夜眠れて、ご飯美味しかったらなんとかなる

どうも~、まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

昨日は雨予報の中朝テニスできてスッキリ!

でも2時間でへとへとに(笑)

大分体がなまってしまったのかなぁ(;´Д`)

 

<スポンサーリンク>



 

さて今回は久々に読書シェアでも↓

【精神科医Tomyが教える 1秒で不安が吹き飛ぶ言葉】です。

本屋でたまたま見つけて気になったので買ってみました。

元々自分が不安を感じやすいタイプなので、

1つ1つの言葉がすごく心を軽くしてくれるものだなぁと思いながらあっという間に読み切りました(゚∀゚)

 

今回はその中から1つ。

”ぶっちゃけ夜眠れてご飯おいしかったら何とかなるわ”

これは計221個の言葉が収録されている本の最後にある言葉です。

この本のまとめにふさわしい内容だなと思いますね😁

人によって違いますが、

日々色々なストレスや悩みや不安などを抱えることがありますよね。

それに対してたくさんの対策法があって、

人それぞれ各自の工夫をして乗り切っているでしょう。

そんな中で、

「夜眠れること」「ご飯を美味しく食べれること」

という2つが、シンプルかつ究極的な対策法ではないでしょうか?

 

ちょうどこの本を読んでいる時、

あることでモヤモヤしていました(今もですが)。

あまり考え過ぎないように、勉強などに集中してみたり、好きなことしてみたり。

それでもふとそのモヤモヤすることを考えてしまうのです。

でも、この本を読んで、特に今回紹介した言葉の最後の「なんとかなる」という部分を見て、

「ご飯しっかり食べて、夜しっかり寝て、そうして健康な体と精神状態であればなんとかなるよね」と9割方吹っ切れることができました(^o^)

 

やっぱりこういう「前向きになる言葉」や「寄り添ってくれる言葉」ってすごく素敵だし好きだなって思います。

自分と同じように色々抱えてしまう人におすすめの本です💡

読んでみると、表紙にあるように「手放す」ことができて楽になっていけますよ😉

 

本が気になった方はこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

精神科医Tomyが教える 1秒で不安が吹き飛ぶ言葉 [ 精神科医Tomy ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/6/13時点)

楽天で購入

 

 

 

 

それではまた。

 

心配性

こんばんは!まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

全国で緊急事態宣言が解除されましたね!

まだ今後の第2波は懸念されますが、何とか経済が回復していくといいですね😉

 

<スポンサーリンク>



 

さて、今回は初めて過去記事(去年10月)の再投稿をしてみようと思います。

ちょうどその時取り上げた本を読み返していて、

心配性ゆえに不安になってしまうことが多いと思われる現状で、

「心配性って強みでもあるんだよ」ってメッセージが必要じゃないかなと思ったので。

————————————————————————————————

 

 

さて、今回は読書シェアです。

以前1度取り上げた、内藤誼人さん【身近にあふれる「心理学」が3時間でわかる本】です。

この中でとても個人的に共感できる部分がありまして、

それが「心配性」に関してのことです。

私自身も心配性で(自分ではそう思っていて)、

心配性というと「気が小さい」などネガティブなイメージで捉えられることが多いように感じます。

でも!心配性は強みでもあるのです。

◎心配性だからこそ周りよりも準備する

本の中で紹介されていますが、英国のゴールドスミス大学のアダム・パーキングという人が心配性に関して論文を発表しています。

パーキングさんがとあるファイナンス会社で行った調査によると、

心配性の人ほど仕事のパフォーマンスが高い傾向が見られたというのです。

なぜか?

