心配性は強み

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

台風19号の被害がとても大きなものでした。

ほんの少しばかり、前回の記事で紹介したもので募金させてもらいましたが、

1日でも早い復興を祈ることしかできません。

<スポンサーリンク>



 

さて、今回は読書シェアです。

以前1度取り上げた、内藤誼人さん【身近にあふれる「心理学」が3時間でわかる本】です。

この中でとても個人的に共感できる部分がありまして、

それが「心配性」に関してのことです。

私自身も心配性で(自分ではそう思っていて)、

心配性というと「気が小さい」などネガティブなイメージで捉えられることが多いように感じます。

でも!心配性は強みでもあるのです。

◎心配性だからこそ周りよりも準備する

本の中で紹介されていますが、英国のゴールドスミス大学のアダム・パーキングという人が心配性に関して論文を発表しています。

パーキングさんがとあるファイナンス会社で行った調査によると、

心配性の人ほど仕事のパフォーマンスが高い傾向が見られたというのです。

なぜか?

その理由は、”心配性の人ほどその心配を打ち消すために他の人がやらないようなことまできちんと準備するから”なんですね。

自分も心配性ゆえに細かいところまでチェックしたりします。

それは他の人より時間をかけてしまうこともありますが、

今の会社での担当業務の中には「それくらい細かいところまで気にする君だからこそ任せられるんだよ」と上司から言ってもらった仕事もあるんです。

また、今回の台風のような災害が起こった時も、

あらゆる事態を想定して、

心配性の人の方がより災害に備えての準備を入念にするでしょうね。

 

◎心配性の人は大きな失敗がない

仕事でもそれ以外のことでも、

例え入念に準備をしたとしても予想通りにならないこともあるし、失敗することもあるでしょう。

でも、心配性ゆえにしっかり準備をするならば、

例え失敗してもその失敗の度合を小さくすることができますね。

だから見方を変えれば、

心配性の人は仕事面で言えば安定した成果を出すことができると言えるでしょう。

 

心配性だっていいじゃないか

心配性=気が小さい、臆病などと言われることがあるかもしれません。

でも、それだけ用心深いんです。

心配になるゆえに、人よりも慎重に物事を進めることができるんです。

見方を変えれば、

心配性は活かすことができるんです^^

心配性でない人にはできないことがあるんです^^

そう思ったら、心配性でも悪くないですよね?

 

 

今回の本が気になった方はこちら↓

 

 

それではまた。

 

とりあえず笑ってみる

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

最近ぐっと気温が下がってきましたね。

体調には十分に気を付けましょうね!

<スポンサーリンク>



 

さて今回は読書シェアです。

内藤誼人さん【身近にあふれる「心理学」が3時間でわかる本】です。

この中から今回は「とりあえず笑ってみる」という考え方を紹介したいと思います。

 

内藤さんによると、私たちの心や感情は自分のしている表情に影響を受けるそうです。

つまり楽しくなくても笑ってみれば気持ちは明るくなり、

逆に悲しくなくとも泣きそうな顔をしていると気持ちも悲しくなってきてしまうというのです。

考えてみればそうだなぁと思います。

自分も悲しいことがあって気分が沈んでいる時に、

いつも好きなバラエティーを見たりYouTubeで思わず笑顔になるような動物の癒し動画を見ていると、

自然と笑って気持ちが明るくなってくるんですよね。

 

この本ではアメリカのとある大学での研究を紹介しています。

この実験では38名の女子大学生にお笑いのテープ・地質学の講義をしているテープ・何もせずリラックスする、という3つの条件でどれが一番ストレスが減るか調べたそうです。

その結果、お笑いのテープを聞いた時のみストレスの軽減が見られたのです。

一見何もせずリラックスするというのも効果がありそうですが、それだけでは不十分だということです。

また別の大学の調査では、

調査に参加した参加者が無理にでも笑ってみると1分後には気持ちよさを感じるようになっていたそうです。

 

無理にでも笑うって、気持ちが沈んでいる時には難しいかもしれません。

それでも「もう笑うしかないな、アハハ」と笑ってみて下さい。

きっと、気持ちが回復していくと思います(^-^)

 

今回の本が気になった方はこちら↓

 

それではまた。

小さなことでくよくよしてしまう時は

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

そう言えばもう10月なんですね~。

あと今年も3カ月、めいいっぱい楽しみたいですね💡

<スポンサーリンク>



 

さて今回も前回に続き同じ本のシェアをしたいと思います。

ひすいこたろうさんの【あなたの人生がつまらないと思うなら、それはあなた自身がつまらなくしてるんだぜ。1秒でこの世界が変わる70の答えです。

 

で今回は「小さなことでくよくよしてしまう時にどうすればいいか?」ということへの対処法。

みなさんも少なからず小さなことで悩んだりしてしまうことがあるかと思います。

それに対するこの本の回答は、

【1年後、どうせなににくよくよしていたかさえ思い出せないんだから、安心してくよくよしよう】

なんです。

確かに!(゚∀゚)

って思いませんか?

