現状において変えたいことがあるなら、

そのままじゃ変わらないから、

小さなことからでも今までと違う選択をしないとですね。

 

 

“Life is maybe a kind of cooking. Cooling with your own ingredients, your own feelings and also with people you meet. Trying to combinate  a perfect mix and experiment a new dish for a special moment.”

「人生は、料理みたいなもの。あなただけの素材と、感覚と、出会った人からもらうスパイスで、勝負しなさい。人生の最後の大切な瞬間のために、新しいメニューを考えたり、最高の組み合わせを考えるの。」

自分の人生をよりよくできるのは、自分だけ。

周りからの助けはもちろんあるだろうけど、

最終的には自分にしかできないことですからね。

 

 

“Choose by yourself and enjoy your life.”

「自分で決めて初めて、人はその選択を楽しめるんだよ。」

人からやらされたことって基本面白くない。

自分で「やってみよう」って思ってやったことは刺激になる。

だから自分で選択しようって思んです。

 

 

“Success in life is founded upon attention to the small things rather than to the large things; to the everyday things nearest to us rather than to the things that are remote and uncommon.”

「人生で成功するための礎は、小さな物事に対する関心であって、大きな物事に対する関心ではない。いちばん身近な日常に対する関心であって、遠方の非日常に対する関心ではない。」

「灯台下暗し」じゃだめってことですね。

時々でもいいから自分の周りに目を向けないと。

 

 

“Always laugh when you can. It is cheap medicine.”

「笑える時はいつも笑うこと。これは安い薬である。」

つらかったり悲しかったりする時に、

それを癒してくれることの1つは「笑う」ことですよね。

自分自身でできなかったら、周りに笑顔にしてもらいましょう。

 

 

今回は以上です。

何か1つでも心に響いたものがあればうれしいです。

 

それではまた!

 

 

【参考文献】

「Live your life. 人生を最高の物語に変える68の言葉」

「旅の終わり 始まりの場合へ」

「実践ビジネス英語 2017年11月号」


 

 

 

英語名言集

どうも、マイペースなのびーです。

すっかり日中は暑くなってきましたねー。

熱中症には気を付けましょう!

 

さて今日は、普段Twitterで発信してる英語の名言とその日本語訳の中から、

前向きになれたり元気が出るようなものをいくつかまとめるような形で紹介したいと思います。

<スポンサーリンク>



 

“Your dream is real one. You can go anywhere. Just trust your dream.”

「君の夢は間違っていない。君の思うように進めばいい。君の夢は決して、間違ってなんかないんだよ。」

何かやりたいことがあって、でもそれが中々うまくいかなかったり叶わない時、

そんな迷ったときにこの言葉を思い出します。

 

 

“Whatever mistakes you made, it would become your special story someday.”

「どんなヘマも、自分で決めた結果なら、いつか人生のネタになる。」

ヘマした時は落ち込んだりするけど、

ネタにして笑える日がくれば、それもまた思い出になりますよね。

 

 

“He can who believes he can.”

「できると信じている者はできる。」

少なくとも「できない」「無理」と思ってたら、

それは絶対にできないし無理なんだって思うんです。

それなら信じた方がいいですよね。

 

“Enjoy the little things, for one day you may look back and realize they were the big things.”

「小さなことを楽しみなさい。ある日ふと振り返った時に、小さなことこそ実は大きな楽しみだったと気づくだろうから。」

要は「塵も積もれば山となる」ですよね。

何事も積み重ねですな。

 

 

“Be in love and out of love. Get a job and quit the job. Don’t be afraid of change.”

「恋をする。恋を終わらす。仕事に就く。仕事を辞める。ただ、変化を恐れるな!」

何でも「変わること」って不安だったり怖いですよね。

でも、それも慣れるわけで。

だから最初だけ乗り切れば大丈夫なんです。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

1つでも響くフレーズがあったでしょうか?

みなさんの中でも「座右の銘」みたいなものがあれば是非教えてください^^

 

それではまた!

 

 

【参考文献】

「Live your life. 人生を最高の物語に変える68の言葉」

「人生が変わる英語の名言」

のびーの語学(英語)学習法

Hello! のびーです。

今日は語学の学習方法について書いていこうと思うのであいさつを英語にしてみました(笑)

 

さて、みなさんには自分なりの英語学習法がありますか?

どれが正解というわけではなく、それぞれにあった方法があるかと思います。

これからお伝えするのはあくまで実体験に基づくもの、ということをわかっておいてくださいね。

それとここでは「英語を話せるようになる、聞き取れるようになる」という点に効果がある学習法を載せます。

 

まず結論からお伝えすると、ずばり「音読」です。

自分は高校の途中からずっと音読で英語を勉強するようになりました。

誰に言われたわけでもなく自然にそうなってました。

その当時は何となくで音読していたので

「どういう点で音読がいいのか?」なんて考えなかったしわかりませんでした。

今では自分なりに言える理由が2つあります。

 

まずは「黙読よりも情報が入ってくる」ということ。

黙読が目(視覚)からのみ情報が入ってきますよね?

しかし音読の場合は、視覚から情報が入ってくるだけでなく、

音(自分の声)として耳(聴覚)からも情報が入ってくるんです。

1つの情報源より2つの情報源の方が良いですよね。

 

そして「自分が発音の仕方を知らない単語は聞き取れない」ということ。

だって発音知らなければ言われたって「???」ってなりますよね。

当たり前ですが自分で言葉に出していってみなければどう発音されるのか分かるようにはなりません。

簡単にですがこれら2点の理由で「音読」をオススメします。

 

さらにここで大事なポイントを2つ。

それは「毎日やること」「繰り返しやること」

自分が学生の頃はよく「テスト勉強は一夜漬け」という友達がいました。

みなさんの周りにもいませんでしたか?

あるいは今学生の方は自分がそうだったり周りにいませんか?

一夜漬けでも覚えるかもしれませんがそれはあくまで「一時的な知識」にしかなりません。

1度にまとめて何時間もやるなら、5分でもいいから毎日続ける方が良いです。

その方が「長期的な知識」になるから。

そして同じ単語帳や文章でいいので繰り返しやることで徐々に覚えていき、これまた「長期的な知識」の習得に役立つと感じています。

1回やったくらいじゃ英語って覚えられないです。

(まぁ1回やれば覚えるわって天才すぎる人は別として)

1度で覚えようとしなくていいんです。

繰り返しやって少しずつ覚えていけばいい。

少ない回数で覚えようとして、それで覚えられないから「難しい」ってなって学習を辞めてしまうんです。

個人的な体験ですが、今でも「そう言えばこの単語は大学受験の時に使ってた単語帳で覚えたな」って覚えているあります。

それから、高校のとある夏休みに自分で買った文章問題集の文章を繰り返し音読するようになったら、夏休み明けに授業でやった長文問題が以前よりも解けるようになったという体験もあります。

 

 

長々となってしまいましたが、

ポイントは「音読」、そして「毎日やること」「繰り返しやること」

英語に限らず語学はコツコツの積み上げです。

最後に、自分が今でも使ってる教材は高校の時からやっている

「NHKラジオ英語講座」

です。

今聴いている講座はこちら↓↓

他にも色々なレベルの講座がありすよー!

それではまた!

See you soon!

 

 

============

今日の海外小ネタ

============

 

少額の会計の時に大きな額のお札(例えば50ドル札や100ドル札)をだそうとすると

露骨に嫌がられる or 断られる

国によるかもしれませんが^^;