その理由は、”心配性の人ほどその心配を打ち消すために他の人がやらないようなことまできちんと準備するから”なんですね。

自分も心配性ゆえに細かいところまでチェックしたりします。

それは他の人より時間をかけてしまうこともありますが、

今の会社での担当業務の中には「それくらい細かいところまで気にする君だからこそ任せられるんだよ」と上司から言ってもらった仕事もあるんです。

また、今回の台風のような災害が起こった時も、

あらゆる事態を想定して、

心配性の人の方がより災害に備えての準備を入念にするでしょうね。

 

◎心配性の人は大きな失敗がない

仕事でもそれ以外のことでも、

例え入念に準備をしたとしても予想通りにならないこともあるし、失敗することもあるでしょう。

でも、心配性ゆえにしっかり準備をするならば、

例え失敗してもその失敗の度合を小さくすることができますね。

だから見方を変えれば、

心配性の人は仕事面で言えば安定した成果を出すことができると言えるでしょう。

 

◎心配性だっていいじゃないか

心配性=気が小さい、臆病などと言われることがあるかもしれません。

でも、それだけ用心深いんです。

心配になるゆえに、人よりも慎重に物事を進めることができるんです。

見方を変えれば、

心配性は活かすことができるんです^^

心配性でない人にはできないことがあるんです^^

そう思ったら、心配性でも悪くないですよね?

 

 

今回の本が気になった方はこちら↓

 

 

それではまた。

 

タクティカル・ブリージング

どうも、まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

この前ポイントサイトのハピタスでいきなり1500ポイント(=1500円分)が加算されてました!

どうやら少し前のとあるキャンペーンの抽選で当たったようです。

いやぁ臨時収入ありがたい(^o^)/

 

<スポンサーリンク>



 

さて、今回はブログ&読書シェアです。

ブログはこちら→呼吸を整える

数年前にオンラインサロンで何度かお会いした安藤美冬さん

の今回のブログで知った本↓

メンタリストDaiGoさん【後悔しない超選択術】という本。

こちらで紹介されている【タクティカル・ブリージング】をシェアしたいと思います。

 

【タクティカル・ブリージング】とは呼吸法のことで、

アメリカの国防総省も正式に採用しているんだそうです。

この呼吸法は不安な時にやってみて下さい。

というのも人は不安になると呼吸が浅くなり、その結果集中力や判断力などが落ちてしまうのです

やり方はとっても簡単。

①口を閉じて鼻から4秒かけて息を吸う

②4秒間息を止める

③4秒かけて口から息を吐きだす

④4秒息を止める

以上のセットを気持ちが落ち着くまでやります。

 

この呼吸法のポイントは2つ。

1つ目は「心の中で4秒数えること」

呼吸を数えることで意識を呼吸に集中し高い集中力を生んでくれるのです。

2つ目は「不安などを抱いたらすぐ実践すること」

時間や場所を問わずにできて、習慣化できれば不安に強い心を持つことができます。

 

今は何かと不安を感じることが多いと思います。

なので今回の呼吸法は役に立つんじゃないかなと思ってシェアしました。

1回の深呼吸でも瞬間的に落ち着けるので、

呼吸法って大事なんだなぁとDaiGoさんの本を読んで改めて感じました

 

DaiGoさんの本が気になった方はこちら↓

 

 

 

それではまた。

寝よう

ども、まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

昨日いつものようにお昼休憩に車で寝てたら「寝すぎて13時を大幅に過ぎた時間に起きて焦る」という夢を見ました。。

リアルすぎる(; ・`д・´)笑

 

<スポンサーリンク>



 

さて、今回は読書シェアです↓

水野敬也さん長沼直樹さんというお二方の【人生はワンチャンス】という本です。

前から気になっていた本ではあったんですが、

この前ブックオフに行ったらセールやらで定価の1/5くらいの値段で売っていたので思わず買いました😁

概要は、かわいいワンちゃんの絵とともに人生に役立つアドバイスがたくさん載っているといった本です。

今日はその中から「寝る」に関する2か所をシェアしたいなと。

 

1つ目:

「睡眠を削らない勇気」

寝て、しっかり体力をつける(戻す)。

大事ですよね。

健康でいるためにも、仕事や趣味をやるためにも。

緊急のこと以外、基本寝る時間を削ってまでやることはないと思います。

 

2つ目:

「攻めの昼寝」

いいですね、この「攻め」「昼寝」という組み合わせが。

何かを効率的にしたかったり、生活を快適にしたい時、

あえて寝る。

意図的に昼寝をすることが、逆に無駄にならないことだってあると思います。

 