え、思わない?(; ・`д・´)ナンダッテ笑

1年前に悩んでたことなんて思えてますか?

むしろ数か月前でも忘れてたり、

何なら先週の悩みだって忘れてたりしませんか?

色々な悩みがあるだろうけど、

たいていはいつかたいしたことではなくなっていくと思うんです。

ひすいさんがこう言っています。

「安心して悩んでくださいね」と。

大丈夫、今は辛くとも、時間が解決してくれますよ(^-^)

 

今回の本が気になった方はこちら↓

 

 

それではまた。

面白くない「現実」があるのではなく、面白くない「視点」があるだけ

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

昨日の朝無事に大阪から車で帰宅しました!

自分の体が想像以上に疲れていて神奈川まで13時間半くらいかかりました(笑)

<スポンサーリンク>



 

さて今回は読書シェアです。

ひすいこたろうさんの【あなたの人生がつまらないと思うなら、それはあなた自身がつまらなくしてるんだぜ。1秒でこの世界が変わる70の答え】です。

この本は、人生がもっと面白くなる視点の持ち方を70個も教えてくれていて、

3年前くらいに買った本で久しぶりに読み直しです。

 

その中から今回は気になった1つの考えがあります。

それが題名にも使わせてもらった、

【面白くない「現実」があるのではなく、面白くない「視点」があるだけ】

というもの。

つまり、どんなことも自分の解釈次第で面白くもなるしつまらなくもなるんですね。

例えば、のびーさんはこの週末テニスをするためだけに大阪に行ってきました。(ホントにテニスだけ笑。日曜に急遽1人会えた人がいたけど。)

そして帰り、冒頭にも書いたように渋滞と疲労による休憩回数&休憩時間が増えたことにより、帰ってくるのに13時間半かかりました。

これを「うわ、13時間半とかありえないわ。まじで時間無駄にしたしめっちゃ疲れた(-“-)」と捉えることもできるし、

「確かに大変だったし疲れたけど、13時間半もかかったとかもはやネタだわ(・∀・)」と捉えることもできるわけで。

でのびーさんは後者の見方を選択し、昨日の午後いつものお気に入りのカフェ行って(昨日は有給でお休み)、

顔なじみの店員さんに話して店員さん爆笑で話が盛り上がりました(^o^)

 

これでこの出来事はのびーさんの人生の面白い体験の1つになりました。

ほんとに、自分の見方次第で気分が上がりもするし下がりもしますよね。

まぁ毎回こうやってポジティブに捉えることは難しいかもしれませんが、

1つでも多くこうできたら、それだけ人生楽しくなりません?

だってその時は不安とかイライラとかネガティブな感情を感じることはないのですから。

 

「どの部分に視点を当てるか」、

意識してみて下さいね(^ω^)

 

今回の本が気になった方はこちら↓

 

 

それではまた。

 

ワクワクと心配(恐怖)は共存できない

こんにちは!まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

この前交通違反で罰金3万円と言われるも、あることで警察署で爆笑を起こす、

という夢を見たものです(笑)

交通違反に気を付けて!ということなのか、お笑いの才能があるということなのか(違うか)笑

<スポンサーリンク>



 

さて、今回は動画シェアなんですが。

クリスさんという方の動画に出ている本田健さんのことでなるほどな~と思ったことがありまして。

7:00~くらいのところからの会話で、

「お金について心配していない時に心配することはできない。お金がなくなってしまうと心配している時に心配しないってことはできない。」

というところ。

え、意味わからんて?(笑)

まぁ当たり前と言えば当たり前なんですけどね。

要は、好き(ワクワク)と心配(恐怖)は同時には感じることはできないんですね。

今回は本田健さんの「happy money」という本の出版を記念しての対談なので、お金の話ですが。

誰もが「お金について心配しない人生」と「お金について心配する人生」のどちらかを選択することができます。

まぁ、普通は前者の方がいいですよね(笑)

では「お金について心配しない」という選択をするコツは?