今回は必要以上に言葉はいらないかなと思います(^^)

疲れている時はもちろん、

不安な時、落ち込んでいる時、つらい時にも、

あえて寝ましょう😁

 

 

本はこちらでチェック↓

 

 

 

それではまた。

 

鬼クソ爆笑できるか

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

昨日は有給休暇取ってたんですが、数日前に見つけた右目の斑点のようなものが気になっていたので近くの眼科に行ってきました。

結果は異常なしで大きな病気の心配はないとのこと。

良かった~(´-ω-`)ホッ

 

<スポンサーリンク>



 

さて、今回はブログシェアです↓

できるか、できないか、じゃない。

おなじみナリ心理学のナリさんのブログ。

 

ナリさんは、例え何かできなかったとしても、大事なのは「できなかったときも笑えるか」って言ってます。

鬼クソ爆笑できるか?って。

鬼クソ爆笑って言葉作ってしまうあたりが尊敬だわ、もう(^o^)笑

で!

何かできなかった時以外にも、例えば

失敗したとき

落ち込んだとき

などの場面でも、それを笑いながら話せたらめっちゃ心楽になるよねって思うんです

個人的にも最近「まじか、、、」って結果になったことがおきて、

でも「いや~厳しいすなぁ😭」って、ちょっと自分の中で笑える感じで気持ちの変換?ができたし

「これ人に話す時も人生厳しいっすわ~😭ってちょっと大げさに言って笑いながら話せばうまく消化できるな」って思えてるので、

そこまでの落ち込みはないんです。

もちろん多少なりショックは受けましたけど。

数年前の自分なら「あぁやっぱり自分なんかダメなんだ。。。」って自己否定しちゃってたと思います(^^;)

そう言えば、最近読み直していた【借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんがあえて教えなかったドンデモナイこの世のカラクリ】(通商:ドS本、著者:小池浩さん)にこんなことが書いてあります。

”失敗はただの経験であって、あなたの存在を否定するものではありません”と。

 

ちょっとナリさんのブログの内容から飛躍しちゃったかもしれませんが、

何かできなかった時の対処法としてすごく有効なんじゃないかなって思います(^^)

もちろんすぐに笑えなくても大丈夫。

いつか笑えたらOKですよ。

 

ナリさんの本↓

小池浩さんの本↓

 

それではまた。

お金以外の豊かさ

こんにちは!まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

昨日1ヶ月ちょい振りに髪を切ったのですが、

やっぱり短い方がスッキリしていいし、頭洗ってもすぐ乾く(笑)

 

<スポンサーリンク>



 

さて、今回も前回に引き続き読書シェアです↓

前回と同じ、さとうみつろうさん【神さまとのおしゃべり】です。

今回のキーワードは「お金」「豊かさ」です。

それではいってみよー(・∀・)

 

神さまはこう言っています。

”人間はお金にばかり価値を与えておる”と。

例えば現金3000円もらうことと、3000円の食事をごちそうしてもらうこと。

ここで多くの人は「現金で3000円もらうこと」により価値を感じている、ということです。

でも、本来はどちらも同じ価値があるんですよね。

なのに、「お金により価値を感じている(与えている)」と、お金以外のものに対して、

ありがたみ

感謝

それを受け取ったことによる豊かさの享受

そういったものを感じることができないんです。

 

自分自身にもこういったところがありました😅

しかし、この本を読んでから意識が変わり、

例えば上司からペットボトルの水を買ってもらったりご飯をごちそうになったことにも、

それまでより感謝するようになり、また豊かさを感じれるようになりました

するとある変化が起きました。

それは、

心に余裕が生まれ、些細なことにもより感謝するようになり、全般的に日常生活における充実感が増したのです

 

このちょっとした考え方の変化で、

例え収入が増えなかったり劇的な良いことが起きなくても、

自分で自分の幸せをアップさせることはできると経験できたのは大きかったですね😁

本当に、読書は人生を豊かにしてくれるなぁ。

 

 

本が気になってる方はこちら↓

【神さまとのおしゃべり】

 