それは「お金が入ってきたらありがとう、お金が出ていくときもありがとう」という気持ちをもつこと

言い換えると、毎瞬「ありがとう」を選択できるかなんですね。

なかなか普段考えなくないですか?

特にお金が出ていく(お金を払う)時って。

お金が出ていくときも「このお金が誰かの役にたつ」「このお金を使ったら手に入るものがある」という風に考えて、常に「ありがとう」という気持ちでいられるかどうか。

これができるかできないかで、お金について心配する人生か心配しない人生を送れるかが変わってくるということだそうです。

 

お金について心配するっていくらでもできちゃいますよね。

例え周りからみたら十分なお金を持っているという人でも心配がなくならない人もいるくらいですからね。

そして、お金について心配しないようになれたらそれだけでかなり生きやすくなるんじゃないかなって思います

自分もただいま実践中です(`・ω・´)

 

 

それではまた。

読書によるお悩み解決で気づいたこと

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

あと3日に行けば、今週末は久しぶりのテニス合宿🎾とです。

楽しみばい(∩´∀`)∩

(~ばいって博多弁?無知すぎる笑)

<スポンサーリンク>



 

さて、私のびーは読書が好きなんですが、

例えば何かで悩んだりしてる時に、たまたまその時に読んでいた本にお悩み解決のヒントが書いてあったりして救われてきたことがあります。

偶然なのか、必然なのか、分かりませんけども。

で、最近気づいたことがありまして。

それは【2つの方法で本はお悩みを解決してくれていた】ということ。

どういうことかというと、何か悩みがあるとして、

その悩みに対して「~すればいいよ」という対処法や解決案が書いてある場合と、

「その悩みの原因は~ということだよ」という悩みの根本を書いてくれている場合があるということです。

後者に関して、「え、原因書いてあるだけじゃ意味ないんじゃ?」と思われる方もいるかもしれませんが、

最近個人的にモヤモヤしていたことがあって、その原因がいまいち特定できなかったんです。

で、たまたまその時に読んでいた本に書いてあったことがまさにその悩みの根本的な部分を言い当てていて、

「そうか、自分はこういう状態になっていたのか」と気づけたことにより、

冷静になれてその悩みが少しずつ解消していったのです。

このように悩みの根本を知るだけでも悩みをすることはできると思うんです。

 

 

と、今回は読書に関して気づいたことをシェアしてみました。

本から学べるというのはいつになっても変わらないと思います。

特に最近の若い世代では読書しない人が増えていると言ったことも聞きますが、

「人生死ぬまで勉強」だと思うので、

本良いですよ(^-^)

 

 

それではまた。

”苦悩”と”退屈”の繰り返し

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです。

今日は関東では凄い雨でしたね💦

水害が起きていないといいのですが。。

<スポンサーリンク>



 

さて、今日は読書シェアです。

本日の本はこちら↓

【ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のことを教えてくれた。】です。

これはもう3年前くらいに買ったんですけど、

「哲学」と聞くと堅苦しいとか難しいイメージがあるかもしれませんが、

この本はとても読みやすいです。

物語は京都に住む17歳の女子高校生・アリサの元に突然「ニーチェだ」と名乗る男性が現れ、

他にも様々な過去の偉人たちが登場し、彼らの思想をアリサが学んで自分の人生について考えていく、といった内容になっています。

今回読み直している中で気になった箇所は【ショーペンハウアー】(ドイツの哲学者)が語っている、

”人生は苦悩と退屈の間を行ったり来たりする振り子のようなもの”

という考え。

そしてその原因は「人には欲望があるから」としています。

つまり、欲望が生まれる(満たされていない)と苦悩が生まれ

反対に欲望が満たされると今度は退屈にさいなまれる、と。

例えばシャネルのブランドバックが欲しいとして、

持ってない時は「欲しいけど今は(お金がないなどの理由で)買えない」と悩み、

実際に変えたら最初は欲しかったという欲が満たされるけど、時間が経つとそれでは物足りなくなり、

そしてまた別のものが欲しくなってしまう。

他にも例えばもっとお金がほしいとか、恋人がほしいといったケースでも同様のことが起こり得ると思うんです。

欲しいと思っていた額のお金が手に入っても、いずれ「もっとほしい」となり得るし、

恋人ができたとしても「もっとかわいい/カッコイイ人と付き合いたい」と考えるようになるかもしれない、といった具合に。

 

ショーペンハウアーは、人生はこの繰り返しだと説いているんですね。

この部分を読んで思ったことは、

現状をしっかり見つめて、またしっかり向き合うことが大事なんじゃないかと。

例えばブランドもののバックがほしいとして、

それが手に入らなければ幸せでないのか?