それではまた。

「迷っているということは、実はどっちでもいいのだ」の法則

ども、まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

昨日関係会社から青森産の長いもが送られてきて、上司が短く切ってくれたうちの1本をもらってきました。

ありがたいですなぁ😁

それにしても、会社で山芋もらったの初めてですわ(笑)

 

<スポンサーリンク>



 

さて、今回は久々に読書シェアです↓

さとうみつろうさん【神さまとのおしゃべり】という本です。

内容は、主人公のみつろうと突然現れた神さまとの、面白おかしくも人生における幸せになるための様々な教え(考え)が紹介されていく、という感じです。

その中から今日は1つを紹介したいと思いまして。

 

それが、タイトルにもした、

【迷っているということは、実はどっちでもいいのだの法則】です。

どういうことか?

と言ってもそのままなんですけどね(笑)

神さまはみつろうに言います。

「迷ってる時点で、実はどっちでもいいことなんだ」と。

そして、どっちでもいいことで迷って、人は悩み、

悩むから苦しくなると。

 

日々いろーんな選択をしていますよね。

・レストランでハンバーグにするか?フライ定食にするか?

・Aさんにアタックするか?Bさんにするか?

・予定通りの電車に乗るか?1本後の電車に乗るか?

・本を読むか?テレビを見るか?

・お店で良いなと思った商品を買うか?買わないか?

・資格の勉強をするか?やめるか?

・旅行で国内に行くか?海外にするか?

etc….

と、挙げればきりがないですね。

でも、基本的には、日々のこういった選択では、

実はどっちでもいいんですね

だって、どっちでも良くなかったらそもそも迷わないから

そして、迷うことがなければ悩むこともない

 

これを読んで「確かにね!」と思いました。

そしてそれ以降、何かで迷ったら「あ、これ自分にとってどっちでもいいんだな」って思うようになり、

それまでに比べてすごく心が軽くなったんです

神さまは言います。

「どっちでもいいんだから悩むだけ無駄。だからまずは悩むことを止めればいい。悩んだら、まずは悩むことを止めなさい。」と。

シンプルだけど、すごく深い言葉だと思います。

よくどっちにしようかな~って迷って悩む人は、

是非心の片隅にでも留めておいてほしいです(^-^)

 

本に興味がある方はこちら↓

 

 

それではまた。
 

不安はいいもの

ども、まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

昨日は11-13時でテニスしてきたんですが、

半袖でも汗かくくらいの良い天気だったので、「幸せな疲れ」を感じました😆

 

<スポンサーリンク>



 

さて、今回は動画シェアです↓

本好きの方なら知ってるかもしれませんね。

自分も何冊か持っている、本田健さんです。

本田健さんの動画は久しぶりに見たんですが、

その久々1本目で「なるほど!」と学びになったことがあるのでシェアしたいと思います。

 

動画の10:50~あたりからのトークのテーマが【不安の乗り越え方】なんですが、

【不安】というものに対しての捉え方に注目してほしいです。

本田健さんは【不安】「自分を守ってくれるもの」だと言っています。

不安が自分を守る???

そう急に言われても??という感じですよね。

 

本田健さんがこう言うわけは、

「不安があるから人は行動を起こす」と捉えているからなんですね。

例えば、

老後のお金に不安がある何かお金が増やせる方法はないかと探す

将来独身のままかと不安になる婚活イベントに参加したり周りに紹介してほしいと頼んでパートナーを探す

健康状態に不安がある食生活を見直したり運動をするようにしたりする

など、

不安は行動の動力源になってくれている面もあるんです。

 

不安は確かにネガティブに作用してしまうこともあります。

つまり自分を守ろうとし過ぎると、全ての行動にNOとしてしまい、”上手くいく可能性さえも排除してしまう”(動画内の本田健さんの言葉より)ということです。

上手い不安との付き合い方は難しいですが、

不安になりがちな人は是非今回の動画の10:50辺りから5-6分を見てみて下さい。

何かヒントになるかもしれませんよ?(^-^)

 

 

個人的におもしろいと思った本田健さんの本↓

【大富豪からの手紙】

 

 

 