今持っているバックの良い所はどこだと思ってそれを買ったのか?

今でもその魅力はないのか?

ってよく考えた方がいいと思うです。

また、例えば恋人がいるけれどももっとかわいい/カッコイイ人と付き合いたいと思ったとします。

でも、今の恋人の良い所や好きになった部分はどこだったのか?

ということを考えないいけないと思うんです。

そうしないと、どんなことでも一生満たされない人生になるでしょう。

 

と色々偉そうなことを書いてきましたが、

自分もまだまだ何か手に入っても「よりいいものを、、」って思ってしまうことがあります。

でもその度に「なぜもっと現状に目を向けて、その良い所を見ないのか?」って考えるようにしています。

まぁ欲をもつことが悪いことではないですけどね。

大切なのはショーペンハウアーのいうように【健康な精神を自分の内側に持つこと】なんですね。

読むたびに考えさせられる本だなと感謝です。

 

 

それではまた。

「いま、ここ」を真剣に生きる (嫌われる勇気)

こんにちは!まいぺーすブロガーのびーです。

段々暑くなって着ましたね~。

汗かきやすくなりますが、スポーツするにはいい時期かなと(^-^)

<スポンサーリンク>



 

さて、最近久しぶりに【嫌われる勇気】という本を読み返しました。

何だかんだ1年に1回は読み返してる本です。

それだけ人生に必要な気づきが詰まっているんです。

 

さて毎回「なるほど」「そうだなぁ」と思うポイントがいくつもあるのですが、

今回一番刺さったのは本の終盤に書かれている、

”「いま、ここ」を真剣に生きる”

という部分です。

「いま、ここ」を真剣に生きていないとどうなるか?

それは過去や未来に囚われて、本来なら見えないものが見えたような気がしてしまう(本の中では過去も未来も本来は見えないとしています)。

そして人生を物語のように捉え、その物語に沿った生を送ろうとしてしまうんです。

結果、「自分の人生は変えることができない」という考えに繋がっていきますよね。

でも、人生はそうじゃないですよね?

決まってないですよね?

やりたいことを実際にやれたり、

なりたいと思っている状態になることだってできますよね。

 

【嫌われる勇気】の中では、計画的な人生など不可能と断定しています。

そして、人生を「線」と捉えるのではなく、

人生は「点」の連続なのだと言っています。

たくさんの「いま、ここ」という点が集まって結果的に線になっていくのだと。

だからこそ”「いま、ここ」を真剣に生きる”ことが大事なんです。

 

個人的なことで言うと、去年の8月くらいかクラウドワークスというサービスに登録して細々とですがサイドワーク(副業)をしています。

収入としては月数千円くらいです。

将来的には本業と同等もしくはそれ以外の収入にしたいとは思っていますが、実際にそうなれるかはわかりません。

でも、その目標にたどり着けるかどうかを考えても仕方がないんです。

なぜなら未来は見えるものではないから。

だから今大事なのは、結果的に目標に届くかどうかではなく、

現在依頼してもらってるお仕事をしっかりやることなんですよね。

 

と偉そうに書いてきましたが、

自分もまだまだ過去のことを考えてしまったり、

未来はどうなるのかと不安になってしまうこともあります。

でも少しずつでも「いま、ここ」に意識を向けるようにしていこうと思っています。

そういう生き方ができれば、きっと人生は幸福に向かっていけるんだと思います。

【嫌われる勇気】おすすめです(^-^)

 

 

それではまた。

 

 

「変わらない」という決心

おはようございます!まいぺーすブロガーのびーです。

昨日久しぶりにがっつりテニスをしたら、早速右胸から右腕にかけて筋肉痛になりました(笑)

いやぁでもレベル高くて面白かったなぁ(゚∀゚)

<スポンサーリンク>



 

さて最近また読み返している本があって、

【嫌われる勇気】という本なんですが。

2013年に発売されて、今だに本屋によっては人気ベスト5に入ってたりもしますね。

 

今回はその中で、

”人は常に「変わらない」という決心をしている”