それではまた。

基礎からでもいいじゃないか

こんばんは、まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

少し前に腰の疲れが取れなくて、月1通ってる整体の先生に見てもらったらどうやら骨盤のゆがみが原因だったみたいです。

姿勢など気をつけないとそういうところに出てしまうんだなぁと実感しました(^^;)

 

<スポンサーリンク>



 

さて、今回は少し前に見た動画をシェアしたいと思います↓

メンタリストDaiGoさん芸人の中田敦彦さんとコラボしている動画です。

 

今回自分が注目したのは、中田さんが「難しい本はマンガ版などわかりやすいものから入っている」ということです。

動画内(18:00~)で紹介されているように、中田さんは源氏物語をマンガから入っています。

確かに色々な知識をもっている中田さんは分厚い活字だけの本だけ読んでいるというイメージだったので意外でした😳

でも、文字だけで内容が難しいと途中で興味をなくしたり読むことを止めてしまったりするんですよね💦

だからまずは分かりやすいもの、読書でいうとマンガ版などから入るというのはとても良いアイデアですね(^-^)

 

何か学びたいと思った時に、「自分の役に立つように」という思いを持って取り組むのは素晴らしいです。

でも、それを継続できないと自分の役に立つものにできません。

まずは好きになること・興味を持った状態になることが大切ですよね

だからいきなり難しいレベルから入らなくてもいいんです。

例えば、大人が英語を1から勉強したいと思ったら難しい参考書じゃなくて中学生や高校生の教科書から取り組んだ方がいいし、

体を鍛えたいと思ったらいきなり長距離走るよりも20-30分のウォーキングから始めてみる方がいいと思うんです。

 

個人的には読書に関して、最近【7つの習慣】という本のマンガ版を買いました。

前に活字だけのものを読んだんですが、分厚くて時間がかかったし難しかったので1回読んだだけで売ってしまったんです。

それ以来読むことはなかったんですが、本屋でマンガ版を見つけて読んでみたところ分かりやすくてまた興味を持つことができたんです💡

 

中田さんの言葉を借りると、

柔らかいものを食べることは恥ずかしいことじゃないんです

読書でも、語学でも、スポーツでも、

その面白さを知ってるかどうかの違いは大きいんです

(これも中田さんの言葉をお借りしました)

周りがどう思うかより、

自分にとってどうなのかの方が大切ですよね(^ω^)

 

 

それではまた。

説明できない「好き」

おはようございます(・∀・)まいぺーすブロガーのびーです(・∀・)

土曜日は関東でもめちゃめちゃ寒かったですね😱

なので午後はファミコン(懐かしい笑)やったりして引きこもってました🏠

 

<スポンサーリンク>



 

今回は前回のブログの続き、というよりほぼ同じです(笑)

前回のブログ書いてから改めてRolandさんの著書を読み直してるんですが、

本の中でも書いてありました。

”説明できる好きって、本当の好きじゃないから”

これにめちゃめちゃ共感。

 

例えば自分の場合で言えば「テニス🎾」

中学校からやっていて、かれこれ人生の2/3くらい続けてるんですが、

「なんで好きなの?」と聞かれれば、気分転換になるからとか、テニス仲間ができるからとか、一応理由らしきことは挙げられるけど、

それらは後付けの理由でしかないと思っていて、

本当は「何で好きか」って説明できないんです。でも好きなんです。

やっていくうちに直感的に好きだな!って思うようになっていった感覚。

 

人(異性)を好きになる時も同じじゃないかって。

今まで異性を好きになった時って、

本当に「直感的」なもので。

話しやすいからとか、価値観が合ってそうだからとか、

それらの理由はその人を直感的に良いな!って思った後に、その人の良い所を見つけようとした結果な気がするんです。

最初の「何か良いな(気になるな)」って気持ちは説明できないんですよね。

 

「好きの理由を説明できない」っていうことは「それが本当の好きだから」だと思うんです。

だからむしろ説明できない方がいい。

それが自分の「本音の好き」だってことだから。

 

Rolandさんの哲学、おもしろいですよ↓(^-^)

 

 

それではまた。