という箇所がありました。

嫌われる勇気では、アドラー心理学を説く哲人と人生に悩む青年の対話という形で話が進んでいきます。

その中で青年は自分が不幸だと思っています。

不幸は嫌だから変わりたいと思っている、でもなかなか変えることができない。

しかし青年の話を聞いていた哲人はこう言います。

”あなたが変われないでいるのは、自らに対して「変わらない」という決心下しているからなのです。”

つまり青年は不幸でいることを自ら選んでいると。

哲人も言っていますが、

変わらないでいる方がその先がどうなるか予測しやすいので楽だし、

また変わることで予測できない未来に対して不安を抱いたり上手くいかないことで傷つくこともないですからね。

 

この部分を読んで個人的に思い浮かんだのが「なかなか結婚に踏み出せない人」です。

最近でも10年間の交際を経て結婚された芸人さんがいましたね。

自分はまだ結婚していないのであくまでも個人的なイメージ(見解)ですが、

長年交際している人がいて相手は結婚したいと思っている、

でも自分はなかなか結婚に踏み切れないという人。

そういう人はまさに変わることが怖いんじゃないのかなと。

もちろん結婚という決断を下すのに色々と影響を与える要素があって、それらによってすぐには決断できないということもあるかもしれませんけどね。

だから別に某芸人さんを批判する気はないです。

【結婚】って人生の中で大きなイベントの1つなので、

自分にもそういう時がきたら確かにパッと決めることはできないかもしれません。

でもそれが5年、10年と続くようであれば「決断ができない」のではなく決断をしない」という決心をしてると言った方が正しいのかなって思います。

本人は「そういう決心をしている」という感覚はないと思いますが。

だってそれまで別々に暮らしていた個人が、一緒に暮らすようになるんですからね。

それまでの生活とは全然違ってくるでしょう。

だから結婚という決断を下さないでいる方が楽だったりするんだと思います。

 

「変わること」って確かに怖いですよね。

その先がどうなるか分からないんですから。

でも現状に満足できていないとしたら、

やっぱり「変わる」という決心をしない限り変われやしないのです。

そして本の中で哲人が言うように、人は変われるんです。

そしてそこで必要なのは【勇気】であると。

難しいですけど、とてもシンプルですね。

 

と長々と書いてきましたが、

【嫌われる勇気】は本当におすすめです。

自分は確か2014年に買いましたが、

もうこれで読み直しは5回目くらいです。

良かったら是非^^

 

 

それではまた。

 

 

お笑い芸人は相手のことをめちゃめちゃ考えてる天才

と改めて思う今日この頃(笑)

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです。

皆さんゴールデンウイーク楽しんでますか?

私もです、毎日会社に出勤ですけど(笑)

<スポンサーリンク>



 

 

突然ですが、

私のびーはサンドウィッチマンが好きです(ホントに突然笑)

最近もこれ見て笑ってました↓

あ、ドリームマッチだから相方違うけど(笑)

で、改めて思ったんです。

「お笑い芸人って頭いいよな~」って。

まぁ確かにクイズ番組出たりしたらなかなか正解できなかったりして、

バカだなって思われたりもしてますが。

知識を問うものに関してはそうかもしれません。

でもそれで「お笑い芸人=バカ」って思ってる人がいたら

グーパンチの刑ですね(`・ω・´)笑

もし頭悪かったら、

どうして人を笑わすことができるのでしょう?

人笑わすって誰にでもできることじゃないですよ。

ましてや大勢の人を笑わせるんですよ?

それって相当ネタを考えてこないと無理だと思うんです。

「どうやったら笑ってもらえるかな?」「どんなネタなら面白いって思ってもらえるかな?」ってめちゃめちゃ考えてるはずです。

で、それだけ考えて結果笑いをとる。

つまり言い換えれば、

”相手(お客さん)のことをめちゃめちゃ考えてる(思ってる)”

ということ。

実は最近読んだ本にも同じことが書いてあったんです。

キッチンで読むビジネスのはなし 11人の社長に聞いた仕事とお金のことという本です。

ここにはタイトルにあるように11人の社長さんが登場するんですが、

全員に共通していること。それが、

”相手のことをとことん考える”なんです。

その結果みなさんうまくいってるんです。

 

 

誰かを笑わせることも、ビジネスでうまくいくことも、

どっちも「相手のことをよく考える」という共通がありました。

これって何も笑いやビジネスだけに当てはまることじゃなく、

人間関係全般に言えることですね^^

 

 

そんな気づきがあった日でした。

 

それではまた。